2012年09月

2012年09月20日

Pirelliです。

久〜しぶりにバイクネタ。
我がPCXも走行距離5000kmを過ぎ、軽くヤレて来ている感じはあるものの、未だ絶好調。それでも、最近気になっていたリアタイヤの山が、いよいよ無くなってきたので、こりゃもう取り替えなあかんわなぁと。

ただ、選択肢の無さったらありゃしない。ノーマルのIRCか、ピレリの2択ってどうよ。スクーター如きで選択肢もあったもんじゃないが、それでも各社で出ていても良いんじゃないかと思うのである。

まあ、しょうがないと、近所の2輪館に持って行くのであるが、微妙に車両運送法に抵触しそうな部品が付く我が車。くだらない所で、整備不可なんて言われても困るので、ホイールを取っ払い、持ち込むことにした。
ホイール脱着なんて手慣れたもんだから、こんな作業は苦でも何でもない。しかも、外した状態で持ち込めば、工賃も安く済もうってもんである。

さて、店に着き、タイヤ交換をお願いしようと店内を眺めると、何とあるはずのIRCのノーマルタイヤが無い。案の定というか、ピレリのみである。単価で言えば、IRCより数千円高い。かと言って、外してしまったもんだから、納期1週間とか間抜けに待っているわけにもいかず、ピレリにしたした次第である。

作業時間僅か10分程度で完成。家に戻り組み付けて、試走したが、『皮むき』も済まぬまま、インプレなんて言えるもんじゃない。それでも、なんかピレリというステータスを感じる名前が良いなぁとか思ってしまうのは、ジジイの証なのかもしれない。

pandeponde at 21:07
車・バイク 
Archives