2014年01月

2014年01月29日

RK強化Vベルトを組んでみた、、、その4

「・・・Vベルトの話はこれにて」とか書いておきながら、今度こそ最終回。

我がPCXを駆って、実家までの往復およそ80km。
完全にベルトにアタリが出た。 こりゃイイ!

何だかべらぼうに速い、、、というか調子が良い。
往路復路とも風向きが変わったので、いずれも向かい風だったが、80なんてあっという間。そこからもグングン加速して3ケタを超すと、体には相当な風圧が掛かっているにも拘らず、110出た。先日までの調子の悪さがウソのようだ。

ま、良い気になってブッ飛ばしていると、いずれ国家権力によりお咎めを食らいそうなので、この辺にしておくが、まずは復調してくれて良かった。あとは、5000kmぐらい持ってくれればと思っているが、どうせまた「弄りたい虫」が疼いてくることだろう。

pandeponde at 20:46
車・バイク 

2014年01月26日

美味かった!

今日、新宿伊勢丹へ買い物。
買い物ったって、日ごろの食材ばかりだが、いつものように地下食料品街へ。なんか目新しいものはないかと探してみると、木熟れの袋掛け蜜柑という小ぶりな何とも美味そうなのを発見。もちろん値段もそれなりで8つで1050円。高いっちゃ高いが、そうそう売ってるものじゃないので、もちろん購入。さらに探すと、源助ダイコン(絶品!)の隣の棚に、ハニーメークインなる聞いたことも無い名前のジャガイモがひっそりと並んでいた。店員さんに聞けば、なんと収穫から1年、氷温で熟成されたものなんだとか。デンプン質っていうのは、熟成されると糖分に変化するから、甘みが増して美味くなるといわれが、貯蔵が難しいので、なかなか店頭に出回る物でもないらしい。それでもそんなに高価じゃなく、1つ約100円程度。まあ、食べてみなきゃわからないので、とりあえず3個パックを買ってみた。

さて、調理方法であるが、こういうものは至ってシンプルにした方が良いと思ったので、オーブントースターで焼いて、じゃがバターに。
25分ほど焼いたが、焼いている時もジャガイモとは思えない何とも甘い香りが、キッチンに立ちこめる。
皿にのせて、バターと軽く塩・コショウ。

そんじゃま、いただきます。

、、、、、甘〜〜〜〜〜!!!!!
何だこのジャガイモは!!!!!!!
っていうか、ジャガイモのなのかーーー?????
いやいや、たぶんサツマイモだろ?
いやいやいやいや、やっぱりジャガイモだ。

・・・ってちょっと大げさに書きすぎたが、ジャガイモに対するイメージを根底から覆すぐらいの味だった。
正直言うと、あんまりジャガイモってモサモサしちゃうし得意じゃないんだけど、このイモは、全く別物だった。正に絶品。
イモ好きな紳士淑女殿、是非食うべし!

pandeponde at 19:28
食道楽 

2014年01月26日

エアフィルター交換ぐらいでイチャモン満載

我がPCXも、ついに1万キロを突破。そろそろモタモタし始める部分が出てくるところだが、ブラッシュアップというか、手を加えていかねばと思っているのである。
もっとも、前車のシグナスXは、駆動系の不調やオイル漏れ、フレームの軋みなどの経年劣化が激しく、7年間たった9千キロでオサラバとなったのだから、こうしたトラブルが一切ないPCXの頑丈さには、驚くばかりである。

その第一弾は、エアフィルターの交換。
単に純正というのでは、なんかつまらない。探してみると、キタコ、武川、K&N、SIMOTAなどからリリースされていた。
キタコのは正直純正準拠品なのでパス。武川のはハイフローにはなっているが、ペーパーフィルターの使い捨てなのでこれもパス。K&Nは高過ぎ。残ったのがSIMOTAという消去法。

正直なところ、SIMOTAなんて聞いたことも無かったが、台湾のメーカーらしい。フィルターはハイフローになっていて、面積も純正より20%ぐらい大きい。値段もK&Nの半分ぐらい。しかも、洗浄すれば再利用が可能と財布にも優しい。

