2019年06月01日

レーダー探知機+ドライブレコーダーっていう便利なものを購入

我がシビックの、、、って程でもない装備の話。

新車時より取り付けたレーダー探知機、というか前車から移設したセルスターのVA-260G。適時、情報が更新されて、そのデータが無料でダウンロードできるという優れもの。使用上、何の不便も感じていなかったが、さすがに製造から8年ぐらい経つため、付属ソフトではなく、メーカーサイトから直接更新データをダウンロードしなくてはならなくなってしまった。
まあ、こんなのは良い。
それよりも最近、煽り運転だ何だと、問題になっているが、その際にドライブレコーダー(以下ドラレコ)の画像データが重要視されるようになった。法廷でも証拠として採用されているようだが、自動車で任意保険に入るのと同等のレベルにまで来ているようになった気がするのである。
YouTubeなんかで、自動車事故の動画があるが、それを観てると背筋の凍る思いがするのと同時に、その必要性の重要さが、ひしひしと伝わってくる。

実は、数年前から物色はしていた。ただ、レーダー探知機だ、ドラレコだと、フロントの視界に2つも存在するのが、鬱陶しいんじゃないかと、二の足を踏んでいたのである。

そこへ、今回の更新の面倒臭さが後押しすることとなったのであるが、そもそもレーダー探知機とドラレコの2in1なんてものは有るのかと。
探してみると、コムテックからCB−R02、CB−R01の2つが出ていた。ドラレコのカメラは200万画素と、中級レベルではあるが、どちらも機能としては十分であろう(細かな機能は他様へどうぞ)。上位機種は要らないので、CB−R01の方にした。値段も2万円台前半とお手頃である。

届いたのがコレ。
cbr01
今までのヤツに比べると、画面が2.4インチから3.2インチになったので、もちろん大きいのは仕方ないが、台座を低くすると、ドラレコの画角が確保できないので、ちょっと仰々しい。視界を遮るほどではないにせよ、設置場所を変更しようと考え中である。

ところで、ダッシュボード上の配線が剥き出しにならないようにするものは無いかと探したら、エーモンから車内用配線モールなんてものがあった。幾らするのかは知らないが、移設の際は、必ず買おうと思うのココロ。

追伸;
書いた通り、車内用配線モールを使い、中央に移設した。
am1
見た目は、結構な優れもの。ただし、施工はかなり面倒。というか、貼り付け用のテープがとても貼り難いところへ持ってきて、本体の材質がかなり柔軟性のあるゴムなので、そのグダグダの中に配線を入れるのがまず一苦労。ちょっとでも配線が曲がると、裏から出てきてしまう。それをなだめすかしながら、テープに張り付けていくのだが、たかが70cm程度なのに小一時間を消費するほど手間取ってしまった。まあ、お蔭で相当綺麗には貼れたし、黒やグレーのダッシュボードなら色も全く違和感はないと思う。暇な方はお試しあれ〜

pandeponde at 10:08
車・バイク 
Archives