2010年05月

2010年05月28日

外付HDD装備へ向け

先月末に書いたPCのトラブルの話の中で、
「USB3.0搭載」とか書いたが、実際には搭載されておらず、
PCI Express x1には対応しているから自分でボードを突っ込め!
ってことが判明した。
ま、そのインターフェイスボード自体も5000円前後だから、
大したもんじゃないが、ちょっとションボリしてみる。

なので、そのUSB3.0用のボードを購入。
この際サポートなんかどうでもいいので、「玄人志向」のヤツ。
http://www.kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1441
近所のPCデポの特売で2980円だった。
が、安いには安いなりに落ちがあり、PC側の15ピンケーブルが、
長さが足りず、付属ケーブルは4ピンのオス。
結局変換アダプタを買い足す羽目に。
640円を足して、3620円也。
安いんだか、、、何だか。。。

ドライバーも、笑えた。
CDが付いていたのは良いが、ワケのわからないドライバーまで
全部で20種類?ぐらい入っていて、それらの中から自分で選んで
インストールしなくちゃならない。しかも、ぜ〜んぶ英語表記。
幸い、「USB3.0」と書いてあるのが一つしかなかったから、
直ぐにコレだとわかったが、全く不親切極まりない。(笑)

さて、動作状況だが、一応きちんと認識したので、
多分ちゃんと動いていると思うが、外付けHDDを買った時に
判明するであろう。

で、HDDですよ。
色んなのがあるんだね。
こんなのを見つけた。
オウルテックのその名も「ガチャポンパッ!SMART3.0」
http://www.owltech.co.jp/products/drive_case/ESQ35_U3/ESQ35_U3.html
なんだこのネーミング? 何かと思ったわ。(笑)
SATA・HDDが使えるので、コスト面でも安いし、
8cmファンが内蔵されているので温度対策もまず心配なさそう。
問題は、HDDの容量である。本体が750GBだから、
それより少なめにと、500GBぐらいが妥当かと思うが、
今後の拡張性とか、色々迷っている最中である。

pandeponde at 15:44
PC関連 

2010年05月23日

二十数年ぶりの購入

え〜、サラリーマンの皆様には、非常に申し訳ないが、
私には通勤というものが存在しない。
2階の住居スペースから階段を降りるだけで仕事場、
すなわち自宅での自営業である。

すると、当然買わなくてよいものも多い。
サラリーマンと言えば、まずはスーツ。
この10年、買ったことがない。
もちろん5〜6着は持っているが、着る機会が殆どない。
であるからして、ワイシャツ、ネクタイといった類も、
当然数が少ない。

同様なのが、革靴。
今持っているのは、ブーツを除くとたったの2足である。
スーツを着ないから買う必要もないし、気がつくと、
とんでもなく長持ちしているのである。

それでも、好んで良く履いていたのがローファー。
当たり前のようにREGALである。
これを買ったとき、どうせ買うならとちょっと高めの、
シェルが1枚革(つまり、つま先に縫い目がないヤツ)で
出来ているのを買った。
私の記憶では17000円ぐらいだったと思う。
現在までソール交換2回を含むヒール交換3回に耐えた、
おどろくなかれ25年物である。

もちろん、使用後のメンテナンスは欠かしたことはないし、
幸いにして、水虫もなければ油足でもないから、
ここまで持ったのかもしれないが、物は大事にするのが
私の主義なので。

ところが、とうとうその靴も、踵上部の革が擦れに擦れ、
小さな穴があいてしまった。
むろん、これも直すことは可能なのだが、それ以外の部分と
「時代」が変わってしまうので、ついに買い替え。
もちろんまたREGALである。
こういうものは、仮にある程度安かったとしても、
ネットショップで買う勇気がないので、REGAL浦和店で。
ディテールに多少の違いはあるが同じやつにした。
REGAL ローファー
http://www.shoes-street.jp/shop/g/gJB23AH___B___001#
値段は少し上がって20475円。
入店後、たった数十秒で決めてしまったので、
店員も少々戸惑っていたようだが、丁寧な扱いを受け
気分良く買い物ができたのである。
これでまた20年持ったら、正直タダみたいなもんだな。


pandeponde at 20:47
買い物 

2010年05月21日

2-1+1=2

いまどきの小学生でもやらんような計算だが、
なにも算数の話ではない。

去年の末ごろまで、当家ではプリンターが2台体制だった。
キャノンのPIXUS550とブラザーのMFC850CDWN。
最初にあったのがキャノン。前PCとほぼ同時に購入したので
相当ボロだったが、ハガキと写真の印刷はとてもし易かった。
ブラザーの方は、プリンターとしての使用というより、
電話はもちろん、ファックスやスキャナとして使用。
複合機ってのは実に便利だと思えた。
ただ、ハガキと写真印刷はあまり得意とは言えず、
結果的にしばらく2台を使い分けていたのであるが、
その昨年末にとうとう給紙機能がダメになり、
隠居願った次第である。

