nodame_logo
ピアノ・ヴァイオリン・指揮、類稀なる音楽の才能を持ちながらも海外へ行く事が出来ずに悩む千秋真一。美しいピアノを奏でながらも何かが、いや、全てがオカシイ変態の森の住人野田恵。そんな二人が出会い、お互いに影響を与えながら成長していく愛の物語。

「千秋せんぱいの妻、野田恵デス」
「こいつが言ってる事は全部デタラメなんで」

「今回はフランスの反応でジュテーム♪」
「・・・今回はフランスの反応を紹介します。」



翻訳元:

ttp://www.animeka.com/animes/detail/nodame-cantabile.html
ttp://forum.animeka.com/viewtopic.php?f=148&t=4812&start=0
ttp://manga-fan.bbgraph.com/t942-manga-anime-nodame-cantabile
ttp://www.hyjoo.com/sujet-32324.html

Nodame Cantabile
総投票 1,787人
9.68/10



才能溢れる若き音楽家である千秋は、幼い頃に憧れていた有名な指揮者ヴィエラに弟子入りをしていた。そして千秋の父親は世界的にも有名なピアニストであり、その影響もあって年少時からずっとピアノを学んできたのである。ただし問題があった。彼はヴィエラ先生の下で音楽を学びたいと考えていたが、飛行機や船での移動にトラウマがあり、日本から飛び出す事が出来なかったのである。その為、千秋はこのまま音楽を続けるべきなのか悩み始めていた。そしてバーで酒を飲んで酔った際に、元カノに振られてしまったのだ。バーから帰った後、気が付くとまるでゴミの埋立地のような場所で千秋は目覚めた。辺りを見回すと全てがゴミで埋め尽くされており、その中で一人の少女がベートーヴェンのピアノソナタ(『悲愴』第2楽章)を弾いていたのだ。しかし、その弾き方「アダージョ・カンタービレ(ゆっくりと 歌うように)」ではなく、今まで耳にした事が無いような、まるで「カプリチオーソ・カンタービレ(気ままに 歌うように)」だった。こうして千秋とノダメは出会い、このノダメもまた音大でピアノを学ぶ少女であった。最終的に千秋は完全にノダメと恋に落ち、そして今後もノダメの手を離すことはないだろう。出会って以降、千秋はノダメの部屋を掃除したり、毎晩のように"餌付け"したりと、その献身的な姿はちょっと可哀想ですらあった。そして千秋はその才能故に、ノダメが持つ特別な音楽の才能に気づくようになったのだ。

ソナタ第8番 ハ短調 作品13 『悲愴』第2楽章 アダージョ・カンタービレ(ゆっくりと歌うように弾く)


のだめカンタービレはとても新鮮で繊細であり、例えるなら海辺で座っている際に私達の顔を優しく撫でる風のようだ。少しだけハチミツとクローバーに似て、数多くの個性的なキャラクター達が面白おかしく物語りを彩ってり、宇宙の中の狂気を感じるような所もある。

のだめカンタービレは素晴らしいキャラクター二人が出会う所から始まる。千秋とノダメ、この二人はお互いに全く異なった性格の持ち主である。ではそんな彼らの唯一の共通点とは一体何なのだろうか。それは「音楽」だ。千秋の性格は率直で冷静ではあるが、そんな彼がノダメとの交流の中で驚いたりする様は涙が出るほど笑わせてくれる。また、ノダメの初々しさや表情(「ギャボッ」や「ムキャー」は絶対に重要なフレーズ)、純粋さとそこに秘められたナイーブな面はアニメの中で素晴らしい笑いを提供してくれるだろう。この二人のコンビは言うまでも無く圧倒的ではあるが、我々は他にもこの二人を導いてくれた素晴らしい脇役達が居てくれたことを忘れてはならない。キャラクター達全員の気持ちが出会いなどを通じて素晴らしい形となり、時には可笑しな状況を作り出しながらも彼らの関係は発展していくのだ。また、中でも最も良い影響を与え合ったのは千秋とノダメであり、とても可笑しく感動的でもあり、このアニメを見た際の喜びを何て表現すればいいのか私にはその言葉を見出す事が出来ない。のだめカンタービレはこうしたキャラクターや物語の側面を持った作品で、我々が焦点を当てられるのは物語の方だけであり、ノダメや千秋たちの音楽家として、そして感情豊かな旅が進むに連れて、例えようのない喜びは最大限に高まっていくのである。そしてこの喜びというのは、巧みで感動的な雰囲気で満たされている。こうした雰囲気という物はアニメの世界、とりわけシリーズ物のアニメで見つけるのは稀である。

