産後尾骨が痛くなることは多いです。妊娠中から痛くなってくることもあります。

Effectplus_20171026_125805

骨盤の模型で説明すると、写真はお尻側。尾骨というのはピンクの星のところで、尻尾の名残といわれる骨です。人によって長さが違います。
ちなみに緑のクローバーが坐骨。座ると座面に当たる左右のお尻の骨はここです。

産後の尾骨の症状多いのは、
・床や椅子に座ると当たって痛い
・お風呂に浸かって座ると当たって痛い
・ソファーに座って丸くなると痛い、もしくは立ち上がる時に痛い

など。

Effectplus_20171026_125336

出産時には骨盤がグッと拡がります。真ん中の仙骨も浮き上がったようになり、尾骨も一緒に浮き上がるので、本来なら座った時にそんなに当たらない尾骨が当たりやすくなります。産後数か月間はこのような出産の余韻が残ることがあります。

Effectplus_20171026_143252

尾骨って、必要なのかそうでないのかよくわからないと思われるかもしれませんが、尾骨筋という坐骨とつながる筋肉があり、骨盤の下面を支える骨盤底筋群の1つとなっています。小さいですけどね。

動作によって尾骨が痛む場合はたいていこの筋肉が張って硬くなっていますので、ほぐしてゆるめると痛みが治まってきます。実際には指一本分ぐらいの幅しかありませんが、その中でよく効く角度を探します。

Effectplus_20171026_125950

同様に仙骨が痛むときも仙骨の際(赤い線)のあたりを探し、仙骨から坐骨につながる靭帯や筋肉の硬いところをゆるめるのが良いです。

この個所はとてもデリケートな場所なので、細心の注意を払ってゆるめます。

あとは、骨盤全体の拡がりを戻すようにしてやると、浮き上がった仙骨も戻っていきます。お尻全体の筋肉や太もも裏の筋肉(ハムストリングス)をよくほぐしておくと戻りやすいです。



by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)の総合サイト

と 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)のママさん向けサイト

と 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)の顎関節症と顔のゆがみ・小顔引き締めのサイト

人気ブログランキングへ