2017年07月23日

2度目のベリアル

我がPCXの話

先日、ドライブブローしたと書いたとおり、プーリー損傷によって改めて買わざるを得なかったハイスピードプーリー、原因を探してみた。

結論から言うと、やっぱりスライドピースを固定してしまったのが良くなかったと思う。そもそも標準状態からキッチキチに入っており、動かなくても良いのだと思っていたが、実際には若干動いているのであって、それを固定してしまったのが良くなかった。これにより、回転方向に僅かにガタが発生して、ランププレートの動作を阻害しブローしたのだと思う。ただ、いったん減速してからの再加速の際など、スライドピースがリブと干渉して、カクつくような感じもあり、それを改善したかったというのが本音である。

さて、何を買ったかと言うと、またしてもベリアル。JOSHO1とどちらににしようかと直前まで思っていたが、JOSHO1にした場合、プーリーフェイスの角度が14度なので、また1からセッティングし直すことになるという面倒が発生する。それならば、様子のわかっているベリアルの方が使い易いだろうという決断であった。

近所の2りん館で購入。
HP上では、材質の見直しなどがされたというが、どこがどう変わったのか、さっぱりわからない。それでも決定的に違う部位を発見。プーリーボスの全長が、0.5mm短くなっていた。ショートボス化により、最高速狙いって事なのか、それとも単なる製造ミスなのか(まあそんなワケないだろうけど)、念のため現在問合せ中。

で、組んでみる。
・・・とその前に、前回苦労したバリの除去。特にランププレートは入念に行って、組み付け完了。ちなみに雨交じりの天気なので試走はまた後日。

pandeponde at 16:56
車・バイク 

2017年07月22日

ハイスピードプーリー、没

今朝、何だか早く起きちゃったので、一回りしてくるかと、我がPCXを駆ってお散歩。先日組んだクラッチも中々良いもんだと思いながら走っていた時だった。
突然、ブルブルと変な息継ぎのような感触に見舞われた。ただ、それも一時のことで、また普通に走り出す。するとまたその感じが再発、しかもどんどん悪化し、いよいよ加速がおかしくなってきた。
緩々と走りながら、一旦通りがかったコンビニで確認する。正直、エンジンかと思ったが、普通にセルも回るし、排気ガスに嫌な臭いは無い。ドライブケース側に移ると、完全に異常な臭い。プラスチックやゴムの焦げたような臭いと共に、ケースカバーがチンチンに熱くなっていた。
そのコンビニから2キロほどの距離だったが、ゆっくり走って自宅に辿り着く。早速バラしてみると、驚きの光景が。

ドライブベルトが逆さまにひっくり返り、スライドピースが全て吹っ飛び、プーリーがランププレートと接触して破損、フェイスがガタガタに削れていた。恐らくは、もう少しで出火するほどだったのではないだろうか。
幸い、ドリブン側には一切損傷は無かったが、交換したばかりのベルトと、ハイスピードプーリー一式が逝ってしまった。

あ〜あ。。。

買い替えるのはもちろんだが、二の舞はしたくないので、JOSHO1にでもしようかと考え中。
痛い出費だなぁ。。。

pandeponde at 08:14
車・バイク 

2017年07月19日

ドライブベルトとクラッチを組み込む

我がPCXの話

今日は午後から曇り空、尚且つ風も出てきて少し涼しかったので、仕事の合間を縫って組み込んでみた。

相変わらず作業風景は無いが、ベルトはまあ良いとして、問題だったのはクラッチ。無難に組み込んで、試運転でエンジンをかけると、結構な勢いでリアタイヤが回り出した。センタースタンドを上げても、その勢いは止まらず、ブレーキをかけていないと前に進んでしまう。

何じゃそりゃと、一度バラしてみる。すると、クラッチシューに妙なアタリがあることに気付く。
なにがどうなったかというと、ノーマルのクラッチシューに比べて、このKN企画のヤツは、2mmほど幅が広いがために、クラッチアウターの内側の角と干渉し、変な形で動力が繋がってしまったからだった。このままでもいずれ削れてまともに繋がるようにはなるだろうが、そんな暇な話もあったもんじゃない。
早速当たっている部位を削り、再度組み込むと、ようやく本領発揮である。

とはいえ、まだ組んだばかりだし、それどころかベルトにもアタリが出ていないので、全く評価のしようもないが、何となく今までより僅かに高回転で繋がるような感じ。フィーリングとしては、特に走り難い感じも無く、出だしも良くなったとは思う。

ただまあ、固体的にそろそろ3万キロに届こうとしているので、機械的パワーダウンは否めない。この際、別な方法でブラッシュアップは、考えないとダメなのかもね。

追伸;
プーリーホルダー(バンドで締めるタイプ)がダメになった。ゴムだかビニールだかの覆いがビリビリに破れて使う事自体ちょっと無理がある。仕方ないので、シザースホルダーに変更したが、プーリーのあの穴、2つとも破損しているので、フィンに無理矢理差し込んでの作業。恐らく近い将来、フィンも破損することだろう。MFRの鍛造品でも買うかな、、、ってそこは工具が先だろ。

