毛泽东为何多次“感谢日本侵 略”?

7821551d

ttp://blog.163.com/hu_zhiping11/blog/static/20705432201171423833273/

毛沢東が日本に感謝? 中国の反応
作者:李大伦

tu4
1955年10月、毛沢東・周恩来・廖承志が中南海において
日中国交回復議長の久原房之助と会談した写真

毛沢東が「日本からの侵略に感謝していた」という類の話があり、この話は学会から民間にまで広く知られ、密かに深い興味をもたれていた。しかし、実際にメディアを通じて紹介される事は非常に少ない。多くの人は、毛沢東が日本の首相であった田中角栄に対し「日本の侵略に感謝します」と語った事があると考えている。実際に田中角栄について研究している学者がいるが、この発言の公式な記録というものは現在も発見されていない1994年、「毛沢東外交文選」を中華人民共和国外交部と中国共産党中央文献研究室が合同で編集し、中央文献出版社から出版されたが、この中に、先ほどの発言とよく似た言葉が記載されている。あくまで出版社から出されたものであるにも関わらず、この本がこうして権威を持つ事が出来るのは、中国の出版業界が自由に発展してきている事が見て取れる。または、編集者と出版社は、この発言が悪いものだとは思わず、そのために公に記載してしまったのかもしれない。

毛沢東のこと発言に関して、多くの人々が様々な視点で分析を行っており、ある者は毛沢東はロマン主義的な気質と豪放(度量が大きく、大胆で、細かいことにこだわらない)な性格であるとしている。確かに、共産党の指導的地位を確立した後は、何の気兼ねもなく演説を行う事が出来、それ故に失言を抑止するものが無かったのは事実である。また、ある者は毛沢東が弁証法を学び、唯物論の精神を持っており、この発言は日本の侵略に対して風刺を行う事で中国人民を目覚めさせ、共産党の勝利を勝ち取ったのだとした。

毛沢東は抗日戦争中、中国共産党、そして武装する人民の指導者として日々多忙を極めていた。そんな中、持久戦という正しい戦略方針を打ち出したからこそ、敵を破り戦争に打ち勝ったのだと私は思う。さらに、政治・軍事・経済・文化など様々な方面で指導工作を行い、日本の侵略者に強力な打撃を与え、人民の力を集結し発展させた。それは抗日戦争における勝利において、重要な貢献をしたと言える。

「毛沢東外交文選」には、毛沢東が日本人に対して何度も「日本の侵略に感謝します」という類の話をしたと書かれている。

1961年、毛沢東が日本社会党の議員である黒田寿男らと会談した際の話である。「日本の皇軍は、かつて中国の半分以上を占領し、そのお陰で中国人民は学校で教育を受ける事が出来た。もし、日本の侵略がなければ、恐らく我々(共産党)は未だ山の中に潜伏したままであり、北京で京劇(中国の伝統的な戯曲)を鑑賞する事は出来なかっただろう。日本の皇軍が中国の半分以上を占領した事で、我々は抗日を指示する地域を確立し、後の解放戦争に勝利するための基盤を築き上げる事が出来た。日本の資本と軍閥は我々にとって”良い事”をしてくれたわけであり、もし感謝をしなければならないのであれば、私はここにおいて日本皇軍の中国侵略に感謝したいと思う。」

1956年、毛沢東が訪中してきた旧日本陸軍中将の遠藤三郎と会談をした際の話しである。「あなた方は我々にとって先生であり、我々はあなた方に感謝する。あなた方がこの戦争をし、中国人民を教育してくれた事で、今まで統一感の無かった中国人民の群集が団結できたのだ。それ故、我々はあなた方に感謝すべきなのだ」。同年、日本の日中輸出入組合理事長の南郷三郎と会談した際にも、毛沢東は同様の話をしたのであった。