この作者が素晴らしい知識と技術を持っているのは明らかであり、多くのユーモアを交えながら我々とクラシック音楽を結びつけようとしているのだ。現在となってはこうしたクラシック音楽を一般層に知らしめるのは不可能であると言わざるを得なかったが、リアルな描写と共感出来るキャラクターを通して我々は苦痛を伴わずにクラシックの作品を楽しむことが出来るのだ。キャラクター達が一度(ひとたび)曲の解釈を始めだすと、我々の理解や経験を超越した感覚が動き始めるのだ。我々が集中して物語を見ていれば、多くの楽しみや感情があちこちから現れて来る。あまりに良い作品であるが為に、シリーズが終わってしまうのが苦痛なのであれば、それはドラマでは2期が放送されており、アニメでもそうあって欲しいと待ち望んでいるからに違いない。我々は出来る事は、このシリーズが再びアニメとなって姿を現す事を祈るだけだろう。


モーツァルト 2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448 のだめ千秋ver.

のだめカンタービレには素晴らしいキャラクター達と、ちょっと変なユーモア、そして巧みで繊細な描写によって傑作となっている。この作品は確かに「コメディ」というジャンルになるかもしれないが、そこには「音楽シリーズ」という要素も加えておくべきだ。のだめカンタービレが「満月をさがして」といった最高の作品を超えたのは明らかである。なぜなら、この作品では我々の本当の「ソウル・ミュージック」に触れられるからだ。物語の格となる千秋とノダメのコンチェルト(協奏曲、モーツァルト 2台のピアノのためのソナタ)は2回描かれているが、それがこのアニメに熱狂と静寂が混ぜ合わせ旨味を与えている。全23話のエピソードは歓喜で満ち溢れ、見る者は来年が待ち遠しくなるだろう。1期の最終話では、コンサートにおいてオーケストラを指揮する千秋が指揮者の風格を持つようになっており、我々が出来る事はこの素晴らしい"演奏"を成し遂げてくれた全ての方々に感謝のお辞儀をする事だけだろう。

のだめ2
「例えば」
「天気ひとつで音が変わってしまうように 小さなことが そのこと全てを変えてしまうことがある」
「オレたちの始まりだって ゴミの部屋で聴いたベートーヴェンで」
「小さな練習室でやった2台のピアノのモーツァルトだっただろう」

「いくら苦しくても」
「気が遠くなるほどの孤独な戦いが待っていようと」
「こんな喜びがあるから」
「何度でも立ち向かおうと思えるんだ」


のだめカンタービレ、それは「アダージョ・カンタービレ(ゆっくりと・歌うように)」でも「カプリチオーソ・カンタービレ(気ままに・歌うように)」でもなく、ノダメだからこそ弾けるノダメのピアノ「ノダメ・カンタービレ」



1:Zehyr: 22 Fev 2007 23:14
凄く良いアニメだったからスレ建てるね。

とりあえずあらすじ:

千秋は日本の音大で勉強していて、成績優秀、美しく、カッコイイ・・・まさに彼はキャンパスのアイドルなのさ。実際、千秋は有名なイタリア人指揮者(ヴィエラ先生)の弟子なんだよ。

でも彼はそういった名声みたいなのには興味が無い。千秋はだた、ヨーロッパに戻ってヴィエラ先生の下で学ぶ事だけを夢見ているんだ。(ただ彼は飛行機と船が大の苦手だから日本での生活に縛られてしまっている)

憂鬱な気分でお酒を飲んだ後、千秋は謎の女性と一夜を過ごすことになった。そして情熱的なピアノの音色に魅了されつつ目覚めたんだ。だけど、辺りを見回すと千秋が眠っていた部屋はゴミだらけで、うあああって慌てて外に出たんだけど、何とそこは千秋が暮らしているアパートでしかも隣の部屋だったんだ。まぁ、そんなこんなで千秋は現在、おかしな隣人と婚約中にされてて、しかもその子は同じ音大の2年生でさ、凄いアタックされてるんだ。


