妊娠中に腰痛やお尻の痛みが出ることは多いです。

こうした症状はやはりある程度お腹が大きくなってきてから出てくることが多いように思います。

お腹が大きくなると腰が反り気味になるので、腰の一番下のあたりに特に負担がかかります。

さらに徐々に骨盤をゆるめるホルモンが出て、骨盤を支えている靭帯が弛んできますので、それを支えるために骨盤の周囲のお尻の筋肉に負担がかかります。妊娠中はお尻が凝ると仰る方も多いのです。

筋肉の緊張状態が続くと血液の出入りが悪くなり痛みになります。

先日も右のお尻の痛みから始まって腰や太ももの裏にまで痛みが広がってきたという妊婦さんを見ました。

見てみますとお尻の筋肉と腰の筋肉とに強い張りの箇所がありました。太ももの裏側はそうでもなかったので、お尻の筋肉の緊張による痛みが太ももに広がったのでしょう。

こうした場合、大抵左右のどちらか一方の症状です。人間だれしも左右どちらかに多少なりとも体重をかける側があるので、その側が疲れやすいものなのです。

お尻の筋肉には大殿筋・中殿筋・小殿筋・梨状筋などがありますが、今回はそのうちの梨状筋(お尻のくぼみのところ)に強い張りがありました。

Effectplus_20170612_174753

ここが張るとお尻だけでなく太ももの裏にまで痛みが拡がる感じが出やすいのです。

腰は腰方形筋という奥のほうの筋肉に強い張りがありました。
ここは姿勢を維持しているインナーマッスルで、お尻に痛みがある体を支える際に疲労したのでしょう。

これら筋肉を入念にゆるめたところ、かなり症状が治まったようです。

ストレッチも有効なのですが、お腹が大きくなるとつかえてやりにくいかもしれません。

妊娠中は時々こうした痛みが出て、場所がちょこちょこ移動したりすることがあるのですが、仕方がないと放置しないでその都度対処しておくことが慢性化を防ぎます。



by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)の総合サイト

と 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)のママさん向けサイト

と 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)の顎関節症と顔のゆがみ・小顔引き締めのサイト

人気ブログランキングへ