2006年06月

2006年06月30日

おもしろ〜い♪

サッカーファンの皆様、如何お過ごしでしょうか。
私は今夜の準々決勝が楽しみで楽しみで、、、
仕事が手につきません。(爆)

さて、今大会、テレビを観ていて思ったこと、
それは、妙にマラドーナが映ること。
各メディアが追っ駆け回してるからかもしれませんが、
ま〜ホント、良く観ること。

でね、yahoo!スポーツ(サンケイスポーツ)の記事に
マラドーナのコメントが載ってました。

ルニーニョ?、、、ハッハッハ!!

実にユニークな発想だこと。
イングランドとアルゼンチンと言えば、フォークランド紛争で
一時期敵対関係にあったことから、それ以降因縁の対決として
注目されるカードとなったが、そのかつての英雄である
マラドーナがイングランド選手についてコメントするどころか、
『魔法のようなプレー』として賛辞を送るなんて、、、
いやいや、サッカー界も徐々に変わってきたのかと思わずには
いられなかったのであります。

ルーニーのプレイには、賛否あるところかもしれないが、
フォワードの何たるか?を正に具現化したようなプレイは、
ホントに凄いと思う。 ゴールこそ決められてはいないものの、
ああいうゴリゴリ行くようなプレイは、私は好きですね。
日本にもあんな選手がいたらなぁ、と思わずにはいられません。

…っということで、もう少しマラドーナを見てみたいので(笑)、
決勝の予想カードは、もちろん・・・。

pandeponde at 09:25
スポーツ 

2006年06月29日

8強!

いやいやいやいや。
やっぱりかと思う国ばかり出揃いましたね。
しいて言うなら、ウクライナが意外なぐらい、かな。

それにしても、強い国はやっぱり強いよね。
な〜んでだろう?

国技だから?
メンタルの強さ?

ま、なんにしても、日本はまだまだ見習わなきゃ、ね。


さて、4強予想だそうですんで、何の根拠もなく、
勝手にスコアまで予想しちゃいます。

■ドイツ対アルゼンチン
アルゼンチン、、、かなぁ。メッシを兎に角もう少し見たい。
スコアは2−1ぐらいで。

■イタリア対ウクライナ
ウクライナにとっては、またしてものPK戦に。
ただ、ブッフォンの好セーブ連発でイタリアの勝ち。

■イングランド対ポルトガル
結局、オランダ戦での退場者が響き、イングランド。
スコアは2−0、またベッカムの右足が炸裂する予感。

■ブラジル対フランス
いやはや、これほど予想し難いカードもないが、
3−2で地力で上回るブラジルの勝ち。
個人的には、そろそろ“悪魔の左足”の登場を願いたい。

・・・まあ、こんなもんかな。
このところ寝不足で、かなり体調にも異変を生じてますが、
決勝まで張り切って観ますよ、私は!

pandeponde at 14:28
スポーツ 

2006年06月29日

サッカーの陰に隠れ

おーい、何やってんだ、巨人は!?
気付けば8連敗ってか? 
サッカーにかまけてたら、とんでもない事になってるし。
まったく、、、。

主力選手を怪我で欠いてるから、打てないのは兎も角だよ、
ピッチャーは開幕当初とたいして違ってないじゃん。
昨日だって木佐貫が帰ってきたんでしょ? 増えてるじゃん。
もっとなんか、4月頃は、危機感というか、今年こそというか、
ギラギラしたものを感じたんだけどね。
それがいまはどうよ、干乾びたスルメか煮干か轢かれた蛙か、
すっかり元気がなくなっちゃって、、、。

少しは楽天を見習いなさいって。
確かに、野村さんの采配の妙というのも有るだろうけれども、
寄せ集めの、他球団から比べたら不公平と思えるような戦力で
あれだけ頑張ってるのは、選手個々にもう後がないという様な
危機感があるからじゃないのかね?

