2009年10月

2009年10月30日

LOVE SONG

ヤーマン。
今日も晴天。
小春日和ですね。あまりの心地良さについつい運転中ウトウトしてしまいます。時が経つのは早いもので来週からもう11月ですよ。
皆さんいかがお過しでしょうか?

風邪はひいてませんか?

俺はおかげさまで相変わらず忙しい日々を送らせてもらってます。

第一土曜日はラガマックステーション、今回は歌じゃなくSOUNDの方をやらせてもらいますよ〜。
得意のダンクラ攻めでいっちゃおっかなわ〜

そして第二の土曜日が問題なんですよねぇ…
親方の同級生の結婚式で歌ってくれとの事。
しかもラブソングを…
そんな歌持ってないんだよねぇ

クサイ事言いたくないし。
でもラブソングはずっと避けて通ってきたけどアルバムの話が来た時もそーだし、やっぱラブソング一曲くらいはないといかんよなぁ。

って事でいい機会なんで引き受けたはいいが、まだリリックどころかオケすら決まってない…
あと二週間でできるんだろうか?
しかもできてもカンペ見ながら歌うわけにもいかないし(笑)
地元の恐ろしい先輩方がたくさんおる中なのでヘマこくわけにはいかんし、恥を曝すわけにもいかないんでなんとかしなきゃなぁ。



papasakura at 14:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年10月27日

K-1 惨敗する侍達

MAXやってましたねぇ。

わたくし格闘技大好きですが、昨日は見事に勝ってほしい選手がことごとく負けていきました…

第一試合のコスプレファイター対中国人。
中国のファイターは今回がK-1初参戦だったんですが、1Roundで日本人はKOされてました…
セーラー服を身に纏い気持ち悪い踊りで派手に登場しといてあのぶざまな負け方はないわぁ
コスプレなんかやめて真面目にやってほしいですね。


んで第二試合、渡辺一久対KidをKOしたチョン選手。

今回のK-1の中でもかなり面白い試合でしたね。
惜しくも判定で負けてしまいましたが(疑問に思う判定だったが)一久のファンになりました。

佐藤対城戸は、まぁ当然のように佐藤が勝ちましたね。

クラウス対武田幸三
戦は武田の引退試合という事もあって注目を浴びましたが、相手が初代王者のクラウスじゃあねぇ……

正直クラウスもやりにくかったと思いますよ?
でもあんだけフルボッコにされながらも立ち向かう姿は、勝ち負けとかよりも大事な事を次世代の日本人ファイターに伝える事ができたんじゃないでしょうか。

K-1甲子園の
HIROYA対日下部 戦は、最初からHIROYAが勝つだろうなと思っていましたが、日下部は愛知県豊田市出身ということもあり、熱がはいってしまいました(笑)

しかしまた彼も敗退


そしてグランプリのベスト4に残った、
ペトロシアン対山本。
アンディサワー対ブアカーオ。

山本は唯一残った日本人でしたが、23歳のペトロシアンにことごとく粉砕されました。
しかもペトロシアンはほぼ無傷…

そしてサワーとブアカーオは今回の一番の試合だったと思います。
両者共、過去優勝もしてる王者対決。
サワーは魔裟斗に二戦二勝。
ブアカーオは魔裟斗と一勝一敗。

どちらが勝ち上がって魔裟斗と戦っても面白いカードだと思ってました。
アジア勢という事でブアカーオを応援してましたが、延長戦の末、判定でサワーに軍配が上がり、
決勝でイタリアのペトロシアン対オランダのサワーに。

ペトロシアンはほぼ無傷のまま決勝に上がってきたのに対し、サワーはブアカーオとの激戦の後でした。
そういう運的な事もあったかもしれませんが、実際ペトロシアンは格段に強く、サワーを打ち砕いてしまいました。

