磨きとコーティングの参考書

コーティングも塗装も見栄えは磨きが大きく影響します。作業時間を短縮し、かつ研磨傷の目立たない磨きや、様々な塗装に合った磨きをご提案しています。 また、簡単で低価格、高品質なコーティングもご紹介させていただいています。

スクラッチシールドを磨き傷を出さずに磨く方法


スクラッチシールドやセルフリストアリングコートなど、

プロショップでも難しいとされている

「自己修復性耐擦り傷クリアー」の磨きが

全く磨きの経験のない方でもできるようになるんです。


fuga2-2


「そんなことがあるか!」と、当然思われる方もいらっしゃるでしょう。



しかし、これからご紹介する文章をお読みいただければ、ご納得いただけます。


そもそも「自己修復性耐擦り傷クリアー」とは、擦った傷なら自然と修復されるという塗装です。


この塗装は、カラーベースとなる塗装の上に噴き付けるクリアー塗装で、高密度で弾力性のある塗装なので、傷が入りにくく、
もし擦り傷が入ったとしても、自然に復元されるという優れた塗装なのですが、一端塗膜が切断されてしまうと復元はできません。

塗膜が切断されると「磨き」が必要になってきます。

が、この「磨き」がプロでも一筋縄ではいかないのです。


でもこれからお話をするこの塗装の性質を知れば難しくはないのです。


では、この「自己修復性耐擦り傷クリアー塗装」を施した車が多い、日産のスクラッチシールドを参考にご説明していきたいと思います。




【スクラッチシールドとは】


<特  徴>


通常の塗装では、高密度と言うと「強靭=硬い」というイメージがありますが、硬さで傷を入りにくくするのではなく、
柔らかくて弾力があり、密度の高い結合をしたクリアー塗装のために、言い換えれば柔らかく強靭な塗装、
つまり「弾力性を持たせた強靭な塗膜によって傷が入りにくく、また新車時の光沢が長持ちする塗装」で、
もし、傷が入っても自然に復元する塗装なのです。


<メリット>


弾力性と強靭性により傷が入りにくくしているので、傷による劣化や艶引きなどが起きにくく、光沢が落ちにくいので、新車時の塗装品質を長く維持できます。
また、柔らかく弾力性があるために塗装の構造が破壊されにくく、擦り傷のように塗装表面が変形しても自然と復元します。


これは、あなたも経験があると思いますが、分厚いビニールシートに爪を立てた場合を想像してみてください。

爪を立てるとその部分はへこんでしまいますよね。
でも、しばらくほおっておくと元に戻るでしょ。

この理屈なんです。


もちろん、深ければ復元する時間も長くなるでしょうし、また、日産のHPによると復元には温度も影響する様です。
つまり「気温が高ければ高いほど復元する時間が短くなる。」ということです。


しかし、ビニールシートの表面に切り傷が入った場合はどうでしょう?
切断された場合元には戻りませんよね。


この様な場合は、磨きによって傷を除去する以外ありません。(これが難関なのです)


メリットとしては、他に、

高い密度で粒子が結合することで、光や酸性雨などに強い高耐候性でもあり、艶の良く、表面も滑らかでもあります。
表面が滑らかなので、撥水性も高く傷や汚れが付きにくいのです。



<デメリット>


まず挙げられるのは、どこでも補修ができない。
特殊な塗装の為専用の塗料と塗装の施設、それに塗装技術が必要です。


塗装以外では「磨き」の技術でしょう。
この「磨き」に困っている方が多いのです。


多分、これをお読みいただいているあなたもそうではありませんか?


通常のクリアーはほとんどが弾力性がないので、

あなたも学校で学ばれたと思いますが、「作用・反作用」の法則で、
磨くときに力を入れれば入れただけの反発力があるので切削力は力を入れた分だけ強くなりますが、

このスクラッチシールドは弾力性があるために、「作用・反作用」の理屈は通用しません。

だから、いくら力を入れて(圧をかけて)磨いたとしても作業は、はかどりにくいのです。

ましてや、研磨熱が高くなりがちなシングルポリッシャーで磨けば、熱が大きく復元に影響する塗装の為、一般の塗装よりも膨張しやすいと考えられます。

よって、膨張により傷口が閉じるために傷が取れたと思って満足すると、時間が経つごとに傷が表れてくるのです。


「きれいに磨いたのに後から傷が浮き出てきた」となるわけです。


このケースが非常に多い!