とりあえず6話まで見たんだけど、このアニメにはユーモアがたっぷりで、音楽としての面でも結構上手くいっている。見ていて思ったのは、物語の流れはハチミツとクローバーで、音楽の部分は金色のコルダって感じ。うん。このアニメは凄く新鮮で、しかも面白い。とりあえず見るかどうかは君次第だけど、俺にとっては今年最初の良いアニメ発見かな。


2:loadrunner
:23 Fev 2007 14:21
まだ第1話しか見てないし、2話は週末ぐらいになると思うけど、もう既にこのアニメに魅了されちゃったOP(オープニング)も良いし、今までのアニメとは違った感じがするかな。素晴らしい音楽がきっと虜にしてくれるはず。


3:Syaoran:24 Fev 2007 00:39
>>1
ハチミツとクローバーは良いよね。実際のだめカンタービレがどれだけ良いのかはわからないけど、君の書いている事を見る限り期待出来そう。週末が楽しみ。


4:Syaoran
:20 Mar 2007 23:23
いや、このアニメは本当に凄かった。今年アニメを見てここまで笑ったことは無かった。登場するキャラクター達は完全にラリちゃってるよ。あとノダメと千秋の二人組みは凄く良いね。

全然このスレ盛り上がってないけど、もっとこのアニメについて語るべきだよ。1話見ただけでハマっちゃうから!


5:Zehyr:21 Mar 2007 15:29
うんうん。実際俺も見れば見るほどハマってきてる。とりあえず、一言で言い表すなら「ギャボーーーーーーーッ!」って事!

(皆見てくれ!そしたら意味がわかるから!)


6:Lasaraleen:22 Mar 2007 11:17
わかりやすくて、面白い。それにこのアニメを見る事で私達はクラシック音楽の美しい欠片に触れる事が出来る。うん、確かにこのアニメはどことなく「ハチミツとクローバー」を連想させるし、凄く面白いね(ハチミツとクローバーは1期の後の方が凄く悲しかった)。私はノダメ大好きかな。凄く良い子だね。

とにかく、新年早々良いアニメが来てビックリ。


7:haurus:22 Mar 2007 18:48
とりあえずレビュー見た感じ良さそうだから見る事にするよ。


8:haurus:le 25 Mar 2007 21:01
4話まで見たけど、のだめカンタービレが大好きになったよ。クラシック音楽による演出は凄く際立っているし、演出だけじゃなくその音楽も凄く良い。俺はロックとかメタルをよく聞いてるけど、やっぱクラシックも良いなって思い直した。ストーリーも凄く面白いし、ユーモアがたっぷりだね。


9:Syaoran:30 Mar 2007 21:08
10話まで見たけど、本当に凄い!!ノダメ最高だし、こんなに笑った事って今まで無かった


10:pitchoune:11 Avr 2007 11:51
このスレでノダメに出会えた!ありがとう。
ノダメ面白いw


11:Xzr
:16 Avr 2007 15:24
5話まで見たけどメッチャ面白かった。皆が言う様に良いアニメ!


12:KalNex
:31 Mai 2007 21:49
11話まで見た後、のだめカンタービレは本当に俺を歓喜の中へと誘(いざな)ってくれた。今まで見た事がないようなアニメで、とても面白可笑しかったし、正直見終わった今もちょっと疲れてる。

アニメを見ている間、俺の口元はニヤニヤしっぱなしだったし、ノダメは最高だった。これはマジだ。俺はクラシック音楽のファンでもなければ、こうしたのが好きなわけでもないけど、のだめを見るのが止められない。

ギャボーーーーーー! ムキャーーーーーーッ!


13:Naniechan:31 Mai 2007 22:07
私は11話まで見たけれど、このアニメを見始めてから大好きになっちゃった。別にクラシックが好きなわけでもないけど、このアニメを通してクラシック音楽を聴くのは愉しい。

2期が凄く楽しみ。 ギャボッーーーーーーーーーーー!


14:echnic
:16 Juin 2007 01:48
アニメみたけど、凄く良かった。確かにこのアニメは今までにない感じで新鮮だね。うん。本当に新鮮でしかも良い出来。

オレとしては何かBECKを連想したんだけど、それってオレだけかな?
バンドとオーケストラが成長していくシーンが似てると思ったんだけど。

15:Syaoran:16 Juin 2007 09:58
>>14
んー私は別にBECKは感じなかったかな。やっぱハチミツとクローバーって思った。


16:haurus:06 Fev 2008 13:21
日本だと23話まで放送されたのか?

