2019年06月10日

ブレーキ、諸々

我がPCXの話。

もうそろそろ、33000kmに達しようとしているところである。エンジンは絶好調で全くトラブルの予感すらない。が、それがボディだ何だと目を移すと、だいぶやつれてきた感じは否めない。やっぱり、「スクーター3万キロ」というのは、都市伝説ではないらしいとか思いつつ、先日「散歩」に行った帰り道の事である。
ブレーキを掛けると、前輪から金属同士が擦れるかのような異音が発生。経験上、パットが無いと思しき音である。それでディスクを見ると、モノの見事に削れていた。ただ、その減り方が解せない。外周に沿って減っているならまだしも、外側に2mm程度を残して、ディスクの中央が削れているのだ。ま、バイクじゃそういう事もあるか、とか思うものの、前回組み込んだパッドのディスク攻撃性が著しかったのは間違いない。

ともあれ、このままじゃ走れないので、非常用に取って置いたノーマルパッドを一時しのぎに組み込んで、ディスクとパッドを注文した。
ホンダ DIO110/PCX/SH 純正タイプ フロントブレーキディスク
ホンダ DIO110/PCX/SH 純正タイプ フロントブレーキディスク
JWLSports HONDA PCX125 PCX150 LEAD110 リード110EX LEAD125 リード125 ズーマーX リードEX 強化ブレーキパッド 送料無料
JWLSports HONDA PCX125 PCX150 LEAD110 リード110EX LEAD125 リード125 ズーマーX リードEX 強化ブレーキパッド 送料無料
パッドは正直ようわからん所の品物。送料込みで1000円ぐらいだから、大したことないだろう。一応、台湾製。ディスクは、純正と思ってたが、同一形状の社外品があったのでそれにしてみた。金額も純正の約半額とリーズナブル。まさかステンレスだよなと思っていたが、いわゆる互換品とあって、ちゃんとしたやつだった。

さて肝心の効きだが、まあ普通(笑)。特にコメントする必要も感じないぐらい、鳴きもしなけりゃ、特段効くわけでもない。ま、その逆も困るけどね。

ところで、ブレーキオイルも交換しなきゃいけないんだけど、面倒なところを持ってきて、リザーブタンクのネジをナメってしまった。外すには外したが、本体側のネジも潰してしまった。仕方なくオーバーサイズのネジで借り止めして、回りから水分が混入しないように工夫はしているが、タップも切れない状況なので、はてさてどうしたものか。
かくなるうえは、ナットリベットでもぶち込むしかないか。

pandeponde at 18:26
車・バイク 

2019年06月01日

レーダー探知機+ドライブレコーダーっていう便利なものを購入

我がシビックの、、、って程でもない装備の話。

新車時より取り付けたレーダー探知機、というか前車から移設したセルスターのVA-260G。適時、情報が更新されて、そのデータが無料でダウンロードできるという優れもの。使用上、何の不便も感じていなかったが、さすがに製造から8年ぐらい経つため、付属ソフトではなく、メーカーサイトから直接更新データをダウンロードしなくてはならなくなってしまった。
まあ、こんなのは良い。
それよりも最近、煽り運転だ何だと、問題になっているが、その際にドライブレコーダー(以下ドラレコ)の画像データが重要視されるようになった。法廷でも証拠として採用されているようだが、自動車で任意保険に入るのと同等のレベルにまで来ているようになった気がするのである。
YouTubeなんかで、自動車事故の動画があるが、それを観てると背筋の凍る思いがするのと同時に、その必要性の重要さが、ひしひしと伝わってくる。

実は、数年前から物色はしていた。ただ、レーダー探知機だ、ドラレコだと、フロントの視界に2つも存在するのが、鬱陶しいんじゃないかと、二の足を踏んでいたのである。

そこへ、今回の更新の面倒臭さが後押しすることとなったのであるが、そもそもレーダー探知機とドラレコの2in1なんてものは有るのかと。
探してみると、コムテックからCB−R02、CB−R01の2つが出ていた。ドラレコのカメラは200万画素と、中級レベルではあるが、どちらも機能としては十分であろう(細かな機能は他様へどうぞ)。上位機種は要らないので、CB−R01の方にした。値段も2万円台前半とお手頃である。

