2006年07月

2006年07月27日

日本語は難しい。

『怒り心頭に達する』=×、正解は『怒り心頭に発する』

既に、新聞やニュース等でご存知の方も多いはず。
そう、例の慣用句の問題ですが、正しい日本語というのは、
実に難しいなと思うのであります。

無論…でもないか…上述した慣用句は知ってました。
でも、知らない事も多いです。
平気で使ってたのが、『従来から…、従来より…』。
確かに、言われてみれば、、、という感じ。
ま、アナウンサーになろうってわけじゃなし、
ほどほどにやって行くとしますわ。

ところで、この話も付け加えておきます。
某掲示板で使われる事の多い数々の言葉のこと。
ああいう場所でのTPOとして成立しているわけだから、
それについては、何とも思わない。
ただ、どうなんだろうか?
会話の中でその言葉(単語)を使ってこられても、
コッチはドンビキきですよ。

いやいや、オヤジだからというのも多少はありますよ。
ただ、『それって、日本語なの?』と。
やたらと略す言葉にも違和感があるけど、
いきなり『萌〜♪』とか言われてもねぇ、、、。
もっとも、広辞苑にも載るくらいの言葉になったらしいから
コッチの理解力を上げる必要もあるのかもしれませんがね。
実に不思議な言葉が生まれる言語だこと。

やっぱり、日本語は難しい。

pandeponde at 10:47
雑談 

2006年07月26日

まだ2週間ですが

飲んでる? 夏ですよ、、、まだ梅雨らしいけど。

そんな単なる飲兵衛オヤジと化すのが夏ですが、
腹も身のうち、カラダにも気をつけないとね。
・・・ってことで、先々週から飲み始めているのがコレ!
『ウコンの力』
ウコンの力








良いかも、コレ。
痩せたわけじゃないけど、カラダが軽い気がします。
目覚めも良いし、ウコンパワー侮れませんよ。
ただ、難点もあってねぇ、、、1本190円もします。
6本パックでも約1000円、1ヶ月5000円は
あんまりフトコロにやさしくないです。
ま、健康は金では買えませんが、少々健康マニア化
して来ている気のする今日この頃です。

pandeponde at 08:27
雑談 | 飲兵衛

2006年07月25日

新型

偶にはバイクの話でも、と。

私も乗っているシグナス勝
梅雨時とあって、なかなか乗る機会も減ってますが、
いまだ故障も無く、実に良く働いてくれますよ。
で、カスタムしようと言うわけじゃないんですが、
ちょっと調べ物をしていたら、ご当地台湾では、
モデルチェンジをしたらしい。
旧モデルになろうが、そんなことはお構いなしですが、
なんか古くなるのって、ちょっと癪、、、。
で、日本ではバイクのCMっていうと、諸般の事情だかで
50ccの原付だけに限られているようですが、海外では
当然のように流れているのであって、ご多分に漏れず、
このシグナス召砲癲△舛磴鵑箸靴CMがあるのです。
そこで、台湾当局(?)でこんなのを見つけてきました。

NEW Cygnus-X

このスクーターが好きか嫌いかは別として、
何を“売り”にしているのか、何が新しいのかなど、
ポイントを押さえた実に良く出来たCMだと思います。
何処ぞの車メーカーなんて、最後のほうでようやく
車名を名乗るだけとか、安っぽいドラマ仕立てだったり、
興醒め感も甚だしいものとは、雲泥の差ですな。

それにしても、何でバイクのCMって無いんですかね?
確か昔、青少年への影響とか、○走対策とかの理由だ
というのは聞いた事があるのですが、コレが本当なら、
免許(大型二輪)のみならず、こういう部分にも、
規制緩和が必要なんじゃないんですかね?
もちろん、バイクという乗り物における世間への
イメージアップも必要だと思いますがね。
なにしろ、私の高校時代なんて、『バイク乗り=○走』
というイメージが付きまとうような時代でしたから、
バイクをマジメに乗ろうとしていた人間にとって、
非常に肩の狭い思いをしてきましたから、
特にメーカーには頑張って欲しいと思いますね。

