IMG_3872
 来年度の手帳を買ってきました。私はここ数年、4月始まりのものを使っています。iPhoneやPCに向かう時間が圧倒的に多い私ですが、予定の記録やメモだけはアナログでないとダメなんです。汚い字でもお構いなしに、ササッとペンを走らせることのできる手帳やノートって、不滅のツールだと思うのです。
 実際、Googleのカレンダーと同期できる、iPhoneのアプリなんかも使っていたことがあるのですが、使ってみた感想として、面倒くさいんです。(そちらが好きな人にはゴメンなさい)私、ブラインドタッチも出来ますし、フリック入力もできますが、やっぱり手帳を開いて、ペンでササッと書く手軽さとは比較になりません。 
 思うに、アナログとデジタル、それぞれ向き不向きがあるのでしょうね。じっくりと考えながら文章をしたためるのであれば、私はPC(デジタル)を使う方が好きです。例えば、このブログとか。(笑)書いていて、書き直しもしやすいです。

IMG_3873_
 逆に、とっさの時の記録や、打ち合わせ・会議の書記などは、アナログ式のほうが良いと感じています。とりあえず、字が汚くとも、自分流の書き方で、あとで読み返してみて自分だけが分かれば良いのですから。正式な記録書類として残すのであれば、後にそのアナログメモと記憶を整理しながら、デジタルで清書すればOKです。
 私は重役会議の書記をすることが多いのですが、議論飛び交う中、PCを使ってブラインドタッチで要点をまとめるのはムリです。漢字変換しているうちに、議論はどんどん進んで行ってしまい、追いついて記録するのはほぼ無理。(ちなみにそういう状況の時は、私のPC画面がプロジェクターで投影されていて、どう記録しているか皆に見られています。それだけで超プレッシャー。。。^^;) 

「○○さん!(私)、いまのちゃんと書いておいて!記録して!」と、注文をつけられることもあります。。。私だって、怠けているわけぢゃないんですが、、

「議論している貴方たちは、好き勝手に喋っていますが、こっちはそれどころじゃない、、オレは聖徳太子ぢゃねぇんだよ!」

と・・・実はキレたいこともしばしば。 

 おっと、今回のタイトルと、話が大幅にそれました。(汗)

 そんなわけで、最近、ペンとノートで書記をする機会も増えたのですが、あらためて感じたのは、人間、「字を書くこと」が必要だということです。パソコンのキーボードは数十個しかありませんが、我々は、義務教育で、たくさんの漢字を覚えているはずなのですが、読むことは出来ても書くことが出来ない!そんなことが多くはないですか?

 デジタルばかりに頼っていると、どんどん人類(人間・生物レベルで)ダメになっていくのかも。かく言う私がそうなんですけどね。^^;