届いたのがコレ。
cbr01
今までのヤツに比べると、画面が2.4インチから3.2インチになったので、もちろん大きいのは仕方ないが、台座を低くすると、ドラレコの画角が確保できないので、ちょっと仰々しい。視界を遮るほどではないにせよ、設置場所を変更しようと考え中である。

ところで、ダッシュボード上の配線が剥き出しにならないようにするものは無いかと探したら、エーモンから車内用配線モールなんてものがあった。幾らするのかは知らないが、移設の際は、必ず買おうと思うのココロ。

追伸;
書いた通り、車内用配線モールを使い、中央に移設した。
am1
見た目は、結構な優れもの。ただし、施工はかなり面倒。というか、貼り付け用のテープがとても貼り難いところへ持ってきて、本体の材質がかなり柔軟性のあるゴムなので、そのグダグダの中に配線を入れるのがまず一苦労。ちょっとでも配線が曲がると、裏から出てきてしまう。それをなだめすかしながら、テープに張り付けていくのだが、たかが70cm程度なのに小一時間を消費するほど手間取ってしまった。まあ、お蔭で相当綺麗には貼れたし、黒やグレーのダッシュボードなら色も全く違和感はないと思う。暇な方はお試しあれ〜

pandeponde at 10:08
車・バイク 

2019年05月21日

アルミテープを試してみる

我がシビックの話。

今、、、(今?)噂のアルミテープチューンという、何とも胡散臭いチューニング方法がある。空力特性が変わるとか、静電気を除去して車本来の性能を発揮させるとか、細かな説明は、何処か他様にお任せするとして、個人的にはこういうのってプラシーボなんじゃないかと思っているところではある。
それでも、万が一の万が一、変化があったら、実に面白いじゃないかと、試してみることにした。

貼ったところは、たった4箇所。しかもリアのみ。何でリアだけかというと、なんとなく後ろのバタつき感があるような気がしていたので、ラゲージの下側(元来はタイヤスペースになる部分)と、左リアの工具スペースの奥の方に施工。貼ったのは、ホームセンター等で手に入る、いわゆるロール形状のアルミテープ。これを適当な長さに切って貼った。ま、効果が無くてもすぐ剥がせるし、貼っておいても何ら気にならない場所でもある。

早速試走してみる。
すると、、、何かアタリがマイルドになったような。気になっていたバタつきも、治まったような。実際には、性能に何ら変化はないと思うのだが、ちょっと違って感じるのは、プラシーボとも言い難い。なんか変な気分である。
今度は、全体に貼ってみようかと考えているところである。

そういえば、S〇Vなんてのもあったっけ。「こんなもんがそんなにすんのか?!」と値段見ただけでドン引きだったけど、まだ売ってのかな。

pandeponde at 10:29
車・バイク 

2019年03月12日

シビック恐るべし!《恐怖体験》高速道路上でのタイヤバースト

我がシビックの話

正に緊急事態だった。
一泊の家族旅行で、静岡へ出かけ、その帰り道。若干の異変を感じたのは、上り線の足柄サービスエリアを出た時だった。何かを踏んだのかと思しきバタつき音が車の右側から起こったが、直ぐに治まったので、そのまま本線に合流。しかし、10kmほど走ると、何とも不快な音が車内に響き渡る。ちょうどそのころ、自分は後席で寝ていたが、その音に起こされたのだった。
経験上、これはパンクだと思った。だが、パンクにしては、どうも変である。パンクだと、うねうねと進路を乱されることがおおうにしてあるが、それが全くない。ただ、カーブに差し掛かると、VSAが反応し、メーター内に警告が表示される。
そんな状態で、家内は異変を感じながらも、あろうことか100を超えるような速度で走行していた。速度を80以下に下げるように言って、山北バス停へどうにか辿り着く。

