PC作業を長く続けていると痛くなってくることがおおいのが肩甲骨の内側の上の方。

KIMG1811

僕が指で押さえているあたりですね。

菱形筋の上部もしくは肩甲挙筋です。
肩甲挙筋に張りがあると、顔を左右に向けた時に痛みが走ったりします。

Effectplus_20171012_133449

肩甲挙筋は赤い線。頸椎の上のほうから肩甲骨の内側上のほうにつながります。
首と肩甲骨の距離を縮める働きをします。肩甲骨を持ち上げる動作ですね。
ここが過剰に緊張してくると首を動かしたときに肩甲骨のほうに響いたりするのです。

PC作業中に無意識に肩が上がっていることが長時間になるとここが凝ってきます。
ひどくなると緊張が抜けなくなり、ずっと張っている感じ、さらには首を動かすと痛む、などが出てきます。

KIMG1827

肩甲挙筋は椅子などに腰かけて、手で座面の端をつかんで、逆の手で頭を引くようにするとストレッチできます。

KIMG1815
KIMG1821

あとは手で痛い箇所を抑えながら、肩甲骨を動かす意識で、首を傾けたり、肩甲骨を動かす意識で肩を回す(こちらはどちらかというと菱形筋に効く)とセルフマッサージになります。

厳密には肩関節が前に出て来ていたり(前肩)するのも関連するので、そういうのも調整するとなお良しです。


by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)の総合サイト

と 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)のママさん向けサイト

と 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)の顎関節症と顔のゆがみ・小顔引き締めのサイト

人気ブログランキングへ