磨きとコーティングの参考書

コーティングも塗装も見栄えは磨きが大きく影響します。作業時間を短縮し、かつ研磨傷の目立たない磨きや、様々な塗装に合った磨きをご提案しています。 また、簡単で低価格、高品質なコーティングもご紹介させていただいています。

バフ傷を出さずにシングルポリッシャーで磨くには

バフ傷を出さずにシングルポリッシャーで仕上げるには、

シングルポリッシャーで磨く場合、研磨熱が高くなりやすいのでバフ傷を出さずに磨くことは結構至難の業ですよね、

でもコツはあるんですよ。

最終仕上げでは弊社のコンパウンドでいうと0.8μのMC-Lと言う水溶性コンパウンドを使うのですが、

とかく最終、鏡面仕上げではスポンジバフも超微粒子のキメが非常に細かいスポンジバフを使われると思いますが、

私の経験から、非常にきめの細かいコンパウンドと超微粒子のバフでは、バフが目詰まりし易く研磨カスが凝着しやすくなり、それが傷を入れてバフ傷(磨き傷)となってしまいます。

どちらかと言うとバフのキメは極細くらいで、できだけ柔らかく厚みのあるバフで磨いたほうが効率が良いように思いました。



鏡面仕上げの場合、最初からバフはフラットにして少し力をかけて磨き徐々に力を抜きながら磨き、

最後には下のダブルアクションの軌道のようにランダムに軽くなぞっていくとバフ傷の目立たない綺麗な仕上げが出来ました。

wap




弊社ではシングルポリッシャー用に水溶性コンパウンドをお勧めしていますが、このコンパウンドは脱脂の必要がありませんので、

仕上げはマイクロファイバークロスを軽くなでるようにして研磨カスを拭取るだけです。

いくらマイクロファイバークロスといえども、少しでも力を入れて拭き取ると拭き傷がついてしまいます。

また、洗車をされる場合は、流水にてスポンジでもマイクロファイバークロスでも結構ですが、力を入れずに軽くなでるようにして洗い流し、ブロワーで水滴を飛ばすようにします。



以上が当時私がやったシングルポリッシャーでバフ傷が全くと言っていいほど目立たない仕上げ法です。



最後にバフの洗浄ですが、必ず使用したバフが乾かないうちに洗ってください。

一端乾いてしまうと研磨カスやコンパウンドが固く付着して今うので除去が難しくなってしまいますし、バフ傷(磨き傷)を入れてしまう原因止まります。

使い終えたバフは、必ず乾かないうちに洗うようにしてください。

乾いたバフをブラシなどで汚れを除去して使用するのもNGです。



何故なら、下の写真のようにコンパウンドが乾いた状態でブラシをかけても元の黒には戻りません。

buffcleaninghikaku


と言う事は、コンパウンドの塊が残っているという証拠です。

この状態で磨いても鏡面にはなりませんよ。

あなたはどう思われますか?

そういえば、磨く前の処理も大切です。


ボディの汚れやコーティングの劣化被膜はしっかりと除去しましょう。

これらが絡みの原因になったり、曳いては焼き付きや傷の原因になったりもしますから。

磨き始めてバフが汚れているようであれば、下処理が甘いと言う事です。


デモをしている当時の事ですが、野ざらしのパネルを雑巾できれいに拭いても、

磨くとバフが汚れて、絡んだり焼き付きを起こしたことが結構あったのです。

パネルの間に、WAXが残っていたりとか。


以上がシングルポリッシャーでの磨きのご紹介でしたが、

弊社開発の「抑熱研磨法」および「水性コンパウンド「TAKUMI OPS PRO」での磨きは、

ダブルアクションポリッシャーで「研磨熱」を極限まで抑え、溶剤分や艶出し成分を配合せず、油脂分も極限まで少なくしているコンパウンドに変えるだけでこのようなトラブルや手間は大幅に改善されます。


弊社の「抑熱研磨法」ではリョービ(RYOBI) サンダポリシャ RSE-1250を推奨しています。

理由はオービット(横に振る幅)が2.5个半さい為に初心者でも扱い易いからです。



磨きは、「クリアーを磨く」と言う事です。

「黒は難しい」と言われるのは、濃色車は傷などが良く目立つからなのです。

バフ傷の出ない磨きをマスターされれば、塗装色は恐れることはないのです。

磨き方を変える必要があるのは「クリアーによって磨き方が違う」と言う事なのです。

スクラッチシールドやセルフレストアリングコートも塗装を知ればそんなに難しいものではないのです。

実際に、多くの素人の方々がちゃんと磨けているのですから・・・。



最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

皆様のご参考に少しでもなれば幸いです。

水性・水溶性コンパウンドでのシングルポリッシャーの車磨き

これに対して水性、水溶性コンパウンドは、

溶剤のような塗装を柔らかくしたり滑りやすくする成分がほとんど配合されていないために熱に頼らなくても切削力に優れています。

が、水性および水溶性コンパウンドは、潤滑は水分と微量の油脂分だけなので、シングルポリッシャーのような研磨熱が上昇しやすい磨きではかえって水分などが蒸発しやすくなるために、

