GWにお子様の抱っこが続いたため、腰の下のほうの骨盤の上、お尻あたりが痛むという方が何人かいらっしゃいました。

Effectplus_20180517_142449

場所はピンクの★のあたりで、歩いたり動くたびに痛むようで、中にはびっこを引いて歩いていらっしゃった方もいました。体重がかかると痛むのです。

ここは中殿筋という筋肉。立っている時には必ず使っている筋肉です。
例えば麻痺すると片足立ちができなくなるような箇所。

痛む箇所を押してみるとわかりますが、痛くない側と比べて硬くなっており、押されると痛みが走ります。
この筋肉が非常に緊張して、力がかかるたびに痛みを発生させているのです。

このような場合はこの個所を念入りにほぐしてゆるめ、骨盤の調整をして負担がかかりにくいように戻すと、痛みはなくなっていきます。
びっこの方も初回の施術で6割方痛みはなくなり、その1週間後に2回目の施術を行って、終わった後にはほぼ痛みはなくなっていました。

人は誰しも無意識のうちに体重を左右のどちらかに多くかけていますので、
体重のかかる側は痛みが出やすいものです。
さらにお子様の抱っこにも抱っこしやすい側がありますから、
それらが重なって片方への負荷が大きくなると痛みにつながってしまうことがあります。
抱っこするときもできることなら同じ側でばかり抱っこしないほうが良いですね。


by 横浜元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)



人気ブログランキングへ