飲兵衛

2010年07月26日

益子で・・・

昨日、家族で栃木県の益子へ行った。
益子と言えば、言わずと知れた焼き物の町。
安価な物から、有名作家さんの超高級品まで扱うお店が
町中至る所に並ぶ。

実はこの私、焼き物が大好き。
見るのも好きだが、作るのも好き。
ただ残念なことに、手荒れの許されない職種であるため、
現在作るのは封印しているが、隠居生活となった暁には、
必ずや始めるであろう趣味である。

今回行った目的は、なんか楽しそうかもという
漠然としたものだったが、焼き物を買おうという理由には、
必ずクリエイティブなライフスタイルをとかいう目的が
ついて回る。
何かないかと見て回り、気に入った何点かを購入。
そのうちの一つが買ったのがこれ。
IMG_0374
上野猛氏作のぐい飲みである。
作風は青磁の一種であると思うが、非常に個性的なのは
そのヒビの色である。
やや赤みを帯びているそれは、少し厚めにかかった釉薬に
光が当たるとそれが反射して見え、酒を注ぐと実に幻想的だ。
いわゆる作者物なので安くはないが、こういう酒器で
まったりと過ごすのも悪くはない。

で、帰り際、以前から気になっていた、ある酒蔵に寄った。
もちろん、このぐい飲みが使いたくなったからである。
外池酒造店という酒蔵で、地元でもかなり有名らしい。
焼酎と日本酒を1本ずつ購入。

帰ってから晩酌に、日本酒の方をば。
IMG_0373
「燦爛」という銘柄の純米大吟醸である。
あまり日本酒を飲まない私だが、これは全くの別格!
香りも味も、正に絶品。
僅かに酸味があり、穀物酒とは思えないフルーティな味わいで、
尚且つコクもキレもある。
売価3150円とこれまた安くはないが、値段以上の価値アリ。
正直、人生で一番美味いと思った日本酒だろう。
こんなことなら、もっと買えばよかったか。。。

・・・ってことで、今秋も開催予定の益子大陶器市
( 2010年11月3日(水)から11月7日(日) )
には、必ず行くことだろう。
ま、散在注意だが。(笑)

pandeponde at 10:44

2010年01月18日

つわものどもが・・・

最近こんな感じでした。
IMG_0315
佐藤・麦、佐藤・黒、霧島町蒸留所・黒、
青潮・原酒、さるこう、枕崎。
え〜、全部空です。(爆)

正月用にと買った佐藤・黒は、さすがと思ったけど、
さるこうは期待していなかった分、相当旨かった。

ところで、昨年あたりより、泡盛に手を出してます。
またこれが難しい。
現在のお気に入りは、「まる田」かな。
割り負けしない強さが良いです。
ホントは、古酒を買いたいんだけど、高くてねぇ。

pandeponde at 21:39

2008年10月26日

もったいないけど・・・

もうかれこれ、何本ぐらい焼酎を買ったろうか。
100や、、、200、、、は無いか。
結構、勉強量は費やしてきたと思う。

その中には、値段は安いのに、べらぼうに旨いのにも出会ったが、
ゲロマズな、とても口に合わない最悪なものもあった。
醸造元の名誉の為に名前は控えるが、その不味さたるや、
そりゃ〜もう半端じゃない。
口に含んだ瞬間、・・・ ( _o_) ・・・とこんな感じ。
色々、味を変える方法もあるので、それぞれ試してはみたが、
全くダメ。
行く末は、全く以って残念ながら、下水へと消えて行くのである。

『そんな、もったいない!』と思ったあなた。

確かに!

でもさ、どうあっても飲めないものは飲めないのよ。
悪酔いするぐらいで済めば良いんだけどね。
そんな生易しいもんじゃないからさ。

で、何でこんな事を書いたか。
数年ぶりに、大不作に出会ってしまったから。
先日買った某黒糖焼酎、珍しいものだからと買ったのが大失敗。
味はもちろん、鼻に抜ける香りが、どうにも、、、( _o_)。
色んな飲み方を試してみたが、ことごとく打ちのめされた。
幸い高価なものではなかったから良かったが、この不景気に
下水を潤してしまった結果には、無念としか言いようが無い。
暫くは冒険を自粛しようと思うのであった。