で、この約半年、ブラザーの方を使ってきたのだが、
写真画質がどうにも上がらない。
それどころか、普通紙ならば何も問題なく印刷できるのに、
最近になって光沢紙だと給紙ローラーが滑るようになってきた。
当然仕上がる写真には、妙な筋目が目立ち、とてもアルバム等へ
保存したい状況ではない。
かと言って、一々コンビニ等々へメディアを持って行って、
印刷するのも面倒だし、サイズも殆どL版に限られてしまう。

一応カメラも趣味の人間としては、これじゃ面白くない。

それじゃあ、また2台体制を組むかと買ったのである。
それがコレ。
キャノンPIXUS iP4700である。
【送料無料】CANON A4インクジェットプリンターPIXUS iP4700
【送料無料】CANON A4インクジェットプリンターPIXUS iP4700

今時、プリンタとしての単機能だけだと安いね!
しかも、画質がとんでもなく良いし、高速印刷だし、
そのほかCD等へのラベルプリントもできたり。
この値段での満足感は高い!!

早速、写真プリントをしてみたが、画質も文句なし。
まあこれまでの当家でのプリンタ寿命を考えると、
どうやら3年ぐらいらしいが、それ以上に良い写真が
撮れるよう、腕も磨かないとと思うのであった。

pandeponde at 11:43
PC関連 | 買い物

2010年05月21日

只者ではない

先日、法事で女房の実家へ向かう途中のこと、
外環道から関越に入り、少し経ったところで、
後方からBMWが猛然と駆けてきた。

ところが、コレがどえらく中途半端な運転で、
前が詰まっているのに、煽ってみたり、
抜くのか抜かないのか、車線変更をやたら繰り返したりと、
バックミラーで見ていても、非常に腹立たしい走行だった。

で、
我がストリームの後方につくと、「退け!」とばかりに
妙に車間を詰めること数回、些か私もキレてしまった。

こうなると始末が悪いのが、私の運転。
昔取った杵柄とばかりに完全にスイッチが入ってしまい、
法定速度などなんのそのである。
あたかもミズスマシのように、間隙を縫って前へ。

私の右足を伝い、ストリームの回りたがるエンジンに火が付く。
ついにその手綱が緩んでしまった。

いつもとは明らかに違うエンジン音を発し、車速が乗る。
ミラー越しに後方を見れば、BMWは遥か後方だった。

もう良いだろうと思うと同時にハッと我に返り、
スピードメーターをみると、、、視界に針がない。
無論消えたわけではなく、完全に右下に張り付いていた。
おそらく175ぐらいは出ていたことだろう。
あわててアクセルを戻し、車の流れに溶け込んだのだった。

こんな速度、久しぶりだった。
恐らく25年ぐらいは出してない。
記憶しているのは、アコードのGTI(誰も知らね〜だろうなぁ)
だったろう。
ホンダ久々のノンCVCCとなったこのエンジン、実によく回った。
僅か2年という短いスパンで、モデルチェンジを迎えてしまったが
セダンという体裁からはちょっとかけ離れた乾いた排気音が、
やる気にさせたものである。

この頃の車と、現代の車では比べるまでもないのは分かっているが、
当時のいずれの車も、ボディ硬性が足りていなかっただろうから、
そんな速度では多少の緊張感を伴ったものだ。
それが、多少スポーツ性に振った車はあるが、ファミリーカーだし、
特筆するような高性能車でもない。
そんな車が、あまりに呆気なく、一切動揺することなく安定し、
「大したことじゃないよ」とでも言いたげに振舞っているあたり、
この車の底なし沼のような懐の深さに、只者ではないと
感じたのである。
それ以上に、同乗していた家族の誰にも速度からくる恐怖心を
伴わなかったのには、驚きを隠せなかった。

蒸し返すようだが、インプレッサSTIなんぞを買っていたら、
果たしてどうなったことやら。
それこそ免許の点数が数百点あっても足りなくなるに違いない。
ま、いずれにしても、私の“スイッチ”を誰も押さんでくれと
願うのであった。

pandeponde at 11:13
車・バイク 

2010年05月12日

直ったのでお披露目

え〜、ようやく直った我がPC、
これでやっとお披露目である。
DELL Studio XPS 9000
DELLのStudio XPS 9000である。
それにしてもデカイ!
その大きさ、WxDxH=198x528x493 もある。
重さも約20kg。
幅はともかく、今まで使っていたミニタワーの
その質量およそ4倍はあるだろう。
こりゃ働きそうだわ。

