2011年11月

2011年11月29日

省エネなのは良いけれど[石油ファンヒーターの話]

我が家には、全く同じタイプの石油ファンヒーターが4台。もう20年以上も使っているから、かなりのロートルだが、これと言った故障もなく使えてきた。

ところがその内2台がいよいよダメになり、最近になって2台を買い替えた。無論、最新式の同じような大きさのものである。さすがに新しいだけあって、親切に作られているし、使い勝手も良く、発熱量が上がっているのに省エネと、まあ文句なし。

・・・のはずだった。

これが使ってみると、なんかあんまり暖まらない。今までのものが最大火力2400キロカロリー、新たに購入したものは3200キロカロリーで、圧倒的に後者が優れているはずなのに、ほぼ同じ条件で、同じ部屋を同じ温度まで上げるのに、感覚的には1時間以上の差がある。どうかすると、補助暖房としてエアコンが必要になるほどだ。

確かに、消費する灯油の量は、古い方が僅かに多いが、それでも著しいほどではないし、それならば最大火力がもっと高くても良いはず。なんか狐に抓まれたかのような話だが、結論は風量に決定的な差があるようだ。

同じ設定温度にした際、吹き出し口に手をかざすと、古い方は10秒も耐えられないほどの量で熱風が出ているのに対し、新しい方は結構平気だったりする。吹き出し口のルーバーの空気拡散能力によるところもあるので一概に比較はできないが、風量は感覚的に1.5倍ぐらいの違いに感じる。
この両者の違いを表現するなら、古い方は直接暖かい焚火のようで、新しい方はじんわり暖かいコタツといったところ(ちょっと表現が違うか・・・)。
どちらが好みかは個人の自由だが、時に一気に暖めて欲しいと思う事もある。この風量を求めるとなると、最大火力が5000キロカロリー近いものが必要になるらしい。当然、火力が大きければ大きいなりに燃費も悪くなるわけで、結局は灯油を必要量燃やさなければならないという事の裏返しでもある。

まったく、、、なんだか省エネも良いんだけど、しばらく古い方は、壊れるまで我が家で現役を続けることになりそうだ。
尚、設定温度は20℃。18度を超えたあたりで設定を下げて風量を弱め、22℃を超えると止めるという、エコ活動は欠かしたことは無い。この夏だって、去年から28%もの節電をしたり、つくづく俺ってエコだなぁ。

pandeponde at 10:01
雑談 | 買い物

2011年11月27日

ダメなのね。

先日買い替えたスマートフォンで、ちょっとトラブル発生。まあ、トラブルってほどでもないが、機能的な問題があることが分かった。

それは、カーナビとの間でデータ通信が出来ないということ。Bluetoothでハンズフリー電話ができるから、てっきりデータ通信もできているのだろうと思っていたら、先日買ったCDをナビのHDDに入れた際、曲のタイトルを取得しようとしても、一切つながらなかったことで判明した。
ナビ本体やスマホの設定が違うのかと、あれやこれや試してみるも、一向に繋がる気配なし。もしやと思い、インターナビのHPで調べてみると、我がストリーム(無論それ以外の車種も)では、殆どのスマートフォンで使用不可。中にはハンズフリーすらできないものも。

そんなわけで、無用の長物とならぬよう、近日中に定額制インターナビ・データ通信USB(3G)を導入予定。金額も月額1050円と安い。ただ、せっかくのスマホが使えないってのも、なんか微妙な気がする。ナビの地図更新ばかりじゃなく、本体のアップデートってのにも、力を入れて欲しいと思うのココロ。

pandeponde at 20:24
雑談 | 車・バイク

2011年11月07日

あれれ?もうですか。

先日導入したスマートフォン、ようやく使い方にも慣れてきたが、もうひとつ把握して切れていない。使い始め、操作を誤って友人へ2度も無用な電話をかけ、迷惑千万な事になってしまったが、さすがにそれはなくなったものの、メールの振り分けは、フォルダ設定を含め簡単だったが、連絡先のグループ分けがイマイチわからず、もうメンドクサイから放っておくことにした。ま、そのうち理解できるかもしれないし。

ところで、スマートフォンと普通の携帯電話で決定的に違うのが、アプリの更新である。この更新のため、勝手につながっている可能性があるのがスマートフォンであるが、パケット定額に入っていないと、空恐ろしい請求額になる可能性があるから、無論のこと、私は入っている。
それと同様に、気になるのがバッテリーの消耗である。普通の携帯電話だと、うまくすれば3日ぐらい放っておいても平気な場合があるが、スマートフォンは、画面が大きい事もあって、電力消費がかなりデカいらしい。ゲームとかのアプリを起動して、小一時間もやろうものなら、スッカスカとまでは言わないが、半分程度までバッテリーの残量が減ってしまう。あわてて充電となるのだが、この充電方法も一々マイクロUSBを差し込まなくてはならず、今までそうだった充電器にパコッと嵌めて後は待つだけという具合にはいかないから尚更面倒。もっとクールに、もっと長時間持たないものかと思うのであった。

ちなみに、自宅で使っている場合、Wi-Fiのみでの接続設定にしている。ただ、この状態だとメールが受け取れないので、時々3GをONにしているが、どうせ大したメールが来るわけでもなし、出掛ける時以外、コレで良いかなとか。

pandeponde at 20:52
雑談 

2011年11月01日

「あと1本が」という典型、巨人終戦

昨日のクライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、正直勝てた試合だった。ヤクルトにつけ込む隙は、相当あったと思う。ただ、誰が打てたとか、打たれたとか、そういう風には言いたくない。そもそも団体競技なのだし、チーム一丸となって立ち向かうべきなのだから。

それにしても、今年は色々あった年だった。めまぐるしい順位の変動や、故障者の続出、活躍が期待された選手の不調、統一球への対応などなど。これほど一喜一憂させられた一年はなかった。
それでも、ファンとしたら、そんなに不満でもない。打てないと言われた一方、息詰まる投手も見られたし、新たな戦力も出てきた。派手な連勝こそなかったが、ドツボに陥るような連敗もなかった。タイトル争いでも、最多勝、首位打者、盗塁王と3つ。恐らくこれに、新人王も加わるはずである。

ただ、残念なニュースも聞こえてきた。
「ラミレス退団。」
本人の意向でのものだという。確かに今年は、不振だった。本来の力の半分ぐらいしか発揮できていなかったかもしれない。強いはずの怪我にも泣かされ、連続出場もついに途絶えてしまった。その間隙を縫って、出場機会の増えた若手が伸びて来たことも、巨人を後にしようという決断の後押しになってしまったのだろう。
移籍は日本の球団に絞るそうだが、守備の負担を減らすためにも、指名打者制のあるパ・リーグが有力ではないかと勝手に思っているが、あと150本に迫った外国選手初となる2000本安打は、何としても達成して欲しい。何処へ行ってもラミレスの事は応援したいと思っているところである。

その他、契約解除など動向が心配される選手も多数いるが、来年はもっと良い試合が見れるんじゃないかと期待しよう。

pandeponde at 20:00
スポーツ 
Archives