2008年02月

2008年02月27日

SIGNET 1/2inch トルクレンチ

それはトルクレンチの事である。
買わなきゃなぁ〜、、、と思いつつ、いつも蔑ろにされてきた。
しかも、車屋時代の整備作業から離れること、かれこれ20数年、
“人間トルクレンチ”でのボルト締めも、些か勘が鈍ってきたし、
それも限界であると思うようになってきた。
もちろん、ヘナチョコなトルクレンチは持ってはいたが、
どうも表示トルクに曖昧さを感じていたし、そもそも数千円の
素人御用達のDIY工具に期待する方が間違っているというもの。

しか〜し、決して安い工具ではない。
トルクレンチと言えば「東日」と言われるが、プロ仕様となれば、
軽く3万円前後はする品物である。
だからといって、また安〜い工具なんか買って妥協したくもない。

そこで調べる事、数日。
私が好んで買っていた工具メーカーでもあるSIGNETに、
まずまずの性能で、比較的良心的な価格のものを発見した。
それがコレ。品番:73112である。
SIGNET トルクレンチ 73112






表示の校正はせず、そのままNMだが、目盛りも読み易く、
非常に使い心地が良さそうである。
早速、車のホイールナットを締めてみると、かなりハッキリとした
クリック音で、作業完了が確認できた。
また、トルクの設定も、グリップの端にある部分を引くと、
簡単にリリースされ、グリップをまわす事で即座に設定でき、
改めて端の部分を押し込めば、設定値が狂うこともない。

まあ、正直言って、滅多に使う工具でもないのに、12000円弱は
決して安くはないが、その長さ約50cmと結構大振りな事で、
所有する満足感を与えてくれそうなのは間違い無さそうである。

pandeponde at 12:22
車・バイク 

2008年02月21日

Norton Internet security 2008 のその後。

導入して、1週間が経った。
でもねぇ、やっぱり、、、と言うかそう来たか、と。

2007での、PCの立ち上がり時に“裏”でガチャガチャと、
動いてるのは殆どなくなったが、今度はソフトの立ち上がりと
ネットサーフィン中に、ソレが起こる。

とくにサイトからサイトへと渡り歩く際、IDを要求する
項目があると、一々それを拾い上げ、IDのセキュリティを
確認させるポップアップが発動。
過去に行った所では、起きないようだが、サクサクいかない。

やっぱり、重いよ。

仕事の方でウチに来る人の中に、SEをしている人がいるんだけど、
訊いてみたら、案の定、「あれは重いよ。」って言われた。

それから、システムのスキャン。
何だあのファイルスキャン量は?
最初だったからなのか、ほぼ1時間半も掛かった。
そんなに馬鹿げて多いはずないんだけどねぇ。

ま、次期2009版は・・・以下略。

pandeponde at 18:56
PC関連 

2008年02月18日

日曜はダメよ。

宅配便って、これほど各社で違うとは・・・と言う話。

仕事で、とある物を大阪に送らなくてはならなくなった。
ただ、仕事でほぼ毎日使っているものだけに、
どうしても発送が、日曜日になってしまう事に加え、
月曜の午前中に必着でないと、業務がはかどらない。
そこで、仕事終わりと同時に、それらを梱包し、
早朝送るという手筈となった。

翌日、朝8時なら営業しているだろうと、近くの日通へ。
・・・ナント休み。(笑)
仕方ないので、家から5キロほどある佐川へ。
さすがに営業はしていたが、日曜は便がなく、
月曜の午後ならとの事。

対応を協議する為、一旦自宅へ向かったが、
モノは試しと、自宅近所のコンビニへ。

私:「チョッと訊きたいんだけど?」
店員:「ハイ。」
私:「大阪へ明日の午前中に届きます?」
店員:「え〜と、、、ハイ、大丈夫ですよ。」

なんだそりゃ?だ。
この店で取り扱っているのは、そうクロネコ。
よって、クロネコに呆気なく決定!

