2019年06月10日

ブレーキ、諸々

我がPCXの話。

もうそろそろ、33000kmに達しようとしているところである。エンジンは絶好調で全くトラブルの予感すらない。が、それがボディだ何だと目を移すと、だいぶやつれてきた感じは否めない。やっぱり、「スクーター3万キロ」というのは、都市伝説ではないらしいとか思いつつ、先日「散歩」に行った帰り道の事である。
ブレーキを掛けると、前輪から金属同士が擦れるかのような異音が発生。経験上、パットが無いと思しき音である。それでディスクを見ると、モノの見事に削れていた。ただ、その減り方が解せない。外周に沿って減っているならまだしも、外側に2mm程度を残して、ディスクの中央が削れているのだ。ま、バイクじゃそういう事もあるか、とか思うものの、前回組み込んだパッドのディスク攻撃性が著しかったのは間違いない。

ともあれ、このままじゃ走れないので、非常用に取って置いたノーマルパッドを一時しのぎに組み込んで、ディスクとパッドを注文した。
ホンダ DIO110/PCX/SH 純正タイプ フロントブレーキディスク
ホンダ DIO110/PCX/SH 純正タイプ フロントブレーキディスク
JWLSports HONDA PCX125 PCX150 LEAD110 リード110EX LEAD125 リード125 ズーマーX リードEX 強化ブレーキパッド 送料無料
JWLSports HONDA PCX125 PCX150 LEAD110 リード110EX LEAD125 リード125 ズーマーX リードEX 強化ブレーキパッド 送料無料
パッドは正直ようわからん所の品物。送料込みで1000円ぐらいだから、大したことないだろう。一応、台湾製。ディスクは、純正と思ってたが、同一形状の社外品があったのでそれにしてみた。金額も純正の約半額とリーズナブル。まさかステンレスだよなと思っていたが、いわゆる互換品とあって、ちゃんとしたやつだった。

さて肝心の効きだが、まあ普通(笑)。特にコメントする必要も感じないぐらい、鳴きもしなけりゃ、特段効くわけでもない。ま、その逆も困るけどね。

ところで、ブレーキオイルも交換しなきゃいけないんだけど、面倒なところを持ってきて、リザーブタンクのネジをナメってしまった。外すには外したが、本体側のネジも潰してしまった。仕方なくオーバーサイズのネジで借り止めして、回りから水分が混入しないように工夫はしているが、タップも切れない状況なので、はてさてどうしたものか。
かくなるうえは、ナットリベットでもぶち込むしかないか。

pandeponde at 18:26
車・バイク 
Archives