PC関連

2019年10月04日

余った。。。

PCを新調したってのは、すでに書いた通り。
んで、これまで使っていた、、、というか、ほとんど使い物にならなかったマイクロソフトのsurfaceが余った。
蒸し返すと、とにかく使えるソフトがない。こっちは小さめのノートパソコンぐらいのつもりで買ったが、何か使おうとソフトをインストールしようにも、OSが対応していないとかで全くダメ。ここ2年以上、完全に放置状態で、電源すら入れていなかった。

どうせ今後家に置いていても、腐っていくだけだし、誰か欲しいって人がいれば譲ろうかとヤフオクを調べてみれば、もう古いPCだから想像はついていたが、出品されているsurfaceの殆どが未入札。つまり売れないってことだね。

結構、買ったときは5万円ぐらいしたんだけどね。今思えば、普通のタブレットにしておけばよかったと思うのココロ。

pandeponde at 09:33

2019年10月03日

PCを買い替える

我がデスクトップPCの話。

正直なところ、よくこれまで持ったもんだと思うのである。
現在使用しているPCは、DELLのXPS9000というマシン。何と購入時期は、2009年の2月だから、10年以上も前のもの。当時としては、かなりのハイスペックであった。CPUの性能もさることながら、メモリも6本挿せて24GBまで拡張可能。GPUは、元来PCでゲームをしないので中間グレードにしたが、それでも十分な能力である。
ただ、これまでトラブルが無かったわけではない。購入して僅か数日でHDDが飛ぶなど、これまで3つもHDD交換を余儀なくされた。また昨年ついにGPUが飛び、交換。どうせ買い替える予定だったので安物にしたのが悪かったのか、処理速度が著しく悪化。動画もカク付くこともある。
それでも粘って使っていたものの、最近はマザーボードの調子もあんまり良いとは言えないことに加え、来年WIN7のサポートが終了することもあり(そう、未だにWIN10へアップグレードしていない)、ついに買い替えることにしたのである。

で、またDELLである。
本当はエイリアンウェアが欲しいとこではあるが、今度もXPSにすることにした。ただし、最新の構成である。マザーボードは知らないが、CPUはcorei7の9700で8コア最大4.7GHz、記憶媒体はM.2とHDD、メモリは16GB、GPUはNVIDIA GTX 1660Ti。ついでに安物だが23インチのディスプレイも購入した。
89301

ああ、そもそもDELLを選ぶ理由を書いていなかった。当初、我が家では富士通だった。性能はともかく、国内製という信頼感が得られるというところが主な理由だったが、何しろくだらない、使いもしないソフトが山ほど入っていることもあり、かなりの割高。使い勝手は良かったが、些か能力が低すぎた。2代目(XP)も富士通だったが、そこで悲劇が。1年1か月使用した時点で、HDDが飛んでしまったのだ。サポートセンターに連絡すると、たかが80GBのHDD交換に5万円近く掛かるとのこと。うかうかしてるとPC本体が買えちゃう。当時でも大型電気店で、交換用HDDが手に入る時代。サポートは得られなくなるが、どうせ全部有料になるんじゃという事もあり、僅か13000円を電気店に払い、自分で交換した。
その後、買い替えまで好調だったが、時代はどんどん高速化し、ネット速度はもちろん、PCの処理能力も問われるようになる。次機は自作かとも思ったが、スキルも無いし度胸も無いので、BTOなら良いだろうということになり、各社検討の末、中でもスペックからするとかなり割安なDELLとなったのである。ただまあ、割安だったとは言いながら、メモリは最初の6GBから最終的には24GB、拡張カードもあれこれ追加となり、割安だったかどうか定かではなくなってしまったが、中身の構成を知るうえでとても勉強になったことは間違いない。

さてさて、問題なのは、お引越し。とりあえず届く前に、用意できるものはしておかないと。
重要なデータは外付けのHDDに保管してあるので、付け替えるだけで終了するが、それ以外、仕事上不可欠なソフトも移さなくてはいけない。
ただ、引越し用ソフトも考えたが、ネット上では結局無駄になるというコメントばかりが目につき、一気に興醒め。馬鹿げて移す項目が多いわけじゃないというのを理由に、この際マニュアルで移動することにした。

それでも簡単に済む話じゃない。だいたいが、何をどう移せばいいのか、皆目見当がつかない。再インストールすればいいだけのソフトなら楽なもんだが、ずっと使い続けているソフトとなると、バックアップを作るのはもちろんとして、そもそも移せるのかが不安になる。
一通り使っているソフトの供給先を見て回り、どうにもならないソフト(HPBは、アップグレード版なので、古いヤツをインストールしてからという超面倒な手順)を除いて、何とかかき集めてきた。ま、要するに全部インストールし直さなくちゃいけない。

