一言ブログ♪(出勤・最新情報・プレゼント報告) マッサージよりさらなるリラクゼーションを 香りから始る癒しのとき・・・ トリートメントはもちろんのことセラピストの容姿・笑顔・接客にいたるまで常に時代にマッチした進化を追及していきます。(^^)

移転!!


こんにちは

寒い日が続いていますが、体調など崩されていませんか

さて、今日は重大なお知らせです
なんと、、、パニエがお引っ越しします

ただ今、移転準備のまっただ中
詳細につきましては、もうしばらくお待ちください

 

 こんにちは、今日は連休の真ん中ですね

遊びや、仕事でお疲れの方、こんな日は是非

当店 パニエのご利用お待ちしてます 

こんばんは

  久しぶりの更新です、

日本元気レポートというサイトで当店の動画がのってます


一度ご覧になってください、体操のお兄さんの、弘道お兄さん


がインタビューしてくれてます 

7月オススメ精油

7月になりました♪

雨でじめじめ、晴れても暑いですね(´Д⊂)


そんな7月にオススメの精油は

・レモン

学名 Citrus limon

柑橘系の精油の中でもスーッとする香りのレモン♪

そんなレモンには意識を高揚させ、理解力や集中力をたかめる作用があります
暑くて頭がボーッとするそんな時期にオススメです

その他に
・免疫力を活性し感染症を防ぐ
・肌の新陳代謝UP
・血液循環促進で冷えやむくみの改善
・殺菌作用
・漂白作用
など、夏にもってこです


フランス人の軍医
ジャン・バルネはレモンには髄膜炎菌や腸チフス菌など
空気中の菌を殺す殺菌作用があると発表しています


ただ、光毒性といって肌に塗布した後、紫外線を浴びると
赤くなったり、かゆみがでたりする事があるので
日中使用する場合は注意が必要です

塗布してからだいだい6〜7時間以上たてば光毒性はおきないと
いわれていますので、夜の風呂上がりなどにセルフマッサージなどを
行うとよいでしょう♪


レモン精油には 漂白作用といって肌の美白ケアにも向いています
お顔に塗布する場合は 光毒性に尚更、注意が必要です


私のオススメ精油ブレンドは

・レモン+ローズマリー
ローズマリーにも集中力UP作用がありますので
午前中にこの2種類をブレンドした香りをお部屋中に充満させて
頭をシャキッとさせて1日を始めることがいいかと思います♪



・レモン+ブラック・ペッパー
食べ物でもあるこの2種類の香りの相性はよく
ブラックペッパーにも血行促進作用がありますので
クーラーで冷えた脚のマッサージなどに特にオススメです♪



🌿次に7月にオススメのハーブは

・ローズヒップ

学名 Rosa canina

天然のビタミンCをレモンの20〜40倍含んでおり
別名『ビタミンCの爆弾』と言われています

・ビタミンC補給作用
感染症や炎症、肉体疲労、ストレスを受けた時、
喫煙をしたとき などビタミンCを失う機会は思っているよりたくさんあります

タバコ1本喫煙でレモン1個分のビタミンCを失います(((( ;゚д゚)))

・緩下作用
お通じをよくしてくれるローズヒップは汗をかいて水分不足で
便秘になる今の時期にオススメです


市販のハーブティーでは
ローズヒップにハイビスカスをブレンドしたものを
よくみかけます
ハイビスカスはクエン酸が豊富でローズヒップと相性は抜群です♪
来月にハイビスカスはご紹介しようと思っています♪

ローズヒップ単体はハーブティにすると限りなく無味に近く
味気ないんです・・

単体で飲食するのであれば、
『ジャム』にするのがオススメ

鍋に水とローズヒップ、砂糖をいれコトコト煮込みます♪
ビタミンC豊富のジャムの出来上がりです♪

そのまま、パンにつけてもオッケー
紅茶に砂糖の代わりに入れてもオッケー

暑い夏、楽しみながら乗り越えていきましょう♪

『楽しく、身体によく、癒される時間をお過ごし下さい』





TEL=052-228-9061
ホームページ
http://aroma.aichi.jp/


新人セラピストのご紹介

今月入店致しました
島崎 です
研修も終えてお客様へのサービスも提供できるようになりましたのでご紹介させて頂きます

島田さんですがとても素直で技術の上達の早さには驚きました!
愛嬌もよく明るくてマッサージだけでなく楽しい時間をお過ごしできますよ♪
是非とも応援宜しくお願いします


