2017年08月05日

続・クラッチのジャダー

我がPCXの話

先日、別物に・・・なんて書いた通り、やっぱりとんでもない事になって来た。いつも走る某区間でその到達速度を確認すると、今までより1割ぐらい速い。また100ぐらいまでの到達速度も、数秒速いようだ。ただ、相変わらず、クラッチにジャダーが出る。2〜3kmも乗ると、全く出なくなるが、一体どういう事なのか。

クラッチのシューが、ブレーキパッドの素材のようだと購入時に書いたが、いわゆるスポーツパッドにありがちな、ある程度温度が上がらないと効きを発揮しないような物らしい。見た目でもメタルが配合されているのが確認できたから、尚更なんだろう。

ただ、こういう繋がり方が終始するとなると、摩耗は早いだろうね。5000kmぐらいで一度バラして、確認しないとダメだと思う。持って1万kmかな。。。

pandeponde at 10:34
車・バイク 

2017年08月02日

全く別物!

我がPCXの話

今日は天気も曇りで気温も低めなことから、我がPCXを駆って、実家まで往復約80kmの道のりで、先日組んだベリアルのプーリーなど一気に慣らしを終えようという目論見。

出だし、いきなりクラッチのジャダー。アタリが出ていなかったので仕方ないが、グググググみたいな感じでスタート。そのままアクセルを開けていくと、60ぐらいまでは、完全な半クラ感というか、ローギアードというか、400ccMT車ぐらいの2速で走ってる感じに似てるかも。そこからさらに開けていくと、80ちょっと手前ぐらいで、ようやく完全に繋がったよう。

暫くそんな速度で走った後、クラッチにアタリが出たところで、ベルトの掛かり具合を確認しながら、出だしでちょい大目なスロットルを何度かあて、距離にして20kmくらいなところで全体が慣れたようなので、一応慣らし終了。尚、今回は95をリミットに、最高速チャレンジはしていない。

さてさて、お待ちかねのフルスロットル。
すると、出だしからウイリーするんじゃないのかというくらい強烈な加速で、一気に80を超える。秒数にして、今までより2秒くらい速いかもしれない。250ccのスクーターより速いかも。
それより何より驚いたのは、70前後ぐらいでいつも出ていた加速の谷みたいなものが、完全に消えたのである。そもそも当方の車両は、タイ仕様なのでトルクカムの溝はストレートだし、ハイスピードプーリー入れてんだから、消えてもよさそうなものだったが、これがクラッチの影響なのか、プーリーの仕様変更の為なのか、正直全く分からないが、今までとは、まるで別物の乗り物になったような感じである。
また、再加速も非常に鋭く、追い越しするような場面で、もっさりせず、楽に追い抜くことが出来るようになった。もともとアドバンス・プロの1000rpmアップを使っていたから、それほど痛痒を覚えることは無かった。それでも、たかが125ccのトルク任せの加速なので、おっとりした感じは否めなかったが、今回のは、MT車でシフトダウン、又はAT車でキックダウンしたかのような感覚である。

但し、デメリットも幾つか。
燃費最悪。おそらく今までより2割近く悪くなっていると思う。リッター30kmは、ちょっと難しいだろう。
それと、極低速域が全く使えない。車列に並んで、微妙に前進していくような場面では、かなりギクシャクするので、ブレーキを使いながらアクセルを調節しなくてはならない。よって、かなりの割り切りが必要だし、通勤に使おうなんて人には向かないだろうね。

まあそんな感じだろうか。
それにしても、PCXって、奥が深いね。駆動系のみで、燃調を含めエンジンを全く弄っていないのに、これだけ変化があるんだから。ってか、これでエンジン弄ってる人って、何を目指してるんだろうか。どうせ趣味だろうから、どうぞお好きにとは思うが、自分はこれでお腹一杯です、ハイ。

pandeponde at 16:56
車・バイク 

2017年07月31日

iPhone5の電池交換

仕事場で使っている、iPhone5の話

もう大分古い機種となったが、未だ仕事場のBGM用として働いているiPhone5、それが先日、とんでもない事態に。

起動しようと、スイッチを押すと、なんか妙なところが光っている。

「こんな所、光らないよなぁ。」

とよく見ると、液晶がこんもり浮いていた。
ipe1
「あれれ、外れちゃったのか?!」

と押してみるが、全く戻る気配が無いどころが、液晶が歪んでしまう。

「これはなんだ? 爆発するのか?!」

そんな現象あるのかと、ネットで調べれば、バッテリーの劣化による膨張であると判明。しかも自分でできるキットがあるという。
こんなの簡単に決まってるだろうと購入。
たったの1480円!!(但し現在売り切れ)

