ブログネタ
〓SoftBank に参加中!

ソフトバンクが、「なくなれ国境」というコピーで、2010年7月21日より「海外パケットし放題」サービスを始めました。海外でのパケット料金が定額サービスになります。しかし、通話とメッセージは「海外パケットし放題」の定額対象外です。iPhoneのスカイプ(Skype)を使用しましょう。「海外パケットし放題」の定額対象内で通話とメッセージを使用する事が出来ます。

この「海外パケットし放題」のサービスがまだ提供されていなかった頃には、普通に海外にiPhoneを持って行って、普通に使用するとパケット通信が発生し、1日20万円の請求にあわてて「はてな人力検索」に質問されている方、1日10万円の請求であわてて「OKWave」に相談されている方などを見かけました。
使用した覚えが無くても、iPhoneやアプリが勝手にパケット通信をしてしまう事もあり、海外で電源を入れる時には「機内モード(Airplane Mode)のままにしておきましょう」と言われていて、せっかく海外に行ってもiPhoneの本領が発揮できませんでした。
初心者には絶対に薦められませんが、ちょっと特殊な事をしてiPhoneをAT&TのプリペイドSIMで動作するようにする、などの方法もありました。(参考:「Touch Lab - タッチ ラボ」)

しかし、「海外パケットし放題」が出来ても、まだ安心は出来ません。「海外パケットし放題」サービスにも、落とし穴があるのです。
  1. パケット定額 1,480円 (2011/07/01からは1,980円になる予定)
  2. 動画等を利用の場合は上限額2,980円/日になる予定(適用開始時期未定)
  3. 1日は日本時間で判断。(日本時間の日付をまたぐと2日分の定額量がかかる)
  4. SMSと通話はパケット通信ではないので対象外。
さて、海外でiPhoneを使用する場合、日本だけでなく海外でも下記のサービスを使用したいと思うことがあると思います。
  • ソフトバンク同士の通話は無料
  • ソフトバンク同士のメッセージ(SMS/MMS)は無料
例えばハワイに持ち出したiPhone同士でソフトバンク同士の通話をすると、発信した人のiPhoneにハワイから日本までの国際通話の電話代がかかり、受信した人のiPhoneにも日本からハワイまでの国際通話の電話代がかかります。

注:厳密に言うと国際通話電話代ではなくローミング通話代金ですが、高額な事に変わりはありません。日本以外の国では、携帯電話は発信した人と受信した人の両方が負担するのが一般的です。

例えばハワイに持ち出したiPhone同士でSMSを使用すると、発信者に1通100円の料金がかかります。受信者は無料です。SMSはチャットのように使用して1日に数百通の送信をする事も珍しくありませんが、もしも200通発信したら2万円の料金がかかります。

通話とメッセージを、海外でも無料(「海外パケットし放題」の定額料金内)で、使用できるようにする方法があります。スカイプ(Skype)を使うのです。
  • スカイプ(Skype)同士の通話は無料
  • スカイプ(Skype)同士のチャットは無料
  • 日本国内で3G通信中の使用は日本の定額サービスの対象
  • 海外で3G通信中の使用は「海外パケットし放題」の定額対象内
  • 無線LAN(Wi-Fi)での使用中は無料。
    (注:無線LAN(Wi-Fi)が有料の場合には無線LAN(Wi-Fi)サービス提供者への支払いが必要な場合があります。)
2009年11月の私のブログで、iPhoneにスカイプ(Skype)を設定して使えるようにする手順を画像つきで解説しました。今回は、海外滞在中に無料通話か無料メッセージのやりとりをしたいお友達のiPhoneに、海外に出かける前にスカイプ(Skype)を無料設定してあげておくための手順を解説します。日本に残してゆくお友達でも、海外に同行するお友達でも、どちらにでもとても有効な方法です。
このブログの読者本人のiPhoneにスカイプ(Skype)を設定する手順も、もちろん同じです。スカイプ(Skype)から一般の固定電話や携帯電話に有料通話出来るようにする設定は、2009年11月の私のブログをご覧下さい。
家族やグループで海外に行くときに、同行者のiPhoneには、この手順でスカイプ(Skype)を設定しておきましょう。現地での自由行動後の待ち合わせなどに特に威力を発揮します。

