パニック症状

パニック発作

パニック障害は、突然なんのきっかけもなく、パニック発作が繰り返し起こる病気です。

パニック発作とは、突然なんのきっかけもなく、動悸・息切れ・呼吸困難・めまい・吐き気などのパニック発作が起こり、この症状が何度も繰り返し起こる病気です。

激しい動悸や息切れなどの症状はだれでも1度や2度は経験するものですが、多くの場合、大勢の人前に出て緊張した、高いビルに上がって恐怖をを感じたなど、発作を起こすなんらかの原因があります。
パニック障害の不思議なところは、パニック発作が特別な原因もないのに起こるというとこです。

そのため、患者さんには「また、あの発作が襲ってくるかもしれない・・・」
という不安が常につきまとうようになり、病気が進行していくと、”1人で外出できない””電車にのれない”など、日常生活におおきな支障をきたすようになります。


私の場合は、息苦しさと気持ち悪さ(吐き気)と震え、そして死ぬんではないかという恐怖とめまい等がおきます(;ω;)


・・・病院で頂いた冊子より抜粋・・・



>>>わずか27日で2年間苦しんだパニック障害(不安神経症)を克服した法則


>>>うつ病で障害年金を受給する方法、毎月10数万円を国から受給することで安心感と今より快適な生活を得られます!
Copyright (C) ママはパニック障害!パニック発作体験記+もふっと育児日記. All Rights Reserved.