通常は、溶剤を多く含んだコンパウンドに多い現象ですが、

事、スクラッチシールドなどの自己修復性耐スリクリアー塗装では、「熱、温度」が大きく関係します。


他には、コンパウンドが焼き付いたり、いくら磨いてもすっきりと仕上がらないなどのトラブルも多く発生するのです。




【「効率の良い磨き」とは?】


<研磨熱を発生させない磨きをする>


スクラッチシールドは非常に熱の影響を受け易い塗装である事はご理解いただけたと思います。


一般の塗装もそうですが、熱により塗装は柔らかくなります。
柔らかくなることで傷が取れやすくなります。

が、逆に傷が入りやすくもなります。

また、膨張も起こります。


当然のごとく、膨張の後には冷めて収縮と言う現象が起こります。


膨張による磨きのトラブルについては先ほど述べたとおりですが、これを避けるためには、「熱を出さない磨きをする」事なのです。


熱を発生させなければ伸縮と言う現象は起こりません。
通常の状態で傷が見えなくなるまで磨けば、変化がないわけですから、後から傷が出てくることはないのです。



<コンパウンドのみで磨く>


熱を掛けない磨きは言い換えると「研磨剤のみで磨く」と言う事です。

とは言え、今ある多くのコンパウンドはシングルポリッシャー向けのコンパウンドだと私は思っています。


以前何かで読んだか聞いたかは定かではないのですが、


先程触れたように、「磨きは磨く際に出る研磨熱と、コンパウンドの溶剤で塗装を柔らかくして磨く」と言う事を知りました。

要は滑りを良くして研磨熱を抑える為に潤滑剤的に溶剤などを配合していることも理由のようです。

エンジンオイルと同じ目的のようですね。

多少、冷却作用もあるのかもしれません?


しかしながら、研磨熱を抑えた磨きでは回転力の強いシングルポリッシャーよりも、

回転力の弱い研磨熱が出にくいダブルやサンダポリッシャーを使用するためにこれら潤滑的な溶剤分などが多く配合されていると、切削力が弱い為に磨きに非常に時間がかかってしまいます。

よって、コンパウンドも研磨熱に頼らなくても効率よく磨けるコンパウンドを選ぶ必要があるのです。


また、ポリッシャーの扱い方も効率の良い扱い方があるのです。


この二つが兼ね備わって初めて、熱を抑えた効率の良い磨きが出来るのです。


この磨きを私は、「抑熱研磨法」と名付け、専用のコンパウンドとバフを開発いたしました。

また、「抑熱研磨法」とスクラッチシールドやセルフリストアリングコートなどの「自己修復性耐擦り傷クリアー」の磨き方を説明したマニュアルを付けることで、

「磨きは全く経験ない」と言う方々でも独習出来るようにいたしました。

この様なセットは、私の知る限りではどこにもないと思っています。

実際に、磨きの初心者の方々でいきなりスクラッチシールドを磨いたという方々もたくさんいらっしゃるのです。


<最後に>


あなたが「スクラッチシールドの車ってどれ?」とか、「セルフリストアリングコートの車ってどれ?」、

「私の車の塗装は当てはまるのか?」と思われているのでしたら、

下の日産、トヨタの対象車のリストをご覧ください。


スクラッチシールド塗装車種一覧(2018.09現在)


セルフリストアリングコート塗装車種一覧



その他、下の記事もご参考にしてください。


スクラッチシールドを始めとするクリアー塗装について

スクラッチシールドの特性を知れば磨きはさほど難しくはない



最後までお読みいただき、「磨き初心者の私でもできるのでは?」と思われたら、是非挑戦すべきです。


こちらもご参考までにご覧ください。

スクラッチシールド研磨独習セット

なぜ車を磨くと光沢や艶が良くなるのか?


車の光沢や艶はなぜ引いてしまうのでしょうか?



あなたは車をなぜ磨くのですか?