こうしてペトロシアンが王者となり、大晦日に魔裟斗と対決する事になったわけですが、
魔裟斗は一番やりたくない相手はペトロシアンだと言ってたのもあり、どんな試合になるのか予測不能になってきましたが、大晦日は楽しみですねぇ。

ここまでのし上がってきたペトロシアンを世界の王者に君臨する日本人の魔裟斗がボッコボコに言わすのを是非見たいもんですねぇ。
おそらくグランプリに出場して負けていった選手達も魔裟斗に買ってほしいとおもっとるだろうね。


いやぁ、楽しみだ

それにしても個人的には渡辺一久が最高に気に入りましたね。
また彼の試合が見たいです。

papasakura at 14:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年10月23日

SpyMaster

ヤーマーン!!

昨日は『SpyMaster』の『LOOP THE SESSION』という東海エリアのアーティストを紹介する記事の取材を受けにPITBULL FIGHTERとKINGPAPAとGURUME1300と前川君と俺で行ってきましたよ〜。

前回はG・CUE、今回はRAGGA MAC FAMILYで、今年末発売予定の『RAGGA MAC RADIO 003MHZ』に関するインタビューがメインでした。

写真撮影もかなり色んなパターンを撮っては確認して、撮っては確認しての作業の繰り返し

やっぱモデルさん達は伊達にそれで飯食ってないですね。
全員がいい感じに写るのにだいぶてこずりました

そしてこれが次回のSpyMasterに載りますよ〜

d9ec0f0e.jpg
俺達ラガマックは、今まで東海のREGGAEシーンを確立し、築いてきたアキソルさん達とは違った別世界のREGGAEに思われてしまう節があるようですが、そんな事はありません。
そりゃアキソルさん達にはまだまだ到底およびませんが、俺達もそれなりにずっとREGGAEが好きでやってきてるし。
アキソルさんや三木道三に影響を受けてやり始めた頃は、ALASKA RECORDのたつろうさんやなおくんに色々教えてもらい、今はなき『ベンガル』のたかくんやDYNASTYのゴルゴ君にたくさん叱られながら、何度もやめようとしましたが、やっぱり好きで今に至っています。

周りがどう思っているのかわかりませんし問題は色々あるんでしょうが、俺は単純に、名古屋が一つになったら凄い事になりそうだなぁ、アーティカルアーティストがたくさんいるのに表に出れず、『井の中の蛙』になってるような気がする。
あまりでしゃばらず派手じゃなく堅実な名古屋人特有の気質がそうさせてるのかもしれませんが…

しかしわかる人にはわかるでしょうね。
現にナーキさんはダイアナキング、SNOW、インナーサークルらとCD等で共演してたり、アキソルさんはJamaicaでも認知度が高くSTINGにも出演してたり(あ、ナーキさんも出たか)、ブジュやモーガン等も自身のアルバムに参加してるし、GUIDING STARの事はマイティクラウンも「俺らの兄弟!」という。

わかる人には名古屋REGGAEのヤバさはわかるが流行りに乗っかってるだけのミーハーな連中にはわからんだろうね。


ん?
話が脱線しましたが、そういった先駆者が築いてくれたシーンを大切にしつつ、何か新しい可能性も見出だせたら素晴らしいなぁ…

なんて思います。



papasakura at 08:36|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2009年10月21日

今週末はこれだ!!

そうです。
先週は関西からMISON-Bを迎えてのダンスがあったり、これまでにもオープンイベントにはMACHACOさんが来てくれたり、HIBIKILLA、PRETY RANX、強、色々なアーティストが集まる名古屋屈指のClub、大曽根GREENGREENでの老舗イベント、『GREENGREENTIMES』です。

今回はGuestSOUNDでHIGHER BLAZE。
俺は久しぶりに会う気がするなぁ。
J-MAXやGSPで一緒に『RISKY』というイベントをやってた時に共演してて、それ以来ぶりじゃないかな?
久々の再会、楽しみにしとります。
それ以外にもいつものGREENGREEN FAMILYが待ってます。

