愛って何だよ!
ぱんどらです。

さくっと続き「行くよっ♪」(CV:井澤詩織で読め)。
2日目と合わせて書くので()内が2日目の曲ですね。
ユニットごと入れ替わったとこは個別に書きますが。


11.ラバ×ラバ(SAKURA)
12.星屑☆シーカー

WITCH NUMBER 4はあんま聴いてなかったんですが星屑☆シーカーから
実はめちゃめちゃ良い曲貰ってんじゃね?と思い始めて今はかなり
お気に入りのユニットです。ってかナナスタユニット曲は総じて優秀なものが多い。
井澤さんMCからこれはラバ×ラバ来るー?と思ったら来ておしゃれにWITCH MAGIC。
歌詞は昔ほど見なくなったんですが今でも良いものはビビッと来ますね。
恋人になりたいのに心だけ盗まれちゃうなんて!という乙女心が可愛らしい。
星屑☆シーカーは鬼ほど跳んだ。カウントアップ、ダウンのコールも楽しい。
最後の方記憶無いくらいには楽しかったですね。


13.さよならレイニーレイディ(お願い My Boy)
14.プレシャス・セトラ

SiSHは曲調が俺でも明確に分かるくらいテクノに寄ってますよね。
僕は楽しいのでプレシャス・セトラが好きなんですが他の曲も良い味出てます。
今回は衣装が花嫁という事で麻夏さんが美しくなるやいなや(ここas soon asの例文)
我々のテンションも非常に高くお送りさせていただいております。
お願い My Boyはよく話題になるのですがダンスが独特すぎて実際やってみると
これがまあ面白い。たださよならレイニーレイディは難しいので無理。
お願い My Boyは同行者がプロなのでラスサビの最後で
「ここ麻夏さんのウインク!」を事前に聞いてはいたのですが双眼鏡では見逃しました。
円盤を待つしかない。同行者は大変満足していました。さすプロ。


15.花咲キオトメ
16.スノードロップ

ライブ初登場の七花少女ですね。少女と書いておとめと読む。
曲は可愛らしい感じの花咲キオトメとしっとり明るいスノードロップで
直近デビューしたCASQUETTE'Sとはちょっと違ってバランス取れてます。
曲はなかなか良いと思うんですが7人いると目移りしそうなんですが
おだんごが可愛らしいのでシャオヘイフォン役の森さんを結構見てました。
ユニットとしてはオタクもやべーオタクも大量に釣ってるのが高野さんだと思うんですが
まあこの辺は感性ですね。可愛かったとは思いますが。
稲川さんのバンソーコーもうちょい目立つようにしろよってのと宝木さんがトークの度に
吐きそうになってるのがなかなかテンポ悪かった気がするのでこの辺は難しいですね。
キャラとトークが乖離してても面白いのは面白いことがこの後証明されてるので
今後どんどん上手くなっていくのを期待かなあ、といった感じでした。評価は並ですね…。


17.SHAKE!!
18.ハネ☆る!!

はる☆ジカ(ちいさな)だー!これはあんま期待してなかったので嬉しい。
ハネ☆る!!大好き侍なのでSHAKE!!から始まった時はこれで終わるのでは?と思いましたが
2曲やってくれたので無事聴けましたね。
よっしゃー!がしっかり出来たので満足です。
高井さんのほわっとした表情がカジカを思わせて非常にキュートです。
この手のユニットはもう1つ2つくらい増えても良いんじゃないかなあと思う。
やっぱ演者さんもキャラもしっかりと掘り下げていかなくては、と思うのですよ。


17.SHOW TIME
18.マスカレード・ナイト

2日目はCASQUETTE'S。去年のディレイでは見れてなかったのでどんな感じか
よく分かっていなかったのですがイメージ通りセクシーに売ってますね。
試みとしては面白いんですがコンセプト的に逆方向のCi+LUSが圧倒的な結果を
残している印象があるので僕はあんま刺さらなかったですね。
ステッキを使ったパフォーマンスなど試したりはしてるんですが個人的には
もうちょい色々欲しい。オタクはわがままなので。
エンドロールのあの振りも「こうやると綺麗に見える(by洲崎綾)」なので
うーん、まあまあ…ちょっと難しいですね。今後跳ねる要素に期待したいです。


