November 19, 2007

ミスったぁ〜〜

昨日、めちゃめちゃ寒かったぁ〜〜
最近友達に誘われて、太鼓を始めた
何となく始めた太鼓やのに、コレがはまった・・
ストレス発散にはホンマにもってこい。
一日の疲れを太鼓にぶつけて発散する。
手が痛くなるけど、それがまた良い( ´∀`)つ

そして、まだ練習に6回ぐらいしか参加してないのに、
「今度の発表会に出てくれへんか
と言われて、そういうのが好きな私は何も考えずに
「出ます出ます(。・ω・)ノ゙」
と言ってしまった。

でも、友達とあたしは小さい太鼓でリズムを取るパートだった。
でも、その太鼓も見せ場があって四種類のリズムを素早く叩く
場面があってあたしはそこが大好きやった

そして、昨日。
発表会当日。
衣装がまたかっこいい。
足袋を履いて、この寒いのにノースリーブのはっぴを着て、
ステキな柄のニッカポッカみたいなのを履いて
何か、日本人で良かったと思った

そして、発表会が始まり2曲演奏のうちの一つに出る予定だったので
一曲目が終わるまで舞台袖で棒を振り回し踊ったり、子供と座って演奏を
見たりしながら緊張をほぐそうとした。

イヤイヤ。でも緊張マックス。

そして、出る番が来た

とりあえず小さい太鼓の見せ場も何とか終わり、最後の
部分まで来た。
一つ私は重大な事を忘れていた。
最後に、皆でポーズを決めないといけない事
太鼓の右側に出ないといけないのに、私は緊張のあまりそのことを
忘れていた。


結果・・・・



皆より数秒遅れてポーズ
近くで演奏していた友達も笑いを堪えていた

見に来てくれていた友達も
「最後めっちゃ面白かったで(´∀`*)」
と言っていた。やっぱり、わかるくらい遅かったのか・・・

でも、すっごく楽しかったしいい経験になった。

その後は一日中一緒に太鼓をした友達と見に来てくれていた友達と
で遊びまくった
めっちゃ寒かったけど、めっちゃ楽しかった〜
昨日の充電で今週一週間も頑張れそうです(●´ω`●)
  

Posted by papadonna at 09:38Comments(0)

November 07, 2007

小包

昨日、ハロウィーンパーティーを終えてから、家に入ると
「SUZUKI」
と書かれた小包が机の上においてあった

「お父さんに車の会社からなんか送られてきたんかなぁ??」
そう思って差出人のところを見てみると、
アメリカのママから小包だった

「うわぁ〜〜〜〜〜〜〜
とても嬉しくなって、急いで箱を開けた。
前に、レッスンで使いたい物があるから、お金を払うから
買って送って欲しいと頼んでいたのだ。
「お金なんて、おくらんでいいから欲しいものをメールして
と言ってくれていた。

それが届いた。

箱を開けると懐かしいアメリカの匂い
いつもの様に、新聞誌も丸めて入れられていた。
うちの犬も、それを懐かしそうに嗅いでいる
犬と一緒に箱の中に顔を突っ込んで匂いを思いっきり嗅いだ。

中には、お願いしていた物が予想以上に入っていて、
生徒さん用にカワイイ鉛筆もいっぱい入っていて、
何より嬉しかったことが、あたしの好きなものもいっぱいいれてくれて
あった事。

ハロウィーンのペッツがいぃ〜〜〜っぱいと、
去年あたしがアメリカで暇な時間にしていた数独の本2冊。
お願いした物プラス、あたしの好きなものを選んで入れてくれてあった
事がすごく嬉しくて、泣きそうになった

忙しい時間を割いて、買いに行ってくれたこと、
あたしの好きなものを知ってくれていること、
生徒さんの為にも、色々買ってくれたこと。
本当に有難いアメリカのママの存在。
早速今日電話して、アリガトウを伝えようと思います  
Posted by papadonna at 10:17Comments(0)

November 06, 2007

遂に!!

この一週間、忙しかったぁ〜( -д-)ノ
生徒さんの児童英検の実施やら、ハロウィーンの準備やら、
他の仕事やら、遊びやら(。・ω・)ノ゙
そして、風邪を引いていたけど、友達に借りた海外ドラマを
全部毎晩深夜まで見続けたせいもあって、風邪は2週間経っても
まだ治っていません・・・
睡眠って大事Σ(´д`;)

今日から、ちょっと遅いけど英語教室で
ハロウィーンパーティーをします!!
生徒さん達は、10月に入ってから、毎回来るたびに
「先生、ハロウィーンはいつやるの??」
「どんなお菓子をくれるの??」
「ボクは、モンスタースタンプのキャンディーがいいなぁ〜!!」
「どんなゲームをするの??」
「私達がお化け屋敷作るから先生は遊びに来てくれる?」

生徒さんの言う一言一言が可愛くてしかたない(●´ω`●)
なので、多少きつくても、
「こんなんしたら、喜ぶかな??」
「こんなお菓子すきかな??」
とお菓子作りの本を見ては、ニコニコしていました。

そんな時、
「先生、去年のクリスマスに先生が作ったクッキーが食べたいなぁ!」
とリクエストをもらった( ´_ゝ`)ノ
何が嬉しかったかって、
去年食べたクッキーを覚えていてくれた事と、
もう一度食べたいと言ってくれたこと。
すごく嬉しくて、さっき焼きました( ´∀`)つ
生徒さんが
「うわぁ〜〜〜〜!!!」
って言うのを想像しながら、アイシングでクッキーの上に顔を
描いて。
生徒さん達が好きなスティッチのラッピングに詰めて。
あたしは本当に生徒さん達が大好きなのだと思い知った瞬間でした(´∀`*)  
Posted by papadonna at 14:43Comments(0)