あ、そうそう。
時々でも飛ばさないと、やっぱりダメみたい。
最近、“上”の伸びがなくなってきました。
まったく、旧式のエンジンでも積んでるようですよ。

pandeponde at 08:55
車・バイク 

2006年07月24日

デス・ノート

娘がこのところ、部活の大会が近い事もあって、
毎日出掛けてしまうのを良い事?に、昨日は夫婦揃って
映画を観てきました。

『デス・ノート』

ネタバレしますので、詳細は控えますが、原作(漫画)を
知らずにオカルト映画だと思って観に行くと裏切られますが、
細かい部分も良く出来た、まずまずな作品だったと思います。
特に主人公役(ライト)の藤原竜也氏の演技力はさすがだなと。

ただ、どうなんだろうかと思ったのは、原作を忠実に再現
してしまった、あまりに漫画チックなリューク(悪魔)。
もうちょっと“らしい”感じでも良かったような。
まあ、効果を狙った余り、『無駄なんじゃねーの?』と
思うようなCGも無かったので、その点で目だってしまった
のかもしれないですがね。

さて、映画の話はコレぐらいにして・・・
そもそもデス・ノートは必要か?
架空のものであるのは当たり前ですが、私は欲しいです。
無論、映画の内容のように悪戯に人を殺める手段として、
必要なのではありません。 自分や家族を守る為です。
このご時世、なにかと物騒になってきましたから。
ただねぇ、このノートに書かれている、『使用法』を読むと、
『このノートを使った人間は天国にも地獄にも行けない。』
だとか。
その中途半端な感じってどうよ?!って思うわけ。
地獄は願い下げですが、どちらでもないというのが、ねぇ。
もっとも、直接的に手は下していないし、なんら法律上も
咎められるものではないけれど、悪魔に手を貸し、
名前を書いたことによる罰としては当然かもしれませんが。

・・・え? 書きたいヤツは居るのか、って?
そんなの言えるわけ無いじゃん。(爆)

pandeponde at 21:09
おでかけ | 雑談

2006年07月19日

エアコンの不思議

ブログの更新が止まっておりました。
仕事とか、とか、とか、、、という言い訳はともかく、
ホント、このところネタが無くって。
ま、私の場合、『暇つぶし』だからネタが無きゃ無いで
書かなくても元来の目的は達成してるんですがね。(爆)

さて、
仕事場のエアコンが新型に代わりました。
今までのは、家の新築時からなので16年が経ってましたが、
この3年ほど、ファンモーターの不良が起きていました。
なにしろスイッチを入れても回らんのです。
ところが、エアコン(冷房・暖房)自体の機能は
損なわれていないので、リモコンでスイッチを入れた後、
フラップの間からペン等を差込み、中のファンを回して…
といった、始動時に回転を補助する手間を負っていました。

この引き金となったのがドレンの詰まりです。
ある時、室内機から水が漏れてきたのです。
それもかなり大量に。
拭いても拭いてもキリがないことから、ドレンが詰まって
いるのだろうとバラしてみると、、、ガーン!
構造上、中にトレイがあるのですが、そこ一面に、
ヘドロのようなものが堆積していました。
ありったけの道具で綺麗にし、ドレン機能も復活させ、
更に中全体に洗浄スプレーを数本拭きつけましたが、
そのこともあってか・・・という顛末であります。

また、3年我慢した理由は、補助すれば動く事もそうですが、
とにかくも高価だからにほかなりません。
勿体無いからというのも多少はありますが、ぶっちゃけて、
このエアコン360000円でした。
当時としては異例に高出力(4.3kw)だった事に加え、
松下電工お得意の多機能が備わった事が原因です。
同じような機能で無くても、同程度の出力を発揮するような
エアコンとなれば、それ相当の覚悟(出費)が必要であって、
老朽化する各種家電の代替にどうにも乗せられなかった
というのが、正直なところであります。

ただ、そうこうしているあいだにも、そのエアコンは
ドンドンぼろくなる一方でありまして、、、。
ならばと、一大決心の末?代替に踏み切りました。

さっそく量販店に行くと、なんか安いのよ。
予算として20万ぐらいは掛かるだろうと覚悟してたものの、
正札をみてもそれ以上のものは、多機能の高級品ばかり。
以前のは多機能すぎて使わないものが殆どだったし、
冷房とドライとタイマーがあれば十分なので、無駄な装備で
高くなるならと、下から3番目のお手頃品になりました。
それでも、15万を越したので、ちょっと痛いケド。。。