とにかく、このアニメは凄く良い。今までにないオリジナルな作品だし、アニメを通してクラシック音楽に触れるなんて初めての経験だしね。それにちょっとクラシック音楽もやってるんだけど、ショパンとかヴェルディ、ラフマニノフ、ラヴェルとかの表現は凄くよく出来てると思った。まぁ、真一にまとわり付いているノダメはマジキチで笑い死にそうになるけどさ。

ドラマの方もチェックせざるを得なかった。アニメと全てが一致しているわけじゃないだろうけど、のだめカンタービレは素晴らしい。ここで演奏された音楽の内、何曲かは俺のお気に入りになったよ。


17:clubescargot:15 Fev 2008 19:14
ピューピューピュー!! 今23話全部見終わった!このアニメは可愛くて甘酸っぱいものが一杯詰まってるって判った!

この漫画がフランス語版で発売されていないなんて悲劇だよ!このアニメの絵柄は凄く好き!!

ドラマ版は本当に面白いのかな?ドラマが酷くてアニメ版の良い思い出が台無しになるのが怖い。演じてる俳優達はアニメ版とは雰囲気とか全然違うんでしょ?


18:NaNaeL:15 Fev 2008 19:25
>>17

私はドラマ版も好きだよ(それにドラマ版の千秋様を見た後だとアニメ版は・・・)。ドラマ版のノダメだってかなりピッタリだし頑張ってる。だけど君からしたらどうかというのは・・・少し様子を見た方が良いかもね(でもドラマ版もいいよ)。


19:clubescargot
:15 Fev 2008 20:07
うん。わかった。ドラマを見るのは少し様子を見る事にします・・・。

特に千秋はブリーチの一護に似て私の中だとかなりいい感じなんだよね。それに可愛い!


20:B-Lou:23 Fev 2008 16:59
のだめカンタービレのアニメを見つけた時は、最高だったんだけど、全部は見れないんだよね。だからドラマ版を見たんだけど、凄く良かった。
早く2期来ないかな。


21:Morgane
:18 Avr 2008 15:00
アニメ版を見終えたところだ(ていうか、ネタバレ書き込むの本当にやめてくれよ!そーゆうの必要ないから!)。まぁ、俺は見るのに数ヶ月掛った。それだけの価値があったと思う。だけど最終的に点数を付けるとしたら8/10ぐらいになると思うな。


22:Aracks:05 Mai 2008 23:23
まず始めに、この最高のアニメを紹介してくれてありがとう。凄く良いレビューで、すごく良いアニメだった。

のだめカンタービレは私にとって最高の組み合わせだった。特に音楽は素晴らしいものだったし、こうした新しいジャンルのアニメと出会えるのは至福の喜びがあるね。

唯一このアニメで残念だったのはノダメの行動かな。

このアニメは見ている人たちに笑いを届けてくれるし、笑わないで見るのは難しいよね。


23:Anonym_man:07 Mai 2008 13:56
俺は一人の音楽家としてこのアニメと出会った。アニメのストーリーやテーマはよく取材された新しいタイプの作品だったと思う。このアニメには音楽という点においてマイナス点は見つけようがない・・・。ぜひ見るべきだ。

※22はノダメが振る舞いが残念だったというけれど、それは彼女が音楽に対して自由に接していたからだと思う。言うならば彼女は「ワイルド」だったんだ。そして全ての分野において天才と呼ばれる人々は、ちょっとした狂気を持ち合わせている。ある人は、そうした点を欠点と見るけれどね・・・。


24:Mistik26:26 Juil 2010 21:41
皆が言うように良いアニメだったと思う。

だけど、日本人はちょっと外国語は苦手なんじゃないかなって感じたよ。

フランス人はニックネームで友達の事を呼ばないよな・・・?

