今更ですがデスクワークによる肩こりは多いですね。

 昔は内勤の女性に多かったですが、現在は男性もPC作業が当たり前ですので、男性の肩コリもとても多くなりました。

 凝るというのは、どういうことでしょう?

 筋肉は緊張(収縮)と弛緩(伸びる・弛む)というふうに動かすことで血液の出入りがあります。血液の出入りによって酸素と栄養が入り、二酸化炭素や老廃物が出て行くのです。

 ですが、筋肉が持続的に緊張して(収縮して)弛まない状態が続くと、血液の出入りが出来なくなり、老廃物が溜まります。これが凝りです。だから、筋肉のある場所では体のどこでも凝りと言うのは起こりえます。

 肩コリと言うのは肩の筋肉が持続的に緊張した状態、つまりずっと力が入っている、弛まない状態なのです。

 ちなみに肩というと肩関節のことを言いますが、肩コリの場合の肩は首と肩関節の間の部分を言ってますね。

 肩こりでいう肩の部分は僧帽筋・肩甲挙筋という筋肉。これらの筋肉は首と肩の距離を縮める動作をします。

 デスクワークで肩が凝るという場合、その姿勢で首と肩の距離が縮んでいる状態が長く続いてしまって、伸びない・弛まないということです。

 デスクワークで首と肩の距離が縮む姿勢というのは
 ・肩が持ち上がっている
 ・机の上の書類やPCと顔が近くなっている

 ことが考えられますね。

 体の状態でいうと、
 ・顔が前に突き出される
 ・背中が丸くなる
 ・肩関節が前に出る

 という風になっていますので、施術では
 ・僧帽筋や肩甲挙筋を弛める
 ・丸くなった背中を戻す
 ・前に出た肩関節を戻す

 ということを行います。

 そしてさらに仕事中の環境や姿勢の見直しです。

 まずは
 ・机と椅子の高さを調節
 肩の力を抜いた状態で座って、デスク上に肘が上がらずに置ける高さにします。デスクが高いと肘も上がって、結果肩も上がり気味になるため、肩の力が入りやすくなります。

 ・座り方を見直す
 椅子に深く腰掛けます。深く腰掛けると腰が丸まらず骨盤が立った感じになりますので、その状態で背もたれに背中を当てて体重を背もたれにかけます。
 背もたれを使わずに体を立てて座ろうとすると、長時間では腰が疲れますので、背もたれに体重を預けたほうが疲れにくいです。

 肩の力を抜いて、体をまっすぐに保った状態でデスクワークをすることが肩こり予防につながります。


by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)

 
人気ブログランキングへ