焼き付きやすくなったり、頻繁にコンパウンドの補充、あるいは霧吹きでウエットな状態を保ちながら磨く必要があります。

よって、シングルポリッシャーで水性・水溶性コンパウンドを使って初期研磨をする場合では、

ウールバフはできるだけ毛先の長いものを使用するか、もしくは厚めの少し目の粗い、かつ硬めのスポンジバフで、

しかも低速で、余り速くもなく遅くもないスピードでポリッシャーを移動させながら磨いていきます。

何故なら、ポリッシャーを早く移動しすぎるとコンパウンドが乾いてしまうので、出来るだけ、磨ける状態であるウエットな状態を保てる範囲を磨いていきます。

シングルポリッシャーでの車磨きでは、どちらかと言うと水溶性コンパウンドのほうが良いです。


初期研磨については、傷を的確に磨くために下図のように少しバフを進行方向とは逆半分のバフ面に力をかけるようにして磨きます。

polisyanokakudo1


また、こうすることで研磨カスを拭取りながら磨けるので、状態を確認しながら磨くことが出来るのです。



ご参考までに、毛先の短いウールバフと、毛先の長いウールバフで磨いたときのバフ傷の違いの写真をご覧ください。

w5-w20-cut2


毛先の短いウールバフのほうがバフ傷が多いのがご理解いただけると思います。



また、毛先の短いほうがコシが強いので研磨熱も高くなりやすく、コンパウンドの水分も非常に速く蒸発してしまいます。

ただし、毛先の長いウールバフは毛の奥までしっかりと洗わないと研磨カスやコンパウンドが残って傷をつける恐れがあるのでしっかりと洗っておく必要があります。

次は最後です。

ではまた、2日後に

シングルポリッシャーでの車磨きと溶剤系コンパウンドについて

これは、あくまでも私の私見ですが、



ずいぶん前の事ですが、

「溶剤と熱で塗装を柔らかくして磨く」事が効率の良い磨きだと、聞いたことがあります。



その他、つい最近までは磨きと言えば「シングルポリッシャー」と言う回転力の強いポリッシャーでの磨きがほとんどでした。

回転力が強い為に、少し押し付けただけですぐに摩擦熱、つまり研磨熱が上がってしまいます。



下図はシングルポリッシャーで磨いたときのサーモグラフィーですが、

thermo1


ご覧のように90℃以上にもなってしまいます。



高い熱が出ると言う事は、熱でコンパウンドが乾き易くなり、この乾いた状態で磨き続けると当然バフに付着しているコンパウンドや研磨カスなどが固着して傷がつきやすくなりますす。

よって、シングルポリッシャーでの車磨きでは、熱により塗装が柔らかくなるので削りやすくはなりますが、傷も入り易くなってしまいます。

また、焼き付きを起こしやすくなり、ひどくなると研磨剤が柔らかいクリアー等に食い込んで白くぼけたようにもなります。

このようになると、磨きでは修正は効きません。

ペーパーをかけてから磨くか、ひどい場合は再塗装にもなりかねないのです。



前置きが長くなりましたが、

これらの研磨熱を抑えるために潤滑剤の目的で溶剤を配合しているのも理由の一つではないかと考えています。

あなたはどう思われますか?

他には、エンジンオイルではないのですが、「冷却」と言う目的もあったりして・・・。



しかし、この溶剤系のコンパウンドに配合されている溶剤はほかにもトラブルの原因として考えられる事があるんです。

それは、「溶剤が傷を埋めてしまう」と言う事です。

だから、溶剤系のコンパウンドは速く傷が取れ、艶もよく出るように思割れがちなのですが、

実際は傷が取れなくて埋めている訳ですから埋めたもの(ここでは溶剤ですが)が流れたり消滅すれば傷は当然表れてくるわけです。

また、実際に磨いて洋卓を出したわけではなく、溶剤や艶出し剤での光沢ですから、それが無くなればツヤも引いてしまうのです。

いかがですか?

溶剤系コンパウンドについてはご理解いただけましたでしょうか?


続きはまた2日後に

バフ傷はなぜ入る?

なぜバフ傷が入るのでしょうか?


あなたはなぜだと思われますか?


私の経験では、

まず最初に挙げられるのは、

「バフの汚れ」です。



磨くうちにコンパウンドが乾いてしまうと磨けなくなるために付け足しますよね。

また、磨けば磨いたカス、研磨カスが出ますよね。

研磨カスが出るのは、排出性の良い水性や水溶性で、溶剤分を多く配合したコンパウンドはあまり研磨カスは出ません。

では研磨カスはどこにいったのでしょうか?