諸々手続きが済んで、品物が届いた。XPS9000に比べ、相当軽いし小さい。
xps89301
前回もそうだが、速納タイプでない場合、DELLでは全て海外組み上げ(中国だと思う)なので、3週間ぐらいはかかってしまう。

さてさて、インストール作業。
思いのほか順調に進んだものの、殆ど二日がかりでようやくどうにかなった。上の写真も、実はひと段落ついたので撮ったものである。案の定、一番面倒くさかったのがホームページビルダーで、これだけで2時間ぐらいを要した。

肝心の性能であるが、今どきのパソコンはどれほどのものか知らないが、何もかもが呆れるほど早い。ただ、Win7に慣れてしまっているので、むしろそっちが問題。知ってる機能がどこにあるのか、いちいち調べたりググったり。ま、そのうちどうにかなると思うのココロ。


pandeponde at 14:30

2019年02月02日

危うし、ピタットプラン

昨年開始したYouTube Premium。
やっぱりCMが入らないってのは、何とも快適。
それと、YouTube Musicが利用できるってのも、外出先でとても便利。
とくに、カーナビに接続して、車内で聴くことが楽しみの一つとなっている。

んが!

先月、残りの通信データ量を全く気にしないで聴いていたため、プランのデータ量が、1GBっていう少量であることもあり、なんと30日時点で、残りが僅か0.17GBになっていた。
このサービスを使う以前、最大で使っても0.5GBぐらいだったので、安穏としていたが、これはただ事じゃない。しかも、31日には外出せざるを得なかったので、この時に、もし幾つかのアプリが更新だなんてことになったら、完全にデータオーバーで、追加料金が発生してしまう。
その31日、戦々恐々としながら過ごしていたが、なんとか残り0.09GBというギリギリで回避できたが、いやはや、便利の裏側には、注意すべきこともあるんだな、と。

んで、YouTube Musicの機能であるオフラインを使う事にした。これは、スマホ本体に一時保存して聴く機能で、自宅などWi-Fi環境でダウンロードすれば、通信料を気にすることなく使用することが出来るという優れもの。
、、、だったら最初から使えば、、、ごもっとも。。。

ところで、マイミックスリストはやっぱり良いね。
自分の好みのアーティストに加え、「大体こんなの好きだろ?」みたいな曲も選んでくれるから、聴いていて全く飽きない。ただ、その編集方法がイマイチ良く分からないので、色々と試している最中である。

pandeponde at 11:00

2018年11月18日

入ってみた!

You Tube Premium
月々1180円で、あのウザい広告一切なし。特典多数。
入るしかないでしょ!

pandeponde at 10:55

2018年09月16日

グラボが飛んだ原因を考える

我がPCの話。

既に書いたように、グラボを入れ替えたが、現在好調に動作中である。尚且つ、今までのヤツより、若干性能も上がっているようで、何となくカクツキがちだったものも、サクサクと動くような気がする。

で、何で壊れたのかを、分解して検証してみた。もちろん、チップだなんだと、一つ一つ検電しながらというわけではないので、ザックリ見回してみる。

その前に、当方このグラボでは、機械的な寿命を縮めるオーバークロックを一切していない。

分解。
結構なネジの数で、これだけでもびっくりしたが、カバー類を外し、冷却部を露わにした。
hd58701
案の定、ファンにびっしりのホコリが溜まり、その奥のヒートシンクには、空気の通りを遮るように、その入り口付近(写真の四角で囲った部分)にある意味フィルターの様な状態にホコリがあった。
基盤全体には、所々ホコリが溜まっている部分もあったが、故障となるような溜まり方ではなかったことからも、これによってグラボのGPUが異常加熱し、故障したものと考える。実際、グリスも溶け出したかのような妙な状態だったので、恐らくはココだろう。

では対策は?と考えると、ちょっと難しい。
バラすのは、ネジの数はさておき、さほど面倒ではないが、バラした際、GPUとヒートシンクの間に、グリスが介在し、当然再利用は危険である。それ以外のチップの部分にも熱伝導シートが張られていて、これが非常に脆い。つまり、バラして掃除するまでは良いとして、戻す時に、グリスを塗布し直し、それぞれの熱伝導シートを張替える必要がある。
今のグラボは、もっと画期的な構造になっているかもしれないが、同様な構造だとすると、かなりの手間が掛かってしまうだろう。もっとも、1つ10万円を超すような高級グラボだったら、そりゃあせっせとやるだろうけど、それでも定期的となると、なかなか面倒な作業であることに変わりはない。