19.Winning Day(-Zero)
20.AMATERRAS

双子ユニットを1人で演じると言う試みが当たっているKARAKURIです。
こういうので良いんだよ、というと安直ですがこれはとても面白いと思います。
なかなか無いですよね。秋奈さんのパフォーマンスも声も素晴らしいし楽曲も
かっこ良く幻想的なものが多いのでレベルが非常に高いと思います。
MCはヤバいと聞いていたのですがこれは久々にヤバさのK点越えた声優さんを
見ることが出来たなあ、という感慨深さとただただ面白さがありました。
ステージ前方に駆け寄っていって何かあるかと思いきや次の一言が
「水を飲みます…」だった時はこの娘は本物だと思いましたね。シングルタスク!
こういうの自然にやれよなー、と思いますが面白かったので万事OKかなって感じです。
-Zeroも聴けたしKARAKURIは今回のライブでより好きになりましたね。
あと、AMATERRASのサビのステップどっかで見たことあんなと思ってたけど
温泉むすめのAKATSUKIの情熱のパラディソですね( 流行ってんのか?


21.CHECK`MATE
22.You can't win(Girls Talk)

今回のライブで高田さんの出番を確保するためにNi+CORAをどうするかは
学会でもかなり注目されていたのですが、大西さんの代わりに入ってきたのが
エリイちゃんだった時点でもう完全なる勝ちブックでしたね。
CHECK'MATEのイントロからのシルエットで「これ、来たのでは?」からの
カメラエリイちゃんパーン!で右腕もげる位光る棒を振った。ていうか多分もげた。
その後生えた。山崎エリイは女神。玉坂マコトは妹。
実際問題エリイちゃん注目して見に来ている身としてはCi+LUSの可愛らしさに加えて
CHECK'MATEやYou can't winのかっこ良さも見せてもらえるのは贅を尽くしていると
言わざるを得ないところがありましたね。本当に良かったです。
2日目のMC後に出てきたピーカブースタイルが可愛すぎて会長のガチの
「ああ…可愛い♪」が漏れてしまいましたね。来世は推していきたい。
これを言うと大体現世で何らかの行動に移るのがオチなんですが。


23.clover×clover(セカイのヒミツ)
24.14歳のサマーソーダ

サンボンリボンは演者さんみんな何らか見たい感じなので楽しみでしたが
圧巻はこっち向いてなかったけど桑原さんのトロッコ芸ですね。
あれヤバいわ。釣った魚に餌与えまくって腹破裂させるレベルで強烈です。
僕には来てなかった辺り今回は完全にエリイちゃん回だったと尚更確信。(違う)
曲の話も真面目にするとどれも爽やかで良かったですね。
衣装が夏の装いだったんですが、マッチしていて心が洗われる様な感覚でした。
晴海三姉妹のイメージをしっかりと打ち出してくる確かな力を感じました。
曲はこの辺りで固めてくれると個人的には嬉しいですね。たいくつりぼん、曲としては
ちょっと退屈なので。アクセントにはなるんですけど2曲だと難しいかもしれない…。
これも素人考えなのでまたプロに聞きます。


25.TREAT OR TREAT?
26.Crazy Girl's Beat
27.青空Emotion(ワタシ・愛・forU!!)
28.プレゼント・フォー・ユー(Lucky☆Lucky)

誰もが4人目のメンバーになれる4Uですね。のっけはかっこ良い感じでしたが案の定
Crazy Girl's Beatでコミックバンド感が…。エモ子のサングラスはもはや目隠し。
前見た時より長縄まりあさんがスマートになってて若々しく見えましたね。(失礼)
序盤2曲がやはりガンガンに上げてくるので4Uは毎回ノれますね。
今回のLIVEの表題であるSEASON OF LOVEは4Uが結構意識していたのかなと思います。
曲間のMCでも上手く挟めていたしそこからこれかー、というラインナップも見事。
個人的にはメロディーフラッグが聴けなかったのは残念なんですがそれでも十分な
満足感はありました。やっぱ単独やれるユニットは力ありますね。Ci+LUSもやって。
シンプルな感想としては今日も吉岡さんがかっこかわいかったです。


