2019年07月15日

PCX、ブレーキオイル交換

我がPCXの話。

先日、ブレーキオイルのリザーバータンクのネジを直したと書いたが、オイル交換そのものをしていなかったので、面倒ながらやってみたのである。

用意したのは、逆止弁の付いたブリーダーホースと、ブレーキオイル(当たり前)。先ずはメインタンクからササッと完了。
さて問題は、サブタンク。
bkm1
こんな所にあるからどうしたものか。すなわち、キーシリンダー横の内部あたりである。
他所を見て回ると、外装パーツを外さないといけないらしいが、そんなめんど臭い事はしたくない。ならば試しに、フロントスクリーンを外してみる。スクリーンの下のカバーも取って中を覗いてみると、奥の方に取り付けてあった。どうやって付いているのか手を突っ込んで探ってみると、単に8mmのボルト1本で留まっているだけ。こいつを外せば何とかなるんじゃないかと、ボルトを外して引っ張り出してみれば、これが大成功。わずか10分程度で完了した。
ただ、このサブタンク、とんでもなくエア抜きし難い、、、っていうかほとんど出てこない。もちろん、リアブレーキはキャンセルした状態でやったが、そもそも、こんな複雑なブレーキシステムなんて必要なのかね?

それもそうだが、駆動系がどうもおかしい。全く上が伸びない。またO/Hしなきゃダメだな。

pandeponde at 17:17
車・バイク 
Archives