ちなみに今、平和に飲んでいるのは、『クジラ』の綾紫の白麹。
これもレアらしいが、クセが無くので、女性にもオススメ。

pandeponde at 21:21

2008年05月06日

新潟サイドストーリー・その2

新潟と言えば、米どころ。
ゆえに、米どころに旨い酒あり。

ところがこの私、どうも日本酒が得意じゃない。
焼酎やビールは、ガンガンいけるのに、
日本酒だと、だいたい次の日は頭の中で鐘が鳴る。

だから、なるべく避けて通ってきたのだが、
3月末ごろ、某情報筋から八海山でお馴染みの、
八海醸造で米焼酎を作ったらしいと言う話を聞いた。
日本酒蔵で焼酎を作るのは、最近は珍しくもないらしいが、
それが八海山となれば、かなり味に期待も持てる。
まして焼酎ならば飲めるのであって、早速ネットで調べる。

直ぐに見つかったものの、案の定プレミアが付く。
最近ではそのプレミアムも落ち着いてきたようだが、
720mlボトルで3000円近かった。
希望小売価格(いわゆる定価)は1155円である。

プレミアが付いちゃうのはしかたないとしても、
余りの高値に少々引き気味になる。
しかし、既に予約していたのを良い事に、
完全地元の六日町なら定価で必ずあるはずと、
泊まった宿近くの酒屋へ行ったのであった。

数件回るつもりだったが、呆気なく1件目で発見。
しかも予想通り定価だった。
嬉しさの余り口角が緩み2本ゲット!!

ソレがこれ、「よろしく千萬あるべし」
よろしく千萬あるべし











既に1本は、1/3程度飲んでしまった。
黄麹独特のデリケートな風味もあって、
なるほど、口当たりが非常によろしい。
惜しむらくは、もう何本か・・・と思った事か。
ま、しばらくチビチビとやりますわ。

pandeponde at 10:05

2007年10月25日

これも韓流ブームか?

またしてもこの夏、ビールを飲みすぎ、ハラが大変な事に。
なので、9月になるや否や、急激に量を減らすと共に、
焼酎へと切り替えたのであります。

その最中、酒屋で見つけたのがマッコリ。
話には聞いていたものの、正直、一度も飲んだ事がなかった。

で、2本ばかり買ったら、コレが結構旨い。
なんて言うのかねぇ、日本のドブロクとはまた違って、
酸味と甘味があって、でも後味がスッキリしていて。
アルコール度数も6%程度だから、飲み過ぎの心配も薄いし、
1000mlが700円程度で、そもそも安い。
ただ、調子に乗ってると、濁り成分があるだけに、
カロリーは高そうだから夏の二の舞には気をつけないとね。

ちなみに、飲んでるのは二東マッコリというヤツ。
他のも何本か試してみたけど、コイツが一番合ってるようだ。

pandeponde at 17:16

2007年05月09日

俺は何を飲んだのか?

私、焼酎も好きですが、元来はビール党でありまして、
以前は各地方のビールなどを良く飲んだもんです。

先々日も、某デパートへ行った際、酒類コーナーで物色。
「そういや、最近はプレミアムビールが流行ってるよなぁ。」
などと、独り言を言いながら、数本を買って来たのでした。

数日で呆気なく飲み終えてしまったのですが、その内の何本が
また欲しくなったので、ネットで調べていた時の事です。
どうも腑に落ちない事が。
私の飲んだものに、有名なシュナイダーヴァイゼのオリジナル
という物が有ったのですが、これがどうもおかしい。
ラベルはこんな感じの物↓
シュナイダーヴァイゼ1







そのネットで調べると、アルコール度数が5.4%未満とある。
しか〜し、私の飲んだものには、9%未満の表示。
(ピンボケ御免。)
シュナイダーヴァイゼ2







しかもですよ。ピルスナーと言われているようですが、
私の飲んだのは、どちらかと言えばいわゆる黒ビール。
非常にクリーミーな泡がたち、とても濃厚な味わいで、
飲み方も、グラスに氷を入れてチビチビとやるような、
いわゆるロックビールの類でした。

私は、何を飲んだのでしょう?
まあ旨ければ何でも良いんですが、ラベルの通り、
度数は間違いなく5.4%ではなかった。
もう一度確かめにあのデパートへ行くしかないと思うのココロ。

pandeponde at 14:43

2007年03月23日

キリン麦焼酎ピュアブルーが・・・!?