IMG_0076

コースのご案内

ブログネタ
どうしてもなじめないカタカナ語は? に参加中!
マッサージよりさらなるリラクゼーションを・・・
店舗のみならず、出張も承っております。
新人セラピストが入ってきてます

052-228-9061
新規メルマガ特典充実♪詳しくはこちらをクリック♪

コース説明があたらしくなりました詳しくはHPアロマトリートメントコースを閲覧くださいませ♪

ホームページ(URL)
http://tono.synka.jp/panier/

2月のオススメ アロマ精油・ハーブ

寒さが厳しい月になりましたね
花粉も少しずつ出てきているようですね

そんな2月にオススメの精油は
以前紹介した

・ティトリー

学名 Melalauca alternifolia

・強い抗菌作用と殺菌作用

があり風邪の予防に最適と言えます

また、

・免疫力強壮作用

もあり白血球の働きを活性化して体内に侵入してきた
有機体に対する防衛戦を作らせ、病気にかかっている期間を短くします

もうひとつが

・カモミール・ローマン

学名 Anthemis nobilis

頭痛、腹痛、歯痛などの様々な痛みに効果があります
鎮痙・消化促進などの作用により、
下痢や嘔吐などの胃腸の不調にも働きかけてくれます

中でも、

・抗アレルギー作用

があるので、アレルギー性鼻炎や花粉症の緩和に最適と言えます

オススメのブレンドは

・ティトリー+カモミール+ラベンダー

ティトリーの爽やかな香りをカモミールとラベンダーの
甘い香りが包み込んでリラックスしてくれます♪

全身浴にオイルと一緒に混ぜればしっとりとした肌にも
なりスキンケアにもとても有効的です♪


🌿2月のオススメハーブは

・カモミール・ジャーマン

学名 Matoricaria chamomila

世界でもっとも親しまれているハーブの一つで
童話のピーターラビットにも登場しています

心身をリラックスさせるとともに消炎症作用を発揮してくれます
働きが穏やかなためお子様にもオススメのハーブです

オススメのブレンドは

・カモミール+ペパーミント+ネトル

カモミールの甘い香りをペパーミントのすっきりした香りが
包み込んでまろやかにしてくれます
お互い消化器系に良い作用を発揮してくれるので
ストレスからの暴飲暴食時にオススメの組み合わせです♪
カモミールとネトルのアレルギーに対しての対応と血液をきれいにして
体質改善する組み合わせと言えます♪


これから、『春』が訪れます♪
春になると様々な慢性的なトラブルが出やすくなるので
今のうちから対策をとることをオススメします♪


藤崎

TEL=052-228-9061

ホームページ
http://aroma.aichi.jp/

1月のオススメアロマ精油・ハーブ

TEL=052-228-9061
ホームページ
http://aroma.aichi.jp/


明けましておめでとうございます
1月になりました♬

新しい年を迎え今年一年も健康で元気に
生活ができるようにを抱負にがんばりたいです♬


1月にオススメの精油は

 ・ベンゾイン(安息香) 

学名 Styrax benzoin
           Strax tonkinensis

バニラに似た濃厚で甘い香りのする 
ベンゾインのその香りには幸福感を与えてくれる
働きがあります
寂しさやストレスがたまり甘いものを欲してしまう時に
ベンゾインの香りを嗅いで、一旦気持ちを穏やかにすることで
ダイエットにも繋がります

その他にも

・エモリエント作用

肌を柔らかくしてくれる作用がありスキンケアに
オススメです
特に冬場は唇がカサカサしてしまう時期でもあり
ベンゾインを使ったリップクリームはとても重宝します

そして呼吸を整え緊張をほぐす働きもあり、
ベンゾインの精油をオイルや無香料のクリームなどに
1・2滴まぜて、寝る前に胸元に塗り込んでいくと
寝付きがとても良くなります

特に

『失恋した方』

にはオススメの精油と言えます♩


他の精油とブレンドして使う場合は

・オレンジスイート+ベンゾイン
12月同様、香りの相性はいいですね♩
オレンジケーキを思わせるようなこの組み合わせは
リラックスできなおかつ消化器系にも元気に働きかけてくれます

