ブログネタ
PCパーツ情報 に参加中!
T60のCPUファンを交換します。(前編)」からの続きです。今日はいよいよCPUファンを交換します。

1-6. パーツを確認する。
DSC05635 (1)0001

Amazon.comで購入したパーツを開封します。プチプチ封筒の中身は、ダンボールで保護されたCPUファンのアッセンブリーと、サーマルグリースの注射器です。

古いCPUファンを取り外す。

2-1. 電池を取り外す。
  • ストッパーを押しながらバッテリーを取り外します。
2-2. HDDを取り外す。
  • HDDカバーのねじ1本を取り外します。HDDカバーを引き出して取り外します。
  • HDDのタブを引き出します。タブを持ってHDDを引き抜きます。
DSC05636 (1)のコピー

2-3. パームレストを取り外す。
  • ThinkPadを裏返して、キーボードの絵マークのついたねじ5本を取り外します。
  • ThinkPadを表返して画面を開けます。
DSC056390001 (1)
  • パームレストの奥側を上方に持ち上げます。そのまま手前側にスライドさせます。
  • パームレストの指紋センサーのケーブルを、タブを持って上に引き上げて取り外します。

2-2. キーボードを取り外す。

  • キーボードの手前側を上方に持ち上げ、そのまま手前に引き出します。
  • キーボードのケーブルをタブを持って引き上げるように取り外します。
DSC056400001

2-3. ベゼルを取り外す。
  • キーボードの付いていたところの左、上方、右のコの字型の黒いプラスチックがベゼルです。
  • 本体をいったん閉めて、裏返します。
  • 本体上端の一番右端のねじ1本を取り外します。
  • 本体上端の左のゴム足の中にあるねじ1本を取り外します。
  • 本体を表返して画面を開けます。
  • ベゼルの奥側の左の方に、ケーブル留めのような金具がついています。ケーブル留めからケーブルを外し、ねじ2本を取り外します。
  • ベゼルの左右のつめが内側から本体をつかんでいます。ベゼルの左右の部分を、両端を内側に押し込みながら持ち上げます。
  • ベゼルの奥には本体のつめにベゼルが差し込まれています。手前に引き出すようにして取り出します。
DSC05642 (1)0001

2-4. CPUファン アッセンブリを取り外す。

  • CPUファン アッセンブリを押さえている金具をねじ2本で取り外します。
DSC056430001
  • CPUファン アッセンブリをとりつけているねじ3本を取り外します。ねじはスプリングを介して締め付けられています。
DSC056440001
  • CPUファン アッセンブリの左にある電源ケーブルをソケットから上方に引き抜きます。
  • CPUファン アッセンブリはCPUとグラフィックチップの合計3つの半導体に、サーマルグリースで貼り付けられています。チップの熱を即時にCPUファン アッセンブリのカッパーの全体に広げて、ファンで冷却する構造になっているのです。マイナスドライバーの先を、CPUファン アッセンブリの左右に差し込んで、ゆっくりとCPUファン アッセンブリを引き剥がしてゆきます。
  • CPUファン アッセンブリが動き始めたら、手前部分を持ち上げながら全体を手前に引き出します。
  • ほこりまみれのCPUファン アッセンブリがごろんと出てきます。
DSC056460001

2-5. お掃除する。

  • せっかくの機会なので、内部のほこりをすっかりお掃除します。
  • ブロア、綿棒を総動員して、ぴかぴかにすると、とても気持ちが良いです。
  • CPUファン アッセンブリがグレーのサーマルグリースで貼り付けられていたところには、サーマルグリースが張り付いています。これも綿棒ですっかり取り除きます。
DSC056500001

新しいCPUファン アッセンブリを取り付ける。

  • 新しいCPUファン アッセンブリです。CPUには、ドット状にサーマルグリースが乗せてある部分が当たります。サーマルグリースを塗って貼り付けます。グラフィックチップなど2つのチップには、サーマルパッドが貼り付いています。これらの3つのチップは高温になります。サーマルグリースやサーマルパッドを介して、熱を即座に銅のヒートシンク全体に拡散するように設計されています。
DSC056490001
  • CPUの上に付属の注射器に入ったサーマルグリースを少量つけます。
  • 忘れないで、サーマルパッドの透明な裏紙を外します。
DSC056520001
  • CPUファン アッセンブリを、手前から奥側に差込み、それから手前側を上から下に下ろしていきます。
  • サーマルグリースを押し広げるように、サーマルパッドを押しつぶすように、全体を下に押し付けます。
  • CPUファン アッセンブリの電源コードを挟み込まないようにうまく捌いて、ソケットに差し込みます。
  • CPUファン アッセンブリ取り付けねじ3本を、スプリングを押し下げながら取り付けます。3本のねじは対角線上に、順に少しずつ増し締めしていきます。

元通りに組み上げる。

  • 押さえ金具を取り付けます。

  • ベゼルを取り付けます。ベゼルの奥のつめを本体のつめにうまく合わせながら手前側から奥に押し込みます。続いてサイドの部分を内側に押し付けながら下に下げます。
  • ベゼルの表の金具の2本のねじを締めて、コードをうまく捌いて取り付けます。
  • 画面を閉めて、本体を裏返し、ベゼルを止めるねじ2本を取り付けます。
  • 本体を表返して、画面を開けます。
  • キーボードのケーブルを、ソケットに上から指の腹全体で押さえつけて差し込みます。
  • キーボードを奥側を押し込み、次に手前側を上から下げていきます。
  • パームレストの指紋センサーのケーブルを指の腹全体で押さえてソケットに差し込みます。
  • パームレストの手前側を前から奥に押し込んで、奥側を上から下に押し付けます。
  • 画面を閉めて、本体を裏返し、キーボートのねじ5本を閉めます。最初にキーボードの中央のねじ1本だけを、本体を持ち上げて画面を開いて、キーボードの中央を押さえながらする方がやりやすいという人もいます。
  • HDDを差し込みます。丸い穴がたくさん見えている面が上面で、ラベルが貼ってある方が下面です。
  • HDDをしっかり差し込んだら、引き出し用のタブをうまく捌いて、カバーをはめます。カバー留めねじ1本を締めます。
  • バッテリーを取り付けます。
  • 電源を接続したら、試運転です。

以上で手順は完了です。

お疲れ様でした。


(Last update 2012/07/30)