産休ギリギリまでフルに働いた私。




いよいよ産休に入りましたが






なぜか数日間、

放心状態でした。





ここまで来られた、という思いで

ホッとしちゃったのでしょうかね。





いや。

出産準備しろよ、自分。





ということで。


ようやく赤子を迎える準備をはじめました。





行った先は、


あかちゃんほんぽ

ベビーザらス


でした。




1日は下見して、

2日目に買い物しました。



必要な赤子グッズを調べて

買ったもの


↓ ↓ ↓ 





<チャイルドシート>

車必須の土地に住んでいるため、

これがなければ退院できない!




いやー、どれもこれも高いっす。





<お風呂グッズ>

ベビーバス(空気で膨らませるやつ)

ベビーソープ(泡のフォーム状のもの)




<お布団>

ベビー布団9点セット(西川のもの)

敷パット&シーツ(洗濯交換用)

ドーナツまくら


<衛生用品>

ガーゼ10枚

赤ちゃんお手入れセット(爪きりとかブラシとか)

体温計(おでこで測るやつ)

おしりふき

おむつを捨てる袋(うんち用) BOS


ベビー洗濯洗剤


<着るもの系>
 
 肌着(短肌着・コンビ肌着 各5枚)

 ツーウェイオール 4枚

 おくるみ 3枚(厚地のもの1枚と薄いの2枚)





以上です。





たぶん、とっても少ない。


誰かから譲り受ける予定のモノもありませんでした。





なぜ、こんなに少ないか。




理由その1.
 
 生まれてくるベビーの性別が分からない。


 

 健診で先生に聞けばいいのに、

 最後まで聞きませんでした。

 

 一種のゲン担ぎみたいなもので。



 男でも女でも、どちらでも大歓迎!

 無事に生まれてきてくれたら、

 それでよい。


 そんな気持ちでいたので、

 性別が分からず。



 いざ、ベビー用品を買いに行ったら

 いやー、男の子用・女の子用が

 結構はっきり分かれている・・・


 そんなんで

 衣服などは無難な白とか黄色しか買えず、でした。




理由その2

  ミルクやおむつなどすぐに必要なものは

  病院で使っているものと

  同じものを使いたかった。





  そのため、

  生まれてから用意すればよいと

  考えていたのです。






理由その3

 無事に生まれてくれるか心配。




 はりきって買い物をして

 ベビーに万が一のことがあったら・・・?

 と思うと

 ビビッてしまい、買い物が進まなかったんです。




 完全に情緒不安定ですね。



 でも、そうやって

 常に最悪のパターンを想定しながら

 不妊治療から妊娠期を過ごしてきました。




 そうやって、

 自分のメンタルが

 不測の事態に耐えられるように

 常に予防線を張っていたのです。
 






少ないベビーグッズですが

必要最小限のものは揃えておきました。






いざとなったら、

amazon にお願い!

と、腹をくくっていましたが、

意外とどうにか間に合いました。



 
マタニティランキング

高齢出産ランキング

にほんブログ村 マタニティーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へにほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ ハイリスク妊娠・出産へにほんブログ村