2020年10月21日

差別化的エンブレム装着

我がN-WGNの話。

良い車だってことは、前回書いた通り。軽もどんどん良くなっていくもんだなと、つくづく思うのであるが、この車で1つだけ不満なところがある。
せっかくターボ車買ったってのに、ノーマルエンジンと外観に一切の違いが無い。何から何まで、全て一緒。室内だって、パドルシフトが付いてるぐらいで、これまた一緒。そりゃあ走ったら、加速から何から全く違うけど、何処でも良いから違いを作ってくれー!と思うのである。

んで、だったらなんか貼り付けたらどうなんだと。この際だから、ターボを強調したって悪くない。
ってことで、エンブレムを貼ることにした。

と言っても、クオリティの低い中華製は絶対に嫌。それよりなにより、新車だし。だったら純正をとネットで探し、出てきたのが、バモス用のエンブレム。ホンダ純正だから間違いない。ちなみに、値段は1100円也。

そんで貼り付け。
nwqne1

写真だと曲がって見えるが、キチンと水平を測ったうえで、マスキングテープで基準線を作り施工。貼り付け時も、糊面を温めてからやったので、現在はガチガチにくっ付いている。
それにしても、エンブレムの大きさも丁度良く、さすが純正品だけあって、最初からこうだったんじゃないのかと言えるレベルだし、字体も違和感ないと思う。

ま、そんなわけで、ターボ車にお乗りで、自分と同じような不満をお抱えの皆様、お試しあれ。


pandeponde at 16:40
車・バイク 

2020年10月21日

MOTORS

civic
【HONDA・CIVIC HATCH BACK】
Factory option: Honda SENSING

n-wgn
【HONDA・N-WGN】
Type: L TURBO Honda SENSING

PCX
【HONDA PCX】
Type: 2010 Thai model
Customize:
R420 POWER FORCE MUFFLER by REAL SPEED
High Speed Pulley by Burial(weight rollers 8gX6)
Clutch Center Spring by Advance-Pro(1000rpm up)
Bearing Slider by Advance-Pro
Rear Side Mall by MADMAX
etc...

pandeponde at 08:38
MOTORS 

2020年10月21日

軽自動車を新調【ホンダ・N-WGN】!!

我が、、、というか、かみさんの乗っているMRワゴンの話。

当家のメインは、言わずものがなシビックである。これまでつまらないトラブルはいくつかあったが、それ以外は絶好調である。
それにひきかえ、サブというか、概ねかみさんの通勤車であるMRワゴン。今年で13年ということもあり、そりゃあもう酷いものである。前回の車検でうんざりするほどダメ出しを受け、「中型車?」と見紛うほどの代金にもドン引きしたが、だからと言ってブラッシュアップされた形跡など一切なく、グニャングニャンの抜け切ったサスと、艶もなくなり小傷だらけの外装、あちこち壊れまくった内装など、こういうのを限界というんだろうという状態である。
ただ、それでもこのご時世だ。コロナの影響で自分の仕事も影響があり、収入減は否めず、もう一度車検を取らないとダメかなぁと思っていたのだった。

そんな矢先、先日オイル交換のことを書いたが、「あれ、MRワゴンはやってんのか?」と不安になり、ボンネットを開け、オイルレベルゲージをチェックすると、な、な、なんと!全くオイルが付かないほど減っていたのである。かみさんに聞いてみれば、1年以上やった記憶が無いらしい。(爆)
もったいないのは承知だが、焼き付いて動かなくなっても困るので、結局ロイヤルパープルオイルを入れる羽目に。

辛うじて、大惨事は免れたが、そもそもがこの車であることが良くないのではないかと。本人も気に入って乗れて、もっと愛情を注げるような車に替えるべきだと考えたのである。

だからと言って、予算が重要。正直なところ、纏まった金を用意できる状況ではないので、この際はローンにせざるを得ない。均等払いにしたとして、月に幾らなら出せるのかというところから、車種を決めることにした。