早速注文。
で、届く。
んで、取り付け、、、、、、嵌らん!!!
つまり小さい。もちろん型番が違うなんて、小学生でもあるまいし、そんなミスは犯していない。純正のフィルターベースがプラスチックで出来ているのに対し、SIMOTAはゴム製。無理クリ引っ張って入れられなくもないが、それじゃあ2次エアを吸いやすくなってしまう。
しかたなく返品交換。
送ったところ、購入店がメーカーに問い合わせたら、サイズが合わないというトラブルは、今までなかったとか、、、って知らねーよ、そんなの。嵌らねーモンは、嵌らねーんだから。

そしてまた一悶着。
純正フィルターや、エアクリーナーボックスを取り寄せるて合わせるだとか、全く当方の車両が特殊なんじゃ?と疑われるような対応ぶり。確かにタイ仕様ではあるが、エアクリはアウターカバーこそ表の形状に僅かな違いはあるが(エアの吸入口が外れる)、フィルターは日本仕様と全く同じ。というか、あのフィルター自体、タイ製なんだけどね。結局答えが出るまでに、ナント10日間を要した。

そんな馬鹿にされたかのような対応の後、出された答えは、「問題なく嵌りました」だってさ。
挙句に「品物に問題ない以上、交換はできません。この品でよければ再度送りますが送料は別途頂きます。それともキャンセルされますか?」と続いた。
クレームどころか、コッチが一転して悪者になったかのようだ。
あー、アホ草。

そりゃ、もちろんキャンセルでしょ。見たわけじゃないから、検証しているのかすら疑わしいが、嵌る嵌らないで問答するのも、些かバカらしくなったし、こんなくだらない事に囚われて、イライラが続くのも御免なのでね。

ところが、2度の連絡にも拘らず、一向にキャンセル手続きをしてくれない。なんか向こうも感情的になってるんじゃないかと直接問い合わせると、単にキャンセルでは収まらず、商品が開封されているという理由から、再販ができないため、商品代金の50%、送った際と返品時に発生した送料、〆て約2800円が掛かるとか。ただ、カード決済が済んでしまっているため、残りの額をコチラに振り込むようにになるというのだが、挙句にその際の振込手数料は残りの額から差し引かれ、全く微々たる金額しか戻らない。
つまり、手元に何も無いのに、クレームを付けたが故、3000円以上が泡と消える。

こんなバカな話、ホントにあるんだと呆気にとられたが、使えようが使えまいが、品物があった方がまだマシなので、返送の手配を取った。
それでもまだ話は続き、その返品の際の送料も払えというのだ。全くケツの毛どころか、全身の毛が永久脱毛されそうである。
ただ、こういう時の応酬話法は、かつての営業マン時代に鍛えられている。向こうに全く落ち度がないワケがない。軽くいなして返送料のみでやっと落ち着いた。

さ〜て品物が改めて届く。
ああ、検証ってことだから、コッチでも検証してやろう。
pf1
画像上の赤い線、すなわち一番長い部分を測る。純正は280mmだったが、SIMOTAは275mmしかない。だからやっぱり真面には嵌らない。
それ以外のサイズは、測りようがないので略すが、このまま無用の長物と放っておくのも悔しいので、取り付け作業開始。

取り付けるったって、ただじゃ済まない。まず本体を暖めて伸ばして嵌めてみるが、まだ長さが微妙に足りない。というか、エアクリーナーケースの内側周りのガスケットが邪魔で入らない。これを内外とも外し、無理やり押し込んで、さらに無理やりカバーのネジを締め込んでみると、どうにか閉まった。
エンジンをかけ、2次エアを吸っていないか確認したら、一応セーフなようだが、これじゃ掃除で外すことすらできない。整備性云々を語る以前の問題だ。もうかれこれ5年以上やってないが、パチンコですったと思えば諦められる金額だし(但しその時は勝ってるけど)、やっぱり別のにしようと思う。

みなさん、買うのはやめましょう。

******************

追伸;
取り付け後、試走したらエアクリーナーケース内のフローが変調を起こし(息継ぎ感が出る)、全域でパワーダウン。加速ももたつくし、最高速も伸びない。要するに燃料が薄いってことらしい。2次エアは吸ってなかったし、アフターが出るほどではないが、燃調してまで使う気にはなれないので、こりゃやっぱり駄目だな。結局ノーマルに戻したのだった←余程走りやすい。
ゴミがまた一つ増えた。。。

