耳と顎関節は近い場所にありますね。

当院には顎の不調でお越しの方が多いのですが、同時に耳に違和感(例えば耳鳴りや耳の痛み)があると仰る方も多いのです。

先日もそのような症状の方がいらっしゃいましたが、顎がけいれんして、耳鳴りもあるとのこと。

けいれんするような場合はまず顎の筋肉の緊張が考えられます。
そこで触ってみるとやはり硬さがありましたので、そこをよくゆるめるようにしました。

顎の緊張がある場合は首や肩の緊張を伴うことが多いため、これらをゆるめて胸椎の調整を行うことが多いのですが、2度ほど施術したあたりから、顎のけいれんした感じが治まってきました。

ところが、肩をゆるめる施術をするとどうも耳鳴りが強くなる感じがあるということで、そこからは首から上だけの施術に切り替えました。

その施術では顎の位置をわずかに戻すようにすると耳鳴りが少し良いということでしたのでそれを行い、
その次の施術では耳をかすかに引っ張ると耳鳴りが少し良いようでしたのでそれを行いました。
頭蓋仙骨療法で行う耳をかすかに引っ張って側頭骨をゆるめる方法なのですが、それが功を奏したのか、現在は顎のピクピクがなくなり、耳鳴りも少しずつ落ち着いてきたようです。

その施術の際、耳を引っ張ると首が伸びる感じでスッとするということを仰っていらしたのですが、
耳のある場所は頭蓋骨でも側頭骨という場所。
耳の後ろの出っ張った場所も側頭骨なのですが、ここから胸鎖乳突筋という首の筋肉が鎖骨へと繋がります。顔を横に向けると浮き出る筋肉ですね。
この筋肉が緊張すると顔や耳、耳の後ろに違和感が出やすいのですが、耳をかすかに引っ張ることで側頭骨が
弛み、胸鎖乳突筋も弛むのです。敏感な方にはその感覚が分かるみたいです。

いろいろと勉強になりますね。


by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)



人気ブログランキングへ