スポーツ

2019年10月10日

熊谷までラグビーワールドカップに行ってきた。

それは、一昨年のこと。
ラグビーワールドカップが開催されるのは知っていたが、埼玉でも3試合行われるということを知り、これは申し込まねばと張り切っていた。公式サポーターに入会した埼玉県民だと、優先的に応募できるが、チケットは当然抽選。ただ、公式スポンサーでもあるマスターカードで決済する場合、当選確率が2倍になるという。
ところが、あろうことかマスターカードを持っていなかった。こりゃ大変だとばかりに、急いで楽天カード(この場合ゴールドにせざるを得なかったが)に再入会。応募開始とほぼ同時に申し込み、見事当選。S席3枚、約45000円と決して安くはないが、無事チケットを確保できた。

それから1年以上経過した昨日、待ちに待った試合当日となった。
試合は、アルゼンチン対アメリカ。対戦としてはちょっと地味だし、すでに両国とも予選プール敗退が決まってしまっているが、なんたってワールドカップである。
熊谷の競技場は知ってはいたが、中に入るのは初めて。ただ、駐車場(予約制)からバスで会場までの移動に加え、降りてからがまあ遠いのなんの。ざっくり1キロ以上あった。それでも場を盛り上げようと、ボランティアの人たちが歩いて向かう人たちに、精いっぱいのおもてなしで飽きさせないような努力は、実にホスピタリティ溢れるもので、実に素晴らしかった。
201910091

201910092

201910093

201910094

201910095

201910096

201910097

試合内容としては、アルゼンチンのやや一方的な展開だったが、それでもアメリカの最後までやり抜こうとするプレイには、本当に感動した。
そして、ノーサイドの後のこの一枚。
201910098
ニュージーランドが始めたという、この日本スタイルのスタンドに向けたお礼を、アメリカは丁寧に四方のスタンドの前に立ち行っていたのには、少々涙ぐんでしまった。
「4年に一度じゃない。人生に一度だ」というキャッチコピーを改めて思い出した。本当に素晴らしい試合をありがとう。

pandeponde at 16:51

2018年03月26日

オープン戦最終戦&応援決起集会

生まれた時から巨人ファン、2018年もオープン最終日、観に行ってきた。
初回から6回まで、楽天・岸に完ぺきに抑えられるも、7回に一気に猛攻をしかけ、岡本の2点同点打、長野の逆転2点2ベースで逃げ切った。ピッチャーも、野上が初回に2点を取られたが、その後復調し、山口俊、上原、マシソン、カミネロと繋ぎ、好調楽天打線を3点に抑えた。中でも上原は、やっぱり凄かった。全盛時代の球速は無いが、抜群のコントロールで僅か9球で3人を抑えた。今年43歳、恐るべしである。

試合後、ジャイアンツ公式応援団による決起集会が開催された。なんでも初めてのイベントだという。グランドで参加できるチケットをもらっておいたので、久々の人工芝。
tdg1
内容としては、応援の方法とか、新しく加わった選手の応援歌などである。非常に単純な内容ではあったが、集まったファンの結束を促すようなこのイベントは、とても意義があったし、毎年開催して欲しいと思う。

さて、当の私、この日は花粉症のせいで絶不調。挙句にイベント中、息切れと若干の動悸に見舞われる始末。年を追うごとに重症化しつつある花粉症も、いい加減卒業したいと思うのココロ。

pandeponde at 09:35

2017年05月27日

チャンピオンメンバー専用ユニフォームが届く

我らがジャイアンツの話。

チャンピオンメンバーへ入会してから、かれこれ5か月、ようやくそのメイン特典たるユニフォームが届いた。
guni1

え〜と、当然ながら番号は秘密。もちろん登録名も。生地は、残念ながらオーセンティックではなく、さすがにレプリカ。それでも刺繍はちゃんとしているので、オレンジデーとかに無料配布するユニフォームの様な安っぽさはない。

ちなみに、明日観戦に行くので、ドームでは多くの人の視線を浴びつつ、バリッと着こなしてやろうと思う。(笑)

pandeponde at 14:21

2017年02月09日

ユニフォームはまだですが、、、チャンピオンメンバーグッズが届く

我らがジャイアンツの話

先日、年会費の引き落としが無事に済み、正式にチャンピオンメンバーとなった。何度も書くが、年会費32400円は、かなりの高額ではあるが、何等かのプライオリティがあれば、満足のいく料金かもしれない・・・というか、そうなって欲しい。