まず、アプリを無料ダウンロードします。無料ダウンロードする間だけは、設定してあげるiPhoneが無線LAN(Wi-Fi)に接続されている状態である必要があります。設定してあげるiPhoneに、そのiPhoneの持ち主のiTunes Storeのアカウントが登録されている事が望ましいです。
iPhoneの画面で「App Store」のアイコンをタップします。画面下の「カテゴリ(Categories)」ボタンをタップして、「ソーシャルネットワーキング(Social Networking)」をタップします。画面上の「無料トップ(Top Free)」タブを選択します。私がこのブログを書いている現在まで、一番上に「S」のアイコンの「Skype」が表示されています。アプリの順位は今後、入れ替わる可能性があります。
あとは、「(S) Skype」を選択して「インストール(Install)」を行います。

「インストール(Install)」出来たら、さっそく設定しましょう。
ホーム画面から「S」のアイコンをタップしてSkypeアプリを起動させます。

Photo01-signin
「アカウントを作成」をタップします。PCですでにスカイプ(Skype)のアカウントを持っている場合には、アカウントを作成しなくてもそのままサインインすればOKです。

Photo02-noemergency

スカイプ(Skype)の使用条件を「承諾」したら、アカウントの作成画面が開きます。

Photo03-newaccount

表示名、Skype名を自由に決めて入力します。パスワードを2回入力、メールアドレスを入力します。表示名、パスワード、メールアドレスは後で変更できます。表示名、Skype名の両方が、Skypeの公開電話帳である「Skypeディレクトリ(Skype Directory)」で全てのユーザーに検索出来るように公開されます。アメリカ人は表示名を実名で、Skype名をニックネームで登録している人が多いようです。ニックネームは匿名という使い方ではなく、同姓同名の人を区別する意味でも使われています。ただ、アメリカではFacebookやブログで本名を公開する文化に対して、日本はブログやSNSでは匿名でやりとりする文化なので、日本ではどのように使われていくのかアドバイス出来ません。Skype名の変更はアカウントの取り直しになります。表示名はiPhoneやPC画面で簡単に変更できます。

Photo04-allcontacts

もう準備が終わりました。画面右下の「アカウント情報」(My Info)がチェック印になればOKです。矢印がぐるぐる回っている場合には数分待ってチェック印になるのを待ちます。
「アカウント情報」(My Info)をタップします。

Photo05-contact

「ログイン状態」(Status)が「オンライン」(Online)になっていれば完了です。画面左下の「コンタクト」(Contacts)をタップします。

Photo06-addcontact

「すべてのコンタクト」(All Contacts)の画面が開きます。画面右上の「+」をタップします。ポップアップから、「Skypeディレクトリを検索」(Search Skype Directory)をタップします。

Photo07-searchedcontact

上部の検索窓にチャットや通話をしたい相手の「Skype名」か「表示名」を入力して、キーボード右下の「Search」をタップします。
画面に該当するユーザーの「表示名」とその下に「Skype名」が表示されました。複数の候補者が表示される場合もあります。チャットや通話をしたい相手を選択してタップします。

Photo08-contactinfo

相手がオンラインの時には、この画面から「通話」(Call)ボタンを押せば通話を、「チャット」(Chat)ボタンを押せばチャットを始める事が出来ます。ここでは、スカイプ(Skype)の個人電話帳に登録して、この画面がすぐに呼び出せるように準備しておきましょう。「コンタクトを追加」(Add Contact)をタップします。

Photo09-contactrequest

「コンタクト要求」(Contact Request)の画面が開きます。「ログイン状態を通知してください」(Please accept me as a contact so we can call and chat.)というメッセージを送信する画面になります。メッセージは変更したり加筆したりする事も出来ます。画面右上の「送信」(Send)ボタンでメッセージを送信します。
これで設定は完了です。「通話」(Call)ボタンを押して通話してみましょう。
Photo11-phonecall