ちなみに、このGT710、ほぼ剥き出しのヒートシンクと、脱着も容易そうなファンなので、掃除となったらとても簡単そうである。
まあ、この際、静電気の発生には十分考慮する必要があるが、最悪吹っ飛んでも、5000円弱ですから。


pandeponde at 10:19

2018年09月15日

グラボ、飛ぶ

我がPCの話。

数か月前より、どうも調子が悪かったグラボ。スリープ状態から起動すると、画面が全く反応しないという症状が出始めていたが、何事もなく起動することもあるので、たまたまのエラーなんじゃないかと気にも留めていなかった。最近では、それが殆ど出なくなったので、治まったかと思っていたら、この2週間ぐらいで、ちょっと重い画面操作があると、完全にエラーが出るようになってしまった。

そもそも、このPCも9年も使っているので、些かロートル化してきているのは否めないが、こういう面倒臭いパーツのトラブルって、尚更にガッカリする。

仕方ないので、購入。
現在組み込まれているのが、RADEON HD5870というヤツ。当時としてはまあまあなスペックだったと思うが、今となってはマザーボード内蔵の物にも歯が立たないだろう。
だからといって、PCのスペックを考えたら、高性能な物は無用の長物と化すこと間違いなし。
ってことで、下のグレードから数えた方が遥かに速いと思われる、玄人志向のNVIDIA GEFORCE GT710の2GBタイプをば。
正直なところ、買う前に調べたが、性能なんて良く分からん。コア数とか、クロックがとか、処理能力を言うんだろうけど、なんだかさっぱり。唯一解るのが内蔵メモリが2GBってことぐらい。まあ、3Dゲームをやるわけじゃないし、精々動画を観る程度だから、こんなもんで良いやって具合。そんなことより、ディスプレイが見れればいいのよ。

頼んだのは、ツクモのオンライン。BTOパソコンの最右翼と言っても過言じゃないだろう。やっぱり安いね。5000円もしなかった。

GF-GT710-E2GB/LP 《送料無料》
GF-GT710-E2GB/LP 《送料無料》

さてさて、
グラボ交換なんてやったことが無いので、方法がさっぱりわからん。色々ググったら、下様な方法のようである。
1.旧ドライバーをアンインストールする。
2.残っていると思しきレジストリを削除する。
3.PC電源を落とし、全てのケーブルを外す。
4.旧グラボを外す。
5.新グラボを取り付ける。
6.ケーブルを接続後PCを立ち上げる。
7.新ドライバーをインストールする。
8.PC再起動後、画面の調整をする。

まあこんなところか。
かつて、HDDが3度も飛ぶ被害に見舞われ、えらい目に遭ったが、それよりは大分簡単そうではあるものの、そのいずれの各所でもPCのバックアップは取っておいた方が良いとのことだった。

ところで、旧グラボの温度なんかを測ると、こんな塩梅。
gpu1
自動調整のままなので、若干数字が見辛いが、50度前後と言ったところ。これが高負荷になると、かなりヤバい温度まで上昇する。ただ、その高負荷といっても、グーグルのストリートヴュー程度で相当になるので、そもそもこのグラボも世代交代させるべき時期に来ていたと言えるだろう。

本体が届く。
さて、組み付けようと思った時だった。ナント、グラボが完全に不能状態に突入! 全くなんの作業もできない。なんたって、ディスプレイが映らないんだから。
こうなるともう無理やりである。古いのを外して、新しいのをぶち込む。当然ドライバーなんて削除もしてないから、ドキドキものである。とは言え、こういう事態に陥る可能性があると踏んでいたこともあり、AMD製ではなくNVIDIA製を選んだのが経緯である。
組み付け後、PCをオン。幸い、ディスプレイは無事に表示されたが、案の定、Catalyst Control Center(以下CCC)が反応。ただ、当社製品ではないナンタラカンタラで、ドライバーはWindowsからのものが選択された。付属のディスクを入れ、正式なドライバーをインストール(まあ何度か失敗するも3度目ぐらいでようやく成功)。
ようやく動いたと思ったのも束の間、今度はCCCがアンインストール出来ない。コントロールパネルでアンインストールしたはずなのに、まだ残ったまま。仕方なく、ググってみたらASCIIで古いCCCを見つけダウンロード。そいつを開き、アンインストールを選択してようやく解決した。単なるグラボ如きに、ここまで2時間余りを要した。

