papa_akiraのブログ

 初めまして。 私が50年以上生きてきた経験を記したブログです。 訪問頂いた方々には心より感謝申し上げます。

忘れた頃に記事を書く

己満足でブログを書くほど切ない事はない、以前私はブロガーの集まるSNSに登録していたが、つたないブログでも毎日不特定多数の感想を寄せられると嬉しいものである。

 昨今芸能界ではゲス不倫だの不法薬物使用だのとお忙しいようである。
麻薬や薬物については法律で使用が禁止されているのは言うまでもないが、本人以外に迷惑が掛かる可能性が高い為絶対に取り締まるべきものでありますが、芸能人の不倫を面白おかしく記事にして寄って集って吊し上げるマスコミにはいささか問題がるのではと思ってしまう。
当人同士がすっぱ抜かれて家族に迷惑がかかる場合もある、身から出たサビといえばそれまでだが、極端な話そっとして置けば誰も傷つかない場合もある。本人にはまったく「大きなお世話」なのであるが人の不幸やもめ事を気になってしまうのが、人間の性なんでありますから・・・


Backstreet Boysを聴く (命の大切さ)

本当に命の大切さや重さを人類は理解できているのだろうか? 毎日のように目にする出来事を見るにつけ自分が本当の意味で命の大切さを理解できたのは何時だったのだろうと考えた。
私がそれを感じさせてもらったのは息子を授かった日なのかもしれない。
イスラム国による無差別テロ・・・また、それに対する報復による大量殺戮。
人にはそれぞれの人生や生まれてきた意味があるはずなのに、それを奪ってしまう行為をこの進化し続ける筈の人類は未だに行っている。

せめて我が子の命を奪う最も愚かな行為だけはどうか無くなって欲しい。    人の子の親より



Pilotを聴く (虐めは無くならない)

人間はなんと愚かな生き物なのかと思い知らされる事件が繰り返されています。
虐めによる自殺・・・
私の近くでも起きたことのあるだけに、他人事とは思えない繰り返される心無い行為に心が痛みます。
 息子が虐めを受けた事で私も学校に相談をした経験がありますが、幸い相手が反省してその後何も無かったため事無きを得ましたが、偶々息子の様子がおかしいと気付くことができので早期に解決できましたが心の傷は私には解りません。
決まって虐められる子供には優しい性格が災いすると言われていますが、優しさのどこがいけないのでしょうか?
今回の岩手中学生も父親のインタビューでも分かる通り父親思いの優しい子供だったそうであるが、そんな優しい子供何故虐める対象にするのだろうか?人間の本能が弱い者に対してそうするのだろうか?
大人の社会でも弱い者優しい者は虐められる事が多くある現実が直らない以上、子供社会では直しようがないのは目に見えて分かっている。

どうか周りの大人が注意深く見守って、こんな悲惨な事件が少なくなるようお節介と思われても最善を尽くして欲しいと願って止みません。



Stephen Bishop を聴く (本気で試してみたい事)

お隣の国には何かと目に余る態度や振る舞いが気になり、私の中では許せない国ベスト3の堂々上位に君臨しておりますが、彼らの先祖が生み出した文化や伝統には一目置いております。
中でも風水には迷信やコジツケでは済まされないような効果が有る事は多くの書物や専門家が存在していることからみても何らかの影響力があるようです。
本気で試してみようと思って以前から何冊か専門書は買ってみたものの買っただけで満足してしまう私の悪い癖であります。
とりあえず金運上昇から始めようと水回り、トイレを綺麗にすると決めた本日なのであります。


Frankie Valli & The Four Seasons を聴く (弱い者を虐めるな)

極論ですが、詐欺という犯罪は人として最も卑劣な行為だと思います。
特に高齢者を狙った振り込め詐欺においては本年度は2月時までに1200件34億円以上に上るそうで最低の輩達の許しがたい犯罪なのであります。
そもそも身内の災難をほっておけないのは親や祖父母にとってあたりまえ。そんな人の気持ちを利用した悪質な詐欺にはニュースなどで目にする度に憤りを感じるのであります。
犯罪者の殆どが無職である場合が多く思われますが、仕事もせずに知恵を絞って年寄や弱者をからお金を騙しとる輩に天罰が下るよう心から祈って止まないのであります。
何を隠そう亡くなった母の名前が警察が押収した被害者リストに載っていた事が最近分かったのと親類の夫妻もあと一歩で被害に遭いそうになった事があったほど身近で起きている事件だから・・・





Brothers Johnson を聴く (過激組織の押し付け)

世界中を敵に回し今なお傍若無人な行いを止めようとしない某過激組織が世界遺産を壊しまくっておりますが、人の命を何とも思わない彼らにとって世界遺産など壊しても後ろめたさなど全く感じていないのでしょうね。
その仲間に入ろうとする人々が後を絶たない事も私の頭では理解できない事実であります。
私の恩師が亡くなる前によく聞かされた「神は存在しない」という無神論も当たっているのかもしれない。

Shalamarを聴く  (残虐化する若者たち) 

川崎中学生殺人事件の詳細が少しづつ明らかになってきたが、実に切ない後味のとてつもなく悪い事には同年代の子供を持つ親として言葉も無い。
嘗てこの事件のようなドラマ「人間失格」があったが、何でもない普通の少年が仲間を死に追いやってしまう話だったが、子供を殺された父親が真相を掴もうと必死になり復讐するかのような展開だったと思うが私がこの子の親であったら本気で考えるかもしれない。
人の命の大切さを全く理解できていない現代社会の典型的な教育のありかたかもしれない。

記事検索
応援していただけると励みになります

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
人気ブログをblogramで分析
おきてがみ


カウンターつけてみました
Twitter
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