先日顎が痛むということでご家族のご紹介でお越しになられた方は、
うつぶせで寝て起きたら顎が痛くなっており、あくびのように大きな口を開けて閉じる時や硬いものを咬んで粘るような時に痛むとのことでした。

Effectplus_20171116_125253

痛みの場所は頬骨の下あたり。
写真で言うと水色のハートのあたりですね。

ここは外側翼突筋という筋肉で、下あごをスライドさせて食べる時に物をすりつぶす動きを司ります。過剰に緊張してしまうと、下あごを前後左右にスライドさせたりする時に痛みが出ますが、口の開閉時にも痛みが出ることがあります。

うつぶせで寝た際に、下あごが押されてズレた状態が長く続いたためにこの個所に負担がかかったのではないかと推測されました。

KIMG2018

上の写真のようにこの個所をほぐしゆるめるのが有効ですが。強く押しすぎないのが良いです。

お越しになった方の場合は強い肩こり症状もあり、僧帽筋がかなり張っていました。
顎の痛む側の僧帽筋とこの外側翼突筋を同時に押すと外側翼突筋がよくゆるむようでしたので、僧帽筋もゆるめるようにしました。

この方は元々顎の関節音をお持ちで、ここに来る前に口腔外科を受診され、関節の中の異常が痛みの原因になっていると診断を受け、マウスピースを勧められていました。
それもあってか、施術が終わった後もまだ痛みが残っていたため、本当に筋肉の緊張が原因なのか半信半疑だったようです。

が、後日ご家族の方がお見えになって、この後良くなったとのお話を伺い、ホッといたしました。


by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)



人気ブログランキングへ