さて、そんな中、今日その特典グッズが届いた。
チャンピオンメンバーグッズ

1.バックパック
2.カレンダー
3.チケット各種
4.メンバーカード
5.メンバーブック
6.キーチェーン

といった物。
これに、チャンピオンメンバー限定レプリカユニフォームがあるわけだが、制作の都合上、今年5月頃になるとのことで、暫くは「おあずけ犬」状態が続く。

それともう一つ、例の「渾身の1試合」というのも申し込んだ。いずれも抽選ではあるが、応募の方法は2つ。
一つはエキサイトシート。但し、エキサイトシートは、日にちを指定することが出来ない。
もう一つは、それ以外のシート。希望する5試合を選び、その1試合ごと希望するシートを5つ選ぶ。つまり25通りあるってこと。もちろん当たるのは、いずれか1試合のシートのみ。
どちらにしようか迷ったものの、平日に休みを取るのが仕事上困難なので、エキサイトシートへの憧れも捨てきれない中、惜しくも後者となったが、これが結構面倒で、申し込み手続きが完了するのに、30分も掛かってしまった。まあ、結果発表まで、1週間ほどあるようなので、楽しみに待っていようと思う。

**********************

追伸;
5月の広島戦のS席が当たった。
その頃までにユニフォームが間に合うと良いだけどね。

pandeponde at 14:13

2016年11月14日

チャンピオンメンバーに当選した。

我らがジャイアンツの話

703ac3f9.jpg
チャンピオン会員通知

というワケで、来年2017年のファンクラブ会員ステータスが、通常のプライムから、チャンピオンに昇格しました。年会費32400円と、かなりの高額にもかかわらず、応募者多数だったとかで、抽選の結果である。

しかしまあ、俺もアホだね。どんだけ入れ込んでるんだか。そりゃ、「生まれた時から巨人ファン」を自負している(というより、DNAに組み込まれている気がする)けれども、なかなかそんな大枚叩いて入会しようなんて思わないもんな。しかも、とあるブログによる試算では、お得感は無いとまで言われているようだし。

もっとも、何年もこのステータスを維持しようなんて考えてはいないので、恐らくは1年だけで、再来年からはまたプライムに格下げすると思うけどね。

ちなみに、チャンピオン会員の特典は、
・オリジナルユニフォーム
・オリジナルバックパック
・「渾身の一試合」チケット購入権
・ファンフェスタ招待引換券
・東京ドーム優先入場
など、全11項目である。
個人的な魅力としては、グッズと渾身の一試合かな。


pandeponde at 16:57

2015年04月13日

遺憾です【張本発言】

昨日は、今季初の東京ドーム。
我がジャイアンツが、見事快勝!
見どころ満載だったこの試合、両先発投手とも出来が良く、中盤までは見事な投手戦で引き締まった試合だったのが、なんと言っても3つの押し出しにはホント驚いたというか、呆れたというか。ヤクルトファンじゃなくてよかったなと。
それにしても、高木勇人は良いね。投げっぷりも素晴らしいけど、ボールも多彩で、スタンドで見ていても、抜群の安定感を感じるし、久々に観に行こうという気持ちにさせてくれるピッチャーが登場したなと思ったのである。

そんな野球界から、非常に残念な評論が出てしまった。
三浦知良、言わずと知れたカズに対する張本発言である。
当方、野球も好きだが、それに負けずとも劣らないサッカーファンでもある。まあ、サッカーの場合、特定のチームではなく、どちらかというと個人を応援しているが、その中でも日本のサッカー界のキングであるカズは大ファンだ。
日本サッカーをけん引してきた功績はもとより、48歳を過ぎた現在でも、若手をはるかに上回る練習量をこなし、ピッチに立つべくして準備を整える精神は、正にプロフェッショナル中のプロフェッショナルだと、尊敬してやまない。
そんなカズに対して、「もう辞めなさい」と言ったのはどういう事なのかと。リアルタイムでこの放送を観ていたが、張本氏ほどの成績を上げた人の発言とは思えないほど、非常に残念でならなかった。

