以前、肩が痛くて腕が上がらないという症例をこちらでアップしました。
そのとき、原因は三角筋の過剰な緊張ですと書きましたが、
今回は別の原因のものを取り上げます。

ちょっと前に、いつもよく来て下さる方が、「腕を上げようとすると肩が痛む」と仰ってご来院。
症状は右に出ていましたので観てみましたら、まず普通にしている時から右肩がやや上がっていました。
鎖骨の位置もやや上がっていて、肩がやや前に出ている感じでした。

肩が上がる時に働く筋肉で大きなものは僧帽筋。肩こりの筋肉ですね。

DSC_0931_LI (2)

後ろから見ると、青のラインで囲ったところです。

DSC_0965_LI (2)

肩の盛り上がるところですね。まさに肩凝るところでしょう。

DSC_0936_LI (2)

実は僧帽筋は前のほうにまで来ていて、今回痛むと仰っていたのは赤丸のあたり。
鎖骨のすぐ上で肩関節に近い場所でした。

腕を上に挙げるような動作をよっぽど反復でもしたのかと思い、伺ってみたら、寝る時に必ずお子様が自分の脇の下に来るらしく、しかたなく右腕を上げて寝ているのだそう。
そりゃ長時間腕が上がっていたら痛くなりますね。

この個所を念入りにゆるめたところ、幸い一度の施術で痛みは治まりました。
あとはちょっと寝方を工夫していただくようにお話しました。


by 横浜市中区元町の整体、カイロプラクティックCura(クーラ)


人気ブログランキングへ