広場恐怖

パニック障害〜広場恐怖について〜

パニック障害〜広場恐怖〜について。

広場恐怖とは繰り返しパニック発作を起こした患者さんが、以前に発作を起こした場所や、発作が起きたときにすぐに助けを得られないような場所を恐れることです。

その結果、患者さんはこれらの場所や状況を避けるようになります。

パニック障害患者さんが避ける場所や状況
・人ごみにいること
・エレベーターの中
・1人で外出すること
・1人で留守番すること
・トンネルの中
・スーパーなどの行列に並ぶこと
・会議・授業に出席すること
・自動車、電車、バス、飛行機などに乗ること


私は、買い物中によく発作がおきたりします。あとは、映画館とか授業中(学生の時)とか。とにかく、デパートとかは避けたいところです。1人での外出は勇気がいりますね^^;
パパのいない間、子供だけといるときはものすごく不安です。どうすればいいのか、考えてるうちに頭が真っ白状態でよく泣いてしまいます(;д;)




>>>わずか27日で2年間苦しんだパニック障害(不安神経症)を克服した法則


>>>うつ病で障害年金を受給する方法、毎月10数万円を国から受給することで安心感と今より快適な生活を得られます!
Copyright (C) ママはパニック障害!パニック発作体験記+もふっと育児日記. All Rights Reserved.