妊娠中や産後に恥骨が痛むことがあります。

Effectplus_20171101_174618

模型言うと背骨の下が骨盤。前から見たものです。

Effectplus_20171101_175648

恥骨というのは赤で囲った部分。真ん中は恥骨結合という軟骨で、ここで左右の恥骨がつながっています。ちなみにこの直下がいわゆる急所。

Effectplus_20171101_175331

妊娠中、特に後半には骨盤が拡がろうとしてくるため、恥骨結合にも左右に離れようという力がかかります。この個所が緩くなってきます。
そして緩くなってきた恥骨結合を支えるために、恥骨につながる筋肉も硬く緊張してきます。
このように引き離される負荷や筋肉の緊張により痛みが出ます。

立ったり座ったり、寝たり起きたり体勢を変えたり、何かしら動くたびに恥骨に痛みが走るというのが多いですね。
さらに産後もしばらく骨盤が拡がった余韻が残って、この部分も緩い感じがすることがあり、痛みが残ることもあります。
場合によっては産後しばらく経ってから恥骨の痛みが出始めることがありますが、おそらく出産後の骨盤が緩く不安定な時期にお子さんの世話をしたりで体を休ませられなかったり、授乳とかで変な体勢で過ごすことが多くなってしまったりすることで、恥骨結合に負荷がかかるからではないかと思います。

Effectplus_20171101_175355

上の青い線の辺りには腹筋(腹直筋)が、左右の赤いところには太ももの内側の内転筋がそれぞれ恥骨につながり、恥骨に痛みがある場合、これらの筋肉も緊張していることがとても多いです。
なので、これらの箇所を触ってみて痛みがある場所の筋肉をほぐしてゆるめると痛みが緩和されます。
(但し妊娠中の場合は腹筋は押せないのでご注意ください。)

DSCN6661

内転筋の場所はこのあたりですが、特に内側の恥骨のきわあたりをよくゆるめるようにすると効果的です。デリケートな箇所なので細心の注意が必要です。


by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)の総合サイト

と 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)のママさん向けサイト

と 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)の顎関節症と顔のゆがみ・小顔引き締めのサイト

人気ブログランキングへ