保育園が決まる時期となり、4月からの職場復帰に向けて体調を整えておこうとご来院くださる方が多いです。

その中でこのところ割と多いのが腕の疲れ、痛みといった症状です。

お子様が小さいうちはどうしても抱っこが多くなりますので腕が疲れます。手首の痛み(腱鞘炎)なんかにもなりやすいです。

KIMG0607

前腕の筋肉、

Effectplus_20170216_135200

上腕二頭筋(力こぶのところ)、

Effectplus_20170216_135119

肩関節の筋肉(三角筋)

といった場所が抱っこにより疲労する場所で、お子様連れでお出かけした後なんかは特にみなさん疲れていますね。

施術ではまずこれら筋肉をよくほぐしてゆるめるようにします。

さらにお子さんを抱える動きにより、骨格的には手首が内側に、肩も内側に丸まり、背中も丸くなりがちですので、これらも戻すように調整します。

加えて自分で筋肉をストレッチしておくのが有効です。

ストレッチ方法は前腕の筋肉だと、

KIMG0612

肘を伸ばして指先をひっかけるように伸ばす。

さらに

Effectplus_20170216_142117

反対の手で手首を返すようにすると囲んだあたりの筋肉が伸びます。

上腕二頭筋(力こぶのところ)は、

Effectplus_20170216_141222

壁に肩の高さで手をついて、体をひねる。これは胸も伸びます。

肩関節の筋肉(三角筋)は、

KIMG0617

少し高さのある台に親指を下に向けて手を載せるかひっかけるかして、しゃがんでいくとストレッチできます。

お試しください。



by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)の総合サイト

と 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)のママさん向けサイト

と 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)の顎関節症と顔のゆがみ・小顔引き締めのサイト

人気ブログランキングへ