2009年03月

2009年03月29日

フル電動自転車に一言

昨今、その存在が取り沙汰されているフル電動自転車、
便利な反面、、、というか、どう考えても、やっぱりあれは、
原動機付自転車であると思うのである。

3〜4年前になるが、通勤途中と思われる男性が、
歩道をこの「原付」に乗って走っていた。
時速は、30キロ程度には達していただろう。
歩道を走るには、とんでもないスピードだった。
それが、信号のないT字路を渡ろうとした時だった。
脇道から四輪が、停止線を僅かに超えて停止した。
「原付」は、その僅かにはみ出した車に気付くのが遅れ、
慌ててブレーキ。あわや接触寸前で停止した。
あんな速度で走ってて、ディスクブレーキならまだしも、
自転車程度のブレーキで思うように止まれるわけが無い。
さぞかし、四輪を運転していたドライバーも、
肝を冷やした事だろう。

また、つい先日の事、同様の「原付」に乗る親子がいた。
この際、もちろん2人乗りである。
通常の自転車ならば、大人1人に対し、6歳以下の幼児を
乗せる事は合法らしいから、この親子も法律上は問題ない。
しかし、この乗り物はあくまで「原付」である。
道交法違反はもとより、この親子に厳罰が下ったら
どれほど酷いことになるのか、他人事ながら、
背筋の寒さを禁じえない。
順法走行をするには、この「原付」を、原付2種として
登録する必要があると思うが、はてさて、どうなるものか。

その逆に、この「原付」に、ちゃんとナンバーを付けて
乗っている人も見た事がある。
一見して自転車なのに、それに乗る人は、ヘルメットを被り、
ウインカーの他、保安部品もきっちり付いている。
まあ、モペットに見えなくもないが、速度が遅いので、
なんとも不思議な乗り物に見えたのである。
大多数から言って、残念ながら希少な存在だと思うが、
この人の心意気に1票を投じたいと思う。

まあどっちにしてもだ。こういうのをネットなんかで
「自己責任で・・・」とか、「公道以外の場所で・・・」とか
一応の謳い文句を掲げつつも、売る事自体によって、
それを幇助している可能性もあるのだから、販売している業者も
如何なものかと思うのである。
それでも企業的生産活動を阻むわけには行かない。
いっそ売るのならば、「コレはレーシングマシンです!」
とか言って売ってみてはどうだろう?
そうすれば、「自己責任で・・・」の文句が正論となるだろう。

pandeponde at 19:46
雑談 

2009年03月26日

色んな意味で、ちょっと危機感?

EOS50Dを買って早4ヶ月、かなり使い込んできましたよ。
レンズも1本増えたし、恐らく明日あたりには届くと思うけど、
何だかワケのわからない品物まで、ちょこちょこ買ってます。

被写体の趣味も、チョッと変わったかな。
それでも、基本は普段の写真だけど。

ところで、ネットで彼方此方見ていたら、KissのX3が
4月下旬に早くも出るんだそうな。
DIGIC4搭載で1510万画素だとか。
根本的な機能では、さすがに50Dの方が上だと思うけど、
ちょっと複雑な気分。
だって、量販的な下位の一眼入門機種に追いつかれる訳で、
APS-Cサイズ最上位機種であるというプライドが少し揺らぐから。
ま、そんな事言ったって、電子技術は日進月歩なのだから、
そう遠くない将来、最下機種にすら抜かれる日が来るとは
思うんだけどね。

でさ、その中に気になる機能が。
他メーカーも採用しつつあるけど、動画撮影機能ってどうよ?
正直言って動画撮影は、一眼レフには必要無いんじゃないの?
確かに夢のような機能ではあると思うんだよね。
一眼レフの持つ画像の良さで動画が撮れるんだから。
たださ、動画には無い写真の持つ楽しさっていうか、
「撮る」という行為そのものは似ているけれども、
そもそも、写真と動画って別の次元だと思うんだよね。
だからその辺は、カメラとビデオは棲み分けた方が
良いと思うんだけどな。
いずれにしても、無いものねだりは程々にと願うのである。

pandeponde at 09:11
雑談 

2009年03月24日

結局買ったよ、バッテリー

やっぱりダメだった、バッテリー。

そこで、YUASAにしようと思ったんだけど、ホント高くなったね。
古河電工のヤツでも、平気で10000円以上もするし。
車のバッテリーは大して高くないのに、これじゃ、手が出ないわ。

で、困った時のヤフオクですよ。
調べたら、互換性のある中国製の安いのがあったから、ポチッと。
送料を入れて、ナントたったの2855円也。
1年間の保証付らしいけど、純正品買ったんだったら
早々に充電出来なくなったらクレームも付けたくなるけど、
別にこんなの自己責任でしょ?
まあ、使用中に割れたり著しい液漏れとかじゃかなわんけどね。
値段相応で、正直、全く期待してないので。

注文から僅か2日で到着。
作りなんかも、余程安っぽいのだろうと思っていたけど、
YUASAと大差なし。
軽く充電を済ませ、取り付ければ、呆気なくエンジンが掛かった。
1年ぐらい持てば良いやという100均的な安直な考えだから、
暫くこんな感じで乗るとします。




pandeponde at 18:54
車・バイク 

2009年03月21日

もう来ました?