全くくだらない事で、手間取ったが、動作は非常に良好である。ただ、上でも書いたがゲームをやるわけじゃないので、正直なところ、性能アップしたのかどうなのか、サッパリわからない。
ま、性能云々はどこか他様にお任せして、あとは潜るのココロ。

pandeponde at 19:52

2018年07月05日

結局買う、XG-C100C、、、でも

タイトルの通り、結局買った、XG−C100C。
xgc100c
ところが、これ、非常に人気商品らしく、在庫を持っているネットショップがなかなか見つからない。やっぱりみんな、10GBASE−Tに興味があるみたいね。
探し当てた所が、ヨドバシ・ドットコム。なんと全店で在庫1! 他店より若干高めな金額だったが、そんなことを言っている場合じゃない。正に滑り込みセーフといった感じでゲットできた(当然現在売り切れです)。

届いたのがコチラ。
xgc100c_2
この手の商品、全く知らなかったので、後々気付いたのだが、見ての通り大きめのヒートシンクがあるのみのファンレス。そんなに熱を持つのかとも思うが、現在PC内にファンが5つもあるので、6つ目にならずに済んだ。
取り付けは、非常に簡単。PCI Express×4のスロットに挿して、ドライバーをインストー ルするだけ。

さてさて、そのスピードは如何に。

、、、約950。。。

でもね、体感速度はかなり上がった。CPUの処理速度に依存している所もあるが、ブラウザ上でページがパッと出るようになった気がする。
ま、それ以外にも速度アップの方法もあるだろから、そのうちにでも。

それにしても、このパソコンも長いよな。9年目だもの。当時なりに、ハイスペックなやつにしておいたからかもしれないが、元気に動いていてなにより。

追伸;
スピードテストをやってるサイトによって、なんであんなに違いってあるんだろうね。

追伸2;
、、、壊れたみたい。
何をやってもネットにつながらない。
たった2週間なのに。
現在サービスセンターに問合せ中。

追伸3;
サービスセンターから返事が来た。
拡張カードやマザーボードの類は、購入先に連絡して欲しいとのことで、早速連絡をすると、交換対応ということになった。
ただ、上でも書いたが、メーカーでも欠品しているとのことで、早くても2週間ぐらいかかるらしいが、他に変えるつもりも無いので、この場は待つことにした。
もっとも、他のメーカーの物にすると、この倍の金額以上するので、ネットゲームもしない自分のような場合、猫に小判か豚に真珠。。。
それよりなにより、来年は新しいPCを買う予定だし、この際には、ちょっと奮発してKILLERとかのLANポートを搭載したヤツにしようと思ってるので。

追伸4;
交換品が届く。
しかし、今度は全く繋がらない。もうこうなると、初期不良だか何だか、サッパリわからない。
そこで、メーカーに問い合わせると、なんと!Windows7には、対応していないという連絡が来た。
そんな馬鹿な話は無い。
そもそも、こういう拡張カードの類を購入する際、サポートサービスを確認しないで購入すること自体、個人的にはあり得ない事なので、必ずメーカーHPは確認している。その上で、同社HP上、同製品のサポートページでも、対応OSは確認しているし、購入先のHPでも、同様の記述があるので購入した次第であって、対応していないとは何事かと。
この場合、詐欺的なのか、サポート担当者がアフォなのかは定かではないが、メーカー曰くのOS非対応という答えが正しいとするならば、持っていること自体が無駄である。

購入先も、まさか非対応という答えは想定していなかったと思うが、どちらにしても、返品を余儀なくされることは間違いない。
現在、返品について問い合わせ中である。

追伸5;
多分これで最後。
購入先から連絡があった。OS非対応という話もしておいたが、非常に驚いていた様子で、困惑ぶりを察する内容だった。もちろん返品となり、現在配送手配中。通常の返品なら、送料負担となるが、今回ばかりは着払い。ただ、カードで購入したため、既に決済済みなので、代金は銀行振り込みとなるようだ。
ちなみに、メーカーへもその矛盾だらけの回答に対し、質問を返しており、技術担当部署に確認するんだとか。確認できているんだから、HP上に情報等々載せているのであって、何だかこういうのもグダグダだよね。ま、答えが間違っていて、Windows7に対応していたとしても、繋がらないんだからそもそも初期不良だしね。3つ目にチャレンジするのは、いささか気が引けるという結論。
ASUS、良いと思ったんだけどなぁ。

追伸6;
これで本当に最後。
メーカーからの回答がきた。やはり、OSには対応しており、このアフォな担当者のミスだったことが判明したが、今度はマザボの型が対応しているかどうか確認したいとか、どうのこうのと言ってきた。