学者による分析では、「感謝」という言葉や、それと似た言葉を相手に使うのは、毛沢東のある種の言語的特徴であり、それは冗談や面白さを含みつつも、本来とは異なる反対の意味を持たせている事が多い。つまり、皮肉なのである。この感謝というのは、決して毛沢東が日本による侵略を肯定したものではなく、日本の帝国主義が中国を侵略したという抗日戦争の性質を否定するものでもない。また、日本の帝国主義による侵略が、中国人民に対して深刻な災難をもたらしたという事も否定しておらず、それに対する抗日戦争の偉大なる逃走も否定していない。更に、毛沢東は明確に何度も日本の帝国 主義を「侵 略 者」であると指摘し、中国人民の敵であるとしている。つまり、先ほど書いた毛沢東の言葉というのは、日本の帝国主義を反面教師にするというものであり、日本の侵略行為を詳しく述べるという行為は、客観的に見れば中国人民が団結し、抵抗を行う上での教育的効果を生み出したのである。



1:心定知浪静:08-16 21:56
実際の所、当初は「抗日救国」って言ってたんだよ。


2:dj8812069:08-16 22:12
いやいや、皇軍がいなかったら、俺らはどうやって山から降りて桃(中国)をとるんだよ。


3:斌斌:08-16 22:21
ソビエトにはちゃんと感謝したん?


4:忆江南:08-16 23:52
日本人が中国を侵略しなかったら、毛沢東は生き残るチャンスすらなかったよ。感謝すべきだ。


5:ktm4567:08-17 01:27
せやな


6:蓝雨江湖:08-17 08:14
いやー毛沢東が10年に及ぶ文化 大革命をしてくださった事に感謝しますよ!ええ!


7:一梦千年:08-17 09:57
大日本がなかったら、今は違う中国になってたはずだ!感謝して日本に共産主義を贈ろう。


8:江淮卧龙:08-16 18:30
実際さ、抗日戦争がなければ、長征で勝利を得るなんて事はまず無かったよ。


9:三家村夜话:08-16 20:17
日本鬼子が蒋介石の百万もの軍隊を相手にしてなかったら、中国は今頃ヨーロッパの植民地だったかもな。


10:我们同在一起:08-17 10:56
いや、そもそも長征は抗日戦争よりも前の話だから、日本とか関係ないし。


11:统一认识:08-17 11:00
まぁ、色んな軍閥が争って統一なんて無かったかもな。


12:nidalong520:08-17 11:02
日本の侵略が無ければ、我が党が政治を行う事も無かったし、我が党が政治を握らなければ、新しい中国も生まれなかった。もし侵略が無ければ、今頃台湾にいる人民達のように苦難に満ちた生活をしていたはずだし、総統すらも逮捕されるような社会だっただろう。だから、今こうして幸福な生活を忘れてはならないという意味で、毛主席は感謝というような話をしたんだよ。


13:王者归来:08-17 12:06
読み終わるまで、何で日本に感謝するんだよと思っていたけど、抗日戦争が終わった後の内戦で、鬼子の武器を解放軍は使ったし、その地盤(満 州の工業地帯)を引き継いだのを考えれば、確かにそうかなと思った。


14:木亏:08-17 12:28
何が習慣だ、冗談だ、皮肉だ、そんなの弁解にもなってねぇよ!!!言葉の本当の意味を知る張本人はもう死んじまったんだからな大国の指導者であれば、言葉を選んで発言するなんて当たり前だ。何でこんな発言したのかわかんねぇよ!


15:大头丸子:08-16 23:19
え、これって本当に言ったの?


16:湘江情:08-17 12:46
>>15
いや、この発言の原文は「日本国民に感謝する」であって、日本人の反ファシズムと米帝に感謝するって事だよ。それが編集者を通したら「日本の侵略に感謝する」って変化したわけさ。


17:明月:08-17 13:37
日本は1931年に東北地方(中国の東北地方)を不法に占領し、そこに満 州 国なる傀儡政権を作った。それ以降、日本は更に多くの領土を求めるようになり、日本の犬養毅は蒋介石との協議の末、華北征伐を推し進めた。犬養毅の孫と蒋介石は良好な関係を築いていた。なぜなら、日本は蒋介石の権利を認め、蒋介石はその代わりとして偽満 州 国の承認を行ったからだ。最終的に、日本は上海を占領し、愛国心を持っていた将校達は国外に亡命した。つまり、蒋介石が売国奴だった為に、中国は東北を失い、華北を奪われる危機に直面したわけだ。後に、華北を中心に日本の傀儡である南京国民政府が誕生したわけだが、蒋介石はこれを承諾するという暴挙に出た。これによって、欧米諸国は華北における権益を失い、蒋介石は自分が日本と共に西洋を追い出したと妄想をかましたわけだ。だが、最終的に盧溝橋事件が勃発し、小日本は全面的に中国を侵略し、中華民族はまさに存亡の危機に瀕する事となったんだよ。