ホント、頑張れよ!
何が何でも勝たなきゃいけないって言ってるんじゃなく、
相手に食らい付いていくところの覇気を見せて欲しい。
今年のキャッチフレーズである『GIANTS PRIDE』に掲げた
3つのプライドを忘れて欲しくないです。

後半戦、まだまだ優勝だって夢じゃない。

GO GO GIANTS!!
応援してますぜ!!!

pandeponde at 11:29
スポーツ 

2006年06月28日

夏の訪れ

それは突然、、、、、
今朝10時半ごろに、宅急便で、ドカン!と。
キターーー!







ま〜、一升瓶が一気に6本ってのは、実に迫力ありますよ。
と、そんなわけで、先日ネットで頼んだ焼酎が来ました。
今までは芋ばかりでしたが、先日も書いたとおり、
いくら芋が好きとは言え、お湯割りじゃ、、、暑いしね。
概ねロックや水割り向きな麦にしたわけです。
酒屋かよ!?







買った所のネットショップは、元来が酒屋さんらしく、
中にはレアなものもあるらしいですが、プレミアムは
付けずに売ってくれているので、相当安かったです。
もっとも高かったら買いませんがね、そんな銘柄に
詳しいわけでもないし、こだわってないし。
これだけあれば、ひと夏、ゆっくり楽しめるでしょう。

ちなみに、今も今年の目標『旨い焼酎を飲む』を
続行しております。 まだまだ続けますよ、ハイ。

pandeponde at 14:21
飲兵衛 

2006年06月27日

次期監督におもう

『え? もうですか?!』と思ったのもつかの間、
川淵キャプテンの世紀の大失言によって(狙いか?)
明らかにされた次期監督候補のオシム氏、
もう既に契約も詰めの段階に入ったんじゃないかと思いますが、
しかしまあ、凄い監督を選んじゃったなぁと思うのであります。

そこで、sports naviに『24時間蹴球宣言』という、
こりゃまたすんばらし〜タイトルのブログが合ったので、
その中の記事にトラックバックします。

さて、オシム氏といえば、オシム語録でも有名ですが、
そのスタイルは『走るサッカー』と言われるようです。
戦術的なこともさることながら、個々を重視するスタイルは、
ジーコ氏にも似た点があるように思いますが、決定的に
ジーコサッカーと違う点は、その『走る』事ではないでしょうか。
その凄さというか、ジェフ千葉のサッカーを見て、
今まで下位に低迷していたチームとは思えないほど、
ピッチいっぱいに走りまわり、ボールを取りに行くといった
プレッシャーも厳しく、個々の能力は兎も角として、何処かの
ヨーロッパのチームを思わせるほど、良いサッカーをするなぁと
思ったのであります。
特に昨年のナビスコカップ優勝などはその成功の証では、と。
ジーコサッカーが、では走らなかったのか?と言えば、
決してそうではないと思うのですが、そうした部分にまで、
個々に管理させた点が、大きく異なるのではと思うのです。

この点で、私が気付いた事が1つ。
サッカーに限りませんが、日本の合宿についてです。
別のスポーツですが、私の経験上、競い合いながら
レギュラーを勝ち取るのはもちろん、戦える体を作るのが、
この合宿ではなかったかと思うのです。
同様に、日本選手の大多数は小学から高校、大学、
或いはクラブチームの、こういったシステムを取り入れた
環境で育ってきていると思います。
そんな中、指示通り鍛えてきた選手とそうでなかった選手が
いたというのを聞いた時、この合宿の事を思い出したのです。
つまり、個々に鍛えぬかれた精鋭達が集まったのではなく、
素質のある選手がジーコ氏のチョイスで召集されただけの
『ジーコ・チルドレン』に過ぎなかったのではないでしょうか。
極端な言い方ですが、自らを鍛えてもらおうというような、
何処か他力本願とも取れる合宿になっていたのでは?と。
そこでジーコ氏は、日本の合宿というシステムの違いを
見出せなかったのではと思うし、選手は監督の期待する
カラダ作りというものを理解できなかったのではないかと
思えてなりません。

ところが、日本で数年にわたり、クラブチームを率いてきた
オシム氏は、このシステムのことを知っているわけです。
無論、この日本流を継承しているのか否かについては、
私の知る所ではありませんが、少なくともジェフ千葉の
選手を見る限り、そのイメージはありませんから、
日本の新しい時代のサッカーを予感させてくれます。