あなたはどこに行ったと思いますか?

そうです、ほとんどがバフについているのです。



「カスのほとんどがバフにつく」と言う事は、

バフが目詰まりを起こしたり、研磨カスが固まって付着してしまいます。

目詰まりを起こすと磨けなくなりますし、

研磨カスが固まってバフに付着すると、この付着したコンパウンドや研磨カスにより傷がついてしまいます。

だから、バフが汚れればその都度洗ってやる必要があるのです。



汚れた状態で磨き続けることは、

最終的にはいくらコンパウンドを補充しても全然磨けなくなってしまいます。

これでは不経済ですし、傷も入りやすくなり、

何といってもきれいに仕上げることはできません。

バフは、できるだけきれいな状態で使用しましょう。



次にあげられるのが「溶剤系のコンパウンドで磨く」ことでしょうか。

あなたは、バフのクリーニングについてもコンパウンドの種類が大きく影響することをご存知ですか?

水性や水溶性のコンパウンドは下の写真のように水に溶けるのでバフの汚れも比較的簡単に除去が可能です。

suiseicomhikaku


しかし、溶剤系(溶剤を多く配合したもの)のコンパウンドでは、洗剤やバフクリーナーで洗わないとなかなか除去はできません。



溶剤系のコンパウンドは、研磨カスの排出性も悪く、クリーニングにも手間がかかるのです。

溶剤系のコンパウンドが全てではないとは思いますが、私の知っている限りではそうでした。

ではなぜこのような溶剤系のコンパウンドがあるのでしょうか?


続きは2日後に

スクラッチシールドを磨き傷を出さずに磨く方法


スクラッチシールドやセルフリストアリングコートなど、

プロショップでも難しいとされている

「自己修復性耐擦り傷クリアー」の磨きが

全く磨きの経験のない方でもできるようになるんです。


fuga2-2


「そんなことがあるか!」と、当然思われる方もいらっしゃるでしょう。



しかし、これからご紹介する文章をお読みいただければ、ご納得いただけます。


そもそも「自己修復性耐擦り傷クリアー」とは、擦った傷なら自然と修復されるという塗装です。


この塗装は、カラーベースとなる塗装の上に噴き付けるクリアー塗装で、高密度で弾力性のある塗装なので、傷が入りにくく、
もし擦り傷が入ったとしても、自然に復元されるという優れた塗装なのですが、一端塗膜が切断されてしまうと復元はできません。

塗膜が切断されると「磨き」が必要になってきます。

が、この「磨き」がプロでも一筋縄ではいかないのです。


でもこれからお話をするこの塗装の性質を知れば難しくはないのです。


では、この「自己修復性耐擦り傷クリアー塗装」を施した車が多い、日産のスクラッチシールドを参考にご説明していきたいと思います。




【スクラッチシールドとは】


<特  徴>


通常の塗装では、高密度と言うと「強靭=硬い」というイメージがありますが、硬さで傷を入りにくくするのではなく、
柔らかくて弾力があり、密度の高い結合をしたクリアー塗装のために、言い換えれば柔らかく強靭な塗装、
つまり「弾力性を持たせた強靭な塗膜によって傷が入りにくく、また新車時の光沢が長持ちする塗装」で、
もし、傷が入っても自然に復元する塗装なのです。


<メリット>


弾力性と強靭性により傷が入りにくくしているので、傷による劣化や艶引きなどが起きにくく、光沢が落ちにくいので、新車時の塗装品質を長く維持できます。
また、柔らかく弾力性があるために塗装の構造が破壊されにくく、擦り傷のように塗装表面が変形しても自然と復元します。


これは、あなたも経験があると思いますが、分厚いビニールシートに爪を立てた場合を想像してみてください。

爪を立てるとその部分はへこんでしまいますよね。
でも、しばらくほおっておくと元に戻るでしょ。

この理屈なんです。


もちろん、深ければ復元する時間も長くなるでしょうし、また、日産のHPによると復元には温度も影響する様です。
つまり「気温が高ければ高いほど復元する時間が短くなる。」ということです。


しかし、ビニールシートの表面に切り傷が入った場合はどうでしょう?
切断された場合元には戻りませんよね。


この様な場合は、磨きによって傷を除去する以外ありません。(これが難関なのです)


メリットとしては、他に、

高い密度で粒子が結合することで、光や酸性雨などに強い高耐候性でもあり、艶の良く、表面も滑らかでもあります。
表面が滑らかなので、撥水性も高く傷や汚れが付きにくいのです。



<デメリット>


まず挙げられるのは、どこでも補修ができない。
特殊な塗装の為専用の塗料と塗装の施設、それに塗装技術が必要です。


塗装以外では「磨き」の技術でしょう。
この「磨き」に困っている方が多いのです。


多分、これをお読みいただいているあなたもそうではありませんか?