かみさん曰く、「2万円ぐらいかなぁ。車はN-WGNが良いね。」

で、中古はもちろんのこと、いわゆる新古車とか未使用車とか探してみる。中古はまあまあだったが、未使用車は予想通りというか、ホンダは本当に少ない(なぜ少ないかは、とてもここじゃ書けない)。あってもN-BOXだから、今度は支払額が伴わない。
んじゃあ、ホンダ以外はどうだ、と適当に見繕ってきた車の画像を見せると、チャチだの、ここが気に食わないだの、スタイルが好きじゃないだの、まあメンドクサイ。

いっそ新車にと、ホンダのHPでN-WGNをセルフ見積もりしてみた。するとどうだ。残価設定にはなるものの、予算にほぼ合致。じゃあこれで行こうかという方向性は見えた。
ただ、ここからが難題。グレードを一番下のGにすると、まあ何にもない。軽だから多少は諦めるとしても、今どきUSB電源は欲しい。そこでLにすると、LEDヘッドライトが選べる。現在もLEDにしてあるから、仮にGにしたとしても、ハロゲンバルブからLEDバルブへ変更するとは思うが、最初からならそっちが良いに決まってるが、約7万円のエクストラが必要となる。
するとどうだ。あくまで見積上ではあるが、最上位のターボとの価格差が僅か9万円ちょっと。ハイパワーエンジンに変更するためのコストが10万円以下なんて考えも及ばない。カタログ上は、Lが58馬力、ターボが64馬力だから、たったの6馬力の差しかないように見えるが、実際に乗ると、段違いにパワーが違う。普通車に例えるなら、同じボディでも1500ccと2000ccぐらいの差がある。これは行くしかない。

「あれもいらない、これもいらない」と、ディラーオプションは純正ナビとマットのみ。それでも気づけば、総額は全く想定外の領域となったが、前述のように残価設定なので、月の支払いは予算内に収まった。軽は安いね。

ああ、この場合の残価設定ローン、5年乗れれば良いというのもあるが、一応にかみさんも定年の年齢に達するので、通勤で乗らなくなる可能性が高いから。その後はどうなるか知らん。

待つこと、およそ1か月。無事納車となった。
ngwnt1

こういうのを、プレーンというんだろうと言わんばかりの毒っ気のないフォルム。丸っこいと思いきや、意外と全体的には四角ぽくもあり、飽きの来ないデザインではないだろうか。装備も軽にこんなに要るのかというほどテンコ盛り。
さて、ちょっと乗ってみての感想を。まず、ドアを閉めてすぐわかる静粛性。気密性の高さもかなりのもので、シートの厚みも十分あり、室内は快適そのものである。次いで走り味、さすがターボと言わんばかりに、無理なく交通の流れに乗っていける。低速でもかなりトルクがあるから、アクセル操作も僅かで事足りる。それよりなにより驚いたのは、乗り心地だ。全体的に車体が揺れない。ボディ剛性も相当なものだが、サスの出来が素晴らしく、ブレーキングや加速時などピッチング方向の揺れは、普通車クラスと遜色ないほどだし、車線変更した時のスムーズさに至っては、姿勢変化することなく車が横に移動していくだけといった塩梅。セカンドカーとして使うには実に勿体ないと思うのである。ま、当家の場合、シビックがあるからセカンドだけど。

といった感じ。
とかく軽だと雑に扱われ気味になる傾向があるかと思うが、こいつはちょっと大事に乗ってやろうかと思うのココロ。

pandeponde at 08:33
車・バイク 

2020年07月05日

新しくエンジンオイルを買ってみる。

我がシビックの話。
これまで、オイル交換といえば、ディーラーで純正オイルのボトルキープをしていた。20Lを先買いするので、初期費用はまあまあ掛かるが、このシステムがとても便利で、オイルが割安な上、フィルター交換まで工賃無料。しかも、更新するとフィルター1個サービスという、とっても手軽なものだった。
ところが、このシステムが都合により廃止になってしまい、生々しい金額を毎回払うように。オイル自体の金額は大したことはないが、工賃だなんだとフィルターまで含めると8000円近くになってしまう。そこで、どうせこんな金額を払うならば、多少良いオイルにチェンジしようじゃないかという作戦である。
残念ながら、ホンダの4輪用には上級グレードのオイルがない。少し言い方を変えると、鉱物系の部分合成オイルしかない。モリブデンやその他添加物によって、そこらの部分合成に比べれば出来の良いオイルではあるが、所詮は部分合成。全合成オイルに比べ、性能が劣るのは明らかである。それでも定期的に交換さえしていれば、偶発的な場合を除き、トラブルに見舞われるようなこともなく、長い間の使用にも耐えられるのではあるが。。。