前売りは3Drinkで1500円という、ようするにDrink代だけで遊べちゃうのでこれは来るしかないっしょ!!
ラバダブもあるんで「我こそは!!」というDEEJAY諸君、是非ともマイクを奪いに来て下さいな

■GreenGreen times vol.17■

10/24(土)
open 22:00
close mid

ADV
MEN \1500/3D
WOMEN \1000/2D
ADM
MEN \1500/2D
WOMEN \1000/1D
■GUEST SOUND■
HIGHER BLAZE from愛知
■GUEST DEEJAY■
C.R.K from愛知

■SOUND■
MAHARAJAH
KO-JI

■DEEJAY■
JAJA-G
K.s.k
Free Hill
and more...

RUB A DUB OPEN MIC!!

@GREEN GREEN
住所/愛知県名古屋市北区大曽根4-18-31 ドゥ・エトワール1F
※国道19号沿い、千年の宴さん真下。
TEL/052ー981ー1230


NOTICE■
○カメラ、ウォークマンなどの記憶メディアに属する機材の持ち込みを禁止します。

papasakura at 21:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

戸塚ヨットスクールの生徒、自殺…

一つ前の記事にコメントして頂いた343さんの話、『戸塚ヨットスクール』に関してですが……

その自殺してしまった女性は何故自殺したのか真実はわかりませんが、もっとわからないのは以前にも生徒が死んで障害致死で捕まった『戸塚ヨットスクール』に入所させた親の気持ちですね。

だいたい以前あんな事件があったのにまだ『戸塚ヨットスクール』が存在し、生徒も十数名いることが不思議です。

それくらい親も手に負えない子供達なのかもしれません。
ま、育てた親本人に責任があるわけだが。

あの『戸塚ヨットスクール』、石原慎太郎氏は支援してるらしいですね。

他にも、保守系の人達とも関わりが深いようです。
軍隊式のようなやり方で根性を叩き直すという、極めてアナログなやり方…

親にも手がつけられないような、そのまま放っておいたらどんな凶悪犯罪を犯すかわからないようなひねくれまくったガキ共の性根を直す方法は確かにそれくらい極端な事やらないと駄目なのかもしれない。
それで良くなるヤツもいれば、今回のように追い詰められて死んでしまうヤツもいるだろうね。

あそこに入れた親は矯正を望んでいたのか…
見捨てたのか…


戸塚氏自体には僕はさほど思う事はありません。
そういうとこだってのは昔の事件でわかってる事だったので。
何か理由があって叩かれてる可能性もあるし。


実際グレまくった子供達をなんとかしようと社会が本気にならないので『戸塚ヨットスクール』はなくならないのではないでしょうか?

やはり幼い頃からの教育が大切ですね。
しかしそれも民主党が推進する『選択的夫婦別姓』が実現されればまた親による子供の教育が難しくなりそうですね。

昔、共産革命に成功したソ連においてレーニンによって「家族解体法」が制定され、結婚式や戸籍といった社会的形式がなくなり「事実婚主義」が採用されました。
そしてその結果
・堕胎と離婚の急増(1934年の離婚は37パーセント)
・出生率の急減
・婦女暴行など少年犯罪の激増
・数百万もの孤児の発生…等など…

結局悲惨な状況になることはこの時証明されているわけですが何故今日本がこれをまたやろうというのか……
夫婦の関係、親子の関係は悪くなるばっかで、親から子へ受け継がなきゃいけない事も忘れ去られてしまうんじゃないでしょうか……

『家族』というものを解体したいんでしょうかねぇ…
それは皇室の解体にも繋がるのかもしれません。
わかりませんけどね。

また、少し違う話ですが、昨日の仕事の現場が、精神的に障害を持った人が入院してる病院で、鬱病位の人から重度の精神異常者までたくさん見て色々思う事がありましたが、
それはまたの機会に。



papasakura at 00:28|PermalinkComments(5)TrackBack(0)