・ペパーミント+ベンゾイン

スーッとする香りのペパーミントと合わせると
ベンゾインの甘さが抑えられ爽やかだけどどこか
ミントアイスのような懐かしい香りがします♩

頭がもやもやしてパンクしぞうな方には
オススメのブレンドです


🌿1月のオススメのハーブは

 ・タイム

学名 Thymus unlgaris

和名 タチジャコウそソウ

強力な殺菌効果があり風邪やぜんそくの症状を
緩和してくれるタイム

風邪を引いたときは、エキナセア・タイムは必需品です

私自身、風邪を引いたときは
ハーブティーとしてだけでなく
濃く煮出して、うがい薬の代用として
エキナセアとタイムは使用します

タイムはお肉料理に混ぜても美味しいです

そして、殺菌効果以外にも
消化促進作用があるため、風邪で食欲の湧かないときに
ハーヌティーとして飲むと
消化器官から体を活性してくれる働きがあります

ごはんを食べないとますます菌やウイルスに負けてしましい
ますよね

タイムやエキナセアはハーブティーとしてだけで
なく幅広い使用用途がありますので常時
キッチンにストックするにはかなりおすすめのハーブです♪

私は今年はタイムをベランダで育てようかな
とも思っています


         藤崎


 

四季の食事   冬

TEL=052-228-9061
ホームページ
http://aroma.aichi.jp/


冬の「食」

暦の上では立冬(11月上旬)から冬が始まるとされています
寒さが極まる季節なので、自然界の植物は地上に出ている部分を
枯らして、根に栄養を蓄えます 

人も同様で、
「自分の中にあるエネルギーを表にだして消耗しない
ように気を付けましょう」  という季節です♪


・冬は冷気が心身の動きを鈍らせます

漢方の『六淫』 のなかでは冬は「寒邪(かんじゃ)」などと
表現します
・『六淫』は漢方医学において外部からの病気の原因のことを
言います

「寒邪」
陰の力が強く全身を冷やし、あらゆるものの動きを
滞らせる特徴があります。

特にその「寒邪」の影響を受けやすいのが
五臓の「腎」です。

・「腎」とは
生命活動の基本物質である精気を蓄えており、ここが
冷えると気分が落ち込み、パワーもでません・・・

そうすると様々なものを動かす力が湧かず
血行不良による痛みがでたり、骨の状態にも影響がでて
・関節痛
・腰痛
・リウマチ痛

などの症状が現れてきます 
この時期に上記の不調が多いのはそのためなのです 


・冬の食事の基本

1 辛味を摂って温める

辛味には身体を温めて血流をよくする働きや
発汗作用もあるので風邪の引き始めなどで寒気が
ある時に特にオススメです

・ショウガ
・長ネギ
・ニンニク

この辺の食材は使いやすく日常でも取り入れやすいと思います♪

その他、風邪の引き始めには
・サンショウ
・コショウ
・シナモン
・唐辛子

がオススメです♪
この食材は風味付け以外にも気血を巡らせて身体を
温めてくれる働きがあります



2 「腎」を養う鹹味(塩味)と黒い食材を摂る

「腎」を助ける食材には黒い食材と鹹味(塩味)があります

黒い食材は

・黒豆
・黒ごま
・小豆

など、色の黒いものが特徴です


色が黒くて尚かつ鹹味(塩味)もとれる食材は

・ワカメ
・昆布
・ヒジキ

などの海草類に多いです♪
ワカメのみそ汁など手軽なものから取りいれて
毎日摂取することが大切です♪



3  補気・補血の食材を摂る

寒さに負けない身体を作り、次にくる春を元気に過ごすためにも
気血を補うことは大切です

・穀類や豆類・芋類  は気を養い

・肉類  は気血ともに養い

・レバー は血が養います


主食として食べるものには気を養う特徴があり、
肉類などタンパク質には血を養う特徴があります

身体の基本なものなのに
知らずのうちに摂っていたんですね♪



宴会シーズン、誘惑に負けず暴飲暴食は避け季節にあった食材を
なるべくとり一年を通して健康な身体で元気過ごせるといいですね♪


季節の「食」シリーズはこれで終わりになります

また、役立つ情報がありましたらアップしていこうと
思っています♪♪


         藤崎











12月のオススメアロマ精油・ハーブ

TEL=052-228-9061
ホームページ
http://aroma.aichi.jp/

12月になりました

この前、雪が降っていてびっくりした私です
名古屋、今年は寒くなりそうな予感がします!!


