2007年05月

2007年05月14日

洗車をしてみると・・・

ここ数日、強風が吹いたり雨が降ったりで、ドロドロだった
我がモビリオスパイク、天気予報がハズレたのを幸いに、
昨日は洗車にいそしんだのであります。

全体を拭き終え、垂れてくる水を丁寧に拭いていると、
何故かボンネットに妙な点々。
拭き残しかなと・・・触ってみると、紙ヤスリか?!
と思わんばかりのザラザラ感。
ようするに、水アカが溜りに溜まったワケ。
でも、結構頻繁に洗ってるつもりなんだけど。

屋根やボディ周りは大したことは無かったのですが、
とても放っておけない状況。
イッチョーやったるかー!
・・・とばかりに水アカ落とし作戦開始。

【作業工程】
1.超々微粒子のコンパウンドで磨く。
2.バフ掛け(タオル地)
3.カラーワックスを塗る。
4.バフ掛け(タオル地)
5.仕上げ用ワックスを塗る。
6.バフ掛け(ムートン地)

で完了。少しぐらいは元プロっぽくしないとね。
ボンネットだけなので20分ぐらいで終わっちゃいました。
お陰でツルツルのピカピカでございます。
ま、暇つぶしには丁度良いってところでしょうな。

ところで、カーシャンプーやらを使い果たしてしまったので、
近所のイエローハットへ。
いつもホームセンターで買ってばかりだったので、
あまりの種類の多さにビックリ。
で、どうせ買うならとちょっとだけ張り込んでみたのはコレ。
「シュアラスター アロマテック・シャンプー&リンス」
約1300円。
アロマテック シャンプー&リンス








アロマの香りが楽しめるシャンプーだそうで、
カルナバロウ配合のワックスインタイプです。
まだ使ってませんが、確かにカーシャンプーとは思えない香り。
まあ、洗車後に1度走っただけで香りなんてなくなるでしょうが、
こういう無駄と思えるような発想までナシと言う事はないでしょう。
次回の洗車が楽しみです、、、、、って。(爆)

pandeponde at 09:00
車・バイク 

2007年05月10日

一味違う今年の巨人

久々の久々に、ジャイアンツの話。
無論、昨日の出来事。

テレビの放送が終わってしまった事もあるが、昨日の試合は、
正直、もう負けたと思ってた。
なんたって、8回を終わって4対5、1点差とは言え、
最終回(昨日は8回からだったが)には、お決まりで
藤川が阪神にはいる。
ここ2年余り、まともにヒットすら打てないピッチャーだから、
どう足掻いたって勝てっこ無い・・・と勝手に思ったのである。
ところが、10時ごろのNHKのスポーツニュースを見るなり、
自分の目を疑った。

6対5で逆転勝利。

登板の間隔が開いていた事もあるのだろう。
その後に報道ステーションのスポーツコーナーで見たピッチングは、
元来の藤川のボールからかけ離れた球威だった。
それなら打たれても・・・とは思うのであるが、それでも相手に
食い下がっていく、今年の巨人の姿勢というのをハッキリと
感じた試合でもあった。
こういう試合を見せてくれると、ファンとしては本当に嬉しい。
チーム一丸となって立ち向かっていくファイティングスピリットを
感じずにはいられないのである。

それにしても、たった1度あるだけで今年はホントに連敗しない。
まあ、ぶっちゃけて負けるのも仕方がないことではあるが、
問題はその「負けっぷり」であって、明日の勝ちに繋がるような
価値のある試合内容を今後も期待したい。

しかしまあ、谷は本当に良いねぇ〜♪
なんでオリックスはトレードで出しちゃったんだろうかねぇ。
「サンキュー!」と言う以外に言葉が見つからないわ。\(^o^)/

pandeponde at 11:48
スポーツ 

2007年05月09日

俺は何を飲んだのか?

私、焼酎も好きですが、元来はビール党でありまして、
以前は各地方のビールなどを良く飲んだもんです。

先々日も、某デパートへ行った際、酒類コーナーで物色。
「そういや、最近はプレミアムビールが流行ってるよなぁ。」
などと、独り言を言いながら、数本を買って来たのでした。

数日で呆気なく飲み終えてしまったのですが、その内の何本が
また欲しくなったので、ネットで調べていた時の事です。
どうも腑に落ちない事が。
私の飲んだものに、有名なシュナイダーヴァイゼのオリジナル
という物が有ったのですが、これがどうもおかしい。
ラベルはこんな感じの物↓
シュナイダーヴァイゼ1







そのネットで調べると、アルコール度数が5.4%未満とある。
しか〜し、私の飲んだものには、9%未満の表示。
(ピンボケ御免。)
シュナイダーヴァイゼ2







しかもですよ。ピルスナーと言われているようですが、
私の飲んだのは、どちらかと言えばいわゆる黒ビール。
非常にクリーミーな泡がたち、とても濃厚な味わいで、
飲み方も、グラスに氷を入れてチビチビとやるような、
いわゆるロックビールの類でした。

私は、何を飲んだのでしょう?
まあ旨ければ何でも良いんですが、ラベルの通り、
度数は間違いなく5.4%ではなかった。
もう一度確かめにあのデパートへ行くしかないと思うのココロ。

pandeponde at 14:43
飲兵衛 

2007年05月04日

秋葉原 変わった事・変わらない事

たぶん15年は行かなかったと思う。
とある品物が欲しくて、秋葉原に行った。
大した物じゃないのだけれど、秋葉原ならと。

電車嫌いな私は、バイクで4号線を走る。
着いてみると、思っていた以上に一変していた。
学生時代、乗換え駅だったこともあり、
フラフラと彼方此方の店を良く見て回ったが、
中央通りの店の雰囲気も随分と変わり、
馴染みだった店も閉店していた。
それに代わって、ドデカいヨドバシカメラが、
我が物顔でそびえ立っていた。