きれいになるから。

光っている車は気持ちがいいから。

コーティングのための下地処理として。

艶引きしたから。

傷がいっぱい入って光沢が落ちたから。

等々、


どちらにしても艶や光沢を向上させるのが大きな目的ですよね。

艶や光沢を上げるには磨くことです。

塗装の状態のいい場合は、汚れを落とすことです。

が、これらの目的はどちらも「塗装面を平坦にする」事と言えます。


傷がついたり汚れたりすると光沢や艶が無くなるのは、

塗装の表面が凸凹になるからなのです。

塗装やコーティング被膜の劣化も表面が凸凹になります。


ではなぜ表面が凸凹になると艶が引けたり光沢が落ちたりするのでしょうか?


「車を磨いて艶や光沢を出す」メカニズムとは



艶や光沢を出すには、塗装面が「平坦」であることが重要で、

平坦であれば光が正反射つまり、下図のように

seihansya


光が入る角度(入射角)と反射をする角度(反射角)が、反射する面に対して等しく(同じ角度で)反射する(鏡面反射)ことで、

鏡のように光沢やツヤが出るのです。

言い換えると、平坦な表面は光の大部分が鏡面反射をするために艶があって輝いて見えるのです。

あなたもこの状態にするために磨いているのでは?


しかし、塗装面に傷があったり、表面が劣化したり、汚れが付いたりすると、

塗装表面が凸凹になるので、下図のように、

kakusanhannsya


光は拡散(乱反射)するため、目に入る鏡面反射をする部分が少なくなるので光沢やツヤが無くなって見えるのです。


だから、塗装面を「平坦にするこ」とが光沢や艶を出すためのいちばん重要な要件なのです。

言い換えれば、これが「磨く」と言う事なのです。



ではなぜ、きれいに磨いたのに後から傷が現れたり、艶引きが起こるのでしょう?


これはズバリ、傷が無くなってないからです。


あくまでも私の考えですが、

従来のコンパウンドには、研磨熱(摩擦熱)を抑えるために潤滑剤の役目をする溶剤や艶を出すための艶出し剤が配合されています。

これらが傷や表面の劣化部分の凸凹を埋めて平坦にするから、

比較的簡単に、傷が見えなくなり艶や光沢も得ることが出来る。

と、考えられます。


その他、熱による伸縮も考えられますが、こちらについてはまた改めて・・・。


つまり、傷は残っている状態で埋められて隠されているわけですから、

埋めたものが流れたり、劣化すれば当然、残っている傷は表れてくるのです。


よって、艶や光沢を長く保つためには、

これらの成分を極限まで少なくしたコンパウンドで、

研磨剤によって得られる光沢や艶が一番持続すると考えています。

車磨きの経験や知識が全くない方向けの独習セットが遂に登場!

車磨きについて、

「車を磨いてみたいが、経験がないのでできない。」

とか、

「車磨きを習ってみたいが、費用と暇がない。」

と、言うような理由であきらめているのではありませんか?

しかし、この「車磨き」が自宅で独習できるとしたらあなたは興味を持たれますか?

しかも低価格で学べるとしたらやってみたいと思いますか?

車1台と、1台分の作業スペースがあればいいのです。

実際にコーティングショップで小型車(1BOXを除く)をコーティングしてもらうとしたらどのくらいかかるのでしょうか?

一般のポリマーコートであれば安くても2万円くらい、通常は3万円以上はするでしょう。

ガラスコートならそれの1.5倍以上はかかるでしょう。

その他にもメンテナンスも必要になってきます。

これらをご自分でできるとしたら費用は大幅に節約できますよね。

人件費はいらないのですから。

コーティングショップのようなプロショップでは、施工価格の大部分がコーティング前の下地処理。

つまり下地の仕上がり如何でコーティングが映えるかどうかにかかっているんですから。

よって、施工価格の8〜9割がたを技術料(人件費)が占めているのです。

(中には高いコーティング材料を扱われているところもあるでしょうが・・・。)

