2013年10月

2013年10月23日

危うく3度目

今朝、PCXでいつものようにコンビニ帰りを、遠回りして帰る途中のこと。道路の左端の方が、何だか濡れてんな〜と思いながら、信号で止まり、青に変わってアクセルオンした瞬間だった。リアタイヤが、ツルツルっと横滑り。危うく転倒するところだった。
水にしてはおかしいと臭いをかいでみると、その濡れた原因はなんと灯油。どこかのバカタレが、溢しながら走ったらしく、延々その跡が続いていた。
自分は辛うじて大丈夫だったが、気づかないバイクは完全に事故るね。バイクって、4輪で出来た左側の轍を走ることが多いじゃん。ちょうどそこだもの。あれじゃたまったもんじゃないっての!

・・・なんてこともあるのでお気を付けのほどを。
ちなみに、社外品で賄っていた左側のフロントカウルだが、前から見ると光が透過しちゃって、妙に明るいのが気に入らず、純正を買い直したのであった。でも社外品より安かったってどういう事? ただし、交換はしばらく先に。だって面倒なんだもん。

ああ、タイヤといえば、ストリームのタイヤ交換を近日。すでに注文してるんだけど、入庫に10日もかかるんだってさ。ギリギリじゃなくてよかった。

pandeponde at 08:44
車・バイク 

2013年10月11日

PC飛ぶ。

4日前、突然メインPCが吹っ飛んだ。
ホント、冗談じゃないっての!!

HDDが逝っちゃったらしく、何をやっても起動しない。一応、メーカーのサポートに電話して、起動を試みたが、完全にダメ。

仕方ないのでOSの再インストール、、、と思ったら、自ら驚くことに、作ったはずのその再インストールメディアをどうやら捨ててしまったらしい。
そのことをメーカーに伝えると、有料だが送れるとのこと。4200円支払い、翌日届いた。

さて、問題はHDDである。バルク品なら1TBでも5000円以下でも買えちゃうようだけど、また吹っ飛んだりとか、もう冗談じゃないから、一応に社外のメーカー物。取り付けなんか簡単だから、あっという間だが、それから今日まで、地獄の日々が続いたのである。

OSだけをインストールするのでも1時間強、ドライバやら何だかんだで、更に2時間。結局1日目はこれで終了。
2日目は、必要なソフトと周辺機器の取り付け。仕事の合間を見つけながら、ほぼ1日作業が続き、何とか2台あるプリンターの1台までが取り付けできた。
3日目は、ソフトの復旧作業。メールアドレスは完全に飛んでしまったので、もう理解不能だが、幸い仕事で使っているソフトは個別にバックアップを取っていたのでセーフ。ただ、それだけでも半日作業。おそらくこの先も、こんな作業が続き、完全復旧は、1か月ぐらいかかるんじゃないかと思う。

それよりなにより妙なのは、USBのインターフェースボード。本来2.0であるはずのボードが、ドライバーの競合だか何だかわからないが、3.0で起動している。それが証拠に、外付けHDDが2.0接続の場合、起動ランプがグリーンになるところが、3.0で起動している場合のブルーになっている。反面、本来の3.0のボードは機能不能となり、無用の長物となってしまった。こんな事ってあるのかね? こういうハードに詳しくないからどうにもしようがないが、ボードを外してドライバーをいったん削除し、再度インストールし直し、改めて組み込んでも同じだったから、意味不明なのにもほどがある。まあこういう場合はだ、もう一枚別のを入れろってことだろうから、いずれやろうとは思うが、今回のHDDと言い、何とも妙なことが続いたものである。

pandeponde at 21:13
PC関連 

2013年10月07日

ヘルメットを新調

このブログもずいぶん書いてなかったなあと。
そもそも、何もないから書けなかったんだけどね。

さて、些かボロかったヘルメットを新調した。これまでSZ−RAM3、恐らく7〜8年使ったんじゃなかろうか。
私は、メガネをすることもあって、オープンフェイスしか買わないが、SHOEIは、どうも頭の形に合わず、アライばかりである。それ以外のメーカーは、安っぽかったり、シールドとか補修部品も疑問なので無理。アライのオープンフェイスと言えば、SZシリーズ。これで4つ目?だと思う。

これが出てくれて助かったが、そろそろ買おうかどうしようかと迷っていた数年前、MZなんてのが新発売。これがSZシリーズの後継だと思っていた。
ところが、このMZ、長くなったチークガードのせいで、一々メガネを外さなくては装着が出来ない。オープンフェイスでメガネしたまま出来ないってどうよ? コンタクトレンズなんて考えられないから、このメガネの脱着が非常に面倒臭い。こんなヘルメットならば、なにもオープンフェイスである必要もないと思うほどだった。

それで、ボロくなっていくのを感じながらも、結局は買い控え。
この際だから、SHOEIのJ−FORCEとも思ったが、やっぱり装着感が好きになれない。

んで、待つことしばし、、、いや、数年。
ようやく、本当の後継モデルが発売されたという経緯である。今回買ったのは、SZ−RAM4のヘイデンスターである。
hayden3
グラフィックモデルにしたのは理由がある。単色でも良かったんだけど、RAM3とRAM4って、見た目上、左右ディフューザーの後ろ側の間にあるエアロスタビライザーが有るか無いかの違いしかない。だから仮に色違いを買っても、何だか代わり映えしないから。
確かに、グラフィックモデルは盗難されやすくなるというデメリットもあるが、面倒でもバイクのシート下に放り込めば良いわけだし、何が良いってグラフィックがカッコイイ! これで所有する満足感は5割増し以上だろうと、勝手に心の中で増幅しているから、良い買い物だったんじゃなかろうか。ま、また7〜8年使ってやろう。

ちなみに、装着感は、RAM3と大差なし。まだアタリがついてないから若干きつく感じるのは置いといて、違いを探してみると、実際はどうか知らないが少し軽い気がする。さぞかし素材も良くなてるんだろう。ただ、帽体はRAM4が僅かに大きい。シート下にいれるてみると、RAM3は余裕で入ったのに、RAM4は幅がギリギリ。ま、入れられないほどじゃないけどね。

ところで、アライなんかが推奨している使用年限3年ってどうなんだろうか。っていうか、そもそも3年ごとに買い替えてる人っているのかね。時々、近所の爺さん婆さんが被っているのなんて、軽く10年以上、どうかすると20年ぐらい経ってそうな相当キテルのを見かけるが、それでもちゃんと被ってさえいれば、いざって時に守れないとも言えないような気がするけどね。それでも、1度軽く落としただけでも買い替えるという超デリケートな知人もいるけど、レースやってるワケでもあるまいし、しかも内装が総取替できるんだから、大事に使って長持ちさせるのもアリだと思うのココロ。

pandeponde at 17:09
車・バイク 
Archives