Hola!
今年は果物が豊作、雨が例年より多いけど果物がたべれるから嬉しいな〜


お友達のぺぺからWhatAppで写真と
「quiere aguacate キエレ アグァカテ」ときた。(パナマはLINEではない)

「sí quiero シー キエロ」と言ったら大量に持ってきた。

1週間したら熟れてきた。このアボカドほんと美味しかった。
醤油かけて食べたら、まるでサーモン食べてるみたい。
さすが森のバターですね。



種類によっては水っぽくて美味しくないのもありますが、これは当たり!


スペイン語でアボカドは
aguacate  アグァカテ という。

私がavocado アボカドと言うと笑われた。
なぜ笑ってるのかさっぱりわからず、よく聞いてみると、スペイン語で弁護士の事を アボガド abogado と言うんです。
だから、アボカドの木にむかって私は「弁護士だ〜」と言ってたんですよね。微妙な違いですが、アボカドがアボガドに聞こえてお友達は、弁護士だ〜と木に向かって興奮してる日本人を見て面白かったんでしょうね(笑)

アグァカテのグァて言いにくいですよね。だからこれはアボカドっていうの、日本でも、アメリカでもと強制的にアボカドで通してます(笑)

周りはアメリカ、カナダの人達が多いので、皆んなで弁護士のお友達にわざと、アボカドがきたーと言って、からかってますね。(笑)

彼は、ノー、アボガド と言い返してますが。

Abogado アボガドは弁護士
Aguacate アグァカテがアボカドですよ。

くれぐれもお間違いなく!

Chao!
   にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