そんな12月にオススメの精油は 

・シナモンリーフ
学名  Cinnamomum zeylanicum

ニッキとしてしられるシナモンは
とても濃厚で刺激的な香りが特徴です

ケーキや食材に使われ馴染みのある香りですが、精油にすると
刺激が強いので使う量には注意が必要です

精油に含まれるオイゲノールという成分が強い殺菌作用を持ち
これからの時期にピッタリな精油と言えます


その他にも
・刺激作用
・呼吸器強壮作用
・ 加温作用
・健胃作用
・鎮痙作用

などがあり私がシナモンリーフをオススメする時は

主に
『風邪の引き始めの方』
『精神に疲れきって覇気がない方』
『無気力でやる気がおきない方』

にオススメします♪

ただ、単体で使うには香りや刺激が強すぎるため
ブレンドして使う事をオススメします


・シナモンリーフ+ベンゾイン+オレンジスイート

芳香浴にも相性バッチリな組み合わせです
オレンジケーキを思わせるような香りでクリスマスのこの時期に
ピッタリです♪

シナモンリーフの強い刺激をオレンジスイートとベンゾインの柔らかな作用が
バランスをとってくれ、甘い香りが心に幸福感を与えてくれます
これから、宴会シーズンのため暴飲暴食で
おなかの調子が悪い方にもこのブレンドはオススメです
シナモンリーフとオレンジスイートの健胃作用が疲れた胃腸を
好転させてくれます♪


気になる方は、是非試してみてください♪♪


🌿12月のオススメハーブは

 
 ・エキナセア

学名 Echinacea angustifolia
           Echinacea purpurea


「免疫力を高めるハーブ」のエキナセア
風邪やインフルエンザ、カンジダや尿道炎などの
感染症の予防に用いられてきました。


私が個人的によく飲むハーブでこの時期は特に
濃いめに煮出したハーブティーで風邪予防しながら
温まってます♪
濃いハーブティだと少しピリッとした口当たりになり
これはエキナセアに含まれる少量のアルカロイドという成分に
刺激があるためです

パニエでもエキナセアはお取り扱いしております
是非、気になる精油・ハーブは試してみてください♪

今年もあとわずがになりました
皆様、よいお年を迎えてくださいね

年末は28日まで営業しております
年始は1/5から営業となっております♪

『楽しく、身体によく、癒される時間をお過ごしください』

         藤崎
          
 

四季の食事   秋

TEL=052-228-9061
ホームページ
http://aroma.aichi.jp/




秋の「食」

暦の上では立秋(8月上旬)から秋が」始まるとされています
初秋はまだまだ暑さが心身に影響し、
仲秋は日中の暑さ残るもののさわやかな期間となります。
晩秋は日中もかなり涼しく夜は暑さすらかんじられるので
過ごし方には注意は必要な季節となります。


・秋は乾いた冷たい空気が心身に影響をする季節です。

漢方の『六淫』のなかでは秋は「燥邪(そうじゃ)」などと表現します
・『六淫』は漢方医学において外部からの病気の原因のことを言います

体表面と体内の潤いを失わせる特徴があります。
そうなると、呼吸と皮膚の働きを担っている『肺』は
本来潤っているのですが、この潤いが不足すると
鼻・喉が乾いて風邪をひきやすくなったり、
空咳が続き喘息などで胸痛がおこりやすくなります。