個人的に、この発言の訂正を求めたい。
先ず、J2はプロ野球で言う2軍ではない。それが証拠に、現在まで日本代表にJ2のチームから日本代表に選ばれている選手が何人もいる。Jリーグチームの多くには、サテライトチーム(セカンドチーム)が存在する。少々構成等が複雑だが、これが2軍にあたるだろう。また、そもそも野球とは全く違う組織図となっているので、野球の理屈をサッカーに当てはめるのはナンセンスである。というか、サテライトというもの自体を知らなかったのだろう。
次に、選手の起用について、勝つための戦力として、監督が選抜をし、試合に出られるわけである。監督の戦術という部分も重要ではあるが、その戦術を理解できている選手だからこそ選ばれるのであって、そこに名を連ねられるか否かは、選手個々の能力如何である。つまり、能力のある選手が出場できるわけであり、客寄せパンダよろしく、お遊び的に試合に出しているのではない。もし、そんなサッカーだったとしたら、ファンはいずれ誰も寄り付かなくなるだろう。怪我の多いスポーツという事もあるが、選手寿命を見れば一目瞭然であり、野球ほどサッカーは甘くない。

さて、誰が言ったか忘れたが、「サッカー選手が走れなくなったら終わりだ」というような言葉がある。ディフェンダーを抜けないフォワード、その逆にバンバン抜かれるディフェンダー、ボールに追いつけないキーパー、、、そんな試合観たくもない。だから去っていく。去らないのは出来るからだ。
どうぞ張本氏、年齢という部分を取り去って観て欲しい。試合の中で、カズがどれだけ走れているか、どれだけチャレンジしているかを。それを見た上で、もし発言したことが間違いだったと感じたなら、真摯に受け止めて謝って欲しい。但し、理解もせず、観もせず、発言も撤回しないのならば、サッカーに対して一切コメントせず、あなたの知っている世界だけで、お過ごしください。

pandeponde at 16:27

2015年03月20日

略すな!JAPAN

久々にスポーツの話。

まあくだらない事なんだけど、近年ナントカJAPANって多いよね。野球だと「サムライJAPAN」、サッカー女子代表だと「なでしこJAPAN」とか。

でね、サッカー男子代表のことなんだけど、なんで「ハリルJAPAN」なの? そこはさあ、「ハリルホジッチJAPAN」じゃないの?
例えばだよ。かつて岡田武史氏が監督だった時、「岡田JAPAN」ってなんて言ってたけど、それを「岡JAPAN」って言ってるようなもんでしょ。「岡って誰だよ?」ってなっちゃう。
それと同じで、「ハリルって誰だよ?」ってことだよね。オフト、トルシエ、オシム、ジーコらは良いとして、ザッケローニの時だって「ザックJAPAN」とか、欧米人の名字が長いからって、勝手に略すんじゃないよ、と思うのさ。

それもそうだけど、サッカー男子代表の愛称を決めた方が良いんじゃないのかね。本当ならサッカー協会もサムライって使いたかったろうけど、この際だから「ヤタガラズ」とか。(笑)
でも、意外と「ヤタJAPAN」と略しちゃったりして。(爆)

pandeponde at 09:17

2014年11月17日

巨人ファンとして、2014FA選手の獲得

今オフも、各チームのいわゆるストーブリーグが盛んだ。その中で、もちろん気になるのは、我らがジャイアンツの動向である。とりあえず、チーム内のFA資格のある選手はそのまま落ち着いたようだが、何だか妙な風向きを感じるのである。

この選手がダメだというのではない。言うなれば、取れば良いってもんじゃないってことである。
特にキャッチャー。ヤクルトの相川。年だからとか、そういう事でもない。この期に及んで、あえて要るか? 阿部がファーストへコンバートされるそうだが、それを補うための補強らしい。
全くバカ臭い。小林を育てるんじゃないのかね? というか、実松や加藤の存在だって、とても貴重なわけだから、起用する方法だって、今まで以上のバリエーションも可能だとおもうが、そこに相川、、、って。

全く何を考えてんだか。

「ポスト阿部」を育てることも使命なわけで、そこに大金を使う意味が果たしてあるのか、と。しかも、相川は、Bランクの選手だから、金銭又は人的補償が発生してしまう。これから育つであろう貴重な人材を取られてまで、取る必要があるのだろうか、疑問に疑問が重なっていくのである。