追伸その2;
純正フィルター買ってやんの。まだ来ないけど。
以上、もうこの話はおしまい。

pandeponde at 14:27
車・バイク 

2014年01月22日

RK強化Vベルトを組んでみた、、、その3

先日組んだ我がPCXの強化Vベルト、慣らしも終わったので、ちょいと伸び切りをテスト。
出だしでは、まだ2/3程度にセーブしているが、60ぐらいからスロットルを徐々に開け、80ぐらいでフルスロットル。95あたりで「あれ、もう伸びないの?」と一息ついたと思いきや、そこから車速が上がり110を超した。道路状況が許さなかったので、それ以上は無理だったが、かなり強めの向かい風でも100を超したので、まあ十分でしょ。
たぶん、もう少しアタリが出てくれば、また違った加速が味わえるような気がする。

ところで、先日外したKN企画のベルト、どこでどう測り間違えたのか、ノーマルと同寸だった。気になってKN企画のHPを見ると、長いという文字が消えていた。
何とも狐につままれたような気分。なのでそのうち使います。

尚、ベルトの話はこれにて。

************************

追伸;
只今、とても面倒なことになっている部品が一つ。イチャモン満載な話は、後日掲載。

pandeponde at 09:05
車・バイク 

2014年01月20日

RK強化Vベルトを組んでみた、、、その2

先日買った、RKの強化Vベルトを組んでみた。
作業風景なんてものは、相変わらず無し。

そんで早速試走。
これがまた、色んな意味で変化満載。
慣らしをキッチリやろうと思うので、スロットルは全域で2/3以上は開けないことにした。先ずスタート時、ノーマルベルトで感じていた極端な回転の上昇が抑えられ、滑らかになり、低速でも扱いやすくなった。ただ、鋭さが無くなったかのような感じなので、WRをもっと軽くできるんじゃないかという、無理クリな妄想は尽きないが。
そこから加速していくと、思いのほかスルスルと速度が乗っていく。気づけば90を過ぎ、慣らし中ということを忘れそうになる。こんな加速感、今まで味わったことがない。

これはスリップ率の変化によるものだと思う。ベルトがプーリー上である程度滑ることにより変速が行われるわけだが、おそらくノーマルベルトが、ドリブン側で予想以上に滑っていたのではないかと思われる。

さて、とりあえず10kmばかり走ったので、あと15か20kmぐらい慣らし、様子を見たうえで全開等試していこうと思う。

pandeponde at 08:29
車・バイク 

2014年01月18日

チェーンは知ってますが、RK強化Vベルト

日に日に寒さが増して、バイクなんか放っておきたい、、、と言うのは嘘で、週に4回ぐらいは、確実に出動している我がPCX、外装とエンジン以外、大体やりつくして、そろそろもう無いんじゃないかと思いきや、一周回って、全体的なメンテナンスの時期に入ってきたと思うのである。

オイル交換はもちろんだが、フィルターやら、各部給油とか、ブレーキ回りとか。ノーマル部品使ってもいいんだけど、それじゃあ面白くないわけで、どういう部品を使おうか、リサーチしているところである。

さて、先日書いたように、ドライブベルト(以下Vベルト)を替えようという話。Vベルトといっても、結構色んなメーカーから出ていて、正直なところ、どれにしたらいいのか悩ましい。ただ、長いのはなるべく外したいので、選ぶ基準としては、長いと評判のキタコと現在のKN企画のは除外、なるべくなら強化タイプということで、ベリアル、デイトナ、RKである。

「RK? チェーンは知ってるけど、どうなの?」と一気に興味がわいたが、ネット特売で安かったこともあり、デイトナを購入。すると帰ってきた返事は、長期欠品。注文殺到だったのか、店のやる気がなかったのか(返答直後に休店)定かではないが、納期として2か月近くも待たねばならない。そんなに気長じゃないので、あっさりキャンセル。で、元に戻ってRKとなった。

で、RKってどうなの?と探ってみると、どうやらGATESというアメリカの会社の製品らしい(ちなみに、日本法人はゲイツ・ユニッタ・アジアという所だそうな)。そもそもこの会社、ベルト類を得意とする会社で、他にタイミングベルトや、精密伝動用のベルトなどを作っているとかで、スクーターのVベルトなんて正にお手の物のようである。