(以上、あくまで私の主観です)

正直言って、監督なんて誰でも良いと思います。
戦術がいくら優れていても、サッカーは勝てないわけで、
あくまで戦うのは監督でなく選手なのですから。
ただ、厳しい事を言わせてもらえば、やはり日本人選手は
甘っちょろいと思うのです。
もっと厳しい環境の中でプレーすることもそうですが、
試合をする以上、やはり勝負には拘って欲しいですし、
『負けたくない!』と心底思うような鋼の意志で、
サッカーに取り組んで欲しいと願っています。

pandeponde at 16:39
スポーツ 

2006年06月26日

FIFAランキングって何だろう?

私はサッカー好きである。・・・知ってるか。
ただ、昔からサッカーで『何、それ?』と思う事がある。

『FIFAランキング』

そもそも、そのランキングは誰がつけてんのか?
ランキングが上位だと何か良い事があるのか?
・・・などである。

対戦カードの成績や大会によって細かな採点方法があって、
それを基に算出されたポイントがその国のランキングに
反映されるのだとか。

ただねぇ、なんかこう、わかったようなわからないような。
日本は、何時だか忘れたけど、最高が9位ですよ!
なんじゃそりゃ?です。
今ワールドカップ直前も18位だったりと、ビックリですよ。
そんなに強い国だったかなぁ、と思っちゃうわけです。
だから、必ずしも期待できる順位ではないはずですが、
率直に受け入れちゃうと、『今度はベスト8じゃー!!』
・・・な〜んてことになっちゃうのであります。

今回、日本のいたF組はまだ良いですよ。
ブラジル1位、クロアチア23位、オーストラリア44位と、
ブラジル以外は大した差でもないから。
E組なんてどうすりゃ良いのよ?
チェコ2位、アメリカ5位、イタリア13位、ガーナ48位。
この組で決勝トーナメントに進めたのはイタリアとガーナ、
全く下克上ですよ。
何が起こるかわからないのがサッカー…とは言え、
こりゃあんまりでしょ。

まあ、こんな話は語りつくされている事だけど、
もう少し、現実的な実力に即したランキングというのも、
考えて欲しいと思っちゃいますね。

日本は何位ぐらいが妥当か、、、
そうですなぁ、、、30位前後、、、いや、
万年40位ぐらいが丁度良いんじゃないですかね。
それなら過剰な期待も回避できるし、劣等感も薄いし、
勝った時のミラクル感も増すと思いますが、
いかがでしょうか?(苦笑)

pandeponde at 19:57
スポーツ 

2006年06月26日

利き腕の憂鬱

え〜、数回にわたり書いていますが、
昨年の5月より発症した左の四十肩、未だ治らずです。
何度か後輩の所で治療はしてもらってはいますが、
良くて2〜3日しか持ちません。
もう、こうなってくると、一般的に言われる
『日にち薬』もやむなしでありまして、
半ば諦めムードです。

ところで!
私の場合だけではないと思うのですが、左右の腕の
使い道がちょっと違うようです。
気付いてみれば、左腕を使うケースが妙に多いな、と。

日常の何気ない動作、例えばコーヒーを飲もうとしたり、
ドアを開けたり、高い所の物を取ろうとしたり、
バッグを持ったり、などなどなど、やたらと左腕。
利き腕は概ね右なんですがね。

特に肩に対し不自由な体制をとるようなものは
極力右でやるようにはしてますが、それでも気付くと左。
何も痛い側でやらなくても…とは思うんですが、
人間に染み付いた癖というのは、中々直せるものじゃ
ありませんな。

pandeponde at 15:42
雑談 

2006年06月25日

対策の対策

ネットショップや個人事業主の皆様、SEO対策やってます?

