2007年04月16日

第七話 初体験

この時期いろんな意味で初体験がいっぱいあったんですが

やはり一応はスロ日記ということでスロ関係の初体験を少々。


やっぱりね

スロットやるからには一度は体験してみたいもんですよ

万枚そう まんまい


やっちゃんたんですよ

人生最初でおそらく最後の万枚を

北斗で

しかも夕方5時から



学校をおえ、午後5時、近所のパチ屋P店へ向かった僕

そのころはまだ投入台数が少なく、北斗は八台くらいしかなく、たまたま空いてた台に着席

確かBB回数は回転数から比べてやや悪いくらいで900ハマってたんですよねその台

でもどうしても北斗やりたかったんです

10k使ってなんとか引き

白オーラで4連

ここからがすさまじかった

ほんとすさまじかった

250G以上ハマらない

というか250に一回いっただけで

あとは二桁G数で引き戻しまくり

そしてなにより

ラオウ昇天もしなけりゃーなんとBBの音楽すら変わらなかった

一回か二回10連しただけで

あとは4連、5連、そして単発ばっか

それでも万枚

九時に打ち終え4時間で万枚

確か11094枚だったと思う

強烈なマシンガンジャブでした

ほんとたのしかったっす

換金所で手が震えておりました


と、まぁ僕にとっては数少ない輝かしい思い出の1つ、北斗万枚

万枚経験してるのに人生収支−50万オーバー

今後の展開は泥沼の一言に尽きます

It`s my sad life.


次回予告
「予定は未定」

papantyosu2 at 17:11|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年04月10日

第六話 度重なる世紀末覇者との戦い

前回のラオウとの初対決をきっかけに

すっかり北斗にハマった僕

今思えばあのころのヒキは強かったぁ

必ず10k以内にBB引いて、最初のBBは必ず5連越えてたんですよ

しょっぱなからプラス発進みたいな?

そしてコンスタントに10k前後の小勝ちを積み重ねておりました


しかしね

やっぱりね

調子乗ったらぶっこまれるんですよ

10k以内に引き続けまくってたから意味不明にハマり台とかでもぜんぜんいってた

むしろハマり台狙ってた

なんて馬鹿なんだと思う


700Gから打ち始めて天井単発

そして得意の深追い

タワーバ

一気に小勝ち連勝の貯金などぶっ飛びますた



次回予告
「初体験」

papantyosu2 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月01日

第五話 救世主らしき男現る

これは一世を風靡した
北斗のケンシロウとの出会いの話です


大学の仲間と隣の市のアツいお店へと遠征をしたとき当時人気の出だしていた北斗に着席

なにかと初打ちには強いわたくしは

投資2kで北斗のシステムとかまったくわからん状態でわけもわからずシンを抹殺

いきなりボーナス獲得

が、しかしバトルの流れを理解する暇も与えずラオウさんがでっかいミカン投げてきて見事に単発で終了

がしかし

ボーナス後すぐにラオウステージに移動、
たまたま横にいたスロット通の友達が見守る中2チェを引き、あちーあちーと言われ続けて再びあっさりBB獲得

これが5連し、しばらく回してどうも高確おちたっぽいのを確認(友達のアドバイス)して終了

地味ながら6k勝ち


しかしこの後罠が…

通称キンぱると呼ばれる学科の同期に
投資する金がなくなったからという理由で5確定のキンパル400Gくらいで譲ってもらったのですが、

1000まではまり、連チャンこず、さらに深追いで30kもってかれて身障になりました


しかしドラマはあるんですね

再び北斗のシマを見るとコンスタントにボーナス引いてた台があったので5kだけ…と着席したら4k目での2チェからなんとか5kでジャギ撃破

そこで揃ったのがなんとまぁ北斗絵柄

これが11連してくださってきれいにトントンになりました

ありがとうケンシロウ



その日クルトンは猪木で7000枚出しました

papantyosu2 at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月28日

第四話 日常的に 改め 素晴らしき我が感性

初めて本気でスロットというもので勝負してみようとBJに2万突っ込んで泣いてから一ヶ月が経とうとしていたころ

もうすっかりスロットが生活に浸透していた

近所のスロット店にはちょくちょく足を運び

生意気にも新装店が気になっちゃったりするようになっておりました
(収支はというと緩やかながらも見事な右肩下がり)