じゃあどれにするんだってところ。
当方、バイク用にロイヤルパープルなんてもんを使っているのは、以前に何度も書いた通り。ホンダ指定の粘度に近いものだと5Wー20 がある。低温時の始動性が若干悪くなる可能性もあるが、それよりなにより、正規品を買うと1qt(クオート、クオーターガロン約1L)で約3000円だから、4本で12000円。並行品でもその6割ぐらいなので、まあ結構な金額である。もちろん素晴らしく良いオイルではあるが、このオイルに代えた初回のみ比較的短いサイクルでの交換が推奨されているのと、長期の継続使用でこそ真価が発揮されるわけだから(実際に新車時から使っているPCXはべらぼうに調子が良い)、これは無し。

んで、適当に見まわしていたら、面白そうなオイルを発見。
「AZ モーターオイル」。 まあさっぱりした名前だこと。
どっかで聞いたことがあると思ったら、工業用ケミカル大手の、あのエーゼットだった。性能を見ると、これまた盛ってんじゃないのかというほどの高性能。レース・サーキット用なんて書いてあるぐらいよほどの自信があるのだろう。個人的には、エステル系に疑問を持っているが(以前バイク用で使ったモチュール300Vが話にならないほど酷かった)、まあ適当に高温になっても性能は確保されるだろうからと、試すことにした。粘度は0W −20で、約4000円と比較的安価。
azoil1

交換だが、フィルターも替えるので、ディーラーに持ち込み作業してもらう予定である。

、、、ってことで、オイルの性能は今後のお楽しみ。つまり、上でも書いたが、悪いオイルだと劇的に劣化するからすぐわかるが、この手の上級グレードとなると、ある程度長期に使用しないと分からないので。
ちなみに、フィルター交換時以外は、オイルチェンジャーを買って、自分でやろうかと考え中。このオイルが良いと分かれば、次回は20L缶を買おうかと思うのココロ。

pandeponde at 20:02
車・バイク 

2020年05月25日

中華マスクを買ってみる。

さ〜て、皆さんお元気でしょうか。
コロナに見舞われ、仕事状況は最悪ですが、私も元気です。

んで、仕事で不可欠なマスクが、手に入りにくくなってからおよそ3か月が経とうとしている中、先月とある海外サイトで、マスクを打っているのを発見。
Aliexpressである。
中国なんていい加減だし、セキュリティとかを含めて、正直迷ったが、仮にハズレでも諦められる金額だったし、カード自体の保証がしっかりしているので、買ってみることに。

それが、4月の22日。
それから2日ほどたって、発送の連絡が入る。意外と早かったなぁとか思いながら、荷物追跡していると、26日には航空会社が日本に向け発送となった。これはうまくいけば、4月中に届くんじゃないか、、、というのは完全な甘い考えだった。

そこからいくら待っても、送ってこない。コロナ関連で税関業務が遅れているというのはなんとなく聞いていたが、まあ来ない。
それがあっという間に1か月。たかがマスクに。

もうどうでもいいやと思っていたところへ、5月25日、「そろそろお届けされます」と連絡が。
「何だこの連絡!?」である。どうせこんな連絡があったところで、更にしばらくかかるんだろうと思っていたら、27日に突然届いた。

いやはや、さすがチャイナポスト。中身が柔らかかったから良いものの、袋はボコボコで破れていなかったのが奇跡のような状態。早速開けて品物を確認してみると、まあこんなもんだろうなぁというクオリティ。マスクとしての最低限必要な機能は備えていそうだし、幸い変な臭いもしないが、とても褒められたもんじゃない。まあ、そういう意味では、気兼ねなく着けられそうではあるが。

ちなみにこんなヤツ。
使い捨て口マスク50ピース
約17ドルと安いのは安いが、チャレンジしてみようと思う冒険家の皆様のみお試しあれ。

pandeponde at 08:41
買い物 
Archives