使い方は通常の携帯電話と変わりません。「スピーカー」(Speaker)をタップするとハンズフリーで通話を行う事も出来ます。PCを使用中などや手を離せない時に便利ですね。
「チャット」(Chat)をやってみましょう。
送信するメッセージは、送信した時には薄い色の斜体(Italic)で表示されています。メッセージが相手に着くと、通常の黒い字体に変わります。

photo22-chat

チャットのメッセージを受け取った方が、スカイプ(Skype)の画面を開いていなかった時には、受信者のiPhone画面にポップアップが表示されます。下記はSafariのブラウザで、当ブログを閲覧中にメッセージが来た画像です。「閉じる」(Close)をタップするとブログの閲覧を継続できます。「表示」(View)をタップするとスカイプ(Skype)のチャット画面が開きます。

photo21-whilebrowsing

日本国内でSMSを使うのと同様に使えますが、違うところもあります。
  • 絵文字は使えません。
  • 双方のiPhoneでスカイプ(Skype)が起動している必要があります。
iOS4以降のiPhoneでは、iPhoneを起動した時に一度スカイプ(Skype)を立ち上げれば、後はホームボタンで画面を閉じても、スリープにしても、スカイプ(Skype)は起動している状態が保持されるので大丈夫です。「電源オフ(power off)」した後は、起動時にスカイプ(Skype)を立ち上げるようにしましょう。
(注:Skypeアプリ バージョン2.1以降の機能です。)

ただ、日本の携帯電話の携帯メールのように音楽を鳴らしたりは出来ないので、チャットのメッセージを送ってもすぐに気が付いてもらえない事もあるかもしれません。緊急でチャットをしたい場合などには、「通話(Call)」で呼び出し音を鳴らすなどの工夫が必要かもしれませんね。

日本国内でのスカイプ(Skype)の使用は日本のパケット定額の対象内です。海外でのスカイプ(Skype)の使用は「海外パケットし放題」サービスの対象内です。日本のパケット定額の無線LAN(Wi-Fi)に接続中は、国内海外にかかわらず、スカイプ(Skype)同士の通話とメッセージは無料です。
スカイプ(Skype)のiPhoneアプリの使用が開始された当初は、無線LAN(Wi-Fi)に接続中のみ使えて、電話回線である3GでiPhoneを使用中にはスカイプ(Skype)が使用できないようにロックされていました。これが、iOS4へのアップグレード時に変更されて、現在は無線LAN(Wi-Fi)でも携帯電波(3G)でもスカイプ(Skype)を使用することが出来るようになっています。
(注:Skypeアプリ バージョン2.1以降の機能です。)
(last modified:2010/10/17)
にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村
バナーアイコンをクリックいただくと、ブログランキングのページが開くと同時に、私のブログの人気投票に1票入ります。よろしければ、ポチっとお願いします。
  • ソフトバンクモバイルのサイトには下記のような記述もあります。「iPhoneのMMSは自動で全文受信を行います。海外でMMSを受信する場合は、パケット定額サービスの対象外となりメール通信料が高額となることがありますので、利用状況に合わせて「MMSメッセージング」の設定変更(オン/オフ)を行ってください。」
  • All about iPod「iPod/iPhone/iPadでのSkype(スカイプ)の使い方
このブログで紹介したサービス、iPhoneの仕様は2010/10/17現在のものです。
ハー ドウェア構成やソフトウェア、そのバージョンや組み合わせによっては、このブログの記事どおりに動作しないことがあります。この記事を 読まれて実行されたことにより、いかなる損害を受けられても、補償することはできませんのでご了承の上、自己責任で実行されるようにお願いいたします。このブログの記事は私の知る限りで正確な情報を記載していますが、万一間違いなどありましたら、コメントの投稿でお知らせいただければ幸いです。