そりゃあそうですよね。

一部を除いては、プロショップの売りは、施工者の「腕前」如何によるものなのですから。

もしあなたが最高を求めず、

「綺麗でさえあれば良い」

とか、

「くすみや拭き傷程度は自分で処理したい」

とか、

「きれいにしたいが、費用はあまりかけたくない」

とか、

「とにかく自分でやってみたい」

などと思うのでしたら、この「初めての車磨き独習セット」をご検討ください。

このセットのマニュアルは、今までの「抑熱研磨独習セット」のマニュアルと比べ、

磨きの知識も経験も全くなかった筆者がこのようなマニュアルを作れるようになったまでの経験をもとにして書き上げたマニュアルなので、

車磨きの知識も経験も全くない方でもこのマニュアルに沿って学び、

実際に1台を仕上げれば一通りの知識と技術が付くように編集したものです。

ちなみにマニュアルの概要を紹介しますと。

まず車を磨くにあたっての予備知識として、


●磨く目的や磨きのメカニズム

●研磨剤(コンパウン)ドの種類と性質と選択法


また、このセットでは研磨熱を抑えた磨きを推奨しているために、

主にリョービのRSE-1250を勧めていますが、知っていて損はしないと言う事で、


●ポリッシャーについて


をご参考までにご紹介しています。


その他に


●バフの選択

●効率の良い磨き方


などの基礎知識をご紹介し、


その他、少し掘り起こした資料として(これも知っていて損はしないと言う事で)

1コートや2コートソリッド、メタリック、スクラッチシールドなどの様々な「塗装の特徴」などもご紹介しています。


実践編では、

まず洗車について、

多くの方が比較的気楽に洗車をされていると思います。

が、

「どのように洗車をするか」で後々の作業効率に影響を及ぼすことになります。

「初歩の初」ですが、洗車についての注意事項なども踏まえてご説明しています。


洗車が終われば、次は「マスキング」と言う作業です。

マスキングとは、

車にはメッキ部分や、樹脂(と言っても、つや消しをしたような表面が凸凹している部分ですが)部分など磨きはなるべく避けたい部分などへ

マスキングテープと言う紙製のテープで覆って保護をしてやる必要があります。

形状も様々なので、これらへのテープの張り方などをご紹介しています。


マスキングが出来たら、メインの「磨き」です。

ポリッシャーの扱い方をはじめ効率の良い磨き方、コンパウンドのつけ方や磨くときの注意点など。


また、磨く部分(特にパネル面)も形状が様々です。

その形状に合わせたバフの当て方や磨き方などをご紹介しています。


そして作業に関しても、

実際の施工では、いきなり1台をやらなくても「部分的に磨いていき、最後にすべてを仕上げる」ようにします。

素人の磨きなのですから、プロのように納期があるわけではなく、料金をもらうわけではないのですから、

数日をかけ、数回に分けて少しづつ磨きながら技術と知識を蓄積し、すべてが磨けたら、一気に仕上げの磨きをすると言ったやり方が良いのです。


以上のように、ざっと概略のみをご紹介させていただきましたが、

お読みになられていかがでしょうか?

ご自分で出来そうですか?

もし出来そうと思われるのでしたらご検討ください。

自身が無ければとりあえずは保留にされたほうが良いでしょう。

安いとはいえ「無料」ではないのですから。

全くの未経験の方を対象に企画したセットですから、多分「我流」になることはまず考えられないのですが、

このマニュアルは、このセットの商品で検証し、制作したものです。

よって、基礎が身につくまでは、このマニュアルで使用した商品を使ってマニュアル通りに学習されることが、習得の早道となります。


こちらもご覧になってみてください。→「初めての車磨き独習セット

車磨きが初めての方でもDIY感覚で車磨きが出来るようになります。

磨きについては、このマニュアルの作成者である私も最初は全くの素人でした。


私が起業したばかりのころ、

様々なコーティングショップに新規営業をかけていると、あるコーティングショップの社長から「水性コンパウンドを売ってみないか?」

と、声を掛けられました。


このコンパウンドは社長が考えて作られたもので、

当時は水性コンパウンドはあまり使っているというか、知られてはいないようでした。

(このことは後に、板金塗装業界やディテーリング業界の新規開拓をする際にわかったことです。)


これに関しては、社長に「私は磨きなんて全く経験がないんです。」と言ったところ、


「教えてあげるから」と言われたので、1台だけですが磨き方を教えてもらい、

それだけの薄っぺらな知識と技術で板金塗装業界やディテーリング業界にデモをしながら飛び込み営業をしていきました。


今考えれば、よくこの程度の技量で訪問できたものだと思います。


訪問件数にすると700〜800社くらい訪問したでしょうか?