・・・という思いで買ったら、2日目にHDDが、、、
というのはもう止めておくが、パソコン用のデスクが、
一杯になったのは言うまでもない。

ちなみに、今度ばかりは何もエラーなし。
ソフト無事にインストールが完了し、どう使うかなどの
今後はオーナー次第。

pandeponde at 22:16
PC関連 | 買い物

2010年05月12日

良いもの買えた。

私は自称ビール好きである。
国内ビールメーカーの物を大半飲んだのは当然として、
輸入ビールにも手を出し、かれこれ数百種類は飲んだかと。
それと同時に、ひそかなコレクションとなってしまったのが
ビアグラス。
貰い物のビールメーカー名の入った単なるコップから
一つ数千円の物までその時の気分によって使い分けている。
そんなコレクションの中に、また一つ加わったのがコレ。
玉川堂 ビアカップ
新潟は燕市、玉川堂(ぎょくせんどう)の鎚起銅器である。
欲しかったんだコレ!
無形文化財にも指定されているその技法は、一枚の銅板を
人間が機械など一切使うことなく手作業で叩き、形作るという
気の遠くなるような工程を経て作られるのである。
だから、正直安くない。
高さ12cm弱、容量250mlのこの小さなカップで、
お値段1つ13650円である。
反して所有する満足感は、相当なものになったし、
上手に使い続ければ、3世代ぐらいは持つはずだ。
正に“一生物”である。
とか、本当はほぼ同じ大きさの銀製のが欲しかったんだけどね。
何たって、63000円じゃ、手も足も出やしない。

肝心の使い心地だが、これが不思議な事に、
ビールの泡が、全く別物になる。
こういう謳い文句のカップって他にも有ると思うし、
自分自身も幾つか持っているが、このカップは正真正銘。
ならばと、焼酎も試してみたが、これは変化なかった。

ちなみに、これと同時に花瓶を2つ買った。
なんでも生けた花の持ちが違うんだとか。
ま、この値段ならね、と言う金額だったけどね。
女房も大事そうに使っているのであった。

pandeponde at 20:02
買い物 

2010年05月06日

カーナビの続報

先日の大橋JCT、アップデートもう既に出てたのね。
今日、早速USBメモリに書き換えてインストール。

ただ、面倒だと思ったのは、バージョンが代わる度に
一々本体からDATファイルを書き出し認証しなきゃ
ならないって事。
まあ、大した作業じゃないが、DATファイルに
車両固有のIDが有っても良いんじゃないかなと。
ついでに言うなら、アップデート情報のメールくれ〜!

pandeponde at 14:53
車・バイク 

2010年05月04日

伊豆旅行で

この混雑の中、全くご苦労様な事で、
例年同様、家族旅行に出かけたのである。
場所は伊豆長岡、、、地味〜。

高速道など混雑を避けるため、早出。
が、大して混まず朝7時ごろには、既に沼津。
飯を食うにしたって何処も開いてない。
もっとも、サービスエリアで食った豚まんが
かなり胃にもたれたので、腹も減らなかったが、
今回初の遠出となった我がストリームで暫く
ドライブとなったのである。

ところがコレが大失敗。
と言うか、伊豆ってこんな道が有ったのね。
沼津から修善寺、戸田と周り三津に向かったが、
日光の“いろは坂”など足元にも及ばないほどの
九十九折れが延々と続く。
特に海岸線を巡る戸田〜三津までの約30kmは、
正直地獄であった。
最初は、いい気になって飛ばして、思う存分
ストリームのハンドリングを楽しめたのだが、
後半はもうヘロヘロで、ハンドルを切ることすら
鬱陶しくなった。
それでも車は、全く音を上げなかったから、
改めてポテンシャルの高い車だと感心したのである。

その後、テキトーに観光スポットやらを見て回り、
旅館に着いた頃には、なんだかボロ雑巾のようだった。

次の日、何処へ行こうかと地図を見ていると、
妙な名前を発見。
「反射炉」
、、、って何?
で気になって、チェックアウトを済ませ行ってみると、
こんなヤツ。
反射炉
なんでも、幕末に建てられた鉄の融解炉で、
近代化産業遺産というものなんだそうな。
でも反射の意味がわからん。
というか、それ以上にビールを作る工場が
併設されている事もわからん。
ま、要するにお土産屋さんってことか。

その後この日も各所回って帰路。
東名道は大して混んでいなかったが、
首都高で2度事故があり渋滞。
ナビが示した自宅までの到着予想時刻を大幅に
遅れる結果となった。

ああ、ナビといえば、つい最近開通した大橋JCT、
あのグルグル感は、一種のアミューズメントだわ。
ただ絶対事故ると思うよ。特に大型車は。
我がストリームも軽くVSAが作動してたし。
それよりもナビがこの道路を一切認知してないので
画面がとても面白い事になっていた。
それでも必死に考えてたCPUには拍手。
ま、いずれアップデートになることでしょう。

尚、現在も運転の後遺症、筋肉痛は取れていない。

Archives