追伸2;
試走してみた。適当な距離を以って、慣らしを完了し、いざフルスロットル。タコメーターが無いので正確じゃないが、出だしは今までより500rpmぐらい高めでクラッチインする感じ。そのままアクセルを開けていくと、ベルトが新調されたからなのか、妙にトルクが上がって、80前後からが実に気持ちいい。再加速もとてもよろしい。ただ、案の定最高速は2〜3落ちたが、これは想定内。ベルトが太くなれば当然そうなる。
クラッチの感じとしては、60ぐらいまで半クラなんじゃねーの?という加速だから、クラッチスプリングの硬さを感じるが、遠心力が高まった高速域では、ラジアルなフィーリングに変化するので、スクーターであることを忘れそうになる。なかなか面白い買い物だった。

pandeponde at 17:45
車・バイク 

2017年07月17日

ドライブベルトとクラッチを新調

我がPCXの話

先日、またしてもスライドピースが吹っ飛んだと書いたが、まあ色々トラブルは続くものであって、クラッチが早くつながるようになって来たようだ。つまり、クラッチスプリングのヘタリである。

現状、スペアってわけじゃないが、NCYの20%強化スプリングも持っているので、それに替えても良いのだが、この際とクラッチアッセンブリーを交換することにした。

とはいえ、マロッシだとか高価なものは必要ないので、ノーマルサイズのクラッチアウターが使えるのが良い。幾つか見て回ったが、会社自体に一抹の不安はあるものの、今回KN企画の物にした。

次いでドライブベルト。
これは、買う前から決めていたRKのヤツ。
と言うか、実は吹っ飛んだスライドピースのおかげで、その溶けたプラスチックがベルト全周に付着し、更に若干の損傷を与えてしまった。使えない状況ではないが、切れても恐ろしいので交換することにした。他の物も検討したが、スリップ率や耐久性など、ベルト自体の性能が良かったので、再度購入した次第。

さて、届いたクラッチがコレ。
pcr1
製品自体の精度は、接着剤の食み出しや、各所バリも殆どなく、まあまあなようだ。

注目すべきはココ。
pcr2
純正を含め、プレートを留めるクリップは、大抵はEリングである。しかし、これはスナップリングで留まってる。そもそもEリングなんていう衝撃に弱く、強度すらいい加減な物をこういう部分に使う事自体、全く理解できないので、こういう気配りは、安心感もあるし、非常に好感が持てる。

一応クラッチシューも。
pcr3
小さくツブツブに光っている部分がメタルのようである。まあ、材質的には、ブレーキパッドに使われてる素材を使いまわしている感はあるが、耐熱ダレ効果は上がるだろう。尚、初期馴染みを良くするため、当然ながら表面は整えた。

クラッチスプリングは、線径がNCYの20%UPと同じなので、恐らくそんな感じ。

さて休みを利用して作業、、、と思ったが、スーパー猛暑だかなんだか、今年の夏は尋常じゃない。外に10分もいると、汗が止まらなくなる事態に。
まあそれもそうだが、組んだところで、試走なんて出来そうもないしね。2度の熱中症経験者ってこともあるけど、ちょっと涼しいような日を選んで、やろうと思う。

To be continued...

pandeponde at 17:48
車・バイク 

2017年07月09日

スライドしないスライドピース、また飛ぶ

我がPCXの話

先日のフロントタイヤ交換に続き、今度はリアタイヤ。これでようやく前後がミシュラン・シティグリップで揃う。
ただまあ、約29000キロで4本目ってどうなのよ。もうちょっと持てばねぇ。

で、このところ最高速が上がる傾向にあったが、出だしが極端に悪くなっていたので、嫌な予感もしつつ、駆動系をばらしてみることに。すると、クラッチアウター全周に以前にも見たことのある、灰色の物質が付着していた。

「やべぇ、あれだ。。。」
ドライブ側を見てみれば、案の定スライドピース1つが吹っ飛んでいた。ケース内のそれは、木っ端微塵に砕け散り、跡形もないほどだった。そんな状態で走っていたから、ウエイトローラーは偏摩耗し、とてもじゃないが再使用は不可。
幸いにして、ベルトなどそれ以外の部分にダメージは無かったが、そろそろプーリー自体がパーツとして限界なのかもしれない。

ちなみに、WRもスライドピースもスペアがあるのでそれに交換。もちろん、例によってスライドピースは、耐熱性接着剤で固定した。

それにしても、ノーマルならまだしも、やっぱりチューニングパーツだから5000キロ以内でメンテナンスしないとダメだね。ちょっと浅墓だった。

pandeponde at 09:12
車・バイク 
Archives
track feed