しかし、これだけ訪問しても、話を聞いていただけるのは約70%位、

それからさらにデモを見ていただくのは70%中の50%位でした。

でも、受注率は80%以上だったと思います。


結局、受注できたのは約200社くらいでした。


ご購入いただいたお客様の中で納入後に伺ってみると、

「うまく磨けない。」、
「デモの時と買ったコンパウンドは違うんじゃないのか。」とか、

「うまく磨けないから使っていない」などの意見も少なからずありました。


「デモの時にしっかりと磨き方を説明して納得されて購入されたはずなのに・・・。」


と思って、実際に磨いてもらったり、どのように磨いているかを聞いてみたところ、

不評なところの大部分がお教えした通りにせず、我流に走っていました。


この時気付いたのですが、不評なところほど様々なコンパウンドがあったように思います。


逆にお教えした通りに磨かれているところは「これは良い」と言われるところが多かったです。

この様なお客様は今でもお付き合いいただき、お互いがWin-Winの関係が続いています。


多くのデモをさせていただいた事により、様々な磨きのトラブルや困ったことを知り得ることが出来、

その都度、自分なりに「どうしたらうまくいくのか」を探っていきました。


おかげさまで、板金塗装業界では、塗装に関する知識や塗装の工程などを知る事が出来ましたし、

磨きに関してはでティーリング業界や塗装業界での磨き方や考え方の違いを理解することが出来ました。


当時と比べて最近では非常に便利になり、わからないことは何でもインターネットで調べれば分かります。

当時でさえ、私も分からないことはインターネットで調べたりもしました。が、

内容の精度と言えば今ほどの信憑性は感じられなかったので、これらの情報の信憑性を確認するためにもお客様に教えてもらったりもしていました。


おかげさまで鈑金塗装とディテーリング両業界での経験で得た知識や技術は何物にも代えがたい私だけの財産だと自負しています。


また、この経験がお客様には現場に合った効率の良い研磨作業のご提案やサポートを可能としています。


このように、長年を経て培ってきた実体験と知識を基に製作したマニュアルがこの度の「はじめての車磨き独習マニュアル」なのです。


磨きや塗装については全くの素人だった私がコンパウンドの開発や抑熱研磨のノウハウのご提供などの技術面までサポートできるようになった道程に基づいて編集していますので、

マニュアル通りに学習されればどなたでも短期間での習得が可能です。

私がここまでこれたのですから・・・。

初めての車磨き独習セット

フロントガラスの撥水処理で大雨の日も安全走行!

4月もはや半ばに近づいてきました。

梅雨になるのもあと1か月強。

最近は雨が降るとなると、結構大雨になると思いませんか?

大雨になると、ワイパーを高速に動かせても視界が見えづらく「ヒヤッと」することがありませんか?

大型車などが雨水をひっかけても、一瞬前が見えなくなり「ドキッ」としたことは皆さんのほとんどが経験されているのでは?

危ないですよね。

しかし、こんな危険な経験も回避できるんです。

要は、フロントガラスに撥水加工をすればよいのです。

ただ、撥水コートを塗ればいいわけではありません。

撥水コートを塗ったことによる

●フロントガラスのギラつき。

●ワイパーのゴムがガラスにくっついてしまった。

●ワイパーがビビる。

などのトラブルもよく耳にします。

あとは、「あまり長持ちがしない。」

等々。

私の知る限りでは、これらの原因は、石油系溶剤を含んだものに多く見受けられるようです。
(すべてがそうとは言えませんが・・・・。)

こう書くと「手前みそ」のようですが、

上記のようなトラブルを防ぐ為に製造したのが、リベライルの「GF coat」です。

この商品は、WAXや石油系溶剤を全く配合せず、フッ素樹脂を主成分にしているために

乾燥すればラップをかけたような樹脂被膜を作るので、持続性が長く、

かつ、フッ素の持つ撥油性で油膜や汚れが固着しにくく、冬場にはフロントガラスの凍結もしにくくなります。

下の写真は、大雨時にワイパーを動かさずに得られる視界の状態です。

rain2


詳しくはこちらから

Profile

陸に上がったクジラ

広島ブログ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カーケミカルと水性コンパウンドの通販サイト
楽天市場
  • ライブドアブログ