そして、肌も乾燥により、かゆみや肌荒れをおこし
さらに、『肺』につながる大腸も乾いてしまうので
大便がコロコロと硬くなり便秘になりやすくなってしまいます


・秋の食事の基本

食べ過ぎない程度に潤いを摂りましょう

1 甘味と酸味でうるおいを補う

・リンゴ、ブドウ、梨などの酸味
・ニンジンやカボチャ、ジャガイモレンコンなどの甘味

前回の夏の食事に引き続き
甘味と酸味を一緒に摂ると潤うと言われている
「酸甘化陰(さんかんかいん)」が必要です。

例えば、煮物にレモンなどの柑橘類を絞ってとるのがオススメです♪


2 乾燥を防ぎ、潤肺する食材を摂る

・松の実、クルミ、ピーナッツ、白ごま

 などは、脂質を含んでいるため肌にも腸にも潤いを送ってくれます♪
ただし、食べ過ぎは吹き出物や肥満の原因になるので
注意が必要です
 
・白キクラゲ、山芋、ユリ根

などの白い 食材の中には肺を潤す働くを持つものがあります



3 適度に辛味を利用する

辛味には発散作用があるのでとりすぎは
水分の発散させて乾燥がすすみ喉・鼻・皮膚の
症状が悪化するのでこの時期の食べ過ぎは注意が必要です

おすすめは
・長ネギ・ニンニク・ショウガ・ニラ

などは辛味と温熱の性質を持つので
風邪の引き始めに有効な食材です


秋は実りの秋や食欲の秋とも言え、つい食べ過ぎてしまうので
肥満には気を付けたいですね
肥満にならないためにも少しずつをよく噛んで
楽しみながらとりましょう♪
そして、身体を冷やさないように冷たいものや
生ものをさけ、温まるものがオススメです

『楽しく、身体によく、癒される時間をお過ごしください』


             藤崎
 

11月のオススメアロマ精油・ハーブ

TEL=052-228-9061
ホームページ
http://aroma.aichi.jp/


11月になりました

気温も10月に比べるとだんだんと冷えてきました
冬ももうすぐそこまできてますね♪
最近、歯医者さんに行ったのですが待ち合い室に
アロマが焚かれていてとてもいい香りでした♪
日常に取り入れられているところが増えてきて
アロマ大好きな私としては、楽しみが増えたように感じます
 
そんな11月にオススメの精油は


・ジュニパーベリー
学名  Juniperus communis

ヒノキ科のジュニパーベリーは森林浴をしているようなスッキリとした香りが
特徴です
強力な殺菌作用がありヨーロッパでは昔から
「悪魔ばらいのハーブ」として知られていました
空気を清浄してウイルスなどの伝染を予防したり、
体の毒素や余分な水分を排出させる作用があると言われています。


・気持ちをリフレッシュしたいとき
・他人を「助ける」職業の方に


オススメの精油です

その他に、
・引赤作用
・解毒作用
・抗神経障害作用
・抗リウマチ作用
などがあり、私がジュニパーベリーをおすすめる時は

主に、
『体内循環が滞っている方』
『ストレスの発散がうまくできていない方』

にオススメします♪

それ以外での作用は、
・殺菌作用
・殺虫作用
がありますので、前回同様これからの時期
風邪のウイルス対策にお部屋に焚いてくこともオススメです♪

そんな、ジュニパーベリーにオススメのブレンドは

・ジュニパーベリー+レモン
二つ共に、気持ちに刺激を与え前向きにしてくれる作用と
むくみを除去する作用がありますので芳香浴にも
マッサージオイルとしてもオススメのブレンドです



・ジュニパーベリー+マージョラム
マージョラムで血行をよくし滞った血液循環をよくした
ところ、ジュニパーベリーの解毒作用がさらに身体全身の循環を
UPしてくれる組み合わせです(*゚▽゚*)

気になる方は、試してみてください♪



🌿11月のオススメハーブは


  ・エルダーフラワー

学名 Sambucus nigra

エルダーフラワーはフラボノイドを豊富に含む
ハーブの代表で、発汗や利尿作用をもたらします
また、抗アレルギー作用があり風邪などのカタル症状を
鎮めるため欧米では「インフルエンザの特効薬」と
呼ばれています

ハーブティーには花の部分を使用するため、
お湯を注ぐと小さな花が開いたように広がるので
見ても楽しめるハーブでもあります


パニエでもエルダーフラワーお取り扱いしておりますので
興味をもたれましたらお気軽にスタッフにお声をかけてくださいね♪♪

『楽しく、身体によく、癒される時間をお過ごしください』


          藤崎
 
 

10月のオススメアロマ精油・ハーブ

TEL=052-228-9061
ホームページ
http://aroma.aichi.jp/


10月になりました♪
天気のいい日はカラッとしていてとても過ごしやすいですね♪

ただ、
日中と夜間との温度差が結構ありますね
風邪をひかないように注意が必要そうです 



そんな10月にオススメの精油は、

・マージョラム 

学名 Origanum  majorana

温かみがあり優しいスパイシーでしとおるような香りのマージョラムは
不安やストレスの影響をうけた時に
神経系の興奮を鎮静する作用があります

・落ち着かない時
・根の深い精神的な外傷がある時
・考えすぎて頭がキューッと締め付けられるとき

に、お部屋に焚いて気持ちを鎮めるといいです

その他に、
・鎮痛作用
・血液循環促進作用
・血圧降下作用
・抗けいれん作用
・うっ滞除去作用

があり、私がマージョラムをおすすめる時は

主に、
『慢性の肩こり・腰痛』

をでお困りの方に使用します 

それ以外での作用は、
・抗ウイルス作用
・抗菌作用
がありますので、これからの時期
風邪のウイルス対策に
ユーカリやティトリーのスーッとした香りがちょっととゆう方には
マージョラムが代わりになります♪