通常のクリアーはほとんどが弾力性がないので、

あなたも学校で学ばれたと思いますが、「作用・反作用」の法則で、
磨くときに力を入れれば入れただけの反発力があるので切削力は力を入れた分だけ強くなりますが、

このスクラッチシールドは弾力性があるために、「作用・反作用」の理屈は通用しません。

だから、いくら力を入れて(圧をかけて)磨いたとしても作業は、はかどりにくいのです。

ましてや、研磨熱が高くなりがちなシングルポリッシャーで磨けば、熱が大きく復元に影響する塗装の為、一般の塗装よりも膨張しやすいと考えられます。

よって、膨張により傷口が閉じるために傷が取れたと思って満足すると、時間が経つごとに傷が表れてくるのです。


「きれいに磨いたのに後から傷が浮き出てきた」となるわけです。


このケースが非常に多い!

通常は、溶剤を多く含んだコンパウンドに多い現象ですが、

事、スクラッチシールドなどの自己修復性耐スリクリアー塗装では、「熱、温度」が大きく関係します。


他には、コンパウンドが焼き付いたり、いくら磨いてもすっきりと仕上がらないなどのトラブルも多く発生するのです。




【「効率の良い磨き」とは?】


<研磨熱を発生させない磨きをする>


スクラッチシールドは非常に熱の影響を受け易い塗装である事はご理解いただけたと思います。


一般の塗装もそうですが、熱により塗装は柔らかくなります。
柔らかくなることで傷が取れやすくなります。

が、逆に傷が入りやすくもなります。

また、膨張も起こります。


当然のごとく、膨張の後には冷めて収縮と言う現象が起こります。


膨張による磨きのトラブルについては先ほど述べたとおりですが、これを避けるためには、「熱を出さない磨きをする」事なのです。


熱を発生させなければ伸縮と言う現象は起こりません。
通常の状態で傷が見えなくなるまで磨けば、変化がないわけですから、後から傷が出てくることはないのです。



<コンパウンドのみで磨く>


熱を掛けない磨きは言い換えると「研磨剤のみで磨く」と言う事です。

とは言え、今ある多くのコンパウンドはシングルポリッシャー向けのコンパウンドだと私は思っています。


以前何かで読んだか聞いたかは定かではないのですが、


先程触れたように、「磨きは磨く際に出る研磨熱と、コンパウンドの溶剤で塗装を柔らかくして磨く」と言う事を知りました。

要は滑りを良くして研磨熱を抑える為に潤滑剤的に溶剤などを配合していることも理由のようです。

エンジンオイルと同じ目的のようですね。

多少、冷却作用もあるのかもしれません?


しかしながら、研磨熱を抑えた磨きでは回転力の強いシングルポリッシャーよりも、

回転力の弱い研磨熱が出にくいダブルやサンダポリッシャーを使用するためにこれら潤滑的な溶剤分などが多く配合されていると、切削力が弱い為に磨きに非常に時間がかかってしまいます。

よって、コンパウンドも研磨熱に頼らなくても効率よく磨けるコンパウンドを選ぶ必要があるのです。


また、ポリッシャーの扱い方も効率の良い扱い方があるのです。


この二つが兼ね備わって初めて、熱を抑えた効率の良い磨きが出来るのです。


この磨きを私は、「抑熱研磨法」と名付け、専用のコンパウンドとバフを開発いたしました。

また、「抑熱研磨法」とスクラッチシールドやセルフリストアリングコートなどの「自己修復性耐擦り傷クリアー」の磨き方を説明したマニュアルを付けることで、

「磨きは全く経験ない」と言う方々でも独習出来るようにいたしました。

この様なセットは、私の知る限りではどこにもないと思っています。

実際に、磨きの初心者の方々でいきなりスクラッチシールドを磨いたという方々もたくさんいらっしゃるのです。


<最後に>


あなたが「スクラッチシールドの車ってどれ?」とか、「セルフリストアリングコートの車ってどれ?」、

「私の車の塗装は当てはまるのか?」と思われているのでしたら、

下の日産、トヨタの対象車のリストをご覧ください。


スクラッチシールド塗装車種一覧(2018.09現在)


セルフリストアリングコート塗装車種一覧



その他、下の記事もご参考にしてください。


スクラッチシールドを始めとするクリアー塗装について

スクラッチシールドの特性を知れば磨きはさほど難しくはない



最後までお読みいただき、「磨き初心者の私でもできるのでは?」と思われたら、是非挑戦すべきです。


こちらもご参考までにご覧ください。

スクラッチシールド研磨独習セット
Profile

陸に上がったクジラ

広島ブログ
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カーケミカルと水性コンパウンドの通販サイト
楽天市場