あとタルタルステーキとか言ってるけど、発音がちょっと変・・・。

まぁ、つまりフランスも舞台になってるから、違和感を感じちゃったって事かな。ただ俺たちもフランスと日本の言語の違いはよく分からないしな。とにかく、色々とフランス語に違和感はあったけど、それを含めて凄く良かった。



のだめカンタービレ

1:Normandwizard:Sam 29 Nov 2008 - 0:52

9944l

とある日本の音大で学ぶ千秋真一は、将来は音楽界の頂点に立つと思われるほどの才能を持ち合わせていた。しかし千秋は飛行機で空を飛ぶ事を極度に恐れており、ヨーロッパはおろか国際的な評価を得る事すら出来ない状況だった。そんな時、千秋は大学の廊下で野田恵ことノダメが弾くピアノを耳にした。そのピアノは不完全でありながらも千秋の胸を高鳴らせたのだ。

それから暫くして、自分の暮らす部屋の隣があのピアノを弾いていた人間だと千秋は気づいたのだ。この出会いは千秋とノダメの運命を大きく変える事となった・・・。

・・・自分で書いたあらすじだけど、ちゃんと皆に伝わる事を願ってる。

登場人物

野田恵 通称 ノダメ

e9d1f1d1

○○音大の2年生でピアノを学んでいるピアニスト(何て大学だったか忘れちゃった)。光る才能を秘めているにも関わらず、彼女はただ「楽しく」ピアノを弾いているだけだ。そしてゼミにおいては弁当泥棒として王者に君臨している・・・。また、彼女のアパートの部屋はキノコだとかが繁殖している・・・!

個人的な感想:
とりあえずノダメがどんな人物なのか、俺の考えを書かせてもらう。とにかく、彼女は面白い。何かギャボーとかウグゥウウとか叫んでいる。ただ・・・物語が進んでいけばその彼女によって巻き起こされる感動に出会えるよ!

千秋真一

34301

ピアノとヴァイオリンにおいては大学随一の実力を誇っており、将来的にはフランスのセバスチャン・ヴィエラの下で学びたいと考えている。勤勉で自分にも厳しく、彼が目指す目標は非常に高い。そしてノダメと出会った事で少しずつ変わっていく・・・勿論、千秋は知識の面でも凄い。

個人的な感想:
彼が怒るのは面白くて忘れられない。このアニメで千秋がブチ切れるシーンを挙げずに面白い所を言うのは困難を極めるね。彼がどんどん目標に向かって挑戦していくのは見ていて面白いし、そうした中で千秋が周りにブチ切れるのは・・・すごく良いです・・・。

フランツ・シュトレーゼマン 通称 ミルヒー

32646


著名な指揮者であるドイツ人のミルヒーは「とある」目的があって日本へと訪れた。そして千秋は彼からクラシック音楽に関する様々なことを学ぼうとするんだ。

他にはヴァイオリニストの峰とか江藤先生(千秋の最初の先生)、フランス人オタクのフランク、とか素敵なキャラクターが一杯いる。


レビュー
何といえば良いのか・・・とにかく凄い。時に楽しくときに感動的ですらあって、そうした中でブラームスやストラヴィンスキー、モーツァルト、ベートーヴェンなどの曲が流れるんだ。このアニメをどうレビューすれば良いのかわからない・・・けど、頑張ってしてみよう。この難しさを言うなら、まるで精神的なダメージを受けている人が、自分でその状態を説明というか批評する感じだと思う。

俺は漫画を読んでいないけど、多分見た感じだとアニメ版の方が良いと思うんだ。だってクラシック音楽が実際に聞けるわけだしね。でも、これはあくまで俺の考えだからさ。

掘り下げていくと、キャラクターのデザインとかはネガティブな面が出てくるけれど、それすらもこのアニメだと効果的に使われているし、アニメの動きも十分良い。

ただ一つ言うなら、千秋やノダメのピアノを弾く手が・・・うん。何かCGを使っていて人形がワイヤーで動いているみたいに見えるところかな。

登場人物たちは凄くフレンドリーで、特にノダメは・・・飛び抜けてる!キャラクター達は本当に最高だ。まぁ、皆もうわかってるだろうけど。

俺としては千秋が好きだな。彼の反応が若干期待はずれだったとしても、オーケストラに対してガミガミ言ってる所なんて最高におかしいし、ノダメが怒られている所もヤバイ。千秋の演奏は基本的に重厚的な感じで、まさにクラシック音楽と思わせる所がある。このアニメを見ていると実際に演奏を聞きに行きたくなってしまうね。

それと音楽という視点で見れば、このアニメではかなり踏み込んだ所まで表現されている。これは音楽を志す学生が見ればかなりモチベーショインアップに繋がるんじゃないかな。現状だとクラシックは少しずつ下火になってきているように思える中で、のだめカンタービレは俺達が待ち望んでいた牽引役になってくれるかもしれない。