そんな中、わがホームタウンに大手グループのW店がオープンした

W店に対する周囲の期待はソートーなもんで

オープンから3日間、あまりの人手にクソ台も含めて台にまったく触ることすらできない状況にあった


そんなオープン4日目の夕方、チラッと覗きにいったらBJが並びで2台が空席に

BJが打ちたい

当時からすでに理屈より感情で打つという破滅街道まっしぐらな立ち回りをしていたため見つけるなりすぐに着席

投資6k REGを引く

ここで何を思ったか完全なる理屈抜きの閃きで隣の台に移動

移った瞬間元僕の台に人座る

隣人、投資2kBIG→ST→BIGの連鎖開始

僕、ストレートで25kを献上→帰宅の方程式完成


次の日見に行ったら壁に4000枚獲得の写真貼ってありましたわ

たわば




次回予告
「救世主らしき男現る」



papantyosu2 at 02:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年03月26日

第三話 暴れん坊将軍

ぶっちゃけて言えば勝った話

その日もBJで20kほどやられ、半ば鬱状態になりながら店を去ろうとしたとき

ほぼ同時期にスロットを始めた研究熱心なクルトン君(仮名)がポツリといった

「あの吉宗って機種450Gで落ちてるけど、あれって確か565Gまでチャンスなんだぜ」と。


スロット始めたばっかの俺たちにはともかく
世間的にもまだまだ大々的にはゾーンの話が根付いてはいない頃の話でしたので
そんな回転数で落ちてたりしたのです

450→565…
4kあれば回るなぁ

速攻クルトンに4k借りました

我ながら「チャンス」としか聞かされてない無知+極貧状態でよく突っ込んだものだと思います

でもあんがいそういう時に限って出ちゃうもんなんですよね

モードBのゾーンで引き強でBIGを引き
わけもわからんまま1G連、天国ループであっという間に3500枚

初の吉宗、初の711獲得、初の1G連、初の大(中?)勝ち

興奮の連続でした


が、暴れ馬の本領である激深の天井の恐怖を経験するのは
そう遠くないまた別のお話


次回予告
「日常的に」

papantyosu2 at 03:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年03月23日

番外編 僕の豆日記

三話目にしてはやくも番外編

今回は過去から現代へと回帰し

本日の立ち回りを少々

タイトルにもあるとおり豆日記です


本日豆を打ちました

以前12k入れてうんともすんとも言わず
「土が悪い」との評価を与えた某F店でしたが

今日の土壌はなかなか質がよく
投資1kからBAR77(見落としにより判別不可)
127Gで引き戻しの777(単独)
めでたく人生初RTを獲得したものの
こんなん時に限って即当選
27Gにてボーナス
しかしながら非常にありがたいことに777(ベル)
このRTを完走してヤメ

約1300枚換金して+20k

すばらしい豆の成長

めでたく豆小僧に昇格

と思いきや

他店にて銭形190→565G間を狙い見事に憤死
これにより自分の中の何かが吹っ飛び

再び豆に12kぶっこんで
豆役が全く落ちない事を確認しつつ豆育成終了
結局豆は人生マイナス収支となりました

やはりF店は土が悪い
設定は入っているが、何が悪いって土が悪い

以上

明日はリングの新装行ってきます


次回予告
今度こそ「暴れん坊将軍」


papantyosu2 at 00:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年03月21日

第二話 萌える男

スロットを始めた当初

まずマイブームが来たのが「ブラックジャック」

リオちゃんでおなじみのあの機種ですよね


あれにゃーはまった

あのボーナス→ストックタイム→ボーナスのループはまじたまらん

そしてね

なんといっても萌えた

萌えたと言うか

リオ、ティファニー、ローズのおっぱいの揺れがたまらんかった

むしろあれが見たいがためにBJをやっていた気がする

そしてあれが見たいがためにスコスコと1万、また1万とお店に献上していた気がします

当時たまたま初めの2,3回初当たりが早かったので
「BJは400以上ハマらん!」
などとずいぶんと知性のカケラもない事をほざいておりました

もうね

アホかと

アホリジニーかと

はい

自分で言って後悔した


結局そんな立ち回りをしとりゃーさくさく負けていくわけで

たいがいビギナーズラックっちゅーもんでスロットやパチンコをはじめた当初って勝てたりするもんだが

そのラックを上回る勢いでバカな立ち回りをした結果

トータルで6万くらい負けました

たかが6万かいと思うかもしれない

でもね

当時一ヶ月バイトして5万もらってた僕には恐ろしい額だった

そうやって負け人生の華麗なる一歩は踏み出されていったのでした



次回予告
「暴れん坊将軍」

papantyosu2 at 22:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年03月16日

第一話 「始まりはキングパルサー」


昔々の話をしましょう

むかーしむかし

4号機が世に浸透した頃

そして

僕の負債がまだ0円だった頃のお話・・・・



僕のスロットデビューは2003年

北斗が、そして吉宗が街のホールにやってきた時代です

まだ「ひとシマ丸々」なんて思い切った導入をする店などはなく

6台そこそこをみんなで奪い合う、そんな時代でした


友人に誘われ行ったパチ屋

初めて座った台は、ストックの代名詞ともいえるであろう名機キングパルサー

忘れもしません

ボーナス後112Gの台に着席

残り少ないチャンスゾーンを見事に引き

BIG

その後128G内の連チャンはなくスルー 即換金

3k勝ちの初陣でした

我ながらよく残り16Gを拾ってみようと考えたものですね

これが最初で最後の人生収支のプラス収支だった気がします

ビギナーズラックをこんな形で消費してしまう

今思えばいかにも僕らしい、ステキな展開でありました

こっから僕の転落人生が始まるわけですが

それはまた別のお話


それはそれは

むかしむかしのお話でした



次回予告
「萌える男」


papantyosu2 at 04:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!