当たった! 350mlだけどね。
ピュアブルー







いつ頃かは忘れたけど、同社HPで応募したヤツが今日届いた。
キリン製品は、今回で2度目かな。
ま、いずれにしても晩酌のバリエーションがまた増えた。

pandeponde at 11:51

2007年03月19日

3ヶ月ぶり

先日の土曜日、高校時代の友人3人と飲み会。
3ヶ月ぶりに顔を合わせたが、別にどうって事無い顔ぶれ。
そりゃ30年近くも知ってるわけだから、変わっている方が
ちょっとビックリするけど。

ただまあ、自分を筆頭に白髪が増え、顔に皺も出てくるし、
頭の薄くなったヤツもいれば、病気で入院したヤツもいるし、
「そう言やさ、アイツ死んだんだぜ。」と欠けたヤツまで。
四十も半ばに差し掛かると、色んなことがあるもんだな、と。

さて、その飲み会、1次会は居酒屋的蕎麦屋で一杯。
鍋をつつきながら、昔話を交えて、これはかなり美味かった。
ところが2次会が最悪。
妙なオバサン(と言っても30代)がごっそり居るスナック。
入って5分としないうちに帰ろうと思ったほどだが、
メンバーの一人が知ってる店だと言うので、1時間半ほど。
ところが、スナックと言えばカラオケ。
若いお客が、歌っていたのは良いんだけど、コレが酷い音痴。
それを30分も連発されたもんだから、もう拷問ですよ。
三半規管にくるその歌声で、どうにも気分が悪くなり、、、ダウン。
帰巣本能を以ってして、気付けば激しい頭痛と共に、
翌朝、我が家の布団から起き上がったのでありました。
次回は、私が幹事なので、取って置きの店へ繰り出そうと計画中。
但し、カラオケには要注意。(爆)

そういや、某有名スピリチュアルカウンセラーが歌を出したそうな。
音楽番組に出た時聴いたけど、声量のある音痴って居るんだなぁと。
嗚呼、クワバラクワバラ・・・。

pandeponde at 09:10

2007年02月19日

変かな?

飲み方って色々あるでしょ?
ロックとか、水割りとか、お湯割とか。
でも、ツマミって結構個性的だったりするじゃん。

でね、芋焼酎にチョコレートって、やっぱり変かな?
ぶっちゃけ、めちゃめちゃ合う気がするんだけど、
女房が「それは変でしょ!」って言うのよ。

いやいや、バレンタインデーで、多少貰う機会があって、
それでつまんでみたら、結構美味かったりしたワケ。
それにさ、かのアルマーニから出したチョコにも、
焼酎ってのが有るって言うじゃない。
だから、まんざらハズレって事でもないような。

もっとも、饅頭だろうが団子だろうが飲めちゃうから、
やっぱり変か。。。(爆)

pandeponde at 21:06

2006年12月28日

年末のご褒美

明日で仕事納めです。今年も良く働きました。

そんな理由で・・・飲兵衛なだけじゃん・・・買いました。
ホントは3本







いつもの雪洲(40度)と、今回初登場のキリシマメアサです。
正直名前で買いました。

でも、酒類って「飲んだ事無いけど試しに・・・」と
名前だけで選ぶことってないですかね?
私なんて、しょっちゅうですよ。
評判とかをネットで調べる方法もアリかもしれないけど、
味覚なんて人それぞれだしね。
いずれにしても今夜の晩酌に封を開けようかと。

ところで、味覚で思い出したけど、ある超有名な焼酎の事。
かなりポピュラーなので名前は控えますが、
飲むとどうも気持ちが悪くなる、、、というか飲めません。
開封後、匂いを嗅ぐ段階で倒れそうになります。
以前、酒屋のオヤジに「コレ、飲んでみて。」と
薦められ買ってはみたものの、結局飲めずにドブの中へと、
流れて行ったのでありました。
確かに勿体無いですが、上げるのも気が引けちゃうしね。

ちなみに、もう一本買いました。
私にしては珍しく、日本酒です。正月のお屠蘇代わりに。
そんなに高くないんですけど、何でも相当珍しいらしいので、
名前は控えます。 ま、チビチビやりまっさ。

pandeponde at 18:14
Archives