繁忙期とあって、取り付けまで待つ事1週間、
お手頃品とは言え、やっぱり新しいのは良く出来てますな。

・・・と些か前置きが長過ぎましたが、不思議とは何ぞや?
ドライ機能についてです。
ドライ機能と言うと『冷房機能のあんまり冷えないヤツ』
と思っていたのですが、目からウロコとでも言いましょうか。
このエアコンのドライ機能、一時的に暖房になるんです。
今までのドライは本質的に冷房機能なので、室内の温度を
下げてしまいましたが、今回のは温度を一定に保つ為、
吹き出る風が、ほとんど涼しくありません。
それでも、冷房機能を活用しているには違いないので、
室内より低い温度の風が出るわけですが、暫くすると、
今度は微妙に暖かい風が!
仕事場に湿度計をつけているのですが、今までより明らかに
湿度の下がり方は早いようだし、エアコンで暖房すると
湿度が下がるという問題を逆手に取ったような、、、うむぅ。

いやはや、時代の流れを、こんなエアコンにも感じました。
・・・っていうか、誰が考えるんだろうね、こんな事。
ちなみにですが、10年保証だそうです。
ま、今度は壊れず、長持ちして欲しいと思う次第であります。

pandeponde at 12:38
雑談 

2006年07月11日

所詮175円

レンタルビデオって、皆さんどれぐらい観るんですかね?
私は、1ヶ月に4〜5本ぐらいかな。
ジャンルは拘りませんが、バイオレンス物が多いかな。
ただ、“お涙頂戴”的なのとラブストーリーは苦手です…汗

で先日、少し暇があったので…と行ってはみたものの
あまり観たいものが無かったので、準新作のコーナーで。

『Mr&M●s Sm●th』

映画そのままにマジで結婚しちゃった2人の映画です。(爆)
レジに持っていくと、今日はレンタル料半額ということで
2泊350円×50%=175円を払い借りてきました。

家に帰って、早速鑑賞。

・・・約2時間後・・・

へ? あらら、終わっちゃったよ。

寝て、、、ドンパチやって、、、それだけ?・・・みたいな。
ま〜こんなのを、映画館で観た人、ご愁傷様でした。
それにしても、ハズレと言われる映画もいくつも観ましたが、
これほどのは、さすがに初めてです。トホホだね、こりゃ。

あ〜あ、良かった、175円で。
…と懲りずに?近日、また別のを借りに行くのであった。

pandeponde at 15:44
雑談 

2006年07月09日

8000km!!

あれ?!オイル交換いつやったっけ?
・・・と気がついたら前回より8000kmも走ってました。
まったく、何が車好きだよ!、、、、、情けない。

で今日、休みとあって寝不足をものともせず(ウソ)、
行って来ました、ディーラーへ。
先輩にバカにされるも、これで暫くは大丈夫でしょう。
お陰で帰りの高速道が調子良いこと、良いこと!(爆)


*****

さて、ここでお知らせ。
お気づきの方もいると思いますが、HPを暫くお休みします。
今後ブログにコンテンツを移そうかなどと思っていますが、
いずれまたその内ということで。<(_ _)>
尚、くだらない記事ばかりですが、ブログは今まで通り
続けて行きますので、お暇な時にでも、またお越しください。

pandeponde at 12:07
車・バイク | 雑談

2006年07月07日

“目立ってはいけない”憂鬱

サッカーに限らず、どんなスポーツにも審判が存在するが、
彼らに共通するのは、『目立ってはいけない』だと思う。
ジャッジする上では、その人だから…という個性が、
全く必要ないからである。
無論、そのジャッジ技術のレベルに多少の差はあるのかも
しれないが、一定のレベルであると認められたから、
その試合の審判を勤めるのであって、その資格が無いなら、
選ばれた段階で、既に公正な試合は行えるものではない。

また、ホームアドバンテージという事も言われるが、
これも応援団やその地域において言われるのなら良い。
しかし、審判のジャッジでもそのアドバンテージについてを
言う事があり、どうもコントロールされた邪悪なイメージが
付きまとってしまうのである。

それに加えて、審判がフューチャーされる試合というのは、
観ていても楽しくない。
誤審というは、それをジャッジした審判はもちろん、
どちらのチーム(選手)にとってもマイナスになるから、
可能な限り公正・公平にと思うところであるが、
裁くのが人間である限り、スポーツであるという体裁上、
ミスは起こってしまうので仕方の無いことかと思う。
がしかし、そのミスを審判が取り戻そうなどとするような、
ワケのわからないジャッジをする事がある。
それは結果として、“目立つ”行為に繋がり、
もはやスポーツとしての意味を失ってしまう事もある。