ま、買うものは、ホント、大した物じゃないので、
行った先は、ラジオ会館や、ラジオセンターといった、
細かなパーツを扱う所へ向かったのである。
ここはさすがに昔と何らかわらない店ばかり。
以前を知る人間としては、安心感があると言うか、
たぶん、確りとした目的が無く行っても、
一日居ても飽きないかもしれない。
ただ、残念ながら、目的としていた物が無く、
敢え無く帰路につくのであった。

ところで、だ。
私の学生時代と決定的に違う事がある。
オモチャを扱う店が極端に多い事。
昔は、ラジコンやプラモデルといったものなら、
彼方此方に店はあったが、フィギュア?っていうの?
ホントに多いね。
中にはとんでもなく高価なものもあるんだろう。
オモチャついでに、いわゆる萠系っていうの?
詳しくない者が語るのはよろしくないので控えるが、
それを追い求める人の多さときたら、半端じゃなかった。

そこでだが、昔はもっと年齢層が高かったように思う。
もちろん若い人達もいたが、精々3割程度。
今は少なくても半数は、20代だろう。
逆に家族連れが極端に少ない。
もっとも、このご時世、家電製品なら郊外店でも
かなりお安く買えるし、わざわざ秋葉原まで出てくる
事も無いのだが、家電製品を持ちながら歩く人など
ほんの僅かしかいなかった。

と、率直な感想はこんなところだが、自分の年を思うと、
いよいよ付いていけなくなった街になってきたようである。
輸入版レコードを買っていた頃が懐かしい。。。

pandeponde at 12:48
雑談 | おでかけ

2007年05月03日

体力−(7649km−7327km)−6時間運転−雨+ラーメン&餃子=*o_ _)oバタッ

・・・ま、要約すれば、そう言う事。

久々の久々に、バイクに乗ったのである。
しかも、日光まで。 言うまでも無く・・・当たり前だが、
シグナスXは125ccであって、全ての行程は一般道で。

バイクのブレーキも直った事だし、何処に行こうかと考えたのは、
30日の夜。本当なら一昨日行くはずだったが、生憎の雨。
明日は好天らしいという天気予報によって、一日順延。

翌朝(つまり今日)、昨日の予報が見事に外れ、今にも降出しそうな
曇り空に覆われていたが、この機会を逃してなるものかと、
無理クリの決行。
6時半に家を出て、国道4号をひたすら宇都宮方面へ向かう。
ただ、そんな呑気な事を言ってられたのも、小山あたりまで。
いよいよポツポツ降り始めた。
何でも入るリアボックス(笑)から合羽を取り出し、そそくさと着込み、
4号から119号、例の制限速度80キロ道路を通り、
121号へと入ると、にわか雨の様相。まともに走れるもんじゃない。
まあ、121号と言えば、杉並木ってことで、脇に道に逸れてパチリ。
杉並木







日光駅に着いた頃には、雨も上がって何とか走れるようになった。
日光駅







さて、目的地である日光に着いたが、独りツーリングなんてもんは
全くアテがないのであって、フラフラと走り回る事しばし。
修学旅行でもあるまいし、何処かの施設に入るのも惜しいが、
かといって、ただ時間を潰しボーっとしているのはもっと惜しい。
どうせ来たなら・・・と、向かったのは中禅寺湖。
知っての通り、道筋には「いろは坂」がある。微妙に嫌な予感。

その嫌な予感は、薄く当たり、転倒・・・ウソ、路面はウェットで、
しかも、山道らしく土や砂が浮き、トロトロと30キロ程度で
曲がろうとしても、リアタイヤのグリップは呆気なく失うほど。
元来、バイクの運転が下手なところをもってきて、この路面では、
教習者も驚くほどの安全運転となったのである。
上り始めた11〜12kmの距離であったが、明智平に到着したのは、
20分も後の事だった。
明智平にて







中禅寺湖湖畔に着くと、そこはまだ初春と言うより未だ晩冬。
まだ山には雪が残り、風は異様に冷たく、とても合羽なしでは
居られないほどだった。 そう、合羽はここまで着っぱなし。
中禅寺湖







この時、時刻は10時を少し回ったところだった。
本当なら湖畔を一回り・・・と行きたいところだったが、
寄る年波、帰りの体力温存も考えなければならず、
日光市内でみやげ物を買い込み、いそいそと帰路についた。

宇都宮で餃子でも買うか?!と、少し寄り道してはみたが、
何処が美味いのか以前に、全くリサーチしていなかったので、
そもそも店が見つからず、結局買わずに4号へ出る。

「そういや、メシ食ってなかったなぁ。」

と気付いたのは、1時頃だったか。
街道沿いで見つけたラーメン店へ入り、味噌&餃子を頼むが、
何のことは無い、メチャクチャ美味い餃子だった。
ただ、昼夜と餃子じゃ、、、なので、買い込んだ土産で
一人遊び呆けるオヤジの言い訳とさせてもらうのである。

家に着いたのは、2時ごろだったろうか。
雨の中走り回った我がシグナスXは、もうドロドロ。
綺麗に洗車を済ませるが、往復約320kmは骨身に沁み、
疲労は洗い流される事無く、翌日(つまり今日)全身筋肉痛に
見舞われるのであった。

でも、偶には良いもんだね、こういう無謀なお出かけも。
また夏にでもやるかな。


P.S.
先日弄ったブレーキ、空恐ろしいほど効きまくり、
お陰で、いろは坂の下りは、とても快適だった。
山道ではブレーキの効きこそ正に命。

Archives