そんなのわかるかっての。

既に返品しているので、もうどうでも良い話だが、マザボがなんて言われたら、正直、こういう拡張ボードなんて買えたもんじゃない。
仮に、買う前の段階で、対応しているかどうか問い合わせても、こういうメーカーじゃ、「わからない」なんて言ってきそうだし、そこを無理に買ったとして、無難に動けば文句なしだが、不具合に陥った際、サポートできないという事態になり兼ねない。
結局は、カスタマーの自己責任でやるしかないのかと、なから呆れ気味だが、今回の高速化の件は、次期マシンに任せることで、一応終結したいと思う。

pandeponde at 13:46

2018年05月30日

高速光回線に変更・・・とは言え・・・

当家、光回線にしてから6年が経っていた。1ギガなんてISDN時代を知ってる人間としては、とんでもない速度なワケで、そりゃ感動したもんだった。
それが、つい先日の事、当方のプロバイダーHPを見ていたら、高速光回線というバナーが目についた。なんでも、10ギガと5ギガの2つがあるらしい。何だこの恐ろしい速度とか思いながらバナーをたどってみてみると、追加料金なしで5ギガにアップグレードできるとのこと。
こりゃやるしかないだろうって事で、早速申込み。本日開通となった。

早速速度チェック。
今まで、どんなに速くても700メガ前後が最速だったところ、あっさり900越え。でも900。

、、、まそりゃそうだ。
パソコンの仕様上、1ギガがマックスのボードだから仕方がない。つまり回線速度は速いのに、受け手であるパソコンの間口が狭いというのがその理由。
尚、LANケーブルは、前回光回線にしたと同時にCAT7に替えているので全く問題なし。

それならばと、10GBASE−T対応のボードを探す。するとASUSのXG−C100Cというのを発見。ただ、最安値でも13000円程度。来年には新しいPCを導入予定なので、現在買うか買わないかで、二の足、三の足。。。
ま、買っちゃっても良いんだけどね。

ちなみに、無線ルーターのグレードアップは全く考えていない。現状、パソコンですらこんな具合なのに、その他の端末が高速化するわけがない。しかも、それを飛ばすにはNETGEARのNIGHTHAWK・R9000という機種1択しかなく、SPFモジュールとかいうシステム(?)も要るんだとか。会社でもあるまいし、いずれ一般化したら、考えるとしましょう。

pandeponde at 17:24

2018年05月17日

アングリーバード・ポップで異変

結構前からアングリーバードポップっていうスマホのゲームをやっている。
それが先日のゲーム中、とんでもない異変を起こした。
通常プレイをしていると、突然ゲームがダウン。。。 アララと再起動すると、ゲーム画面下のアイテムに見慣れぬ数字が。
agp1

agp2
43000???????(爆)
隣にある3つのアイテムの個数と比べて欲しい。そんなに溜まるわけがないし、こんなもんに課金して溜めるわけがない。何のバグかは知らないが、いきなりの万越え。
無理矢理使って、150ぐらい減ったが、たぶんあと2、3年は余裕で使えそうだ・・・ってか使い切れないっての!

pandeponde at 09:27

2017年07月31日

iPhone5の電池交換

仕事場で使っている、iPhone5の話

もう大分古い機種となったが、未だ仕事場のBGM用として働いているiPhone5、それが先日、とんでもない事態に。

起動しようと、スイッチを押すと、なんか妙なところが光っている。

「こんな所、光らないよなぁ。」

とよく見ると、液晶がこんもり浮いていた。
ipe1
「あれれ、外れちゃったのか?!」

と押してみるが、全く戻る気配が無いどころが、液晶が歪んでしまう。

「これはなんだ? 爆発するのか?!」

そんな現象あるのかと、ネットで調べれば、バッテリーの劣化による膨張であると判明。しかも自分でできるキットがあるという。
こんなの簡単に決まってるだろうと購入。
たったの1480円!!(但し現在売り切れ)

早速作業開始。
キットに付属している工具で何とか開けてみると、電池はこんな状態だった。
ipe2
写真だとわかり辛いかもしれないが、まあ物の見事に周りのビニールがパンパンに膨れ上がり、触ると中の液体と思しきものを感じる。どっちにしても、このまま使っていたら、確実にボンッといっちゃったかもしれない。

作業そのものは、多少手先の器用な人なら苦にしないレベルだろう。交換後作動確認したら、問題なく動作した。
何はともあれ、一件落着。。。

pandeponde at 14:13
Archives