早速作業開始。
キットに付属している工具で何とか開けてみると、電池はこんな状態だった。
ipe2
写真だとわかり辛いかもしれないが、まあ物の見事に周りのビニールがパンパンに膨れ上がり、触ると中の液体と思しきものを感じる。どっちにしても、このまま使っていたら、確実にボンッといっちゃったかもしれない。

作業そのものは、多少手先の器用な人なら苦にしないレベルだろう。交換後作動確認したら、問題なく動作した。
何はともあれ、一件落着。。。

pandeponde at 14:13
PC関連 

2017年07月26日

2度目のベリアル

我がPCXの話

先日、ドライブブローしたと書いたとおり、プーリー損傷によって改めて買わざるを得なかったハイスピードプーリー、原因を探してみた。

結論から言うと、やっぱりスライドピースを固定してしまったのが良くなかったと思う。そもそも標準状態からキッチキチに入っており、動かなくても良いのだと思っていたが、実際には若干動いているのであって、それを固定してしまったのが良くなかった。これにより、回転方向に僅かにガタが発生して、ランププレートの動作を阻害しブローしたのだと思う。ただ、いったん減速してからの再加速の際など、スライドピースがリブと干渉して、カクつくような感じもあり、それを改善したかったというのが本音である。

それともう一つは、プーリーフェイス中心部の摩耗。これは前々から気にはなっていたのだが、プーリー本体と接触する部分がかなり抉れていた。つまり、変速域が過剰になってしまう。
pr1
これにより、買ったばかりでまだ幅の広いベルトが、必要以上に押し出されてしまったとも考えられる。実際、ベルトがケース内で当たったような痕跡もあった。この場合、ボスシムを追加するべきだったのだろうけど、そういう考えが無かった。

さて、何を買ったかと言うと、またしてもベリアル。JOSHO1とどちらににしようかと直前まで思っていたが、JOSHO1にした場合、プーリーフェイスの角度が14度なので、また1からセッティングし直すことになるという面倒が発生する。それならば、様子のわかっているベリアルの方が使い易いだろうという決断であった。

近所の2りん館で購入。
HP上では、材質の見直しなどがされたというが、どこがどう変わったのか、さっぱりわからない。それでも決定的に違う部位を発見。プーリーボスの全長が、0.5mm短くなっていた。ショートボス化により、最高速狙いって事なのか、それとも単なる製造ミスなのか(まあそんなワケないだろうけど)、念のため現在問合せ中。

で、組んでみる。
・・・とその前に、前回苦労したバリの除去。特にランププレートは入念に行って、組み付け完了。ちなみに雨交じりの天気なので試走はまた後日。

追伸;
答えが返っていた。仕様変更だそうだ。しかも、既に何回か行われているんだとか(詳細は不明)。ちなみに、現行型はシムを追加しないとダメらしい(へぇ〜)。

pandeponde at 17:06
車・バイク 

2017年07月22日

ハイスピードプーリー、没

今朝、何だか早く起きちゃったので、一回りしてくるかと、我がPCXを駆ってお散歩。先日組んだクラッチも中々良いもんだと思いながら走っていた時だった。
突然、ブルブルと変な息継ぎのような感触に見舞われた。ただ、それも一時のことで、また普通に走り出す。するとまたその感じが再発、しかもどんどん悪化し、いよいよ加速がおかしくなってきた。
緩々と走りながら、一旦通りがかったコンビニで確認する。正直、エンジンかと思ったが、普通にセルも回るし、排気ガスに嫌な臭いは無い。ドライブケース側に移ると、完全に異常な臭い。プラスチックやゴムの焦げたような臭いと共に、ケースカバーがチンチンに熱くなっていた。
そのコンビニから2キロほどの距離だったが、ゆっくり走って自宅に辿り着く。早速バラしてみると、驚きの光景が。

ドライブベルトが逆さまにひっくり返り、スライドピースが全て吹っ飛び、プーリーがランププレートと接触して破損、フェイスがガタガタに削れていた。恐らくは、もう少しで出火するほどだったのではないだろうか。
幸い、ドリブン側には一切損傷は無かったが、交換したばかりのベルトと、ハイスピードプーリー一式が逝ってしまった。

あ〜あ。。。

買い替えるのはもちろんだが、二の舞はしたくないので、JOSHO1にでもしようかと考え中。
痛い出費だなぁ。。。

pandeponde at 08:14
車・バイク 
Archives
track feed