早速右側のタイヤを確認すると、なんと前輪のタイヤが無い。トレッド部分が完全に飛び、僅かにショルダー部分が残っているのみ。いわゆるタイヤバーストである。何処で飛んだのか全く理解に苦しむが、三角表示板(絶対必要だよ!)を後方に掲げて、ホンダトータルケアや保険会社等々へ連絡している頃、たまたま通りかかった高速パトロールの人が来て、状況を確認してもらう。
保険会社に連絡して約1時間ほどで、レッカー車(オートローダー)が到着。こういうサービスがあるというのは実に心強いと思った。

とりあえずの荷物を降ろし、車は運ばれていったが、帰りの算段をする。行程としては、高速バスで新宿まで行き、さすがに荷物が多いので、レンタカーを借りることにした。ちなみに、レッカー代を含めこれらの費用は、全額戻ってくるらしい。

その道中、何であれほど平気だったのかを思い返す。確かにガタガタとした音と振動はあったが、ハンドルを取られるような事が一切なかった。
それには、2点考えられると思う。
先ず一つは、シビックが凄いってこと。足回りの性能が半端じゃないんだろう。タイヤの性能に依存していないんだろうね。
もう一つは、リムが損傷しなかった事。バーストしてタイヤの大半を失っていたが、内外のリムにビード部分が残っていたので、直接ホイールが地面と接触していなかった。さすがにホイールが傷んだ可能性はあるが、これも不幸中の幸いと言えると思う。

さてさて、、、
現在ディーラーに運ばれて、タイヤの入荷待ちという状況だが、ノーマルタイヤは安くない。なんと工賃込で1本約7万円である。一般に市販されていない為、純正部品として扱われることから、高価なのだ。純正以外も考えたが、4本取り替えるのが必須。どっちみち安くない。それに、まだ走行距離6000kmぐらいだから、その辺も微妙だし、今回は良い教訓として、交換をお願いした次第。

まあそれにしても、よく事故にならなかったな、と。中央道では、ほぼ同じような時刻に、キャンピングカーが転倒して・・・なんてニュースもあったようだし、運はもちろん、ポテンシャルの低い車だったら、こうはいかなかったろう。

何はともあれ、皆様も、安全運転で。

追伸;
やっぱりホイールもダメだった。。。
タイヤとあわせて、ちょっと値引きしてもらったが、まさかの10万越え。
キビシ〜〜〜〜〜ィ

2019年02月15日

PCX用にリチウムイオンバッテリーを買ってみる。

我がPCXの話。

いよいよ8年目に突入した。走行距離も3万キロを超え、正直なところ、今後どれぐらい持つのか、心配になってくる。
良く言われるのは、原付スクーター3万キロ説。当方、メンテナンスは怠らないので、現状でもかなり調子はいいが、それでもここまで走り込んでくると、乗り替えを含めて色々と心配になってくるのであるが、まあ世の中、PCXで10万キロ近く走っている人もいるようだし、丈夫には作ってあるようだが。

そんな中、さすがにダメになって来たものが出た。バッテリーである。新車時から無交換。しかも毎日乗っているわけじゃないのに良く持ったものだと感心するが、既に耐用年数を過ぎただけあって、充電がおぼつかなくなって来た。
バッテリーチェッカーで測ると、ひとしきり走ってきた後でも12Vをちょっと超えたぐらいにしかならない。つい先日も、セルが回らなくなり、自動車からジャンプせざるを得ない状況となった。