29.Majesty
30.THENDERBOLT
31.Purple Raze(KID BLUE~裸の王様~)
32.DAYS
33.I AM

というわけで引き続き単独もやってるユニットであるQueen of Purple。
イメージとしては女子人気がなかなか高い気がします。ムラサキの「お姉さん…」
がかっこよ過ぎて男子もシビれます。
アルバムちょっと予習不足だったのでPurple Raze辺りはかなり曖昧だったんですが
パフォーマンスはMCそのままにめちゃめちゃ迫力あってかっこ良いです。
ムラサキ役の野村さんが帰国子女なのも手伝って英語がしっかりしてます。
ただ、Trigger辺りの定番も何曲かは聴きたかったですね。
アルバム聴きたいオタクは単独行ってるとは思うんだよな。
色々なものを見せたいと言う意図は分からなくも無いのですが…。
そう言う意味ではPurple Razeはやって然るべしでしたね。広瀬さんもクールでキュート。


34.僕らは青空になる
35.NATSUKAGE-夏陰-
36.ハルカゼ
37.STAY☆GOLD

まとめますけどここが今回の肝ですかねー。777再登場からのメッセージ性を持った
NATSUKAGE-夏陰-→ハルカゼの流れ。
LIVEとしてここを伝えたいなら表題は違うんじゃないかな、って感じです。
情緒溢れるNATSUKAGE-夏陰-と穏やかなハルカゼ、どっちも曲としては
僕は悪くないと思うのですが…ってかこれやるなら何しか先にAXiSに触れろよって
気はしますね。ってかSEASONだけじゃないか。
演者さんのこれらの曲中、特にハルカゼの時の表情はすごく穏やかなものでとても
見ていてLIVEの大団円感はあっただけに勿体ねーなー、とは思いました。
っていうか何でここまでやってSNOW in "I LOVE YOU"やらないんだよ。
季節と愛両方入ってるじゃねーか!ドンピシャだよ!
LIVEとしては良かったと思うんですがコンテンツとしてはちょっと色々と
消化不良の残る内容だった気がするので、乱文の別記事をそのうち上げるかもしれません。
2日目のSTAY☆GOLDは銀テープも取れたので良い記念にはなったんですが
〆めがちょっとしっくり来なかった思いはありましたね。

とはいえ1度行ってみたかった現場に行くのと、聴きたい曲や見たい人が
見れた2日間だったので、個人的にはプラスの感情の方が強いですね。
誰が良かった、は今回に関しては諸手を挙げて山崎エリイちゃんですね。
タグにする声優さんが増えました。ソロの現場も行ってみようかなあ。
とにかく可愛らしくて良かったです。
最後口元ずっと隠しててどうしたんだろ?と思ったけど怪我とかでもなかったので
ほっとしました。ずっと可愛らしくあって欲しい。

現場からは以上です。
全てが満足に行くライブなど難しいとは思うのですがなかなかに
画竜点睛を欠くものだったと思うので、惜しい!と言った感じでした。
温泉むすめのライブの感想もこれに近かったけど規模的に尚更だったと思う…。

Someday, I want to become light of my little sister.
ぱんどらです。

支配人さーん!とうとうやって来ましたよー!(CV:高田憂希で読め)
ということで7月13日~14日はナナシスの5thLIVEに。
よく見せてもらっていたLIVEの円盤が非常に良かったり
去年秋の幕張のディレイも満足したり、
曲も良いものが多かったので1度現地に行こう!という事で
参加させていただきました。

2日分まとめてになりますがセトリはこんな感じ。
よく分からんサイトの真似したから表記が間違っているかもしれない。
(TRICK or TREAT?って何だよ)

(初日)
1.FUNBARE☆RUNNER
2.MELODY IN THE POCKET
3.夏のビードロ☆シンフォニー
4.TRICK
5.空色スキップ
6.シトラスは片想い
7.YELLOW
8.ひまわりのストーリー
9.ひよこのうた
10.ミツバチ
11.ラバ×ラバ
12.星屑☆シーカー
13.さよならレイニーレイディ
14.プレシャス・セトラ
15.花咲キオトメ
16.スノードロップ
17.SHAKE!!
18.ハネ☆る!
19.Winning Day
20.AMATERRAS
21.CHECK`MATE
22.You can't win
23.clover×clover
24.14歳のサマーソーダ
25.TREAT OR TREAT?
26.Crazy Girl's Beat
27.青空Emotion
28.プレゼント・フォー・ユー
29.Majesty
30.THENDERBOLT
31.Purple Raze
32.DAYS
33.I AM
34.僕らは青空になる
35.NATSUKAGE-夏陰-
36.ハルカゼ
37.STAY☆GOLD