アニメ自体はリラックスして見る事が出来るし、クラシック音楽の新しい一面を発見することも出来る。だけど、2期目になると日本人がフランス人をどーゆう風に見ているかがわかるよ。・・・例えば、フランス人オタクとか・・・

つまり、言いたい事はこのアニメを是非見てくれ!いや見ろって事!ちょっとしか情報がない中で、高い評価をされているんだ。ここだとランキングで21番目の得点になっているけど、見れば好きになるはずだよ。

12ce5qo3

ちなみこれはドラマの配役!



2:Ashelia:Sam 29 Nov 2008 - 10:37
のだめカンタービレ、見たよ!

ノダメと千秋のジャレ合いは凄く可笑しくて、可愛いね。二人で怒ったり気遣ったりしながら揉め事を起こしていくんだもん。あと、実際にギャボーとか ムキャーとかの駄目が言うセリフが頭から離れない。2期が楽しみだね。

あとは・・・脇役の子たちも凄く素敵。可愛くてちょっと可笑しくて(1期で千秋に惚れているティンパニーの真澄ちゃんとか・・・)。このアニメに出てくる子たちは皆ダイナミックだと思う。

確かに、演奏中の手の描写とかがCGで・・・微妙かなぁとは思ったけど、でもいつもの事だからね。うん。

クラシック音楽のファン達もきっとこのアニメを気に入ると思う。ここには素晴らしい音楽たちの欠片が詰まっているし、音楽がわかるからこそ楽しめる部分も出てくるはず。それに今までクラシックに興味を持っていなかった人たちも興味を持ち始める切欠になるかもしれない。これは凄いことだと思う!

のだめカンタービレはキャラクター達もユーモアたっぷりで凄く良いシリーズだよ。ぜひ見て!


3:ZGMF Balmung:29 Nov 2008 - 12:16
凄く良いレビューだったよ!(だけど、漫画の情報を付け忘れてる。1月に1巻発売されたよ。)

それにしても、凄く良いレビューだった。知的だね。

内容にはあまり興味がないけど、ただアニメの中でどんな風に音楽を表現しているのか気になった!


4:Ashelia:10 Jan 2009 - 0:44
2期に関してだけど、一言で言うと「エクセレント」。ただ、1期ほどじゃなかったかな・・・。

何ていうか、ノダメと千秋って組み合わせが当たり前になってきちゃったというのもあるし。あとは1期よりもコンサートのシーンが短く感じる。今回はキャラクター達に焦点を当てているみたいだけど、1期には及ばない。

ただ、のだめカンタービレの面白さはまだまだ残っているし、毎日が楽しみ。・・・ノダメが千秋を振ったシーンが見れて嬉しかったな。


5:Ashelia:23 Jan 2010 - 22:44
のだめカンタービレの3期やるって!!!

やったームキャー!

6:Zefiris:20 Mar 2010 - 13:43
2期を最後まで見た後、少し悲しい気持ちになった。と言うのも、確かに2期は良かったけれど、1期の方が楽しいかった事に気づいたからだ。俺達がクラシックと出会える、つまり聴けるシーンというのはあまりにも短かった。なぜ俺が1期を愛していたかと言えば、それはアニメ中で私達に対して音楽というものを少しでも聴かせよう、聴いてもらおうという気持ちを感じ取れたからだ。

今回はその魔法が足りなかったように思える。ただ、キャラクター達の関係が少しずつ変わったりしたのは良かった。展開としてはユーモアがありつつもどちらかと言えばシリアスな展開になりつつある。ただ俺達のノダメは相変わらずノダメのままだった。・・・最終的に言えば、今回は話数も少なかったというのが原因だと思う。とにかく、3期も楽しみにしているよ。



Nodame Cantabile
1:Ahuri :(13/02/2007)

あらすじ
千秋は桃ヶ丘大学一のピアニストでありヴァイオリン奏者としても素晴らしい実力を持っている。しかし彼は子どもの頃に経験したトラウマを現在も引きずっていた。

彼は小さいころに飛行機とボートで怖い体験をしており、それがトラウマとなっている。その為、日本から離れることが出来ずにいた。また、千秋は幼い頃に出会ったセバスチャン・ヴィエラの下で学びたいと夢見ているのだが・・・その師匠は日本には居なかったのだ。

