2018年08月01日

シビック・ファーストインプレッション

我がシビック、走行距離がまだ100km程度だが、ここまでで感じたことをいくつか書こうと思う。

先ず、乗って直ぐ感じたのは、ボディ硬性の高さ。ストリームだって最初の頃は結構なものだと思っていたが、まるで次元が違った。ボディが全く揺さぶられない。サスペンションが良く働いていることの裏返しでもあると思うが、とにかくいかなる入力に対しても、絶妙にいなし、フロアのバイブレーションすら伴わない。これは凄い。

ついで、タイヤ。235/40R18なんていう太めのタイヤだが、不快なところが無い。太めのタイヤを履くと、なんともゴロゴロした感触が生まれがちだが、サスの妙もあってか、気になるようなことが無い。だからといって、コーナーでは、スッと切れ味良く曲がっていし、ステア操作も重いと感じなかった。また、これは各雑誌などで言われていることで、セダンに比べると、ロードノイズが気になるとあったが、余程セダンが静かなんだろう。正直、太めのタイヤを履けば、このくらいは許容範囲だと思う。

走行関連といえば、エンジン。
まだ慣らしの真っ只中だから、ハッキリとは言えないが、グッとアクセルを踏むと、V−TECならではの加速感の中に、ターボ特有のトルクが盛り上がる感じがあって、明確に背中を押される感じがある。とても1500ccとは思えないね。
尚、慣らしは、現状リミットを3000rpmにして、走行距離と共に徐々に上げていき、ちょっと早めに3000kmぐらいで仕上げる予定である。
また燃費だが、市街地で大人しく走って11〜12km/Lくらいかな。思っていたほど良くは無いけど、一桁じゃなきゃOKってことで。

内装関係。
好き好きもあると思うが、自分は正直なところ、あまり好きではない。それでも良く考えられていると思うが、いわゆるシボの見た目や感じは統一されているものの、各部の素材がバラバラで、無理矢理感があるのが惜しい。
それと、ポケットの類が少ない。今時、コインケースっぽいのは要らないけど、小物を入れるスペースがせめてあと1つぐらい欲しかった。

ナビ。
慣れの問題だが、ちょっと煩雑。機能が多すぎる。もっとも、そもそもがオプションなんだから、選んだ自分が悪い。ただ、「音の匠」は良いね。あれを聴いちゃうと、他の物がチャチく感じること請け合い。もっとも、フロントのみの設定なのに5万もするから、当然といえば当然なんだけどね。

・・・ま、とりあえずこんな感じ。
そういえば昨日、イエローハットでスマートキーケースと、三角表示板を買ってきた。三角表示板は持っているんだけど、やや大型のタイプなので、ラゲッジルーム下に収納できなかったので、小さめのヤツに変更。まあ、900円ぐらいだから、大した出費じゃないけど、こういうのって標準装備でも良いんじゃないのかね、と思うのココロ。
ところで、この行く道すがら、全く同じ色のシビックに遭遇。まだまだマイノリティだと思っていただけに、ちょっとショックだったが、お互い半年も良く待ったもんだと、エールを送りたくなった。

pandeponde at 08:52
車・バイク 
Archives