(2日目)
1.FUNBARE☆RUNNER
2.MELODY IN THE POCKET
3.夏のビードロ☆シンフォニー
4.TRICK
5.空色スキップ
6.シトラスは片想い
7.YELLOW
8.ひまわりのストーリー
9.ひよこのうた
10.ミツバチ
11.SAKURA
12.星屑☆シーカー
13.お願い My Boy
14.プレシャス・セトラ
15.花咲キオトメ
16.スノードロップ
17.SHOW TIME
18.マスカレード・ナイト
19.-Zero
20.AMATERRAS
21.CHECK`MATE
22.Girls Talk!!
23.セカイのヒミツ
24.14歳のサマーソーダ
25.TREAT OR TREAT?
26.Crazy Girl's Beat
27.ワタシ・愛・forU!!
28.Lucky☆Lucky
29.Majesty
30.THENDERBOLT
31.KID BLUE~裸の王様~
32.DAYS
33.I AM
34.僕らは青空になる
35.NATSUKAGE-夏陰-
36.ハルカゼ
37.STAY☆GOLD


ゆーて演者多いとはいえ3時間くらいのLIVEかなあ、とか思っていたのですが
フタを開けてみれば連日4時間超えの物量で押してくる波状攻撃でした。
今までのどの現場より汗を流した気がする。
僕を含めナナシスにあまり詳しくない方も多いかと思いますが以下ユニット毎くらいで
両日まとめてだらだらと感想を。


1.FUNBARE☆RUNNER
2.MELODY IN THE POCKET
3.夏のビードロ☆シンフォニー

開幕は777☆SISTERS。AXiSというユニット絡みのストーリーをアプリで配信していたので
その辺りを出してくるのかな?と思いきや定番通り入ってきましたね。
っていきなりこれかい!激しく誰かの光になる開幕から熱い展開に。
2日目は周辺のオタクが光害だったりする以外は結構良い位置にいたので
バトンリレーとかしっかり見れたのは迫力あって良かったですね。
メロポケは前回のディレイの最初で聴いたかな?この手の曲は演者さんの表情を
見るに限ると言った感じです。
ちなみに今回の777は今井麻夏さん≧桑原由気さん>井澤詩織さん>高田憂希さん>他
くらいで見ていた気がする。大西がいないんだよ!(ここ伏線)
井澤どこから沸いてきたと言う質問には答えかねます。
ビードロも爽やかで良いですね。777はこういう曲だよな!というコンセプトを感じます。
Le☆S☆Caもこれに近いかもしれませんが。
2番の最後のサビの虹をかける振りが印象的です。
あと、高田さんのトロッコが思ったより遠くに行って失望を隠せない副会長は
本当に素直だなあと思いました。嫌な顔する時露骨過ぎるんだよな。それでこそ次期会長。

自己紹介は幕張メッセで頑張りまっせー!が出来たので良かったです。(安直)
やっぱナナシスは麻夏さんの良さが出てるんじゃないかと思うわけですよ!かわゆ。
初日はムスビの誕生日祝いもあったりしてLIVEの良さが出たなと思いました。
あと、桑原さんは声を発するだけで歓声と奇声が沸く。
まあ俺も今回のLIVEに関してはあまり人の事言えないんですが。
後はKACのバックステージでお話させていただいた中村桜さんのMCが見れて
当時の事思い出したりして懐かしさみたいなものが湧き出たりしましたね。
今度話すことがあったらもうちょっとちゃんと話せますように!!