この桃ヶ丘大学には、ノダメと呼ばれる変な少女が通っていた。彼女はある日、自室の横で酔っ払いながら寝ている千秋を見つけ、部屋へと引き入れた。千秋が目を覚ますと、ピアノの美しい音色と共にまるで埋立地のようにゴミが散乱している様子が目に入った。彼はこの後、日本では音楽を学ぶ為に日々"貧しい"生活を送っている学生が居る事にショックを受けた。特にノダメはその傾向が強かったのだ。・・・ちなみに、ノダメの行動は変な所があるが、悪いことをしたりするわけではない。

ここにおいて、性格の異なった二人は共に歩んで行く事になり、千秋はまだ日本ですべき事があるのかもしれないと感じたのだ。

登場人物

野田 恵
全てにおいて変人。どうでもいい事に神経を尖らせ、その癖不潔(4日間シャワーに入らなかったりする)。一度聴いたピアノは弾けてしまう。よく「ギャボ!」や「ムキャ!」などと叫んでいる。


千秋 真一
音楽の天才であり、常にオレ様オーラを纏っている。また、ある面においてはマニアックでノダメとも上手くやっていける・・・髪の毛を洗ったりとか。大学では彼が歩くと常に周りから「キャー!千秋様ー!」と歓声が聞こえる。


峰 龍太郎
大学付近の中華料理屋(裏軒)の息子。彼はヴァイオリンを弾くが、実力は大したことない。そんな中、ノダメに試験の伴奏を頼むことになった。なぜなら、本来は千秋が伴奏をする事になっていたが、峰の実力を聴いた千秋が伴奏から降りてしまったのだ。


奥山 真澄
真澄ちゃんは閉所恐怖症もあってティンパニーを演奏する際にはかなり大げさなパフォーマンスをする。彼は千秋にまとわり付くノダメを発見した際に、殺すリスト最上位にノダメを位置づけた。





レビュー:
のだめカンタービレのドラマ化に対する日本での反応はかなり好評だった。だからオレはアニメバージョンが本当に待ち遠しくて、J.C. STAFFがアニメーションを手がけると知った時は心から感謝したものだ。そしてこれは間違いではなかった。

ストーリ的にはユーモアとキャラクター達の成長が上手く融合しており、様々な音楽に触れる事が出来る。キャラクターに関しては、基本的に他と比べて全員ぶっ飛んでいる。こんなに面白いキャラクター達をノダメ以外で見た事はないと思う。ゴミの中で暮らしている少女は最初の方こそ嫌な印象を受けるが、ギャボーという言葉が全てを忘れさせてくれる。見方によってはかなり馬鹿ぽかったりノロマのように感じるかもしれないが、実際には可愛い。のだめの持つ不思議だ。

千秋の性格はノダメと比べれば現実的だ。だからこそ、千秋がどうノダメをあしらうのかを見ていて楽しいのだろう。ノダメは千秋にかなりアタックしてくる。そして千秋もノダメが強烈な好意を抱いている事を理解している。・・・そして良い意味でぶっ飛んだ形は続いていくのだ・・・。もちろん、ユーモアも続いていく。

1

作画の方は基本的に良い感じだ。キャラクター達のデザインは目が小さくより人間的(現実的)になっている。また背景に関してもかなり美しい。・・・一つ問題があるとすれば、演奏時の手の動きに違和感があるぐらいだ。個人的に、のだめカンタービレのキャラクター達は「ハチミツとクローバー」を連想させるが、同じスタジオの同じ監督がやっているのだから不思議ではない。これは決して悪い意味ではない事を理解して欲しい。

クラシック音楽に関しては、知識は対して持ち合わせしていない為、批評するのは難しい。1話の放送が始まって以降、オレはこのアニメの為に家で待機しているし、それだけの価値がある。

2

もし君が「ハチミツとクローバー」が好きだったら、もし君がコメディーが見たければ、もし君が少女マンガとは違った形の愛を見てみたいのであれば・・・是非のだめカンタービレを見て欲しい。きっとガッカリはしないから(少なくとも、かなり笑えると思うよ)。