最初は、何らかの業者に任せなければできない事なのだと
思っていました。 それと言うのも、これを狙ってか、
多くの広告業者が毎日のように電話をかけてきました。
内容を聞くと、効果はありそうなものの、結構高価。
また、個人経営で尚且つ私一人でやっているような所では、
効果があり過ぎるのも逆に困ってしまうのです。

ところがある時、『自分で出来る…』といったサイトや
本などを発見。 薄〜く読んで勉強してみると、
それほど難しい事じゃないのがわかり、それならと、
仕事のHPに数々の仕掛けをしてきました。

ただ、やり過ぎてしまったり、サイトとは関係の無い言葉を
列記すると、スパムとして判断されてしまうらしいので
およそ1年をかけて、じっくりと上位を狙ってきました。

それが今月に入り、徐々にですが上位に加わるようになり、
お陰で、業種名と地域の2つのキーワードで検索すると、
Yahoo!では最高3位、Googleでは見事1位を獲得しました。

、、、ま、とは言え、そのキーワードで検索してくれる人が
居ればというのが大前提ですがね。
ただ、『・・・やりませんか?』なんて電話してくる業者に
『調べてみればぁ?』って言えますな。(笑)

え?キーワードは何かって?
いやいや、趣味と仕事は別にしてますが、
だったら書くな!というツッコミをありがとう。(爆)

pandeponde at 18:41
雑談 

2006年06月24日

芋から麦へ

おーい、みんな飲んでるかー!

そろそろ、お湯割じゃ厳しくなってきましたなぁ。
私はこれまでの芋から、夏用として麦にチェンジです。
芋だってロックでもGoodなやつにすれば良いんでしょうけど、
な〜んか夏は、やっぱ麦で。

ただまあ、麦といえばビールですが、
私の場合、ビールじゃキリがないので。

・・・って事でポチッとボタンを押してしまったので、
来週早々ドカン!と届くような気がする私。

つづく

pandeponde at 21:10
飲兵衛 

2006年06月24日

アジア勢惨敗

いよいよ、ベスト16が出揃いましたね。
下馬評ではブラジルが優勝候補No.1のようですが、
これから、本当のワールドカップの面白さ・恐ろしさが
始まります。 もう、ワクワクですよ。

それにしても、アジア勢4カ国の全て1次リーグ敗退とは、
少々情けないです。
可能性を残していたサウジアラビアも韓国も強豪国の前に
屈してしまいました。
やはり体格で劣るアジア勢では、敵わないのでしょうかねぇ。

そういえば、こんなのを思い出しました。
誰が言ったか忘れましたが、ラグビーでの話。

アナウンサー:体格で劣る日本ですが、どうでしょうか?

解説者:○○国の選手の平均体重は、だいたい100kgですが、
    中には120kgを越す選手さえいます。

アナウンサー:、、、は、はい。

解説者:考えてもみて欲しいんですが、120kgと言えば、
    大よそ相撲の関取ですよね。
    その選手が、100mを12秒切るような速度で
    走ってくるんです。 誰も止められませんよ。

・・・全く、ごもっとも。<(_ _)>
ま、サッカーの場合はボールを持って走ってるわけじゃ無し、
何がしかの防ぎようはあるとは思いますが、現在オランダの
ヘラクレスでプレーしている平山のような大型選手が、
日本でもドンドン出てくる事を期待しちゃいますね、ホント。

*******************

ところで、忘れていた事があったので2つばかり追加。
出場枠の事。
日韓大会では、アジア勢の活躍が目立った事もあって、
出場枠は、前回の3+1から4+1に増加したが、
今回のアジア勢の成績は、韓国の1勝に留まり、
全体での勝ち点も、たった7と非常に振るわなかった。
これをうけ、次回は3+1に戻されるのではという危機に。
とても厳しい最終予選となることが予想される。
ただし、次回からオセアニア地区もアジアの枠に入るので、
+1枠が確定枠となり、4になる可能性も有るが、
問題はそのオセアニア地区である。
オーストラリアや、ニュージーランドも入ってくる。
そうなると、実質的に1枠が減らされたも同然・・・か?

もう1つ。
放送時間、、、1日2試合、ほぼ完璧に深夜。
まだまだ寝不足の日々が続きそうです、はい。

pandeponde at 18:27
スポーツ 
Archives