4.TRICK
5.空色スキップ
6.シトラスは片想い

777からの呼び出しで「あっ、早すぎでは?」と心の準備も出来る前から
Ci+LUSが来た!ついに媒体を介さず山崎エリイちゃんが見れるわけですよ!
田中美海さんファンの方には大変申し訳ないですがこのユニットは9:1以上の
比率でエリイちゃんを見てます。衣装は…

「うさぎだ…」

可愛すぎて死!前のナナシスのエントリーで書いてますがベタな耳としっぽに弱いので
バニーとかどう考えても脳天直撃セガサターンですね。
わっしょーい!まんぼー!騒ぎつつTRICKで可愛さを十分に堪能。
2日目辺りになると近すぎてドキドキでした。可愛すぎるー!!
本家初披露の空色スキップもステージを大きく使って可愛らしく駆け回っていたなと
とにかく可愛さを押し出して行って欲しいという僕のオーダー通りの出来だったので
これに関しては何の不満もないです。

MCはお兄ちゃん待ちからの「お兄ちゃん♪」でお兄ちゃんになることが出来ました。
お兄ちゃんだよー!自分が玉坂マコトの兄であることに1ミリの疑念も持たない。
まさにマジ最高マジ最高TORIIIIIICO!と言った感じですね。
先ほどから精神年齢が退行し過ぎていて学生の頃に自分の中で流行ったものを
ガンガン詰め込んでいくブログとなってしまっていますがご容赦下さい。
田中さんのご主人様ー!お嬢様ー!も良かったのですがそれでも僕はお兄ちゃんだから
お兄ちゃんであろうと思い続けた2日間だったと思います。
ライブ外でもめちゃめちゃお兄ちゃんしてたからな!

アイコトバも好きなのですが最後はシトラスは片想い。
この曲はAメロの入りの時点でエリイちゃんが既にめちゃめちゃ可愛い。
ただ、これが最後までユニットとして続くのがCi+LUSのポテンシャルですよね。
いや、本当にユニットとしてもパーフェクトで言うことがないです。
特にエリイちゃんは今までどのイベントで見てきた声優さんよりもステージに
釘付けにさせてくれ…

「俺に投げキッス来た…」

「5ズレまでは俺へのキス」ルールが適用されるので完全に頂いた形でした。
2日目はマジで良いとこ引いたわ。
曲も当然楽しかったですし、この時点でかなり完全燃焼感がありました。
まだ2ユニット目!


7.YELLOW
8.ひまわりのストーリー
9.ひよこのうた
10.ミツバチ

Ci+LUSの2人の「新しいスタートを切るユニット」と呼び込みで
それまでの可愛らしかった空気が一気に何とも形容し難い緊張感と期待感と
祈るような気持ちに(俺の中では)包まれる。
俺でもそうだったので副会長とかよっぽどでしょうね、とか思いながら
僕はあんま触れませんでしたね。まあそうだったと思います。

曲はやはりYELLOW。Le☆S☆Caはやっぱりこの曲なんだなと思わされます。
吉井さんと藤田さんがLe☆S☆Caとしての活動を終えて新たなスタートを切る
このタイミングでも、Le☆S☆CaはLe☆S☆Caなんだぞ、と思わせるには
僕の中では十分な説得力があったように思えました。
いきなり飛んで後日談を話すと今日何気なくYELLOW聴いちゃったんですが
やっぱこのメンバーでの音源はそれとして早く欲しいなと思いましたね。
なかなか難しいかもしれませんが。
飛ぶよ!のコールで僕は素直に弾けられたなー、と思いました。
Le☆S☆Caも羽ばたいて行って欲しいなと、心から思えるパフォーマンスだったのですが
MCがまた…。
言葉にするのも野暮ですが、またこの場所に立てて良かったとか、ユニットに対する
想いとか、新しいメンバーへの信頼とか、植田さんの様々な思いとそれを受けた2人の
絆を感じられるシーンだったと思います。
そんな中2日連続で飯塚さんのかぼパン映さなかったカメラには素直に首吊って欲しい。
いや、見たいとかじゃなくてそこは演出としてちゃんとやれや。そこがレナの魅力だろう。
井上ほの花さんも飯塚麻結さんもすごくしっかりしたステージだったと思いました。
もちろんこれからどんどんステージのレベルは上がっていって欲しいなとも思うんですが
それは、今はまだひよこだから問題ないんじゃないかなと思いました。
親鳥なんて言う立派なものなつもりは無いけど、僕は今後のLe☆S☆Caもすごく楽しみだし
応援していきたいなと思いました。
これを一言で言うと「エモい」です。便利な言葉に頼るな。
そして最後は旅立ちを感じさせるミツバチ。
さっきYELLOWがLe☆S☆Caの代名詞というような事を書きましたが
新生Le☆S☆Caという意味では今後はこの曲が彼女たちの柱になっていくのかな
と思うくらい青春の爽やかさというユニットのコンセプトを押し出した素晴らしい曲と
パフォーマンスを披露してくれました。