当地区管轄の市から、我が家にも来ました、定額給付金の書類。

家族3人分で44000円也。
必要事項に記入して、判子を押して、身分証のコピーを添付して、
ポストに投函。
いつ支払われるのか、全く明記されてなかったが、
まあ、1ヶ月ぐらい掛かると思えば良いのかな、と。

でさ、44000円って金額を、野球に例えたら、
なんか“デッドボール”って感じだよね。
当たって塁には出れたけど、決してヒットじゃない。
ありがたいような、そうでもないような。
どのみち、自分らで収めた税金から支払われるわけだし、
痛みが残りそうな感じも、なんか似てるよね。

そんなら、もっと別の使い方ってのが有っても良いかな、と。
政治家でもあるまいし、偉そうな事も言えないけどね。

ちなみに我が家の場合、給付が銀行振り込みである為、
完全に家計に飲み込まれていく事でしょう。

、、、いっそのこと、野球でも見に行くか?!

pandeponde at 18:48
雑談 

2009年03月12日

ようやく行けたよ確定申告

自営業の宿命、確定申告に昨日ようやく。

行けば行ったで、たったの1時間程度で済むのだが、
そのタイミングを見計らって行くのがなかなか難しい。
払わないで済むなら払いたくない税金にも増して、
この不況、全く冗談じゃない。
まあ、一昨年より去年は若干良かったので、由とするけど。

が、不思議なもんで、税額は今年の方が少なかった。
経費は殆ど同じなのに。
誰かマジックを掛けたのか?

そんなワケ無い。

理由はカンタン、娘の扶養控除額が増えたから。
去年は中学生だから、38万円。
ところが今年は、高校生なので63万円。
この額が大学卒業(浪人しなきゃね)まで続く。

嬉しいような、そうでもないような。

なんたって、私立高校だから、結構掛かるのよ。
学費や積立金、その他諸々、それはそれは実に細々と。
笑っちゃうのは、更衣室のロッカー使用代。
年間2000円ぐらいだから大した事は無いんだけど、
取るか?普通??(苦笑)
ようするに税額は減ったが、小遣いも減ったと言う顛末。

さて、先日の告知の通り、申告へはシグナスXで行ったが、
やっぱりバッテリーは、ダメかも。
昨日は午前中をズル休みして、彼方此方行ったが、
そのいずれの場所で、セル起動したのはたった1度だけ。
始動のキックが付いているから良かったが、
いよいよ以って、交換必至かと。
ただし、それ以外は絶好調!
今も難なく3桁に達する。 アッパレ、アッパレ

そういや、そろそろフロントタイヤを替えないと。
オートレースのタイヤよろしく、三角形になりつつある。

pandeponde at 09:43
雑談 

2009年03月03日

3本目のズームレンズ

EOS50Dを購入後、買うことは決めていたのだけど、
どれにしようか、迷うのがレンズである。

ぶちゃけて、いわゆるフルサイズが2本、いずれもズーム。
だから、広角〜標準の範囲の物があれば、十分なのだが、
1本は、いつ朽ちるともしれない古〜いEF35〜135mm。
だから、この領域がカバーできる方が良いのだが、
完全にコレを使わなくなる。 それも勿体無い。
かといって、何本も持って歩くのも些か邪魔臭い。

じゃあ、安いヤツを買ってと思えども、F値とか気になるし、
どうせなら手ブレ補正が付いてた方が良いとか、
、、、ナンチャラ、、、カンチャラ。

で、買いました。
SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC OSです。
SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC OS キヤノン用+フィルタープレゼント!
SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC OS キヤノン用+フィルタープレゼント!

この値段でフィルターのオマケ付き。
定価はゲゲッ!っと思うほどなのに、レンズって値引くよね。
ま、安きゃ良いんだけどさ。
コレにしたのは、おおよそ何処へ行っても1本で済む事。
200mmの望遠は、300mmを持っているから、正直言って、
どうでも良いんだけど、18mmの広角っていうのが味噌かな。
それに、APS-Cサイズ用だから、画角はそのままだしね。
被写体の趣味にも、変化が出そうな予感。
いずれにしろ、これから活躍してもらいます、です、ハイ。

pandeponde at 20:39
買い物 

2009年03月01日

どうするシグナスX、その3(完結偏)

先日に続き、その3だが、オイル交換に策がある
とまで言ったが、ようするにヨタロー的発想による
なるべくお金を掛けませんみたいな話である。

オイルは作る訳にはいかないので買わなきゃならないが、
捨てるだけのためのオイルパックリを買うのには、
以前からどうも解せないので、コイツを作ろうという魂胆。

用意する物
1.ティッシュの箱
2.古新聞
3.ビニール袋
・・・などである。

先ず準備の段階で、新聞紙をシュレッダーにかける。
これを適量用意し、ビニール袋に入れ、
ティッシュの箱に詰め込む。出来上がるとこんな感じ。
使用前






ただ、新聞紙は柔らかいので、シュレッダーで粉砕し難いから
少量ずつやる必要があるが、5〜6枚程度でも結構な量になる。

問題はオイルを吸うのか?であるが、心配ご無用!
結果は下の写真。
使用後






この状態だと、完全には新聞紙にオイルが馴染んでいないが、
ゴミとして捨てるのに躊躇しない程度にはなっているし、
ティッシュの箱の容量から言って、2リットルぐらいは
いけるかもしれない。
お陰で、コレに掛かった金額は0円。エコだねぇ〜。

さあ、来年までやる事が無くなった。
これで安心して、また放置できる。(爆)

pandeponde at 16:29
車・バイク 
Archives