こんにちは。夏のような日差しが続いていますね。

ご相談内容は、気になる異性の気持ちを知りたいというものです。

どうでしょう。もう異動になってしまいましたか?
好きになるのは仕方がないです。
それ自体は悪いことではないですから、気にしないようにしましょう。

今、八方塞がりというか、身動きが取れない状態なので、ゆきさんにとってちょっと辛い時期なのかなと思いました。
何となく私はそう感じています。
でも、恋愛というのは全てが上手く回るものではないから、あまり考え過ぎないようにして下さい。
相手と自分の心という見えないもののやり取りだからこそ、すれ違いや分からないことが増えていきます。

そうなってくると、ちょっと悪い方に考えが傾いてしまうことがあります。
純粋に相手のことを思うことから始まり、様々な考えが浮かび上がり、場合によっては良くないことも考えてしまうかもしれません。

ゆきさんはその人を好きになって、どこへ向かおうとしているのか?
苦しい決断になるかもしれませんが、それをしっかりと決めると苦しみから開放されるでしょう。

では、アルカナが何を暗示しているか見て行きましょう。

 NEC_1396


 女帝のアルカナです。
 女帝は精神的な世界と現実の世界の両方で満たされる様子が描かれています。
 相手の方はゆきさんのために全てを投げ打つことはしないけれども、ゆきさんのことは良く思っているみたいです。
 
 それはゆきさんにとって中途半端な答えかもしれません。
 それが逆位置になって現れているのでしょう。
 
 だけれども、好きな人と先々も仲良くやっていきたいと考えるのであれば、現状で考えられる最良の答えなのではないでしょうか。

 何もかも自分の考え通りに動くことはありません。
 しかし、大きな流れの中で、自分にとって一番幸せになる選択肢を選んでいけば、きっとゆきさんの心も軽くなると思います。
 
 答えになっているかどうかわかりませんが、現状をよしととらえることで、色々変わってくるかもです。