この辺までの構成はマジで良かったと思うんですよ、と言うと一物あるような
言い方になっちゃいますがかなり力を入れて書きすぎたなと思うので
LIVEもまだまだ序盤ですがここで一旦切ります。
いや、僕はこの2日間とても楽しめましたよ。色々考える余地はあるというのは
間違いなさそうなんですが…。続く。

毎回リンクを貼るわけでもないのでご了承ください。
ぱんどらです。

アイドルマスターシンデレラガールズも今年で9年ということで
サービス開始からはかなりの年月が経ったなあ…という印象です。
僕は6年半くらいは一応触れているでしょうか。
という事で先週末はシンデレラガールズオリコンシングルTOP10に
100枚ランクインした記念の感謝祭に行ってきました。

(以下、簡単な説明)
・感謝祭ではインストアのイベントが6/15~16で
ソフマップ・とらのあな、ゲーマーズ、アニメイトの4つで開催される。(確か)
・6/16は新木場スタジオコーストでトーク&ミニライブのイベントが開催される。
・それぞれのイベント参加応募券をコロムビア発売のシンデレラガールズCD/BDなど
2000円購入ごとに1口入手可能。各店舗のインストアイベントはその店舗購入でのみ
入手可能。(ソフマップのが欲しかったらソフマップのを買う)

イベントは下記参照。

https://columbia.jp/idolmaster/imasnews/kanshafes2019.pdf

僕が応募したのは

・鈴木絵理のミラクルサイキックショー!(×1)
・藍原ことみのこのフレグランスはなんだろな?(×1)
・教えてIMAJOさん!青木瑠璃子のギターレッスン(×1)
・新木場スタジオコーストイベント(×4)

よし、何も不審な点は無いな。
CD類に積む主義の無い僕にしては珍しく積みましたよ!(弱い)
新木場がメインで他はどこか当たれば…くらいの感覚ですね。

結果

・鈴木絵理のミラクルサイキックショー!(×1) → 当たり
・藍原ことみのこのフレグランスはなんだろな?(×1) →当たり
・教えてIMAJOさん!青木瑠璃子のギターレッスン(×1)
 →当選ハガキを自宅のポストから強奪される
・新木場スタジオコーストイベント(×4) → 当たり(入場順がとても悪い)

ちなみに新木場は複数当選しないように出来てました(多分)
あと、このタイミングで家のポストが鍵かからないように破壊されていたので
上の説の信憑性はかなり高いと思われます。
神のものは神に、_otakuのものは_otakuに返したまえ。
この記事ではインストアイベント2つを簡単にレビューさせていただきます。


・鈴木絵理のミラクルサイキックショー!

事前予想の時点でどう考えても(やる事がチープだろうし失敗したとしても)面白い。
そこでわたわたするのが尚更面白そうだし1回近くで鈴木絵理を見るべき、と思ったので
応募したら通りました。会場は埋まってたので競争率はまあまあ高かった気がします。
1通で2/3通ったのは冷静になかなかおいしい。いや、本当は3/3なんですけど。

ソフマップの会場は何とAKB劇場式。懐かしい。
前に席ちょこっとあって残り立ち見のやつ。
入場順は真ん中くらいだったので立ち見最前で。
長時間のイベントでもないし席の後ろよりはこっちの方が良い。手すりもあるし。

開始前にコロムビアの人が説明してイベント開始。
今更ですがアイマス関連はスタッフがアホほど(褒め言葉)顔出してるので
この辺りに馴染めないとものによっては結構苦痛だったりします。
僕は割りと好きですが。
この日はどっちの会場も柏谷さん(とても偉い)が来てましたね。

ちょっと予定より遅れてイベント開始。
鈴木絵理入場!可愛い!セミロングのウェーブ入った感じ特に可愛い!
この日の髪型は大変推せましたね。個別のイベントはキャラに寄せなくて良いので
個人の色が強めで見れるのがライブとは違ってまたありがたい。
と話しているといきなり挨拶しながら首が落ちるマジックサイキック。
何の前触れも無く見ると一瞬焦る。でもちっちゃいからあんま落ちてない!可愛い!
これ用の衣装で出てきたから脱いで戻ってきた衣装可愛い!甘すぎる!(自覚がある)