ただ、新規参入とあって、全く情報がない。ググっても各所ネットショップの商品に行き当たるだけ。おそらく、このブログで書いたネタも貴重になるんじゃないかってことで、ちょいと人柱的に、きっちり書こうと思うのである。

注文後2日で到着。
rk1

rk2

先ずはサイズを測ってみよう。
長さ(外周)=832mm
幅・外側 =21.85mm
幅・内側 =16.80mm
・・・であった(幅は、デジタルノギスで計測)。
長さ関しては、純正品と全く同一。内外の幅は、若干細いようにも思えるが、耐摩耗性のある強化ベルトということを考えれば、十分だと考えていいだろう。

さて、装着してみてって話だが、一応慣らしをするので、それはまた後日。いずれにしても、ちょっと期待しているのココロ。


pandeponde at 16:56
車・バイク 

2014年01月16日

苦肉の策・・・強化Vベルトを再度組む

我がPCX、いよいよ完全に最高速がどうにもならなくなってきた。追い風でも110に届かなくなってしまった。色々手直しは施してきたが、残る問題はただ一つ、Vベルトの摩耗である。

2本目の純正ベルトだったが、外側は21.8mm程度あるので殆ど問題ないのだが、内側は大雑把に16.2mmしかない。未使用のベルトが17.0mm程度あることから、かなりの摩耗といえよう。つまり、細くなったことで、プーリーで押し出しきれなくなってしまったことが、最高速が落ちた原因である。

さて、ベルトを新調すれば問題ないのはわかっているが、もう一度チャンスをあげようというワケで、KN企画の強化ベルトを今一度組んでみようと思うのであった。
ま、ぶっちゃけると、正月明けで財布がちょっとばかり寂しいっていうのが主な理由ではあるが。

ただ、問題がないわけではない。KN企画のこのベルト、同社HP上にも記されているが、ノーマルより若干長いのである(以前はノーマルと同寸とされていたようだが、組んでみると緩いのですぐわかる)。長いと外径の大きいハイスピードプーリーでも最大円まで難なく届くようになるが、張り出し過ぎてケース内に当たる可能性が高くなる。最悪の場合、ベルトが破損し、駆動系が崩壊してしまうことだってある。もちろん、それなりの計算はされているのだろうが、こういうリスクは願い下げだ。

それでも、とりあえずまだ摩耗しているというほどではないので組んでみた。そんで、試走。呆気なく115を記録。向かい風の区間でも軽やかに105出た。去年、これを初めて組んだときは、逆に最高速が110ぐらいまで落ちたのだが、その時とは仕様が違うので、今の状態には合っているようである。

でもなんか怖い。というか、当たってるかどうか確認して、もし当たっているようなら、近日中に新調しようと思う。
、、、ああ、なんで今やらねーんだ?ってか。
だって、寒〜いんだもん。

************************

追伸;
結局、デイトナのベルト、買ってやんの。安かったし。
そうそう、当方のようなかなり引っぱり気味のセッティングだと、各部の消耗が激しくなるため、毎日の通勤等には一切向かないので悪しからず。


追伸2;
デイトナのベルト、長期欠品なんだとか。近所の2輪館で売ってはいるが、定価だし。仕方がないので、ちょっと人柱的にRKにしてみた。まだ来ないけど。

pandeponde at 11:26
車・バイク 

2014年01月12日

完全大気解放

我がPCX、既にブリーザータンクを取り付け、半ばブローバイガスを大気解放しているので、厳密に言えば、『違法行為』であるが、こんなもんで国家権力によりお咎めを食らったなんて話は聞かないし、自宅のドラム缶でワケのわからないゴミを燃やしてるヤツに比べれば、可愛いもんだ。

それでも、「半ば」としたのは、シリンダーヘッドから出る分をエアクリーナーで還元しているからである。
これを、完全大気解放しようと考えた。そもそも、現在つけているアドバンスプロのブリーザータンクは、ニップルが2つ付いている。ホンとは3つ欲しいところだが、これまで繋げていたのは、オイル注入口からのホースだけで、もう1つはメクラにしていた。このもう1つがもったいないなあと前から思っていたのである。

で、なんでこのタイミング、、、というほどでもないが、エアクリーナーの後ろにあるブローバイガスに混じったオイルの溜まる部分に、結構大量のオイルが。
「こんなに吸ってちゃダメだろ」ってことで、繋いでみることとなったのである。