2:The_Fan:13/02/2007, 08h57
4話まで見たけど、このアニメ好き。今はユーモアのシーンばかりだけど、本当に笑いまくってる。ノダメやばし。

確かにキャラクター達は「ハチミツとクローバー」を連想させるね。デザインはとても素敵。クラシック音楽の部分に関しては、ベートーヴェンやショパンとかが演奏されていて、この美しさは金色のコルダをベースにしてるのかな。AhuriはOP/EDに関しては何も言っていなかったけれど、俺としては良い感じだった。キャラクター達はとっても自由な感じ。特にノダメは可愛らしいね。


3:Bloodlines:13/02/2007, 10h31
何て言葉にすればいいんだろう。とにかくこのアニメは今季で一番お気に入りになった。のだめカンタービレに出てくるユーモアは大好きだし、キャラクターも良いね。リラックスして見る事が出来る。特にノダメが大好きかな。ギャボーって彼女が叫んでるシーンが最高!


4:The_Fan:13/02/2007, 14h02
のだめって今まで見たキャラクターの中で一番可愛い。川澄綾子は最高の仕事をしてくれたね。(いつも通り素晴らしいアフレコって事ね)


5:Ours_Polaire
:13/02/2007, 14h41
このアニメは自分にとってピッタリだったわ。凄く面白くて、しかもユーモアに溢れているの。ノダメの千秋先輩のコンビも凄く良かった。女性でもないのに、千秋はご飯から掃除家事洗濯なんでもやるんだもの。よくアニメである理想的な女性とクズ男って組み合わせの真逆!凄く良いと思う。


7:seinken:14/02/2007, 01h02
3話まで見たけどかなり面白いアニメだね。実際、俺は一度も爆笑なんてしなかったから笑えるアニメではないと思うけど、良かったよ。

作画に関してはこれといって特に言う事はないけど、まぁ、大体こんな感じかなって所だ。基本的にこのアニメはキャラクター達を見て楽しむものだと思う。千秋はかなりオレ様主義な感じだけど、そこが可愛いしね。ノダメに関しては女性としては魅力が足りないかな。つうか俺はこんな女嫌だ。他のキャラクターに関しては、千秋とノダメの陰に埋もれてしまっている気がする。

まぁ、要は俺としてはノダメが嫌いだから、このアニメはお気に入りとは言えない。恋愛物にするなら三角関係とかあった方が盛り上がると思うしさ。

とは言っても、音楽は良かった。ただただキャラクター達の人間関係が浅いという所が残念だったな。


8:ema89:14/02/2007, 10h00
俺はドラマ版を何度も見たんだけど、アニメがやるって聞いたとき、1話が楽しみで仕方が無かった。・・・まぁ、結果的にはかなり失望したね。クラシックの部分とかドラマと比べると見劣りするんだ。

ただ、その点を除けばストーリーはとても面白いくて大好きだ。ノダメと千秋の関係は凄く面白い。千秋が横暴なのは本当だけど、それが人を惹きつけたりするわけだしさ。

あと、三角関係はあるよ。ドラマでは少なくとも起きてた。

とりあえず俺が言えるのは、アニメはドラマ版と同じ内容だから是非見とけって事かな。


9:hanae
:18/02/2007, 18h29
すごく面白かった。ノダメは本当に個性的な性格で、千秋とのコメディも本当に笑っちゃう。それと千秋の声優をやっている関智一は悪いキャラとか冷たいキャラとかが凄く上手いんだよ。(関智一が声をやると冷たさが倍増するの!)

ただ、オススメするならドラマ版かな。だってそっちの方が面白もん。

ドラマ版だと千秋役の人が凄くカッコイイんだよ。でもノダメはちょっと歳取りすぎな気がする!


10:Melo-chan
:20/02/2007, 18h42
ついにノダメの1話を見たよ・・・最高!

このアニメ凄く面白かったよ!(少なくとも、1話は面白かった!)

一番私を笑わせてくれたのはノダメ!だって女の子なのに男の子よりだらしないんだもん!
本当に面白かった!!!ただノダメはちゃんと変わらないきゃって思った・・・。


11:Nayanea:25/06/2007, 08h04
私の場合、数週間前からノダメを見始めたけれど、頭からストーリーが離れないね。でも、話自体はシンプルなものだし、とても良い感じなの。








パンダに怒られた件 途中で飽きた件


記事のリクエストは→リクエスト掲示板


このエントリーをはてなブックマークに追加 
当ブログのプライバシーポリシー