このクオリティで45分くらい続くんだろうかと思ったけど趣旨を変えて
1つ目はサイキックと称してこれまで各地を回った際のおみやげやCDに触れつつ
思い出話サイコメトリーを発揮するコーナー。
台湾で買ったおみやげがほとんどないのに同じポーチを3つ買ってしまって
全く使っていない話や同じくあまりにピンクが強すぎて全く着ていない
台湾のTシャツの話など。
台湾は検討したい内容あるから映像化して欲しいんだけど海外公演は難しいのだろうか。
俺はまだ諦めてないぞ。

あと、眼帯が出てきて仙台の話も聞けましたね。天候の話は無かったですが。
でも5thはやっぱ思い出深い人が多かったんだなあ、と改めて思う2日間だった。
予想外のコーナーでしたがのんびり楽しめたので良かったです。

(追記)
この手のイベントなので「オタクが念を送るとサイキックが成功しやすくなる」的な
お約束をかかげていたりするのですが、初回の時点で鈴木さんが
「…ありがとう。適度に止めてもらってよいから。」って言ってたのは
完全にキャラ崩壊してたけど面白かったですね。素が面白いタイプです。

そしてメインのサイキック訓練所と称したマジックコーナー
この棒線引っ張るの実は1つ1つタグ編集してるから止めたい。
テーブルの上のアイテムを使ってどんどんサイキックを披露していくコーナー。
絶対にコップにコインを貫通させたり新聞紙で水を注いだりするやつが来ますよ!

1つ目はコップに100円玉を貫通させるサイキック。ほら来たー!
めちゃめちゃ入念にタネも仕掛けもないところをアピールする鈴木さんと助手(原さん)。
ちなみにベタだなあ…と思いつつ僕もどうやっているのかは知りません。
成功。喜んでいる様子がとても可愛らしい。この娘は…とても良いですね。
少なくともこういう所は昨今学会で話題持ち切りの人に似てる所があると思います。
まあ話す機会があれば。

2つ目は新聞紙に水を注いでも大丈夫なマジック!もうマジックだろこれ。
最初からマジックだけど。でも原さん曰く「『M@GIC☆』ではない」らしい。
成功。という流れで次々に披露していく。
2人の掛け合いが上手かったり、明らかにバレそうなものをオタクが下から見てたら
原さんが制したりしててこの辺りは流石の上手さだなと思いました。

最後は誰が鉄球サイキックボールを持っているか当てるサイキック。
原さんとスタッフさんのうち誰かが持っているのでその間鈴木さんは見ないで
準備が終わってから当てる、というマジックなんですが…これは磁石なのかな?

とか考えていると暇を持て余した鈴木さんが正面に来て
「いや~…皆さん…今日どこから来ましたか?」
みたいな明らかな時間潰しを始めたので
(あっ、これ時間稼ぐの下手なやつや)
とか思いつつ、まあまあ遠くで分かりやすいとこから来たから答えるか、と
「大阪ー!」と_otakuが返していると
「え?」と聞き返されてしまった。
あれ?声量足りなかったかな?と思いつつもう一回「大阪ー!」と返すと

「え!?(ここで耳が大きくなるグッズを投入)」

をカウンターで決められてしまった。
何のリアクションも出来なかったけど鈴木さんは満足そうなので良かったです。
完全に…女性声優にダシにされた…。幸せ…。(手遅れ)

ちなみにこの後のボール当てるマジックサイキックは失敗してました。
案の定失敗した時があたふたしてて1番可愛かったです。
原さんとスタッフが必死に正解に誘導している姿が面白かった。
もう持ってへん人首振ってるやんけ!