作業風景なんてものは、相変わらず割愛するが、細々した作業を幾つもこなし、ようやく接続。もちろん、2次エア防止でエアクリーナーの方が今度はメクラになった。

一応試走。
わかんねーっつーの!
変わらんよ、このぐらいじゃね。まあ、無駄にキタネー空気吸わせてたんだから、エンジンにとっちゃプラスな方向性だろうけど、地球にとっちゃ、、、という話はやめとこう。
それでもオイルは、ロイヤルパープル、SN規格だけどね。

そういや昔、友人にもらった「毒」ステッカーがあったっけ。
ちなみに現在、なにかを注文中。

pandeponde at 16:31
車・バイク 

2014年01月08日

歯抜けジジイ

私のウイークポイント、それは歯。このブログでも書いたことがると思うが、とにかくもうダメ。日本歯科医師会(?)で推奨している80歳で20本なんて無理無理。既にギリギリの21本。で、これから話すことで、さらに減る羽目に。

一昨年、上の前歯が2本、グラグラになり、いよいよ始末が悪くなってしまった。それによってその両脇2本ずつ、つまり6本がブリッジの餌食となった。入れてはみたものの、これが慣れるまで大変な思いをしたが、それが慣れたか慣れないかという頃から、今度は下の前歯がいかれていた。
昨年10月に、歯の間にカスがつまり、それを取ろうと糸ようじを使っていた時、『ピキッ!』とした痛みとともに、なんと1本が抜けてしまった。その後、その隣2本も相次いでグラグラと動揺が始まり、一触即発のような状態で正月を迎え、ついに今日、歯医者でオサラバとなった。

そう、50を過ぎたばかりだというのに、18本しかもうない。
まあ、無いままっていうわけにもいかないが、前回苦労したブリッジではなく、今回は入歯。相当抵抗感もあるが、これも致し方ない。

で、現在歯抜けジジイ。上の歯に比べたら、まだ許せる範囲だが、滑舌の悪いこと、悪いこと。なので、今月末ぐらいまで私への連絡はメールのみ、お願いだから電話しないでください。(爆)

pandeponde at 21:05
雑談 

2014年01月04日

お年玉的エアコンプレッサー

昨日、女房の実家に正月のあいさつへ。
義母が4年前他界したので、義父一人で寂しかろうと思いきや、根っからの出好きに拍車がかかり、そりゃもう忙しくてしょうがないような顔をしているのである。
まあ、子供としたら妙な心配をしなくて済むが、何かやらかすんじゃないかと、冷や冷やでもあるのは確かである。

その義父、ちょっと極端なくらいの道具好きで、まあ大概の工具や電動工具を持っている。大そうなガレージの横にドア2つとシャッター付の巨大な物置があるが、そこに入りきらないほどといえば、わかってもらえるだろうか。
時々、買い替えたとかでお古をもらったりするが、昨日もそれを一つ。「これ要るかい?」と、エアコンプレッサー。出力は大したことはないが、新品を買えば2〜3万円するものである。聞けば、20万円もする素人には些かオーバースペックなやつを新たに買ったそうで、ようするに邪魔だから持ってってくれってことらしい。
もちろん、コッチもいらない道具ではないから、遠慮なく車に積み込み、ウキウキしながら帰ってきたのである。

さてと、何に使うか?
まあこの車バカのことだから、思考のベクトルは当然そっちの方へ行くのであって、いの一番でエアダスター、すなわちエアガンとインパクトレンチをば。
エアガンは3倍風量ってヤツ。エアタンクの小さいエアコンプレッサーに非常に向く。インパクトレンチは、3000円の安物。0.63MPa以下で動作可能だから、まあこんなのでも十分である。

んで、テスト運転。
更にホイールナットを緩めてみる、、、、、回らん!
と思ったら、レギュレーターがめちゃくちゃ緩んでやんの。
ただ、それでもナットが10kgmぐらいで締めてあると、ちょっと厳しいようで、作業に際し何等か対策を講じないといけないかも。

それよりなにより、我が家には、テキトーな大きさの物置がない。なので現在雨ざらし中。それじゃああんまりなので、雨除けにコンパネか何かで小屋を作ってやろうと思ってはいるが、元来大工仕事が得意じゃないこの私、はてさてどうなることやら。。。

pandeponde at 18:11
雑談 
Archives