「車磨き」、独学では難しいと思っていませんか?

確かに今までの磨きでは一人で習得するのは困難だったでしょう。

習得には「講習」を受けなくてはなりませんでした。

講習は、時間を取られ、費用も掛かります。

ましてや、講習会場までの交通費や場所によっては宿泊費も必要となります。

なぜ「(本格的な)磨き」は自分一人で習得が出来ないのでしょうか?

原因としては、今までの講習のほとんどがシングルポリッシャーと言う一方向に回転する、回転力の強いポリッシャーでの講習でした。

一方向に早く回転をすると言う事は、大きな遠心力が働くために、ポリッシャーに振られやすく「素人では扱いきれない」のです。

経験者に教えてもらわないとポリッシャーに振られてパッドで深い傷がついてしまうと言う危険性があるのです。

他には、おしえてもらっても経験がものを言う以下のようなトラブルも多くあります。

「バフ目(バフ傷)」がなかなか消せない。、

磨きすぎによる「過研磨」。

「焼き付き」、「白ボケ」、「カラミ」等々。

最悪の場合には「パネルの歪み」があります。


これらの主な原因は、磨く際に発生する「研磨熱」によるものがほとんどで、

この原因を解決するには経験がないとなかなか解決できるものではないのです。


これが、独習できない大きな要因なのです。


パッドによる深い傷や、パネルの歪みなどは磨きでは修正が困難で、

鈑金・塗装が必要になってしまいます。


この様に車を磨く作業では、研磨熱による多くのトラブルが起きやすいのです。


だから、経験者に教えを乞う必要があるわけです。


しかし、これらのトラブルの原因の大部分が「研磨熱」によるトラブルであるなら、

この「トラブル」を起こす原因である「研磨熱」を出さない磨きをすれば良いと思いませんか?


「これらのトラブルが無ければ、磨きも自分一人で学べるかも?」

と思いませんか?


この考えのもとに考え出されたのが「抑熱研磨法」であり、


抑熱研磨法で効率よくしかもきれいに仕上げるために開発されたのが、「TAKUMI OPS PROシリーズ」のコンパウンドであり、ウールバフスポンジバフなのです。


これらのコンパウンド、バフに「抑熱研磨法」で効率よく作業ができるように、また独習できるように編集した施工マニュアルをセットにしたものが


抑熱研磨法独習セット」です。


このセットで学べば、短期間で「抑熱研磨法」が習得でき、

先ほどのトラブル回避だけではなく、最近増加傾向にある樹脂パネルやスクラッチシールド、セルフレストアリングコートなども従来よりも簡単に、楽で高品質な磨きが出来ます。