そりゃあ、毎年優勝してほしいけど、そんなに甘くはない。ましてファンとすれば、優勝は二の次で、不利な展開でも諦めずに立ち向かい、意味のある良い試合をしてくれれば、十分満足なのである。だから、もう少し冷静に、地に足を付けて人選をして欲しい。

かつての巨人は、生え抜きの選手がとても多かった。それがいつしか、FAだの助っ人だのと、今年の打線を見ても、生え抜きの選手なんて、ほんの数人である。生え抜きじゃなきゃダメと言うのではないが、長く愛される選手が生まれるチームこそ、真のファンが生まれてくるものであると信じたい。

その真逆で、取ってよかったと思う選手も。中日から戦力外となった2選手。吉川と現在まだ確定ではないようだが堂上。吉川は実績が不十分なので未知数だが、堂上は良いと思うね。特に左打者っていうのが良い。石井義人が引退し、左バッターが手薄な現状で、長打力もあるし、代打としての起用も期待できる。この数年、井端をはじめ大道、石井と戦力外となった選手を獲得し、復活と言っては申し訳ないが、その活躍が目覚ましい。来年、この選手たちがどれほどの活躍をしてくれるのか、期待を込めて楽しみにしたいと思うのである。

**********************

追伸;
堂上、決まったみたいだね。でも、育成? 微妙、、、。

pandeponde at 10:22

2014年06月25日

サッカー、日本終戦

Wカップ、負けちゃったね。
まあ、勝てるわけないって思ってちゃいけないけど、勝てるわけないわな。ドイツ大会の時の、ブラジルとの一戦を思い出さずにはいられなかった。

実力差があまりにあるのはしょうがない。あたかも国技であるかのような国ばかりが出てるわけだから、そこに日本が食い込んでいくには、相当な覚悟と努力が必要であるはずのところが、1戦目2戦目の戦いが全てだった気がしてならない。
個々の能力は高いのに連係ミスの連続、中途半端な守りで立て続けのゴール、戦術的な攻め手がなく数的優位すら活かせない。
そんなサッカーやってて、勝てるわけがない。

あまり持ち出すのもどうかと思うけど、トルシエ監督の時のサッカーは、何がやりたいのかがとても理解できた。選手の能力は今よりはるかに低かったけど、チームとして闘う集団になっていた気がする。

野球の話で、かつて巨人が球界の4番バッターをかき集めいた時があった。確かにホームランこそ多かったが、三振も多かった。点が入る時は、ドーンと入るが、打線として機能しなくなると、ぶつ切りの何とも淡白な試合展開で、見ていて面白みに欠けた。それに引き換え現在は、全てのバッターが何でもできるユーティリティさを持ち、状況を理解している。以前に比べ小粒感は否めないが、打線として機能しているという事の由であろう。

名前ばかりを優先して起用する戦術は、些か飽きた。次期監督は、日本の特色、特徴を活かせる戦術を展開できる人にお願いしたいと思うのである。

さて、これで応援する責任がなくなったから、本当の意味でWカップを楽しめる。個人的に注目しているのは、今大会、一大旋風を巻き起こしているコスタリカである。ブラジル、アルゼンチンあたりは順当だろうけど、コスタリカがどこまで進むのか、面白くなりそうである。

pandeponde at 10:25

2013年11月25日

55番を永久欠番にしてほしいと考える

我が巨人軍、松井秀喜氏が来年のキャンプ中、臨時コーチに就任するんだとか。

松井=55番である。でも、現在は太田泰示が付けている。
んが! 来年は44番に変更なんだとか。太田が、どえらい活躍してたんだったら、それはそれで可哀想だけど、打ったか打ってないのか、正直記憶にあんまりない選手だからね。「お前には似合わん!」も致し方ないだろう。それより、44番が似合う選手になってくれ、と。

キャンプ中だけになるのかは不明だが、これで松井の55番が見れるということになるらしい。
そんじゃあ、この際、55番を永久欠番にしちゃどうよ。
これまでプロ野球界で、国民栄誉賞が授与された人は、松井を除いて、3人とも永久欠番である(王貞治氏、衣笠祥雄氏、長嶋茂雄氏)。
このタイミングを逃しちゃいけないんじゃないの?
巨人も、やるときゃやっちゃった方が良いんじゃないの?
松井だけっていうのは、ちょっとどうなんだと。
やっぱり、こういう人たちは、永久欠番でしょ!

、、、というつぶやき。


pandeponde at 14:49
Archives