こりゃもう限界である。

さて、バッテリー上がりを最小限に抑える方法は無いか。
1.毎日乗る。
2.高級なバッテリーにする。
3.リチウムイオンバッテリーにする。
などである。
毎日乗るのは、まず無理。用事でもあれば別だが、そんなに暇じゃない。
高級な・・・って、たかが125ccのバイクに、そんな品が必要なのかどうか。そりゃあ良いだろうけど、限りなくボロに近付いているし、これまで乗ってきた年数より、今後の方が短いだろうから、これも無し。
ってことで、リチウムイオンバッテリーに決定。
もちろん、鉛バッテリーを考えなかったわけじゃない。海外製の安い物なら、2〜3000円程度で購入可能。ただ、性能となると、一抹の不安がある一方、国産バッテリーだとほぼ1万円。
それで結局、3である。以前はかなり高かった。平気で2万円以上した。それが今や、1万円以下でも出回っているから、十分な選択肢である。性能面で言えば、リチウムイオンバッテリーって、鉛バッテリーに比べ、放電量が7分の1以下ぐらいだった気がする。ということは、多少放置状態が続いても安心って事。
経験した人もいると思うが、コードレス工具のバッテリーで、ニッカド仕様は、放置するとあっという間にスッカラカンになるのに対し、リチウム仕様だと平気で2〜3か月持ったりするが如し。
また、理論上は鉛バッテリーより劣化スピードも遅いので、長期間使用が可能。

いっちょ、試すか・・・。

で、買ったのはコレ。
【送料無料】 PERFECT POWER リチウムイオンバッテリー LFP7S 【互換 ユアサ YTZ7S FTZ7S GT6B-3 FTZ5L-BS TTZ7SL YTZ6V 】即使用可能 ZOOMERズーマー HORNETホーネット250
【送料無料】 PERFECT POWER リチウムイオンバッテリー LFP7S 【互換 ユアサ YTZ7S FTZ7S GT6B-3 FTZ5L-BS TTZ7SL YTZ6V 】即使用可能 ZOOMERズーマー HORNETホーネット250
PERFECT POWER !!!
、、、自信満々なすんごい名前だこと。
お値段、8790円で送料込み。
どこ製だかは知らないが、安くなったもんだ。まあ、高級な部類ではなさそうだが、悪くはなさそうである。メーカーによっては、リチウムバッテリー専用の充電器が必要なものもあるが、これは普通の物が使えるそうだ。もっとも、充電器が必要な状況に陥るなんて願い下げだけどね。
ちなみに、送料はかかるが、廃バッテリーを無料回収してくれるそうで、それも申し込んだ(30kgまでなら何個送っても良いらしい)。
実はこれを買う前、別のリチウムバッテリーを注文したのだが、売り切れだったのに商品が掲示されているのをそこの従業員が気付かず、そこへ自分がポチッてしまい敢え無くキャンセル。まったく、在庫チェックぐらいしとけっての!

さて、先ず重量。
軽量化を目的としていないから、正直どうでも良いが、サイズはほぼ同じながら、鉛バッテリーの3分の1ぐらいしかない。
では取付、、、入らない。外したバッテリーと比べると、高さ・幅はほぼ同じながら、バッテリー下の奥行が、2mmほど大きい。しかも、バッテリーケースのサイズが鉛バッテリーに合わせた設計のため、ギリギリ過ぎて、途中で引っかかってしまう。

、、、切る!

ココからが地獄。
バッテリーケースを外して、加工することにした。簡単に思うかもしれないが、シート下はもちろん、フェラリットまで外さざるを得ない。
なんとか取り外し、バッテリーケースを加工(とてもネットに写真なんて上げられるようなもんじゃない)。作業開始から約1時間を要し、完了。
たかがバッテリー交換如きで、ここまで手間取るとは。。。

それじゃあ、まずバッテリーチェック。13.2V。
バッテリー上部のボタンを押すと、バッテリー容量が、デジタル表示され、一目でわかるのが宜しい。心なしか元気になったようなセルを伴って、エンジンがかかった。ま、当然と言えば当然なんだけどね。

というわけで、何ともすったもんだの結末だったが、せめて3年は持ってほしいのココロ。

追伸;
点検用?の小窓を開けてみた。
vat1
これで利便性が著しく向上。いつでも簡単にチェックできる。
、、、え?!そんなとこ切っても良いのかって?
気にしない、気にしな〜い
ま、そのうちフタでも作るさ。

pandeponde at 16:12
車・バイク 
Archives