こんな感じでドタバタとしながらイベントは終了。
45分だとあっという間だなあ、という感じだった。
鈴木さん可愛かったし原さんは面白いのにしっかりしてたので良かったです。
上述のような_otakuならニヤッとしてしまう一幕もあったので今後も
チャンスがあれば鈴木さんのイベントに行ってみようかなあ、と思った。
結論としては、可愛かったです。(何回でも言う)


・藍原ことみのこのフレグランスはなんだろな?
瑠璃子久々だなー、とか思ってたら半年振りとか言うあり得んエンカウント率の少なさに
フフッとなってしまった。ガチ恋なら死んでる。
しかも後輩との共演ということで楽しみポイントが多い。
席は抽選で決まるはずだったのだがなぜかゆっくり行ったら前がほぼ埋まっていて?だった。
一応抽選はしてたのだがよく分からない。とはいえインストアは近いので問題は無い。

こっちは柏谷さんの説明の時点で舞台袖から顔を出す程度に早々にスタート。
半年振りだなー、と思って姿を見た瞬間
「ああ、俺この人の事好きなんだよな」という気持ちが湧き上がってきて
何かほっとしたような、でもドキドキしたような、素敵な気持ちになりました。
ガチ恋取締り警察がガチ恋に落ちるパターンです。みんなは気をつけよう。

というわけで白衣あり、ぐるぐるメガネアイマスクありのイベントでしたが
前半は先ほどのイベントと同様、目隠しして出されたものの香りを元に
それらに関する素敵な話をするコーナー。
大体こんなイベントだったのか?と確認するとパンケーキなどは特にそういうわけでも
無かったようなので色々やってたんだろうなとは思いました。
特に新しい話が出たわけではなかったけど、静岡の話は懐かしかったです。
(該当品:ルマンド、掛川茶辺り)
後は、飯田さんがのど飴を買ってきてくれる良い人だと判明したのでやっぱ
出来る子は違う!と思いました。素晴らしい。
トワレのレコーディングの話は石原さんのエピソードが出るなど面白かったのですが
流石に現場を去った人の話なのでなかなか話しにくそうでしたね。

メインはその後の2人のシングル(秘密のトワレ・twilight sky)をテーマにした
香水作り。
思いっきり香り入れまくって調整する瑠璃子と理科2なのでちょいちょいやる藍原さん。
割とどっちも良い感じに出来てたみたいですが、会場出る時に置いてあったものからは
なかなか良い感じのオレンジの香りがしたので瑠璃子が作ったやつが好きでしたね。
ちなみに近々トワイライトスカイという名のマスカラが出るらしいが色が厳しいので
本人は使用しないらしい。覚えておくべき。

そんなに画代わりするイベントではなかったんですが、目隠ししたものを当てる時の
瑠璃子の様子(勝手に食べる、なめるまではセーフと言われて本当になめる)やら
トークの運び方やらは最初のイベントの原さんを髣髴とさせて流石に上手い、といった感じで
やはり有能だなと思いました。
藍原さんは芸術家肌的天才だなー、という印象があったのですが、勉強が出来たり
もの覚えが良かったりなリアルギフテッドな感じはしない等身大の良さが見えましたね。
後輩然としてて可愛らしくて良かったと思います。
昼のイベントもそれなりに女性はいたと思いますがやっぱりこっちの方が若干多かったかな?
人気の高さが伺えます。

個人的にやはり青木瑠璃子やるな、と思ったのは香りを届ける用のうちわを用意してたのですが
うちわにしっかり落書きして「C」って書いてあったのが面白かったですね。
ちなみに「C(しー)」ではなく「ランドルト環」です。すげえセンスだな。
あと、前の方の席の人に作った香水の香り届ける時に思いっきりうちわで会場の
前から後ろに風を送っていたのですが
「いや…これもう前のオタクのにおいしか届かないのでは!?」と
完全に趣旨を壊す発言してたのも的確で笑いましたね。この辺は機転が利く。
というわけで良さがたくさん出ていた素晴らしいイベントでした。

半年振りという気がつくとすげー年月空いてた青木瑠璃子遭遇は大変満足でした。
最近なかなかピンとくる画像が無かったのですが実写は格が違う。
常時10です。白衣も似合ってたのでとても良かったです。
なんやかんやエプロンとかはもう見てたからな。
今後もゆるい感じのニッチなイベントはどんどん開いて欲しい。

といった感じで15日は終了。
16日のついでな感じで申し込みましたが大当たりでしたね。
やはりどのイベントでも光れる瑠璃子凄いぞ、という推しがいも感じましたが
まー、鈴木絵理1回見ておいて正解!という思いも同じくらいにはありましたね。
千葉公演がとても楽しみになりました。
結論としては、青木瑠璃子が大好きです。(この先何回も言いそう)

ひとしきり狂った気もしますが16日に続きます。

↑このページのトップヘ