力みなぎるブログ

毎日いい情報をご提供

テレ朝2審も敗訴 マンション建設報道で(産経新聞)

 横浜市に建設したマンションをめぐる報道で名誉を傷付けられたとして、建設を計画した「荒川建設工業」(東京都千代田区)がテレビ朝日を相手取り、2千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、知財高裁であった。塚原朋一裁判長は、330万円の支払いを命じた1審横浜地裁判決を支持、双方の控訴を棄却した。

 判決によると、テレビ朝日は平成15~16年、番組で荒川建設工業が傾斜地でのマンション建設で危険な盛り土を行って規制を逃れ、崩落の危険性があるなどと報じた。

 塚原裁判長は「マンションの倒壊など、具体的な危険性についてテレビ朝日側が真実性を立証していない」などとして、1審に続き名誉棄損を認めた。

【関連記事】
荒川区で半世紀ぶり小学校新設 マンションラッシュで児童増
投資用マンション供給数、上期半減
介護マンション契約金詐取の疑いで会社社長逮捕
不動産不況…大阪“最後の一等地”24ヘクタール静かな門出
マンションで「乱交サークル」 売春場所提供容疑で男女4人逮捕
虐待が子供に与える「傷」とは?

私が作った政倫審 出て理解が得られるなら(レスポンス)
山崎直子さんに県民栄誉賞授与 千葉県知事発表(産経新聞)
アスベスト泉南訴訟 国の責任認める 大阪地裁が初判断(産経新聞)
「閉塞感 解決しない」大阪市議補選で平松市長(産経新聞)
たちあがれ日本、片山元総務相擁立へ(読売新聞)

原田大二郎が民主から出馬…山口選挙区(スポーツ報知)

 民主党が夏の参院選山口選挙区(改選数1)に俳優・タレントの原田大二郎(66)を擁立する方向で最終調整に入ったことが15日、分かった。小沢一郎幹事長が18日にも山口入りし、県連幹事会で正式発表する見込みだ。

 原田は2歳から18歳まで山口県内で育ち、現在も光市内に自宅を持っている。県連関係者によると、社会福祉活動に積極的だった原田には、民主党に限らず以前から出馬のオファーがあったという。都内の自宅で取材に応じた妻・規梭子(きさこ)さんは「今回出馬のオファーがあったとしても、私は相談を受けていません」としながらも「山口県の男はみんな政治への関心が強いので、大二郎本人も政治に関心はあるようです」と語った。

 同選挙区は、岸信介元首相を祖父、安倍晋三元首相を実兄に持つ岸信夫元防衛政務官(51)が2選を狙う「自民王国」。民主党本部は、岸氏に勝てる候補の擁立のため県連の推薦者を公認せず、知名度のある原田に出馬を要請したとみられる。

 【関連記事】
民主党が原田大二郎氏擁立へ
小沢氏、3回目の事情聴取
民主の懲罰動議に自民・甘利氏「はめられた」
小沢幹事長、政倫審出席を表明

隣が鬼太郎、こちらは神様!?…出雲空港が愛称公募(産経新聞)
囲碁 本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で(毎日新聞)
<ケイマフリ>“海のカナリア”根室沖を悠々と 北海道(毎日新聞)
<バラとガーデニングショウ>100万輪 西武ドームで開幕(毎日新聞)
ハンカチ王子 斎藤まだ伸びる スカウト陣、投球術を評価(毎日新聞)

迷走鳩山首相苦肉の策 「くい打ち桟橋」の危うさ(J-CASTニュース)

 難航している米軍普天間基地の移設をめぐり、政府案が大筋でまとまった様子だ。辺野古沖に移設するという点では自民党時代の現行計画と変わらないが、埋め立て方式ではなく「くい打ち桟橋(QIP)」と呼ばれる工法で滑走路を建設することが特徴だ。

 QIP工法は「埋め立てに比べれば環境へのダメージが少ない」という利点があるとされるものの、過去にも滑走路建設方式のひとつとして検討されたが、結局は採用されなかったという経緯がある。それだけに、実現までのハードルは高い。

■埋め立て方式に比べて維持管理費も高く付く

 この政府案の骨子は、新聞各紙が2010年4月29日に報じたもので、(1)現行案を修正して、辺野古沿岸に1800メートルの滑走路をQIP方式で建設する(2)約2500人いるヘリ部隊のうち、1000人を徳之島に移すというもの。QIP工法では数千本の杭を海底に打ち込み、その上に滑走路を建設する。「埋め立てよりは環境への影響が少ない」という点に、政府側は魅力的に感じたようだ。

 だが、このQIP工法は、自民党政権時代の00年から02年にかけて正式に検討され、却下されたという経緯がある。01年時点では、防衛施設庁(当時)が、(1)埋め立て(2)QIP(3)ポンツーン(海上浮体施設)の3工法・計8案を提示しているが、02年7月に合意された基本計画では、結局は埋め立て方式が選択されている。

 なお、仮にQIP工法を採用した場合、着工から完成までの工期は約7年、建設費は建物や滑走路を除いて約6700億円かかるとみられ、埋め立て方式に比べると2倍以上の工費がかかるとされるのも難点だ。

 QIP工法を見送った理由について、政府は03年2月25日の沖縄及び北方問題に関する特別委員会で、下地幹夫議員の質問に対して、

  「施設の構造、維持管理、施設の安全対策といった技術的見地」

を挙げている。具体的には、(1)杭が破損した場合は、滑走路が使えなくなる(2)「さび止め」が必要になるなど、埋め立て方式に比べて維持管理費が高く付く、といった点を指していると見られる。

  ■地元への還元が少ないと敬遠

 さらに、基本計画が決定した際は、QIPについて

  「『地元業者が受注する可能性は低く、地元への還元が少ない』(地元経済人)などの声があった」(02年7月29日、読売新聞)

との指摘もあった。つまり、「地元ゼネコンを潤さない案が敬遠された」というわけで、仮に「辺野古」を受け入れるとしても、自治体側も本音ベースでは消極的だ。

 基本合意から8年近く経って「蒸し返された」形のQIP工法だが、02年時点で指摘された問題点を解決する方法は見えないままだ。さらに、QIPでも、海面に日陰が出来る分、サンゴに対する影響が出るのは確実で、やはり地元の反発も予想される。

 さらに、連立の一角を占める社民党の福島瑞穂党首も「沖縄の人が納得しない」と強く反発している。鳩山首相は5月4日には沖縄を訪問し、政府案への理解を求める予定だが、地元の納得を得るのは難しい状況だ。


■関連記事
普天間移設 「辺野古桟橋と徳之島」で政府案調整 : 2010/04/29
普天間基地移設先に「テニアン島」? 北マリアナ連邦が積極誘致へ : 2010/04/28
鳩山総理の「内閣崩壊」 官房副長官電話に「わからない」 : 2010/04/21
2010年3月 「養蜂」が合法化 草の根運動したのはあの組合 : 2010/04/23
帰宅の遅い夫 妻はいつまで待つべきか : 2010/04/28

熱のこもった演奏 アマバンドが披露 木場ストック2010(産経新聞)
「最低でも県外」党の考えではない…首相(読売新聞)
練馬の文化財巡り おまかせ(産経新聞)
迷走招いた鳩山首相の「言葉の軽さ」…その8カ月間を追う(産経新聞)
柳ケ浦高野球部員の遺族が損害賠償求める(産経新聞)
記事検索
リンク
リンク
リンク
リンク
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