2018年03月20日

アイルランドに行きました

永年の憧れだったアイルランドへ行くことが出来ましたので、15ヶ月ぶりにブログに書いておこうと思います。
2月の寒い時期になったのはラグビー[6 Nations]の試合を観戦するのが一つの目的だったからです。

アイルランドのラグビーの聖地(日本でいえば秩父宮ラグビー場 )はダブリンにあるLansdowne Road、現在の正式名はA VIVAスタジアム、ここに行ってアイルランドのラグビーanthem[Ireland's Call]を唄ってみたかったんです。このスタジアムの映像があったので載せます。

 

ラグビーのアイルランド国代表 では北アイルランド(英国)の選手も一つのチームで戦うので、国歌の後に [Ireland's Call]が歌われます。

2月23日に ダブリンに到着。

試合のチケットがHospitality ticketだったのでしょう、送られて来たらレストランのクーポン付きでした。
6Nations などのテストマッチでは正規の安いチケットは当該国以外では入手が難しい為、値段はそれなりに高くなっても仕方がないと思っていましたが、1食付きなら少し許せるかもです。

早々にレストランに行きランチを頂きました。アイルランドの味、エールが美味しくてビール嫌いの私もOK.


IMG_0175






 


 ホテルはLansdowne Roadにあるラグビーファンのメッカでした。
徒歩10分で競技場に行けるからと何も知らずに選んだのですが、
大勢の酔っ払い達への手慣れたホテルのサービスに伝統を感じましたね。

翌日のウェールズ戦の為に集まった赤や緑のジャージを着た人達でロビーやレストランは超満員。
アイルランドの歌をうたっているグループもあり、大盛り上がり。
試合前と試合後を楽しむ文化があるんですね。

IMG_0221



IMG_4871




24日 試合当日
かなり寒い日でしたが晴れたり曇ったりの天気。
道路の前を行く真っ赤なコートの老婦人達、IMG_0210
70歳以上とお見受けしました、
ウェールズのサポーター歴は永いんでしょうね。
女性だけのお仲間連れ、私も近い将来こうなりたいな。






IMG_0212スタジアムのてっぺんの席でしたが、
観戦し易く楽しめました。

Ireland 37 対 Wales 27
IMG_4880


 


今年のアイルランドは本当に強かった、
来年のラグビーワールドカップで日本と同じグループに入っているので、日本は苦しいでしょうね。
でも2015年の大金星の記憶もあるので期待しています。





 

paniere at 11:50|PermalinkComments(0) ラグビー 

2016年11月20日

リヨンで

今回のフランス行きの目玉は、リヨンへの2泊3日の小旅行でした。

リヨンに友人の娘さんが住んでいて以前にもお世話になったのですが、
今回も ツアーガイドよろしくとお願いして、甘えてしまいました。

まずはリヨン伝統のお食事を頂きました。

レストランは リヨンの歴史地区と呼ばれる旧市街にありました。

IMG_0057

Hotel cour des Loges のレストラン。


IMG_0058

パイの中にお肉のミルフィーユが入ったものは前菜。



フフォアグラを焦がしたパンに載せて。

IMG_0061









やっぱり出た quenelle クネル

IMG_0062


他にも色々とあったのですが、食べる方に一生懸命で、写真を撮りそこねました、
数人で分けて食べたので、頂いた量は少なめでしたがヘビーだったので満腹。

食後にホテルをちょっと覗かせて頂いたのですが、

旧市街の歴史的な建物をモダンなホテルに改装したそうで、IMG_0066
中世と現代が交錯する不思議な雰囲気は、
いつか宿泊してみたいと思わせる所でした。







その後、リヨン織物装飾博物館、教会を見学。
お腹いっぱいの1日が終わりました。

次の日、私はベッドから起き上がれず、丸々1日寝ておりました。
4日間パリとリヨンを歩き回って疲れがドッとでたのでしょうね、

最終日は元気になって
 Musee Miniature & Cinema ミニチュア&映画 博物館 へ行くことができ、
精巧なミニチュア作品を沢山鑑賞しました。
1/12の縮尺で作られているという解説が多かったように思いますが、
台所の中の本当に細い箇所まで再現されていて、感激しました。




IMG_0172
IMG_0185









IMG_0165
IMG_0175





IMG_0178IMG_0176











空き瓶回収用の箱がオシャレ。IMG_0187






























 

paniere at 15:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月27日

1年ぶりの更新です

何と長いこと忘れられていたブログでしょう、
もう言い訳は無しで、
フランス旅行のあれこれを書きたいと思います。

10月の気温は東京と同じ10度台でしたが、フランスの方が寒く感じました。
東京は湿気があるので、暑く感じるのかなあ。
とにかく帰りは薄着で飛行機に搭乗して正解。
去年は帰りの JRで大汗かいて風邪ひいちゃったので、教訓を生かせた。

パリは大きなテロから1年でしたが、以前と変わったところは全く無かったです。
お店も人通りもお巡りさんの数も同じように見えました。

今回同行した女友達は甘いもの好きで、紅茶好きなので名店に連れて行ってもらえました。
私はブランドとかに余り惹かれない性分なので、パリへ行っても見向きもしなかったのです。

紅茶屋さん「マリアージュ・フレール」では、紅茶をちょっとだけ買って、
二階にあった博物館の方を楽しみました。



IMG_0024
















↓これはピクニック用に作られたバスケットでしょうか、素敵ですね。

IMG_0025

 


 








貴重なお茶を中国から運んだであろう美しい茶箱。


IMG_0026IMG_0028 (1)


















日曜に行ったマレー地区には ストリートミュージッシャンが沢山いて、お祭りのようでした。

変わった乗り物に乗ったお方もいました。

IMG_0018




 

paniere at 19:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フランス