しかし、これだけで終わらない。
何となくなんだけど、送料を比べた場合、
佐川って安いイメージじゃないかな? ソレが真逆。
なんと、230円もクロネコの方が安かったのである!

もうこの際だから、クロネコメンバーズになろうかと。

pandeponde at 20:54
雑談 

2008年02月16日

エンドレス・バカ =忘れえぬ記憶=

カーグラフィック3月号より、その一節(原文)である。
***************************
こういうのは「三つ子の魂百まで」とは言わないのだろうが、なまじ若い頃に走り屋だったり、モータースポーツに深く係わったりすると、あとあと始末に悪い人生を送る事が多い。家庭環境が変わり家族がどのように増えようとも、いちど身体に刻まれた横Gと高速スライドの記憶はそう簡単に消えうせないからだ。それは非日常的な体験だからだろうか、脳の隅ではスポーツカーのことが消えかかった炭火のように燻っている。あまりにアビューズ(濫用)が激しいと、車の場合もやがてアディクト(中毒)へと移行していくものだ。
***************************

読んでいて、図星と言う以外これほど参った言葉はない。
正にエンドレス・バカである。

運転中に、何か私の琴線を刺激するような事があると、そこから先、禁断の扉を開こうとする。

期せずして、コーナーの連続する走り屋ならニヤついてしまいそうな道に、このバカオヤジをあてがってしまうと、それはもう始末に終えなくなる。右足にこめるその力は、何時しか尋常でないペースを保とうとし始め、ステアリングの切り方は・・・、ブレーキの踏み具合は・・・、シフトの仕方は・・・などなど、ストイックなまでに過ごした過去が少しずつ蘇り、何の変哲もない自車に鞭を入れる。もっとも、車なんて何を乗っていたってそうなるに決まっているのだが、その向こうには、快楽はあっても、決して安楽はなく、同乗する家族からの悲鳴によって、現実へと引き戻されるのである。

先週の日曜日もそうだった。
成田山への少し遅い初詣帰りの東関東自動車道、後ろから小突いてくるように迫る車があった。「ファミリーカーだと思って、ナメてるのか?!」という自分の考え方もよくはないが、やはりそういう“態度”は癪に障る。雪は溶けたがややウエットな路面にもかかわらず、いつしかスピードメーターの針の指せる領域は残り10%ほどしかなかった。(言い訳がましいが、間違っても直線番長ではない。)

そんな自分だから、スポーツ系の車に乗ったら・・・と思うと、少々腰が引ける部分も有る。それは免許の点数に影響するからという事も言えるが、くだらないオヤジの単なる趣味に、家族も巻き添えにして良いのか?という一家の主としての立場が心にブレーキを掛けるからである。

それでも、“オトッツァン車”は乗りたくないから、結局のところ、次期マイカーは、ソコソコ楽しめる車になろうはずだが、CG誌曰くの「身体に刻まれたG」の記憶は、そうや簡単に忘れられるものではないと、そう認識せざるを得ない記事であった。

pandeponde at 20:40
車・バイク 

2008年02月16日

Norton Internet Security 2008 導入。

久々に、PC関連ネタ。

題名の通りで、期限切れ翌日となったが今年も導入した。
前回の2007は、どうも立ち上がりと、タスクバー周辺で
動作が不安定化し、酷い時にはシステムトレーに表示されるべきの
アイコンまで丸潰しとなっていたが(但し、ソフトの動作は
それぞれ正常に活動)、今回は意外とすんなり立ち上がるようで、
幾分か軽くなったような気がする。

ま、やるべきことをやってくれれば、何の文句もないんだが、
毎年6000円強の出費は、少々痛い。
このご時世、更新料無料を掲げるセキュリティソフトが
多数出てくる中、更新料ばかりか、ソフト代を丸々要求する
このソフトも、些か2009では別のものにと思う昨今である。

PCも今年は新調したいんだが、聞くところによると、
Vistaは、余り評判が良くないらしいし、かといってMacじゃ、、、。
はやいとこ、VistaのSP2でも出さないかと、淡い期待…などなど。

pandeponde at 09:44
PC関連 
Archives