そんな、マージョラムにオススメのブレンドは

・マージョラム+フランキンセンス
二つ共に、呼吸を整えてくれる作用がありますので
猫背で呼吸が浅い方や緊張すると肩で息をしてしまう方には
オススメのブレンドです



・マージョラム+オレンジ
マージョラムで血行をよくし滞った血液循環をよくした
ところ、オレンジの加温作用がさらに身体全身の代謝を
UPしてくれる組み合わせです(*゚▽゚*)

気になる方は、試してみてください♪



🌿10月のオススメハーブは


  ・セントジョンズワート

和名 西洋オトギリソウ

学名 Hypericum perforatum

暗く落ち込んだ心に明るさを取り戻すことから
「サンシャインサプリメント」と呼ばれています

近年になって、科学的研究が進み
抑うつに対する効果が確認され
・季節的感情障害
・更年期障害の抑うつ
などに活用されています

秋になると気持ちが暗くなったり寂しくなります
人恋しくなるのも、この時期です

そんな時期は、セントジョンズワートのハーブティー
で身体を温めながら心の休憩をオススメします


『楽しく、身体によく、癒される時間をお過ごすください』


          藤崎
 

Panierからお知らせ

皆様
いつもPanierをご愛好頂き誠にありがとうございます。

大変急なお話ですが、9/16をもちまして出張の足湯を廃止とさせて頂きます。

大変申し訳ありませんが、アロマ水素水足湯をご希望のお客様は
店舗にて、ご提供のみとさせて頂きます。

大変、急なお話で申し訳ございません。
ご理解の程、宜しくお願いもうしあげます。 

9月のオススメアロマ精油・ハーブ

9月になりました♪

最近、涼しくなって過ごしやすい季節になりましたね 

気温の変化で体調が崩れてしまう時期でもあります


そんな9月にオススメの精油は

・パチュリ

学名 Pogostemon patchouri 

土の匂いを思わせるスモーキーな香りが心に対して
現実にしっかり足をつかせ
精神のバランスをとってくれる作用があります

夏の時期に活発になっていた心や頭、身体を
穏やかな状態になおしてくれます 

その他に、
・鎮静作用
・強壮作用
少量を使用すると、リラックス作用があり 
多量を使用すると、刺激効果をあらわすおもしろい精油です

パチュリの香りは
食欲を抑制する効果もあり 
これからの「食欲の秋」に対する食べ過ぎ防止にもなります 
もちろん消化器系の不調もバランスをとってくれるので
とても有効的な精油といえます

そんなパチュリにオススメのブレンドは

・パチュリ+イランイラン+オレンジ

この三つはとても相性が良く南国を思わせるような
まとまった香りになります
イランイラン、オレンジともにリラックス作用があります♪

・パチュリ+ガルバナム

二つとも香りの強い精油なのですが
ガルバナムには滋養・強壮作用がありパチュリの強壮作用を
引き出してくれる組みあわせになります♪

🌿9月のオススメハーブは

  ・バジル

別名 メボウキ
学名 Ocimum basilicum
 
ピザやパスタに良く使用されるバジル
なじみのあるスパイシーな香りが
喉の不調や消化器系の不調を緩和してくれます

その他に
・リフレッシュ作用があり
お仕事の合間の気分転換にオススメ

・お仕事や勉強の際に頭をスッキリさせ
集中力をUPさせてくれます

・自律神経のバランスをとってくれるので
ストレスが溜まって疲れがとれない方にも♪


スパイスのバジルは食べ慣れているかと思いますが
ハーブティーのバジルはとてもまろやかで刺激が少なく
飲みやすいです♪
スパイスとはまた違った味覚を楽しめます♪


★スタッフも増えますます
にぎやかになったパニエをよろしくお願いいたします

『楽しく、身体によく、癒される時間をお過ごしください』

              藤崎

TEL=052-228-9061
ホームページ
http://aroma.aichi.jp/




 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