・・・と思うのであります。

と、以上を踏まえた私の描く理想の審判像というのは、
あたかも無色透明で、存在感が無く、円滑な試合進行上
必要な時にだけ姿を現す、神のような存在であって欲しいと
思うのであります。 ま、ありえないでしょうけどね。

さて今回のトラックバックの本質へ。
先日も上川審判の事を追いかけたドキュメント番組が
NHKで放送されていました。
殆ど内容は忘れてしまいましたが、ワールドカップの
主審を務めるための長期にわたる試験の様子だったかと。
膝に持病があるんだとかで、相当きつそうでしたが、
選手顔負けの内容で、、、というか、
ピッチで一番キツイのは、選手ではなく審判なのかも…
とすら思えるようなものでした。
ワタクシ今年で44歳、上川氏の1つ上であります。
よく、1試合で10kmは走ると言われますが、
この歳で、そんなことやれと言われても絶対無理!(爆)
いくら鍛えているとは言え、同じような年齢で、
まったく尊敬しちゃいますよ。
そんな彼が、3位決定戦の、しかも主審を務めるとは
同じ日本人として誇らしく思います。

まあ、チームなら兎も角、審判は応援できませんので、
ガンバレ!とも言えませんが、公正なジャッジをと
願うばかりです。
ただし、目立つ事は叶いませんように。

pandeponde at 22:39
スポーツ 

2006年07月07日

10万ですか!?

この歳にもなると(?)、色んな所と付き合いってもんがあって
何だかワケのわからないクレジットカードが財布の中に。
コレ1枚で数万円の価値があれば・・・な〜んて、
空の財布に寂しく溜まっていくわけですな。(爆)

そんな中、また1枚増えました。
某自動車メーカー系のカードです。
店長(先輩)から『作ってチョ〜!』ってなもんですよ。
今までは、別のカードを使ったりしてましたが、
決済方法がややこしいとか、損しちゃうとか何だとか、
嫌がられちゃうんですよ。
でね、ポイントが溜まるのはもちろんだけど、
新車購入にもそのポイントが使えるとかで、
言われ続けること数年、今回その重い腰を上げたってワケ。

一通り手続きを済ませ、待つ事10日余り、
昨日配達証明付郵便で届きました。
ところが、内容を確認してみてビックリ。

『ん?!10万?』

カードの利用限度額が、たったの10万だったのです。
車検の時とかどうすりゃ良いのよ?
利用実績が無いからとは言え、あまりに小額過ぎます。
まして新卒のサラリーマンじゃあるまいし。
言っちゃ〜なんだけど、私の持ってる別のゴールドは、
利用枠が今じゃ三桁だよ?

何だかねぇ。。。

ま、ディーラーに聞いたら、電話で増額できるらしいけど、
だったら最初から上げとけ!っての。

pandeponde at 09:00
雑談 

2006年07月06日

決勝国、出そろう

フランス、やっぱり来ましたねぇ!
後半はスタミナ切れする選手続出で少々危なっかしかったけど。
それにしても、先日のあの“ルーニー退場事件”の事もあってか、
C・ロナウドが持つ度に、ブーイングが起こっていました。
端整なマスクとは裏腹に、一転してヒール役になったかのようで、
ファンも含め、サッカー界も実に恐ろしいもんです。

さて、決勝の予想・・・なんて野暮な事は言いません。
もう、どちらが勝ってもおかしくない、絶好のカードですから。
過去のワールドカップの対戦も2勝2敗の五分だとか。
注目される所は、両国の#10の活躍でしょう。
イタリア=トッティ、フランス=ジダン、どちらも天才的な
ボール供給を身上としている所があるし、この辺で勝敗が
分かれるんじゃないかな、と。
・・・というか、何かとディフェンス面ばかりが強調される
今大会ですが、そういう勝負があっても良いんじゃないかな。

おっと、それから3位決定戦、
個人的には、ドイツにハナをもたせてあげたいですが、
注目はC・ロナウドとオドンコルのサイド対決、かな。(微妙〜)
どちらもとんでもない俊足とドリブルの上手さがあるし、
しかも同サイドの、正に“喧嘩四つ”。
ただ、オドンコルが通常だとスーパーサブ的なので、
先発メンバーになってくれる事を願いますが。

・・・とまあそんなわけで、あと2試合しかありません。
その寂しさと寝不足から開放される幸せが交錯しております。

pandeponde at 11:37
スポーツ 
Archives