18:xhbeiye:08-17 17:39
自分は小さい頃、学校ではなく近所の老人から教育されたんだけど、国家(共産党)の教育を受けなくて本当に良かったと思ってるよ。何で、我が国には世界に友人と呼べる国がないと思う?皆には恐らく検討も付かないでしょう?黒いものを白だと教育されてきたんだからね。例えを挙げるならば、8年に及ぶ抗日戦争、10年にも及んだ文化 大革命、どれも真実は教えられてないよ。

こんな事を書くと危険かもしれないけどさ。ハハ。


19:傲跋蠎---润家:08-17 22:43
民族の利益の為に命を捧げたけど、侵略者の手を借りて、その上で同族を攻撃し自分の国を建国か…。

なんだ。ゴミクズじゃん。


20:zhou127295:
もし日本の侵略がなければ、もし蒋介石が日本と徹底抗戦しなかったら…俺達は俺達はどうやって漁夫の利を得るというんだ。それがなければ、国共内戦を制する実力だってつけられなかっただろ。


21:医疗的灰色收入:08-17 23:19
まぁ、日本が無ければ毛沢東が皇帝になる事なんてなかっただろうな


22:观天下:08-18 11:59
私は永久に日本人を怨む!日本人は中国で悪い事をしすぎた!


23:核动力1号:08-17 08:11
日本人が中国人を結果的に一つにまとめた事が、蒋家による皇朝を粉砕した。だから私達は自由と民主主義を得たのさ。


24:慕英公子:08-17 12:24
>>23
え!?君は自由と民主主義を手に入れたの?おかしいな。俺には無いんだけど。


25:dinoyx:08-17 17:09
>>23
日本人は3500万人もの中国人民の生命を奪ったけど、それに感謝してんの?


26:xhbeiye:08-17 18:12
>>23
おまえ、共産党のBOTだろ。


27:祖宗:08-18 16:21
皆で汚く罵りあうのは良くないよ。事実そのものについて論じるべきだ。毛沢東が日本に感謝したかどうかについてだが、少なくとも彼は行動でそれを示している。というのも、彼は全中国の農民を代表して、日本の賠償を免除しているわけだ。歴史の真相というのは、王朝が交代する際には民衆に知らされないわけだ。つまり、俺達が知っているのは政府の書いた歴史であって、権力者というのは自分の功績や人徳を都合よく持ち上げられるわけさ。結局、皆は政治のプロパガンダと歴史の違いがわからないから、未だに社会は変わらないわけさ。でも、俺達には愚民にならないという選択も出来るわけだ。つまり、俺達と朝鮮の違いは、愚民じゃないように努める事が出来る故に、あいつらよりも愚民が少ないって事さ。


28:青青:08-18 18:20
まぁ、欧米列強が中国に侵略したからこそ、中国には工業というものが伝わったわけだし、日本が侵略したからこそ、中国で覇権を握る上での大きな力となったと言えるかもね。こんなの、誰でもわかるでしょ。もし、欧米による侵略が無かったら、私達はその後何世紀も槍を装備して争っていたかもよ。これ、多分世界中の人が知ってると思う。






         /::::::;ゝ-──- 、._/::::::ヽ
        ヾ-"´         \::::::|
        /       U      ヾノ   
         /   | | |  _     _ヽ     
       |      /::::::ヽ   /::::: | :     寒くて腹壊した
       : l   .u  (::::=ノ  ▼ヽ=:l : 
       ` 、        (_人_)  /:
        ・`ー 、_          /・
            :/`''ー─‐┬''"´・
           :/::::::丶  / ヽ:
          :/ 丶、_) (__ノ:  ギュルルル~
          (::|::::...   ...::::| :
          .:|::::::::/⌒ヽ:::::|
            `ー´   `‐´


バトルフィールド 3(初回特典プレミアムマップ「Back to Karkand」DLコード&Amazon.co.jp限定「Physical Warfare Pack」DLコード 付き)

人気ブログランキングへ

記事のリクエストは→リクエスト掲示板


このエントリーをはてなブックマークに追加 
当ブログのプライバシーポリシー