先日、あぐらをかこうとすると膝が曲がらないという症状を見ました。
時々調子が悪くなると来てくださる方で、症状が出てから2週間ほど。

あぐらをかこうとすると、膝の裏と太ももの内側裏あたりに痛みが出て曲げられないとのこと。
両膝に症状がありましたが右側のほうが症状が強いようでした。

Effectplus_20180228_155204

写真は左側ですが、膝の裏の膝窩筋、太もも裏の内側の半腱様筋・半膜様筋に強い緊張があり、太ももの内側の内転筋にも少し張りがありました。

ピンクの★の辺りがそれら筋肉の強い圧痛点の箇所。

あぐらをかく時にはこれらの筋肉が弛まないと膝が曲がりません。
ところが強い緊張があると弛まないため、膝が曲がらなくなっていたのでしょう。

これらの箇所を念入りにほぐしてゆるめ、骨盤の調整をしたところ、あぐらをかいても平気になりました。

なぜこのような状況になったのか、環境などを伺ってみたのですが理由はわかりませんでした。
おそらくは何かしらの理由で後ろ側、さらに右側に体重がかかって、膝の裏内側あたりに緊張がでたのではと思われました。

KIMG1616

ちなみにこの個所は足を台の上に載せて、股関節を少し開き、足首を上に向けて上体を前に倒すとストレッチできます。

春先はいろいろイベントが多い上、体の変動も大きいので疲れる時期です。
無理のないようにお過ごしください。


by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)



人気ブログランキングへ