産後数か月経っても骨盤あたりがぐらつく、不安定だという症状の方を時々見受けます。

 妊娠中から骨盤を支える靭帯を弛めるためのホルモンが出て、骨盤は出産時に一番拡がります。

 産後は拡がった骨盤を戻すようなホルモンが出ますが、そんなにすぐには戻らないので、通常は以前の感じに戻るのに2か月くらいかかります。

 でも、人によってはもっとかかって、半年くらい経っても骨盤が不安定な方もいらっしゃいます。

 ・立っている時にしっくりこない
 ・恥骨、仙骨(お尻側)、股関節に違和感がある
 ・腰もそうだが、その下のお尻のほうに痛みがある

 というような症状を訴えられます。

 これら症状のほとんどの場合、骨盤を安定させている筋肉が弱ってしまっていることが原因です。

 妊娠中・出産・産後しばらくの間は運動量が減るため、筋力が落ちてしまい、骨盤を支えにくくなるのです。

 骨盤を支えている筋肉の中でも重要なのは、腸腰筋のようなお腹の奥の筋肉です。深層の筋肉ですね。

 腸腰筋が弱っていると、妊娠中からのお腹が前に出た姿勢が戻りにくく、腰が反った状態になるので、腰痛も起こりやすくなります。

 さらにお尻そのものの筋肉や太ももの内側の筋肉なんかも重要ポイントで、これらは骨盤を支えるという意味だけでなく、スタイル維持という意味でも重要ですね。

 当院では、施術だけでなく、その人に合わせて弱っている筋肉のエクササイズ方法なども指導しています。


by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)の総合サイト

と 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)のママさん向けサイト
 
人気ブログランキングへ